眉月的雑感綴

ぜひシリーズ続編を

バトルさんちの最新週間ランキング(19日更新分)、2位の春原未来さん主演の大作【ファイトオアノット】、3位のクラQさんの女相撲を除くと、残りの1・4・5位が全部女女ボクシングという状況。このランキングが本当に売上と直結してるのか、って問題もあるし、確かにここ一、二週は、あんまり力の入ったプロスタイル作品がないタイミングではあるけども、ボクシング系作品ってホンマにそんだけ売れてるんでしょうか。まぁ、【絶望女子ボクシング】はマニアの自分の目から見てもかなりの衝撃作ですし、トップページの一番目立つ位置にデカバナーがあるくらい「推し」の入った作品のようですから、優勝してもおかしくはないと思いますけどね。

・・・・ ってことで、週も半ばを過ぎて、バトルさんちに、すでにブログ記事を一本組めるぐらいの新作情報が落ちてきてはいるんですけど、それは日曜の「定期更新」で扱うとして、とにかく「【絶望女子ボクシング】についてじっくり語る回」を消化していくことにしましょう。まずは出演者お二人の衣装とカラーコーディネイトの話。

コス面全体で一番「これはどうなの?」と思ったのが、YUNIさんのトランクス。【MIX BOXING Groggy 2】で YUEさんが穿いてるのと同じものだと思うんですが、それっぽいブラと組み合わせるならまだわからないでもないけど、トップレスで使っちゃいけないんじゃないかなー。つか、この股下丈の長さ(とベルトライン幅の狭さ)は「ステテコ」ですよ。

お試しで、比較画像を。【絶望女子】の商品情報ページ、特設ページ、いずれにも良さげな写真が見当たらなかったので、【MIX BOXING Groggy 2】の方から素材を拝借します。商品情報ページのサンプル画像、下段一番左の写真を200%に拡大して、背景を若干カットしたものがコレですが、股下丈が長すぎてどうにもオシャレぢゃない。ということで、隣に写ってる野郎のトランクスよりも少し股下丈が短くなるぐらい程度まで、フォトショエレメンツ君を使ってこの画像を加工すると、こんなんになります。さらに、比較しやすいように、オリジナルと加工済みの画像を並べたものも作ってみたり。うん、やっぱりこのぐらいが妥当なんじゃないのかな。特に脱ぎエロが大きなウリであるトップレスボクシングは、最低でもこのくらい太腿が見えないといけないと思います。

相方・高城アミナさんの、ヘソがチラ見えする白のショートパンツは間違いではないと思うけど、どうせなら、白単色のサテントランクスにして欲しかったなぁ。ベース生地の素材は、SSS女子専用パンツのようなキラ感のある白でもいいし、哀れなヤラレっぽく、下に穿いてるショーツが透けて見えるぐらいペラッペラに薄手なものでもいい。参考例を挙げるなら、2015年に煩悩寺さんから出た【GODDESS~女神 キックボクサーゆり菜すずが煩悩寺に挑戦!】で演者さんが穿いてるトランクス(ベルトラインを白に加工した画像が、当ブログ同年10月18日、翌19日付エントリに添付してあります)、マウスピースさんの【ベリーパンチ】シリーズに何度か出てきた「ベルトラインが薄いピンクの白地トランクス」なんかも全然アリですね。

そこいらを踏まえて、【絶望女子】の演者さんお二人のコスを自分がカラーコーデするなら、まずグローブを赤青ではなく黒赤にすることから入ります。で、黒グローブのYUNIさんは、強者キャラを際立たせるために、トランクスとシューズを黒系統で統一(トランクスはゴールド・シルバーなどの光物系でもいい)。赤グローブ高城さんのトランクスは白ベースのままで、シューズも白ベース(白単色のものがあればベスト)で揃える。こうですねぃ。

もうすでにかなりの文章量になっちゃってますが、記事一本で消化すべく、もちっと頑張る。後半は、作品の全体構成についてです。

作品紹介欄には、「YUNIが闘いを終わらせても良いと判断するまで続けられる特殊なルールで…」とあって、この設定は非常に魅力的なんですが、約2分と結構長いプロモ動画は、YUNIさんが高城さんにパンチを浴びせるシーン(と相変わらずマウスピースに焦点を当てたカット)ばかりが続き、「高城さんが失神しようが完全に戦意喪失しようが試合は続く」という部分が今一つ伝わってこない。例えば、(ダウン「する」ではなく)「ダウン「している」高城さんの様子を通じて、高城さんが極限まで衰弱していくさまを垣間見させるとか、半泣きでキャンバスに腰を落とし、「もう許してください」と懇願する高城さんを無理やり立たせる、みたいなカットをちらっとだけ見せるとか、いろいろ手はあると思うんですけどね。

