眉月的雑感綴

選挙に行こまい!

なんでか朝めっちゃ早くに目覚めてしまったので、7時の投票開始とほぼ同時刻に衆院選の投票を済ませてきました。投票開始の際に、「投票箱はまだ空です不正はありません」儀式として、未投票の投票箱を公開するようですが、それには間に合わず、ちょっと残念。でもまぁ、雨も風もまだそれほど酷くはなかったんで、それはそれで良しとしましょう。

で、投票を済ませて会場を出たところに、出口調査ちうのおねぇちゃんが居た。朝日毎日系だったらおちゃらけるところだったけど、日テレってことだったので、まあまあ真面目に回答してきました。

投票先はどこか? とかはいいとして、気になる設問が終わりの方にちらほら。一つは「何を基準に投票先を決めたか」で、〇をつけられるのが一カ所だけしかなく、経済対策も国防も大事なので、この2点だけは絶対に外せないんだけど、どちらか一つしか選べないんですよね。

もう一つ、最後に、「憲法に自衛隊を明記するのに賛成か否か」ってのがあった。自分は「独立国家として国防軍(と敢えて書かせてもらう)が存在するのは当たりまえで、んなもんわざわざ憲法典(この言葉遣いも大事。憲法ではなく憲法典)に書く必要なんてない。むしろ憲法典にいらんことを書いて、国防軍の活動をヘンに拘束する方が危険。ちうか自衛隊の行動法制をとっととネガティブリストに直せ」という考え方なので、この設問に対するYes/Noでは、恐らくまったく意図が伝わらない。まぁ、自衛隊そのものの存在を否定するように取られるのが嫌なので、一応賛成票を入れておきましたけど。

・・・・ と、投票日当日でもあるので、とりあえず政治ネタをぶっこんでみました。あと、今日は全国的に大荒れな天気だけど、選挙権を持ってる人は、ちゃんと投票に行きましょう。棄権することは、〇〇党だの〇〇〇〇党だのに、あなたの1票の何分の一かを投じることとイコールです(説明しなくてもわかるよね)。投票による政治への参加は、自由主義社会に暮らす個々人の「権利」ですから、ゆめゆめ放棄なさらぬよう、強くお勧めする次第です。
  1. 2017/10/22(日) 08:12:46|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この組み合わせはヤバい

まだまだエロテキストを起こす気になれず、ブログも半分放置ちゃってる感じ。リアル生活でもテンションが低迷したままで、なんとなく人狼関係に逃避する日々を送ってます。niconicoで人狼動画を漁るのは相変わらずですが(有料会員登録済ませました。読み込み待ちで止まることがなくなり、また動画の途中から再生できるメリットは大きいです)、先月の末に、るる鯖にもデビュー。観戦してると、割と村の全体像が見えて、誰が村目で誰が人外かがぼんやりと浮き出てくるんですが、実際に参加してみると、すぐにチンチンにテンパってしまい、状況把握や推理がまったく追いついていかない。やはり、見るのとやるのでは大違いです。

・・・・ と、そんな感じで、とりあえず人狼ネタで一本記事を起こしとこうかと思いつつ、今日久々にバトルさんちを覗いたら、トップページの一番目立つ場所にあるバナーの、B-1トーナメント6th一回戦第一試合「鈴木さとみ×葵千恵」が目に入り、一気にエロテンションゲージが上昇。いやぁ、この組み合わせはヤバいですよ。

リンクをクリックして特設ページへ。案の定、脱ぎアリ&若干のレズ攻め要素アリっぽいですね。鈴木さんも葵さんも再起用して欲しい女優さんだったし、トーナメント企画にお声がかかるってことは、少なくともお二人のうち片方は、準決勝以降の撮影がもう一度あるはず。これはこの先楽しみです。

ちうか、「このお二人だったら、レズ戦を撮らない手はない。二本撮りするなら、まんまの組み合わせでレズ戦。これしかないっしょ!」ってな衝動が瞬時に頭に浮かぶ。で、トップページに戻って新作情報欄を下っていったら、翌週発売でまんま組み合わせの【ライバルレズファイト01】が置いてある。うんうんそうでしょうそうでしょう、ブローウインドさんやるやん。

実は、かなり購入に前向きだった【プロレズリングSP 5】(鈴木さとみ×吉田花)が、探索nextさんブログのレビューで、最終的に鈴木さん勝ち、ギブ決着の3本勝負で脱ぎ度合い控え目と、いろいろ自分の好みと合わないことが判明したので(相手をイかせにいくレズファイトを複数本分割にして、それぞれがギブで終わるのは絶対的に悪手)、購入を見合わせ、例の「ポイントカード満タン計画」の実行も、この作品が交換対象だったんで中止したんですよね。

