眉月的雑感綴

怒涛の二年目突入

うー、めっきり寒くなりましたねぇ。やほぉ天気予報を見ると、向こう一週間、東京の最高気温は一日も20℃に届かず、最低気温も一桁の日がちらほら。まぁ、11月になりましたから、気候的にはこんなもんでしょうか。

さて、マインクラフト製品版を購入したのが、去年の11月1日ですから、昨日でちょうど一周年となりました。いやぁ~、ハマりましたねぇ~。ぶっちゃけ、自宅に居て自分の自由になる時間の8割9割、マインクラフトやってたんじゃないかな、ってなくらい、見事なハマりっぷりです。製品版購入当日の、昨年11月1日付のエントリには、同年9月15日付エントリからの引用として、「凝り性ハマり性の自分が一旦コイツに手を出すと、年単位で戻って来れなくなるような気がする」とありますが、まさにそんな感じ。

で、「まるまる一年もどっぷりハマってたら、んもうトラップタワー建てまくりの、ネザーもジエンドも開発しまくりのでしょ? ウィザーだのエンダードラゴンだの倒しまくって、ウハウハしてるんでしょ?」なんて声が聞こえてきそうですが、実際はぜんぜんそんなことはなくて、ひたすら「新規ワールドを、武器防具を最高レベルまで上げて、資材関係を安定して調達できる状態までもっていき、且つ、本拠点の近くに、取引用の村人を集めた村を形成するまでワールドを成熟させるにはどうすべきか」を探ってた一年でした。今までネザーに行ったのすら数える程度で、ウィザーだのエンダードラゴンだのには、未だに未遭遇。レッドストーン回路も、まだ一度も組んだことがありません。エリトラ? エンダーシップ? 何スかソレ? って感じ。

武器防具の充実や資材の安定供給までいったワールドは20を超えると思いますが(地形的に開発しやすいワールドを選んでるので、生成して数秒であぼーんしたワールドは数知れず)、ヘンに完璧主義なところがあるもんで、そのあたりまでワールドを育てても、ちょっとでも納得がいかない部分があると、あっさり放棄してワールドを新規作成し、最初からやり直し。その繰り返しです。モードはサバイバルですが、基本的に、一回でも死亡事故が起こると、そのワールドは捨てちゃいます。そんなことばっかやってるんで、ちっとも「その先」へ進んでいかない。ある種の引きこもりですね。まぁ、最初からワールドを育ててく過程はめっちゃ楽しいんで、それはそれでいいんですけどね。

RS回路やTTに手を出さないのは、「mobを大量発生させたり、ピストンを大量に動かしたりするのは、今使ってるPCでは厳しいだろう」っていうのが根底にある。Windows 7 から 10へ半強制的に乗り替わり、同時期にマイクラのバージョンが1.9から1.10に移行してからは、何か異様に軽くなったんだけど、それまではしょっちゅうカックカクになってましたから(どうもこれは、メモリとHDDの空き容量の問題だったぽい)。

そんなことで、まだまだマインクラフトの「入門編」程度の遊び方しかできてないですが、自分なりに「これが正しい村人の増やし方だ」みたいなものもつかめましたし、ええ加減、次のステップに進んでもいい気がする。がしかし、そのためには、もちっとPCのパワーが欲しいところ。

まぁ、今のPCも買ってから5年経つし、そろそろ買い替えるのもアリかなぁ。今のご時世、15万も出せばかなりハイスペックのPCが手に入るし、mobを涌かしまくってもヌルヌル動くような環境が手に入るのなら、そんくらい投資しても元は取れるか。・・・・ と、そんな想いを胸に抱きつつ、マイクラ生活2年目に突入です。
  1. 2016/11/02(水) 23:38:54|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分岐点はまだ遠い先

ラグビーW杯オワタ。・・・・ 何かねぇ、夢のようなひとときでしたよ。トゥイッケナムのあの雰囲気、たまらんですね。あそこまでいくのは厳しいかも知れませんが、次回の日本開催の開幕戦が、決勝戦が、あんな雰囲気で行われればいいなぁと、心底思いました。秩父宮はそれほど遠くないし、一回ぐらいは行ってみたいですね(学生の頃は、結構通ったなぁ。懐かしい)。・・・・ ということで、エロ目のお話を一回お休みして、9月15日付エントリに書いた、「マインクラフト実況動画を漁ってます」の続きみたいなものを。

