眉月的雑感綴

予定はまったくの未定

マクラなしで、いきなり本題へ。

前々回の最後に、「家の事情で、来月(現時点では今月)は自由に使える時間が減ってしまう可能性が高い」と書きましたが、事態はこのときに想定していたよりも、はるかに深刻な状況になってしまいました。なので、この先2~3ヶ月の間は、「まったくの未定」ということにさせていたこうかと思います。もちろん、一応、週一とか半月に一度とかのペースで何某か書き残そうかとは思ってるんですが、正直なところ、エロ目のテキストを起こす気力が湧かないので、もしかすると、間が一か月とか開いちゃうかもしれません。その辺りの事情をお汲み取りいただき、生暖かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願いいたします。
  1. 2017/08/06(日) 06:40:26|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安全運転でいきまっしょい

PC部屋の寒さとマインクラフトの誘惑で、「んもう今日はブログの下書きバックレでいいや」になってしまう日々が続くうちに、暦が2月から3月へ移り、「んー、最高気温も二桁で安定してきたことだし、そろそろブログの方も本腰入れんとだなー」なんて思ってた矢先に、身内にちょっとシャレでは済まないレベルの事件が起こってしまい、そちらに注力しておりました。で、この「ちょっとシャレでは済まないレベルの事件」に関して、強く思ったことがあったりするんで、およそ一か月ぶりのエントリではありますが、エロ目の話題は全面的にお休みして、そちらのお話をしたいと思います。

コトが起こったのは3月3日の雛祭りの日。同居している母親(昭和ひと桁生まれなので、もう80を超える高齢)が、お散歩&買い物に出かけた際に、車が近づいてきたので、ちょっと道の脇にどいたら、そこに自転車が突っ込んできて衝突し、前のめりに転倒。一旦家に戻ってきたものの、じっとしててもまったく痛みが引かないので、近所の整形外科で診てもらったら、「肋骨3本折れてます」とのこと。そら、痛みも引かんわ。・・・・ とまぁ、そんなことがありまして。もちろん肉体的な面もそうなんだけど、この一件で精神的にもかなりやられてしまったらしく、自虐的な独り言が多くなったので、自分が家にいる間は、できるだけ傍に居って、母親の身の回りの世話をしつつ、様子を見守ってたわけです。

お陰様で、先週末あたりには大分回復してきたらしく、寝起きの際にあんまり痛いと言わなくなったし、自虐的な独り言も減りました。昨日、ちょっと時間を作って整形外科に同行したところ、「一番痛い時期は過ぎた」ということなので、とりあえずは一安心かなぁ、と。母ぐらいの年齢になると、骨折の部位によっては、そのまま寝たきりになっちゃうケースも充分考えられるんで、そうならなくて良かったとも思ってます。

実は二年ほど前だったかに、自分も自転車の衝突事故(っぽいもの)に遭ってるんで、そんときの話も。場所は近所の丁字路で、丁字の横画の道は、車がやっとすれ違える程度、縦画はもっと幅が狭い道です。で、自転車に乗った自分が、縦画の道を下から上へゆっくり近づいていたところ、突如、横画左側から、中学生ぐらいの女子が乗った自転車がほぼフルスピードのままこちらに曲がってきた。お互いに急ブレーキをかけたけど間に合わずに衝突し、ヘンに避けようとした自分だけがバランスを失って道路に転倒、なんてことがありました。

このときは、自分が一応受け身らしきものを取ったので、掌と膝小僧を少し擦り剥いただけで済んだけど、もし自分がいた場所に車が止まってたりしたら(頻度はそれほど高くないけど、何度か見たことはある)、あの女子はまんま突っ込んでただろうし、あんまり反射神経の高くないお年寄りが歩いてたりしたら(これはしょっちゅう見かける光景)、最悪、衝突したお年寄りが仰向けに倒れる → 路面に後頭部を強打、なんて事故にもなりかねない。

まぁこれは極端な例(ちうか、視界の利かない角を全速で曲がろうとする神経が自分にはわからん)でしょうけど、「それはちょっと危険なんじゃね?」と感じるような自転車の乗り方をしている人は、結構見かけるんですよね。周囲をまったく確認せずに急に止まったり進路を変えたり、ぐらいはまだいい方で、携帯電話やら並走車とのおしゃべりやらに夢中で、周りはおろか前すら見てない人も、たまにいたりする。あと、夜間の無灯火も、もらい事故防止の面から見ると、結構危ないっちゃぁ危ない(直前に近づくまで相手が発見できない場合がある。これは自分の体験上、はっきりと言い切れる)。