あと、プロモ動画がこの内容だとすると、収録時間60分を持たせるのは、ちょい厳しい(変化がなさすぎる)って気がしないでもない、ってことで、【怪物 THE MONSTER】で高城さんと一緒にヤラレ役で出てた朝丘みなみさんも【絶望女子】に引っ張ってきて、「YUNI×朝丘」も一緒に収録する手もあったんでじゃないか、とも考えたんですよね。2パターンあれば、ブラありとトップレスの両方を見せられるし、例えば片方で流血演出をやってみるとか、フィニッシュの構図を少し変えてみるとか、一本の「女女ドミボクシング作品」の中にいろいろバリエーショを組み込めますから。・・・・ ただ、女優さん三名一緒で撮影ってのは、ブローウインド作品制作としては非常なレアケースだろうし、この手をシリーズ1作目でやっちゃうと、続編が作りにくくなるんじゃないか、とも思える。なので、この「2パターンどうよ」作戦は撤収しときます。

・・・・ ということで、「ここはこうした方が良かったんじゃないか」「こんな手もあったのでは?」みたいな話を長々としてきましたけど、女女ドミボクシングが商品化されたこと(しかも全面的にトップレスで)は、マニアの身にしてみれば「いきなり明るい未来が見えた」とでも表現できそうなぐらい、大変にめでたい出来事なのは間違いない。なので、「【1】だけで後が続かない」ではなく、数ヶ月レベルで間が空いてもいいから、是非とも【2】の制作に向けて動いたいただきたいと思います。
  1. 2017/06/22(木) 20:39:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・女女ドミボクシング作品誕生

とある方から、非公開(管理人のみ閲覧可能)モードで、「某オークションサイトに【プロレズリングスーパーリベンジ】のBD版がお手頃価格で上がってまっせ」という情報をいただきました。ありがとうございます。でも、自分はネットオークションってあんまり利用する気になれないのに加えて(ネット通販とかもほとんど使わない)、悲しいことにBD再生機器持ってないんですよね。せっかく情報をいただいたのに、活用できなくて申し訳ありません。・・・・ と、この場を借りて、お礼とご返事をさせていただきたいと思います。

さて、バトルさんちの四週連続女女ボクシング祭り・最終週は、なんとトップレス作品2連発。うーん、確かこの週は「スレンダー美女対決」みたいなのだけだったような気がしたんだが、単にもう片方を見逃していたのか、あるいは後付けで組み込まれたのか(もともとは来月に予定が入ってたのが繰り上げ発売になった、なんてのはありそうではある)。・・・・ まぁ、そこらへんはどうでもいいので、とりあえず2本のうち、あんまり当たり障りのない方、SSSレーベルの【妄想女子ボクシング 6 ~ スレンダーボディ対決編】から処理していきます。

このシリーズは、【4】(某動画サイトに落ちてた5分ほどの映像を見ると、ビジュアル的にはすごくいい。ファイトの質も、そんなに悪くなかった)が出てから5年以上の空白期間を経て【5】が今月第一週に発売になり、そこからひと月も間が開かずに【6】のリリースとなります。んー、このシリーズは復活と見ていいんでしょうか。

商品情報ページのプロモ動画やサンプル画像を見ていて一つ思ったのは、「裸体(ボクシングの場合はトップレス基準)と白のキャンバスは相性が悪い」ってこと。【妄想女子ボクシング 6】の作品詳細テキスト欄には、「白い柔肌がSSSの白いマットとあいまって独特のエロティシズムを」なんて書いてあるけど、あくまでも「独特の」であって、濃い青のバトルレーベル用キャンバスと比べると、どうしても「裸体の際立ち度合い」は落ちちゃうんですよね。