あれからドーンとハマったのが、ニコニコ動画で見つけた、Bellさんの「方向音痴のマインクラフト」シリーズ。茶番要素は少なめですが、ゆっくりボイスを使ってるのに、かなりノリがいいし、流れるコメントの中に絶妙なツッコミがあったりして、本当に見ていて楽しいです。当然のように、シーズン1からの全193話をコンプリートで、シーズン3以降は、もう4周ぐらいしちゃってます。このシリーズ動画は、シーズン1のスタートが2011年2月11日、β版の1.2とかなり古く、以降のマインクラフトのバージョンアップの変遷を見ることができて、それも嬉しいポイントだったり。スタート当初は空腹ゲージもなく、ずいぶんシンプルな構成ですね。

次に出会ったのが、自称「炭鉱夫」(コメントでは「地底人」とも呼ばれている)てりぃさんのマイクラ動画集。「地上なんてなかった」シリーズ、「高さ縛りのマインクラフト」シリーズと踏破して、現在同時進行中になってる、「マイクラの全ブロックでピラミッド」シリーズ、「ダイヤ10000個のマインクラフト」シリーズの更新を心待ち状態です。

そんなこんなで、「トラップタワー作ってみたいなぁ」だの、「ダイヤはロマン。自分で掘り当ててみたい」だの思うものの、4年前に買った安物PC(一応デスクトップ型)だし、グラボもつけてませんから、マインクラフトを動かすには、スペック的にかなり不安。なので、ずっと指を咥えながら動画を眺めてたんですが、ネットであれこれ調べているうちに、「CPUのパワーは多分大丈夫。グラフィック関係も、快適までは行かんだろうけど、動かすだけなら何とかなんじゃね?」ってな感触を得たんで、恐る恐る Mojang経由でアカウントを作って、体験版をダウンロードしてみますた。

実際に動かしてみると、周りを見渡してもあんまりカクカクしないし、想像以上に描画できてる(描画範囲はデフォルトの12チャンク)。おお、これはホンマにいけるかも知れん! でもこれ、操作が致命的にムズくないか? 何で移動が矢印キーじゃなくて、w,a,s,dボタンなんだよ。うぉ、海に落ちたら沈んでくじゃん。どどどどーしたら這い上がれるんだ? ジャンプかジャンプすればいいのか、ジャンプは左shiftだったか、いや違うspaceキーだ。おおお陸に上がれたぞ。つか、木製の道具って何でこんなに耐久力ないんだ? そうだ石だ、石を掘るんだ。うぉおおお、もう日が沈むぞ。松明は、松明を作る材料は、棒と石炭だったか。って石炭ってどこに転がってるんじゃぁ! いや落ち着け、まず落ち着け。確か木炭でも松明できたはずだ。素材も燃料も原木で良かったっけか? ってか、丸石ないからかまど作れねぇぇぇぇ! ・・・・ みたいな感じでパニック連発してたのが昨日のこと。その後、何度かワールドをリセットしながら、あーでもないこーでもないしてました。

で、まぁその、・・・・ 今日、製品版買っちゃったんですよね。

体験版を自分の手でプレイしたことで、「あんなことやこんなことをしてみたい衝動」が一気に湧き上がっちゃいましたし、3000円ちょっと(USD $26.95)だったら、エロDVD一枚買うのと大して変わらないお値段なんで、もう、ゴーしてもいいだろうと。でもって、これをきっかけに、カテゴリの名称も「ゆっくり人狼とminecraftのお部屋」に変更してみたり。

9月15日付エントリには、「凝り性ハマり性の自分が一旦コイツに手を出すと、年単位で戻って来れなくなるような気がする」なんて書きましたが、まだまだ思い通りに操作ができず、満足度はそれほど高くないんで、「戻って来れるかどうかの分岐点」は遠い先ですかね。今のところは、マイクラ実況動画や日本語版Wikiを最大限に活用しつつ、じたばたする日々を送ろうかと考えてます。
  1. 2015/11/01(日) 22:58:27|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東方指数上昇中

お盆休みが明けました。バトルさんちにも若干動きがありましたが、すぐに記事を起こしたくなるレベルでもないですし、せっかく「ゆっくり人狼のお部屋」なんつーカテゴリも作ったんで、今回はそっち向けのエントリにしようかと思います(なので全面的に非エロの話です)。