翻って自分はどうかと言えば、今回の記事で紹介した以外にも、何度かヒヤリな場面に遭遇してるんで、加害者にも被害者にもならないよう、常々気を付けてはいるつもり。停車や進路変更の際には必ず周囲を確認してからするようにしてるし、「歩行者も他の自転車も、突然止まったり進路を変えたりするものだ」「どんな細い路地からでもいきなり何某か飛び出してくる可能性がある」と思って、チャリを転がしてます。

自転車は非常にお手軽な移動手段ですけど、それなりにスピードは出るし、特に対歩行者の場合、重大事故の加害者側になってしまう危険を常に孕んでいる。・・・・ 自転車に乗る際には、そんな心構えを忘れずに。安全運転でいきましょう。
  1. 2017/03/13(月) 21:59:59|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は歩くぞ

平成29年、皇紀2677年、明けましておめでとうございます。

さて、年明け一発目のエントリということで、今年の抱負とか願望とか、それらしきものを。

まずはエロ方面ですが、二年前にポザ環境が壊れたことで、画像媒体の創作をほぼ放棄しちゃいましたから、あとはもう、文章と「参考画像」(ネットで拾ってきた画像をフォトショエレメンツ君でちょろちょろ加工するとか)を介して、ブローウインドさんや、ROCKETさんをはじめとする一般AVメーカーさんに「ヌける」作品を制作していただけるよう、ヒント券をばら撒くなりして応援していくぐらいしかできないわけで。まぁこれはライフワークみたいなもんですから、それなりに頑張っていきたいと思います。

それからマインクラフト関係。去年は「ただだらしなくブランチマイニングをして経験値を稼ぎ、エンチャントで武器防具を強化する」ってなことをずっとやってましたけど、今年は積極的にレッドストーン回路に手を出して、いろいろ作ってみたい。基礎がゼロからなので、世間様にお見せするような見栄えのものができるとは思ってないですけど、あれやこれや弄り回した末に、「もっとマシンパワーが欲しい!」ってなって、PCを買い替える強い動機を自分の中に植え付ける。これが最終目標ですかね。もしPCを買い替えたら、ポザ環境を構築し直して、エロ画像創作を再開するかも知れないけど、まぁ今のところは、そこまで大風呂敷を広げるのはやめときましょう。

あと、ちょっと健康面の話。ここ数年、著しく体力が低下している自覚があって、特に、以前は買い物とかで「この距離なら歩きで」だったお店に行くのに、ホイホイ自転車を使ってしまうことが増えた。これは日々老いていく自分にとってはかなり深刻な問題で、この傾向に歯止めをかけるためにも、今年はとにかく「歩く」ことに精を出したい。休日に天気が良ければ、外に出てガンガン歩き、「チャリで遠出」の回数も増やして、脚力回復に励む。そんな一年にしたいです。

・・・・ とまぁそんなことで、本年もよろしくお願いいたします。

ご来場の皆様にとって、この一年が良い年でありますように。
  1. 2017/01/01(日) 22:43:19|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

エロ壁紙でエロい気分に

数年前に「自分はベイスターズファンである」的なことを書きましたが、実は、2012年に球団の一般略称が「横浜」から「DeNA」に替わり、既定路線だった工藤公康さんの監督就任がご破算になった時点で、ベイスターズファンの幟は下ろしました。今現在は、強いて言えばカープ贔屓ですかね。理由としては、一般略称「広島」が12球団で唯一都市名であること(これは結構重要なことだと自分では思ってる)、ホームのマツダスタジアムが天然芝であること、(特にホーム用の)ユニフォームが美しいこと。走・守がしっかりしてるチームカラーもお気に入りかな。なので、今シーズンのリーグ優勝、日本シリーズ進出は嬉しかったです。

てか、大谷スゲー。たまたまCS最終戦の9回表の中継を見ることができましたが、ストレートが165km/h、フォークですら150越えって。ちうか、3番指名打者で先発出場 → クローザーとして9回に登板とかありえねー。打撃に関しては、まぁ「普通に一流選手」って感じですが、ピッチングに関しては、ホンマに底知れないものを感じますね。今は若干コントロールに難があるように見受けられますが(もちろん、それを補って余りあるほどの球速があるんだけれども)、この点が改善されて、さらに「小さく鋭く曲がるスライダー」とか投げられるようになったら、対右打者はほぼ無敵になっちゃうんじゃないのかな。彼はいずれMLBに行くことになると思うけど、そのときに一体いくらのお値段がつくのか。非常に興味深いです。