とは言うものの、試合シーンが初手からトップレスの女女ボクシングが世に出るのは嬉しい限りなわけで、【5】【6】、5年遡って【4】と、このシリーズがトップレスに固まりつつあるのはありがたい。SSSレーベルの女女ボクシングは、現行で【対抗戦】も走ってるんで、【対抗戦】シリーズはブラありで競技色濃い目(攻め/受けはイーブンバランスが基本)、【妄想女子】の方はトップレス中心で、エロ要素やらドミ要素やらフェチ要素やらを適度に散りばめる、みたいな感じで、うまく両立させていって欲しいです。

んでもって、大いに当たり障りのあると言うか、自分にとって、かなりの衝撃作となった【絶望女子ボクシング】。いやぁね、【怪物 THE MONSTER 1】で YUNIさんがブローウインド作品に起用されたことを知り、「久々の女勝ちボクシングを作るには絶好のチャンス!」ってなことを5月ラストのエントリに書きましたけど、まさか女女版で出てくるなんて(しかもトップレスだし)。バトルオリジナル、および SSSレーベルの女女ボクシング作品は、パケ写やサンプル画像、プロモ動画の段階の情報では、あからさまに勝敗がわかるレベルまで攻め/受けのバランスが偏っているものがほとんどなかっただけに(過去の作品でそれっぽいのは、MEDUSAさんの【拷問ボクシング】シリーズぐらいか)、ある意味、エポックメイキングな作品と言っていいんじゃないでしょうか。

YUNIさんは両肩から腕にかけてタトゥーを入れてるんですが、そのせいで、今一つ「上半身はボクシンググローブ以外何もつけてません」って風に見えない(制作サイドもそこらへんは差し障りがあると考えてるようで、ジャケ前面写真はタトゥーが隠れる構図で撮られている)。・・・・ と、軽めのツッコミをはじめとして、この作品について記事にしておきたいことは山ほどある。なので、次回はそこらへんについて、じっくり語っていきたいと思います。
  1. 2017/06/18(日) 20:59:26|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムチムチ巨乳尻アスリート

TMさんブログに、早くも【B-1トーナメントSIXTH 1回戦第二試合】のレビューが決着段階までアップになり、月本愛さんが勝ち役だったことが判明。結果、(「事故」みたいなんがなければ)近い将来に、準決勝の撮影に月本さんが呼ばれ、そこで「同時撮影分の枠」ができることになるけど、準決勝の相方になる成美夏季さんは、一回戦の同時撮影(相方は神楽アイネさん)でボクシングやってますし、この「同時撮影分」にトップレスボクシング戦を期待するのは、ちとキビシイかなー。

ところで、月本さんの、過去のブローウインドさんでのお仕事をチェックすると、【被虐系MIXプロレス 6】【MIX BOXING Groggy 1】でワンセット(相方不明orなし)、【レズ女子ボクシングコロシアム 1】【レズ女子プロレスコロシアム 1】【ドミネーション空間 5】でワンセット(相方:白雪結花さん)。今回の【B-1トーナメントSIXTH 1回戦第二試合】【超フェアリーファイト 2】(相方:橋本京子さん/他に単体で【 [受]プロレス技コレクション 6】)は三回目のお呼ばれで、徐々に「格上」の作品に起用されていってる感じがします。でもって、さらにトーナメント一回戦を勝ったことにより、おかわり起用がほぼ確定ですから、ブローウインドさんにとっては、かなり「推しの入った女優さん」なんじゃないでしょうか。

・・・・ ってな感じで、「必死こいて何とか日曜だけ記事を上げてるだけじゃなく、一応、発信したいことがあったら曜日に関係なくビシッと更新しまっせお客さん」的なポーズをしてみたり。んがしかし、今回のメイントピックは別にありまふ。

先日、近所の tsutayaさんのアダルトコーナーを徘徊してたら、こんな商品のパケ写が目に留まる。もちろん、商品の「顔」となるパケ前面の写真は、一番「ソソる」出来栄えのものを使ってるんだろうけど(とりあえず、おっぱいにズームを合わせて大きく見せている、ってのはわかる)、それにしても、圧倒的な美巨乳であることは間違いなく、お顔立ちも激しく自分好みで、いやぁ~、おぢさんまいっちゃいましたよ。