まず、ゆっくり関連。以前こちらにも書きましたが、ユキチさんがつべとニコニコに投稿していた【ライアーゲーム -饅頭-】が、一時的に完結しました。全5戦構成の四回戦終了までですが、最終戦のキャストを提示した上で「final stage」の予告付きです。以前にも半年ほどアップの間隔が空いたこともありますし、「final stage」の公開まで、また間が空きそうですけど、一ファンの立場として、現完結分までを視聴させていただいたことへの感謝と、「いつまででもお待ちしています」のメッセージを送りたい。いや、ホンマに面白いんで、未視聴の方は是非一度ご覧になってください(「ライアーゲーム-饅頭-1話」で検索すれば、どアタマの回にダイレクトで飛ぶことができます)。

続いて人狼関係。今月2日付、5日付けエントリに書いたような事情で、「人狼ゲーム」を題材にした動画漁りにハマったわけですが、テンポのいい「高速短期人狼」だと、議論のスピードに自分の思考が追いついていかない(というのは言い訳で、例えば「これこれこうだからこの占い師は破綻している」とか「これこれこうだからこのプレイヤーは村人陣営確定」とかが、まだあまりよくわかっていない)。ちょっと悔しいので、前にここでご紹介した【ゆっくりできない人狼】シリーズの文字起こし(議論過程や夜時間の推理解説部分のセリフをテキストファイルに手入力していく)をやってます。

すると、動画を見ていたときには、ただ「流れていただけ」のセリフが、結構頭に入ってくる。手入力しているので、何となく、それぞれのセリフを自分で言った気分になって、各々のプレイヤーの視点で場がどう見えているのか、人狼陣営や妖狐がどういう方向に議論を誘導したがっているのか、みたいなものが、少しずつわかってきます。かなり手間はかかるけど、人狼ゲームを理解するには結構有効なんじゃないかなぁ、なんて思ったり。

【ゆっくりできない人狼】はリプレイではなく「完全脳内構成」ですし、「最終日に向けての盛り上がり優先」のシナリオになっているはずなので、リアル人狼プレイのお手本にするには若干問題があるような気もしますが、仮にリプレイ動画であっても、プレイヤーがミスを犯しまくってたりすると、かえってお手本とするには不向きでしょうし、まぁお手本があるに越したことはないので、とりあえずコイツでお勉強してから、「るる鯖デビュー」を果たしたいなぁ、とか考えてます。

再びゆっくり関連に戻って、と言うか、これは「東方関連」だな。

ニコニコで動画漁りをしていると、そらもういろんな動画にぶち当たるわけですが、そんな中、みずきひとしさんの4コマ漫画「がんばれ小傘さん」を動画化したものにヒットしました。作中、みずきさん本人が「多々良小傘」、リアル奥さんが「東風谷早苗」と、東方projectのキャラクターに見立てて描かれている漫画なんですが、これがすんげーオモロイ。

もともと自分は4コマ漫画が好きですし、画風も自分好み。サウンドエフェクトもいい感じに編集されていて、一本見ちゃうと「やめられない止まらないかっぱえびせん状態」になって、なかなか抜けられない(因みに、動画の投稿は作者のみずきさんとは別の人)。現時点で計93本の動画がアップされてますが、4日かけて全作踏破して、するっと2周目に突入してますよ。ええ。

で、この漫画では、一部を除く主要登場人物が東方のキャラクタで描かれているんですが、視聴を続けるなりに、東方キャラの相関図みたいなものが、じわじわと頭の中で構築されていき(不明なキャラが出てきたら調べるし、流れるコメントでフォローできる部分も多いんで)、すでにかなり毒されている自覚がある。つかもう、「文」は「あや」、「橙」は「ちぇん」という読みに自動変換されるぐらい重症化してます。

うーん、饅頭レベル以上には深入りしない予定だったのになぁ。・・・・
  1. 2015/08/18(火) 00:27:34|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆっくりできないのもイイ!

バトルさんちに、週明け回しになっていた今週末発売予定作品の商品情報が出揃いましたね。【VLACK FLAG ADF 4】は、特に「これはエロいっ!」ってとこまではいかず、「まぁこんなもんでしょう」って感じかなー。ただ、一つアイデアはいただきました。【セクシーコスチュームMIXバトルNEO 3】。んー、どうも、自分はこういう形状のコスにはエロを感じないんですよね。シリーズ一作目のような「透け方面」希望。二コ前のエントリで紹介した【地下性闘技 スワッピング試合】みたいな、「網目コス」「おっぱい丸見えコス」とかでもいいと思う。・・・・ ってことで、早々に新着のエロネタは消費してしまったんで、前エントリで前フリした「人狼ゲーム」のお話を。