でも、「鈴木さとみ×葵千恵」のイかせプロレスが出るなら、この作品を交換対象にして「ポイントカード満タン計画」を決行してもいい。というか、すでにその気マンマンです。作品紹介欄に「三本勝負」とあるのがスンゲー嫌なんだけど、プロモ動画を見る限りでは、脱ぎ度合いもまずまずですし、これだったら多少騙されてもいいや。

・・・・ ってなことで今回は終了。【絶望ボクシング】シリーズが定期リリースになりそうだし、来月も、【全裸ファイト】(アキバコム制作部)、【レズレイププロレス 3】と、自分の好みに近い作品が発売予定になってるんで、展望は明るい。そんな風に思える週末なのであります。
  1. 2017/10/21(土) 01:02:18|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一段階ブラッシュアップ

母の死からひと月ほどが過ぎましたが、未だにテンションが地底を這ったまま、元に戻りません。エロ目の話題もちょいちょい頭に浮かぶものの、それを文章に起こそうとする気力が湧かない。・・・・ と、これを言い訳にしてると、ホンマに失踪しかねないので、とりあえず女女ボクシングの新作2本について、コメントしときます。

まずは今月6日発売の【レズ女子ボクシングコロシアム 6】。シリーズ6作目にして、ようやく試合シーンが全面的にトップレスになったようですね。個人的にはこれが当たり前で、そこからさらに脱ぎ度合いを上げ、全裸方面に向かって欲しいところ。それから、んー、レズ攻め、レズ行為に関しては、もっと積極的に前面に出てもいいんじゃないかなー。通常の女女ボクシングもトップレスの作品が増えてきたし、そっちとの住み分けを考えると、商品戦略としては、それが正解のような気がします。

あと、プロモ動画の構成から察すると、桜木さん攻勢から桂希さん攻勢に移り、そのままフィニッシュ、ってな感じの流れっぽいけど、どっちかってとヤラレ映えしそうなのは桂希さんじゃないかな。プラス、桂希さんは、いい感じの巨乳ちゃんですから、攻勢劣勢の順番を逆にして、桂希さんのおっぱいをきっちり嬲り倒す(軽めのパンチや舐めしゃぶり)、が正しいプロモ動画の見せ方、正しいシナリオの描き方だったんじゃないかと思います。

【絶望女子ボクシング 3】は、シリーズ1作目に続いて YUNIさんが攻め役で、ちょっと普段とは違ったキャスティングですが、これってやっぱり【1】が売れたので「おかわり」なんだろうなぁ。(あくまでもプロモ動画ベースだけど)【1】では顔面パンチが主体だったのが腹攻めメインになり、ヤラレ側が「もう許してください」を連呼することで、リアリティが増した。一段階ブラッシュアップされた感じがします。んー、YUNIさんのトランクスは【1】と同じ黄色のステテコパンツだったけど、相方の衣装がこれだったら、いつもの赤のサテントランクスの方が良かったかな。

個人的には、女女ドミボクシングのレズ要素込み版、つまり、攻め側がひたすらボクシング強者なのではなく、剛艶無双のレズおねいさんで、純粋で健気なボクシング娘をボクシングファイトとレズ攻めで完全破壊し、(両者ボクシンググローブをつけたまま)ペニバンレイプでフィニッシュ、なんてのを見てみたいけど、まあそこまでは言いますまい。ともあれ、このシリーズは、定期的にモノがリリースされ続ける、ロングセラーになってほしいと思います。
  1. 2017/10/11(水) 19:58:20|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

まだちょっとお休みします

同居していた母が亡くなりました。

自分の母は昭和ひと桁生まれで、今年のGWあたりまでは、割とフツーに健康的な生活(よく歩き、家事も全部こなす)をしていたんですが、梅雨の季節に移るあたりから「何を食べてもおいしくない」と、よく口にするようになり、それを境に、徐々に食が細くなっていきました。で、これはちょっと心配だなと思っていた7月終わり近くのある朝、「もうどうにもつらいから救急車を呼んでくれ」と乞われたので、救急搬送に付き添って病院で検査を受けたところ、医師の診断は、「末期がんの可能性が極めて高く、贔屓目に見て余命2ヶ月」。即日入院したものの、日に日に衰弱していき、ほぼ医師の見立ての通り、入院からほぼ1ヶ月半で、天に召されてゆきました。50を過ぎても、エロテキスト書きだの人狼だのマイクラだのに現を抜かすロクデナシの息子には過ぎて余りある、良き母でした。

そんなことで、まだ身の回りを整理中。あと少しだけお休みします。
  1. 2017/09/18(月) 20:51:18|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