パケ前面と裏面の小さな写真に写ってるグリーンのボトムも、かなりいい感じなんですよね。おヘソが余裕で見えるローカットの形状もそうですし、生地の材質は、DMMアダルトさんの(パケ写の)「イメージを拡大」では今一つわかりにくいけど、サンプル画像13枚目だと、キラ感、テカリ感がはっきり見て取れます。バトルさんで今月発売のトップレスボクシング2本について、「(トランクスじゃないんだったら)ボトムはもっとエロ寄りにするべきなんじゃね?」みたいなことを書きましたが、このグリーンのキラボトムは、自分のイメージする「エロ寄り」にかなり近いです。んー、この色に合わせるなら、グローブは赤、シューズは白ベースかなー。

今回ご紹介した作品、とりあえずタイトルを記憶するだけはしてそのまま家に帰り、DMMアダルトさんでプロモ動画を見た結果、ちょっと野郎がうざいんでレンタルするのはやめたけど、やっぱりこの女優さんは大いに気になるわけで。この作品が今年3月の発売で、彼女ほどのルックス、ボディ、おっぱいだったら、出演のオファーはいくらでも来そうですから、引き続きAVのお仕事をしてるのであれば、他にも出演作品の情報がDMMアダルトさんなりに落ちてきて然るべきなんですが、この作品のプロフィールでは「女子大生アスリート・りこ」とあるだけで、芸名等は明かされておらず、DMMアダルトさんの出演者名も空欄になってるんで、それ以上追っかけてくことができない。くぅ~、ストレス溜まる~。

・・・・ ということで、ダメ元で「情報募集」をしてみようかと。彼女の芸名、他の出演作品など、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ともこのエントリのコメント欄までお寄せください(公開/非公開どちらでも結構です)。よろしくお願いいたしますです。
  1. 2017/06/14(水) 22:49:34|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あらこんなに乳首勃っちゃって

マインクラフトがバージョン1.12になりました。今回のアップデートの名称は「World of Color Update」で、今まで若干くすんだ感じの色合いだった各種ブロックが、かなりはっちゃけた彩色になったようです。その他、レシピ本の追加や、「実績(achievement)」が「進捗(advancement)」に替わり、内容も一部変更になるなど、変更点が多く、バージョン跨ぎになるのを避けるために、そこそこに成熟していたワールドを放棄し、新規ワールドで一から出直しちうです。・・・・ ということで、いつものエロ目の話題へ。

「四週連続女女ボクシング祭り」前半分2本の試合シーンが初手からトップレスだったので、「これは四週連続でトップレス戦の流れか?」ってな感じで若干前のめり気味に身構えていた【BWP vs FGI 女子ボクシング大戦 2】は、残念ながらフツーにブラあり戦でした。初手からトップレス戦だった【バトル同門決戦シリーズ 女子ボクシング 5】で使ってたボトムと同じもののようですが、この形状のブラなら、フツーにトランクスがベストマッチなんじゃないのかなー、なんて思ったり。

【レズ女子プロレスコロシアム 3】は、シリーズ3作目で、ようやく両者全裸までいった模様(プロモ動画で確認できる範囲ですけど)。んー、両者全裸モードがあるなら、シューズの色は同じ黒でない方がいいんじゃないでしょうか。つか、プロモ動画のBGMがヘン。

この週の新作で一番自分の琴線に触れたのは【B-1トーナメントSIXTH 1回戦第二試合】。個人的には、(乳出しまでの)脱ぎありレズ要素ありなのは嬉しいんですが、企画の意図的には、一番「プロスタイル直球勝負」で行かないといけないんじゃないのか、って気がしないでもない。・・・・ ってのは、ちょっと置いとくとして。

「琴線に触れる」の最大要因は、月本愛さんのおっぱいで、「このおっぱいは、是非ともトップレスボクシングで見てみたい。今の量産体制下なら、同時撮影で来るかも」と一瞬思ったんですが、このペアの同時撮影は【超フェアリーファイト 2】で、この撮影機会で彼女のトップレスボクサー姿を拝むのは、ほぼほぼノーチャンス。で、さらに調べてみたら、月本さんは、「レズボクシングとしてはありえないワンピ水着」だった【レズ女子ボクシングコロシアム 1】で、女女ボクシング、レズボクシングも消化済みなんですよねぇ。うーん、何かとってももったいない。