まぁ、自分は、こういう「推理ゲーム」とか「騙し合いゲーム」とか、そういうのは大好物なんですね(まだ、るる鯖みたいなところでリアルプレイしたことはないんだけどね)。じっくりと推理を戦わせる長期人狼よりも、スピード感に溢れた短期人狼の方が、見てる分には楽しい。あと、キャラのセリフが画面にテキスト表示されるだけのものよりも、テキスト読み上げソフトを使って、セリフを音声化してくれている動画の方がいい、と言うか、そっちの方が、セリフが自分の中に入ってくるんで、状況を追いやすいです。

ニコニコ動画に上がっている短期人狼動画で、スピード感(論争の激しさ)、カオス感、笑いのツボ、「読み」の解説など、いろんな意味で充実しているのは、へ゜ニスズメさんが投稿された【ゆっくりできない人狼】シリーズでしょう。【村人視点】(ここから入っていただきたいので、ここだけにリンクを貼っておきます)、【霊能視点】、【狩人視点】、【占い師視点】の四部作で、どれも非常に高い完成度の作品に仕上がってますね。【霊能視点】の5日目とか、そらもうスゴイです。それから、「スピード感MAX+笑いのツボ」という視点では、akiさん投稿の【ゆっくり吊りてぇ人狼】なんかも強烈。なんちゅうかこう、無駄にクオリティが高いです。

ところで、今回の記事で紹介した人狼動画は、いずれも配役が「村5/狼2/占1/霊1/狂1/狩1/狐1」(所謂「るる鯖の12B」。るる鯖wikiによれば、「普通村」と呼ばれる「17A」…「村7/狼3/占1/霊1/狂1/狩1/共2/狐1」と人気を二分する定番配役らしい)、初日役欠けアリ、投票先開示、狩人護衛成功と狐噛みの判別不能、遺言・自殺票ナシ、というルールですが、自分はこのバランス好きだなぁ。人数的にちょうどいい感じだし(人数が多すぎると序盤がダレる)、役欠けアリ狐アリにすることで、村人陣営も狼陣営も深い思考が要求される。ゲーム進行上で発生する情報制御も、開示すべきもの、隠すべきものが、「そっちの方が面白い」基準で統一されているように思います。

で、ニコニコ動画の沼をうろついて、そこそこの数の人狼動画を見てきましたが、それを通じて、「日本語の魅力」を幾度となく感じました。例えば、人狼ゲームでは、「吊る」「噛む」なんて単語が使われますが、すごく「その状況」を的確に表現してると思うんですね(英語の人狼だと、どんな言葉を使うんだろう。直球で「hang」「bite」あたりなのかな)。あと、一対一での論破合戦を「殴り合い」と表現しますが、これも雰囲気出てますねぇ。「お弁当」「おうどん」とかも、日本人の感覚っぽくて好き。

・・・・ とまぁ、そんな感じで、人狼マンセー回は終了。人狼については、エロネタ切れになったときとかに、また何か書きたくなるような気がするんで、カテゴリに専用のお部屋を作っちゃいました。まぁ、とりあえず次回からは、いつものエロブログに戻ります。つか、「ゆっくりMovieMaker」すごすぎ(これで無料配布ソフトだなんて)。
  1. 2015/08/05(水) 12:34:39|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆっくりしていってね!!!

バトルさんちは、来週末発売予定としてスケジュールに載ってるうちの、5本中2本が、週明けに持ち越し。個人的には、この週一番の期待作は、【VLACK FLAG ADF 04】なんですが、残念ながら、この作品はは持ち越し組でした。つか、VLACK FLAGさんの作品は、おしなべて情報公開遅め。んー、何か理由があるのかな。で、【女子レスラー全裸屈辱MIX 9】は、てっきり奥菜アンナさん出演だと思ってたのに(これは、これまでに何度かここに書きました)、別の女優さん。あれっ? と思って調べてみたら、奥菜さんがtwitterで言ってた「再来週発売予定だよ(5月26日のツイート)」は、アスリートレーベルの作品(【競泳水着男女股間濡れ濡れしごき 10】6月12日発売)でした。うーむ、こんな視点洩れをしてるとは。

さて、記事になりそうなエロネタがないので、今回は、7月23日付エントリの続き。読書ブームが終わったあと、「クソ嵌まりした」動画(非エロ)とは何なのか、というお話をしたいと思います。