ところで先日、ちょっとしたきっかけで、「完全に自宅の個人使いPCなんだし、いつまでもデフォルトの壁紙ぢゃなく、ここはいっちょエロ背景にでもしてみっか」と思い立ちました。構図は「トランクス穿きの巨乳トップレスボクサー大の字ダウン」でほぼ即決し、それっぽい画像を探す旅へ。

まずPC内の写真ファイルをざっと眺めてみたけど、今一つ「これは!」ってのが見つからない。洋物画像は、それなりの数揃ってるんだけど、海外版やふぐるあたりで拾ってきた写真が多いため、サイズがちっちゃいのばっかなので、モニタ全面サイズで映すのには少々難があります。

ならば、ということで、手持ちのDVDから画像を引っ張る作戦(PC内臓のプレイヤーで再生し、スクリーンショットで静止画像化する)に出たものの、ここでも決定打は生まれず。ブローウインド産商品の中では、【シネマチックトップレスボクシング 2】の平山薫ちゃんが良いおっぱい的に抜きん出てる感があるので、この作品から、こんなシーンやらこんなシーンやら落っことしてみたんですが、前者は勝ち女優さんの足が邪魔だし、後者は全裸にされてからの図。基本、自分は流血演出ってあまり好きじゃないのに加えて、キャンバスの白が壁紙として使うには致命傷で、やっぱりうまくいかないんですよね(実際のところ、後者の画像は40%透過の黒スクリーンをかけて2日ほど使ってみたけど、結局「これはアカン」ってなった)。・・・・ で、最終的には、こんな壁紙に落ち着きました。

元ネタは、pixivに投稿した「あずみ×かおる」トランクス版の最終回分ですね。せっかく壁紙として長いお付き合いになるからということで、かおるの乳全体の形、あずみの右乳の位置と右グローブの角度など、ちょっと気になった箇所を修正。出来上がった画像の外周を黒枠で囲って、枠の輪郭をぼかし(画像の端が枠のぼかしにかからないように、画像の上下に若干寸を足した)、50%透過の黒スクリーンをかける。でもって、デスクトップアイコンやタスクバーとの位置関係を調整して完成です。えーと、間違って「オレもこんな壁紙にしたいな」なんて方がいるかも知れないので、修正済み&上下寸足し済みの画像を公開しておきます。

・・・・ とまぁ、そんなことで、この壁紙になってから4日ほどが経ちましたが、やっぱ、PCを立ち上げる度にこの壁紙を目にすると、どうしたってその時点でエロい気分になるわけで、実際、「PC立ち上げたらマインクラフト直行」だったひと頃に比べると、エロいことを考えてる時間が増えました。結果として、ここの更新ペースも気持ち上がるかな、なんて思ってます。
  1. 2016/10/17(月) 22:06:16|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポンコツ以外に何と表現すれば

同じ音楽が頭の中でずっと流れる、なんてこと、よくありますよね。自分は、ひと月ほど前にキャンディーズの「やさしい悪魔」モードが一週間ほど続いてたりして、今現在は「帰ってきたヨッパライ」モードのど真ん中です。んで、曲を口ずさみながらマインクラフトをやってたら、「ど平面の野っぱらでクリーパー先生に至近距離爆発2連発を食らって死亡(2度ともイケると思って自分から近づいて行って、剣でのとどめの一撃をスカった)」、なんてことを体験。「帰ってきたヨッパライ」モードへの突入が、この出来事の前フリだったのかと思えるほど、それはそれは見事なまでに、「オラは死んじまっただぁ~」でシンクロしたのでした。・・・・ ということで、今回はエロネタを一回お休みして、選挙関連の話をまとめてやっつけることにしようと思います。

先の参院選、巷では「自民公明の与党の圧勝」みたいな雰囲気になってますが、東北地方の一人区がほぼ全滅ですし、他でも一人区の野党統一候補にかなり負けていて、選挙前の大勢から考えると、自民党は負けの範疇だと思う(因みに、公明党は選挙区全員当選、比例区でも想定に対してプラス1なので「完全勝利」。なぜ比例区が想定プラス1なのかは、チャンネルくらら7月21日配信動画「山村明義のウワサの深層・参院選総括特番」をご覧いただければ一目瞭然です)。自分は自民党シンパではないけども、今の日本の情勢を鑑みるに、自民党に勝てるところはもっときっちり勝ち切ってもらわないと困る。この参院選を「負け」まではいかないにしても、「取りこぼしが多かった」と認識して、もちっと頑張ってもらいたいです。