ところで自分は、肌に密着したエナメル地の衣装に割と弱いもんで、前段の「琴線に触れる」は、月本さんの着用してる水着(なのか?)も要因の一つだったりします。エナメルパンティー越しに見る股間のもっこり感(もちろん女性限定)なんかもいいけど、エナメル地にぷっくり浮いた乳首とかもたまらない。

レズ要素アリのプロスタイル戦(ばりばりのレズプロレス戦でもいいけど)で、エナメル水着を着た女優さんにニプレスつけてもらって試合開始。で、その女優さんがレズ攻めを受け始めてしばらくしたら、カメラ切り替えのタイミングで、ニプレスを外して浮き乳首モードにし、相方さんに「あらぁ、こんなに乳首勃っちゃって。感じてるのね」。・・・・ そんな手法もアリなんじゃないかなぁ、なんて思ったりするのでした。

<おまけ> -- つい先ほど、男子バリボー・ワールドリーグの日韓戦が終了。セットカウント3-0、内容的にも「完勝」と言っていい、実に見ていて気持ちいい試合でありました。男子バレー日本代表、ありがとう!
  1. 2017/06/11(日) 20:40:49|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スタンプ満タン作戦敢行迫る

「四週連続女女ボクシング祭り」第二弾、【バトル同門決戦シリーズ 女子ボクシング 6】の商品情報がアップになりました。どうやら初手からトップレス対決のようで、これで先週発売の【妄想女子ボクシング 5】に続いて二週連続、シリーズの流れで見ても、【4】までブラありだったのが【5】で初手からトップレスとなって、シリーズ2作連続と、トップレスボクシングマニアにとっては非常に嬉しい傾向ではあるんですが、うーん、このパンツはなぁ。

【5】と形状は似た感じなんだけど、【5】のは生地にキラ感があって、「試合用コス」に見えなくもなかった。でもこの作品で使ってるパンツの色、質感だったら、例えばヘソがはっきり見えるぐらい股上丈のないものにするとか、もちっと「エロ寄り」「試合用コス寄り」にしないといかんと思う。加えて、どちらかというとふっくら体型の成海夏季さんに、膨張色のパンツってのもどうかと思うし、シューズとの色の組み合わせも間違ってる気がする(自分の感覚だと、パンツが白と黄色、シューズが白と黒なら、白パンツには白シューズで揃え、黄色と黒で一人分にするのが正しい配分)。

ところで先日、某海外エロ動画サイトで、長さ5分ほどの【プロレズリングスーパーリベンジ】の映像をヒットしました。それきっかけで、久々にバトルさんちのプロモ動画も見てみたけど、やっぱり「パンサー理沙子さんと横山みれいさんがリングの上でレズり合う」ってのはタマランですねぇ。この作品、「イきシーンが勝敗決着時の一度だけなんじゃないか」という一点だけが気がかりで、購入を思いとどまったままになってましたけど、こんだけエロいんだったら、もう買っちゃってもいいかな、なんて思ったり(パンサー理沙子こと桃宮ももさんは本格的にAVを引退するようなので、今後「パンサー理沙子バリレズヤラレ」の新作が出る可能性もなさそうですし)。

この作品は、DVD版でも定価9000円+消費税と、一般商品よりも若干お高めの価格設定なので、アキバコムメンバーズカードのスタンプ満タン特典が使えるならそれを利用してしまいたい。で、手元のカードを確認したところ、満タンまで30ポイントほどで、ポイント2倍デーに15000円のお買い物をすればスタンプ満タンに届く勘定になります。んー、こんくらいなら予算的には何とかなりそうだし、買ってもいいと思ってる商品もナンボかある(4月23日付エントリに、そこらへんの記述アリ)んで、この作戦で行こうかなぁ。

「スタンプ満タン作戦」に乗り気になってるのには、来月1日から、バトルさんの会員サービスシステムが変更になるのも、一つの要素にはなってたりする。ポイントの付与と還元のシステムは、あんま変わらないみたいだけど、このタイミングで会員10%offがなくなるようなので、買い物するなら、その前に済ませちゃいたいんですよね。今月6月は、雨さえ降らなければ、チャリde遠乗りするには良い気候でもあることですし、もっぺん真剣に購入候補商品を吟味した上で、今月中に「スタンプ満タン作戦」を敢行したいなぁ、なんて思ってます。
  1. 2017/06/04(日) 22:06:45|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する