鈴木さん負けが希望なんだけどなー

このところ、1日3食のうちの2食を自分で用意する生活を送ってるんですが、目下「生姜焼き祭り」の真っ最中で、ここ何日かは、「生姜焼きに白ご飯」が夕食の献立になってます。豚のロース肉を生姜焼きのタレで炒めるだけの、至ってシンプルなものなんだけど、これがメガ美味い。白ご飯そのまま、卵かけご飯、粉海苔にめんつゆちょいたらしご飯(猫まんま系?)、どれともバカみたいに合います。日本人に生まれて良かった!! ・・・・ ということで、いつものエロ目のお話。

今週末発売の【MIX BOXING Groggy 6】と次週発売の【バトル同門決戦シリーズ 女子ボクシング 8】は、同一ペアのキャスティングでした。【MIX BOXING Groggy】シリーズは、ずっと女優さん2人分ともブラありで、「2人分収録なら、コスのパターンを変えるなり、どっちかトップレスにするなりして、バリエーションを確保すべきなんじゃね?」とかいつも思うんですが、今回に限っては、少なくともトップレス云々の方は、「トップレスをお好みの方は、【同門決戦】の方をチョイスしてね」で済む話になってしまい、若干空振り気味に。で、【同門決戦】シリーズは、練習シーンからトップレス全開だった前作から、また練習シーンはブラありに戻っちゃったけど、試合シーンはトップレスのまま。んー、このシリーズはもう「トップレス戦が基本」と見なしていいかもですね。

ちょっと思うんですけど、練習シーンがブラありと言うか、乳丸出しにしないのは別にいいとして、それなら(プロモ動画でチラ見せする程度には)「汗濡れの演出」をやってもいいんじゃないか、って気がするんですよね。スポブラでもいいけど、それだと素材選びが限られるので、候補はタンクトップのシャツみたいなものまで考える。汗濡れの跡ってのは、これはこれで充分フェチエロたりえるし、プロレスコスではやりにくいので、トライするにはいい機会だと思うんだけど、どうでしょうか。

あと、すごく気になるのが【プロレズリング Special 5】。このシリーズは【1】を購入して以降、「これでSP?」ってのが続いたんでノーマークになっちゃってましたけど、今回の【5】のキャスティングにはかなり惹かれるものがあるんですよね。鈴木さとみさんは、7月9日付エントリにも書いたように、「レズ戦が見てみたい」女優さんの一人でしたし、相方の吉田花さんも、いい感じのキャラ&ボディで、ぷっくりとした乳首が自分好み。ぶっちゃけ、久々に「二人とも複数回のイかされシーンがあることが大前提で、鈴木さん負けならほぼ購入確定、吉田さん負けでも真剣に購入を考える」程度まで食指が動いてます。

「鈴木さん負け役」の希望があるんで、どんな勝敗結果になるのかを、同一ペアで、乳出しまでの脱ぎアリ・レズ攻撃アリだった【BATTLE生誕祭開催記念スペシャルマッチ】と絡めて、ちょっと考えてみたい。まず、ブローウインド世界観の中の、プロレスファイターとしての位置取りは、FGにも出場した経緯のある吉田さんの方が明らかに格上だろうという点を押さえておき、その上でこの2作品の商品ページ上の情報(プロモ動画とサンプル画像)を追ってみると、【生誕祭SP】【プロレズリングSP】の勝敗パターン4つのうち、「鈴木さん連勝」「鈴木勝ち→吉田勝ち」の選択肢は、ちょっと考えにくいような気がします。

で、「鈴木さん連敗」「吉田勝ち→鈴木勝ち」はどっちもありそうですが、んー、【プロレズリングSP】のプロモ動画で、両者全裸になってからの2カットがどちらも鈴木さん攻め構図になってるんで、こっちは鈴木さん勝ちの可能性が高いかなぁ。「着衣状態ではイーブンバランス → 両者乳出し状態になると吉田さん優勢 → 全裸モードで形勢逆転して鈴木さん優勢、そのままフィニッシュ」みたいな流れでしょうか。ま、何にしても、購入に若干前のめりになりつつ追加情報待ち、ってなスタンスでいきたいと思います。

・・・・ と、エロ目話題の部分は、先週末には構想が練れていたんだけど(その時点で情報も出揃ってたし)、何度か触れているようにリアル事情の影響で、なかなかエロテキストを作成する意欲が涌かない上に、やはりリアル事情の影響で、適度なマクラが思い浮かばないので、下書きを始めるきっかけが発生しない。とは言うものの、特に【プロレズリングSP】の話はブログに書いておきたいし、逡巡してるとどんどん鮮度が落ちちゃう。なので、気持ち無理して食べ物ネタを引っかけて、そこから入ってみた、ってな感じです。今後も超不定期更新が続くと思いますが、そこらへん、どうぞ宜しくお願いいたします。
  1. 2017/09/07(木) 21:33:59|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する