一方、自分が比例票を投じさせていただいた「日本のこころを大切にする党」は、(全国)比例区定数48という「国政選挙の中で一番当選ラインの低い選挙」だったにも係わらず、一人も当選者を出せず。この結果を受けて党代表の中山恭子氏が辞任届を出したものの受理されず、党首続投になったようですが、この政党の規模レベルだと、必然的に党首がメディアに乗る機会が多くなるわけで、申し訳ないけど、高齢で弁の立たない中山代表では弱い。形だけでも「バリバリに活動してます元気いっぱいです」と訴えられる人材を「党としてメディアに乗る人物」に据えないと、いくら政策がまともでも、「国会議員選挙で当選者が出るか出ないかギリギリのライン」を脱するのは非常に難しいと言えるでしょう。ちうか、今度の都知事選で増田寛也氏推しをしたことで、党を見限るネット民が大幅に出ることは必定。小池百合子氏に乗っかるまではいかなくても、おおさか維新のように「都知事選では特定候補の支援を見送る」姿勢で臨むべきだったと思います。

ぶっちゃけ、党名もオシャレじゃないし(まともな政治勢力にならんとする党名に聞こえない)、一度解党するなり、党名を変更して新装開店するなりした方がいいんじゃないのかなぁ。個人的には、和田政宗さんとか、杉田水脈さんとか(このお二方は、本当に日本のために働いてくれている)、魅力的な人材を抱えてるとは思うんですけどね。んー、今の党名、党体勢のままだと、和田さんは次の参院選を通らないんじゃないかな。

で、その都知事選ですが、野党統一候補の看板を背負った鳥越俊太郎氏が、想像を絶するほどのポンコツであることが日に日に明らかになり、さらに身辺もガバガバ(テレビや新聞にはあんまり出てこないけど、ネット上はお祭り状態。最新のネタは、某保険会社への利益供与疑惑、学歴詐称疑惑あたりか)で、最近の報道では「3着以下がほぼ確定」ってとこまで支持を落としてます(であってると思う)。いや自分はね、多少出自が怪しかろうが、金に汚かろうが、エロおやじであろうが、政策がしっかりしていて、それを遂行する能力が高ければ、それはそれでいいじゃん、という認識ではいますけど、訴えてる政策が「それって国政の話で、都政とは関係ないんぢゃね?」って感じでピントずれまくってるし、しゃべればしゃべっただけボロが出るようなポンコツっぷりですからねぇ。

自民党勢力がほぼ真っ二つに割れた状態で選挙戦に突入する気配が濃厚になったところに、野党統一候補として知名度抜群の鳥越氏が出てきたんで、都知事選告示日の頃は、正直「こりゃぁ自民勢力同士討ちで、鳥越氏を擁する左翼勢力に都知事の座をかっさらわれるな」と思ってたんだけど、その事態は避けられそうな気配で、とりあえず一安心。ぶっちゃけ、野党統一候補が宇都宮健児氏に纏まってたら、どうなってたかわからないし、蓮舫氏あたりが参院選をブッチして都知事選に出てきたら、仮に自民勢力が一本化できていても敵わなかったような気がします(ちうか、何で野党が最終的にこんなポンコツな神輿を担ぐことに決めたのか、非常に理解に苦しむ)。

都知事選の投票日は今度の日曜日ですが、誰に投票するかはまだ決めてなくて、「情勢を見極めてる状態」。と言うのは、「当選の可能性アリ」ライン上の候補者三名の中から選ぶとすれば、「韓国人学校増設白紙化」「外国人参政権に明確に反対」プラス「朝鮮風『おもてなし東京ユニフォーム』改善」(これは本当に何とかして欲しい)あたりの主張を重く見て、小池百合子氏に当選して欲しいと思ってる。ただ、桜井誠氏(「在日特権を許さない市民の会」の元・会長で、世間では色物際物の類に見られてますが、言ってることは「非常にマトモ」で、街頭演説等もも精力的にこなされてます)の掲げている公約「日本を取り戻す七つの約束」にも非常に惹かれるものがあるんですよね。世界基準で見れば、このくらい「自国寄り」なのが当たり前なんじゃないかな。

なので、投票日当日の時点で、小池百合子氏が「優勢」程度の気配であれば、小池氏に投票。「小池氏当選はほぼ確実」ぐらいまでになったら、「あなたの主張に賛同します。頑張ってください」の意を込めて、桜井誠氏に一票を投じる。・・・・ そんな作戦でいこうかなぁ、なんて考えてます。
  1. 2016/07/27(水) 21:41:53|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する