大元のきっかけは、一年ぐらい前に、ユキチさんという方が制作された、【ライアーゲーム-饅頭-】シリーズ動画に出逢ったこと(YouTube、ニコニコ動画で視聴可能)。すんごく面白くて、その時点までにアップされているものを全部見ました。その後、「この顔グラフィック、結構かわいいね」ってことで、その出自を調べたり(当時は、東方Projectの存在すら知らなかった)、「ゆっくり実況」で動画を検索して、引っかかってきた動画を見たりしたんですが、対象が自分とは縁のないゲームばかりで、なんとなくフェードアウトした形になってました。

んで、一ヶ月ほど前、「そう言えば、あの【ライアーゲーム】シリーズどうなったんだろう?」と思い立って、「ブーム終了」以降にアップされた分を一気見したら、やっぱりスンゲー面白く、ブーム再燃。また関連動画をあれこれと漁りはじめたんですが、その最中に「ゆっくり饅頭キャラ」で「人狼ゲーム」をしている動画を見つけてしまったのが運のツキ。そこからドドドーーーっと、「饅頭キャラ動画」「人狼ゲーム動画」にのめり込んでいきました。

・・・・ と、ここで一旦区切って、この先の文章をお読みいただくに当たっての留意事項をナンボか。[1] ここからいくつかニコニコ動画に投稿された動画を紹介していきますが、視聴には会員登録(無料の一般会員でOK)が必要になります。[2] 動画のコメント(画面を流れるテキスト)には、的確なボケ、ツッコミが入るので、見ていて楽しいですが、ネタバレになる部分もあるので、初回視聴の際はコメント非表示をお勧めします(画面下の「コメント表示/非表示」アイコンクリックで選択可能。デフォルトは「表示」)。[3] 【重要】グロ・ホラー成分(と言ってもそんなに激しいものじゃないけど)が含まれている動画は、タイトルを《》で囲みます。リンク先へ飛ぶ前に、心の準備、視聴回避の決断をお願いします。[4] リンク先は、すべてシリーズ動画一作目です。ページ上方のキャプション欄に、「次→」のような形で、シリーズ次作へのリンクがありますので、続きを見たい方は、そちらからどうぞ。

では、本編に戻って。のめり込みを決定的にしたのは、キュウスさん制作の《汝はつぶ餡なりや?》シリーズかなぁ。「こし餡陣営 vs つぶ餡陣営」というアイデアがいいし、「8人村でルール説明やちょっとした解説入り」という初心者にやさしい設計で、最終日の展開には、人狼ゲームのエキスみたいなものが詰まってる。ED(画像編集やBGM選曲)もすごくいい感じです。

それから、「ゆっくり饅頭キャラde人狼ゲーム」の中で「これは激しく完成度が高いな」と感じたのはのは、KMさん投稿の三部作。一作目の【ゆっくりと人狼の遊戯】は、お気軽に視聴するために、「スキマ談義」「ご報告」をスルーする方がいいかな(ここを飛ばしても、話はちゃんと繋がります)。「最終日」の対決と「IF」編の落差が、心地いいを通り越して病み付きになります。気に入った方は、続連作の【幻想郷の住人は何とかしたいようです】、【人狼探偵・東風谷早苗】もどうぞ(順番に見ていただきたいため、続連作分にはリンクを張りません)。

あと、akiraさん制作の【汝は肉まんなりや?】(シリーズ未完。早く続きが見たい)、そこからスピンオフした【れみりあが、るる鯖で8CFO】シリーズも面白いです。【汝は肉まんなりや?】は、純粋な人狼ゲームではなく、「人狼ゲームをモチーフにした物語」なので、コメントは初手から表示した方が楽しめるかな(【れみりあが…】は、人狼ゲームの完全リプレイです)。

東方Projectそのものはまったくノータッチなんですが、「ゆっくり」動画をたくさん見ることや、ネットでちょろちょろと調べたりして、「ぼんやりと各キャラの相関が見える」程度の状態。まぁ、今のところ、「饅頭キャラ好き」を超える必要を感じないんで、東方Projectそのものに深入りすることはないでしょう。今のお気に入りは「ゆっくり妖夢」が一番手かな(みょんみょんかわいい)。【ライアーゲーム-饅頭-】に出てきた「きめぇ丸」、妖狐ネタでいつも被害者の「藍」なんかも好きですね。

・・・・ と、今回は、ラストで「饅頭キャラ」に話が振れましたが、エロネタが拾えなければ、次回は「人狼ゲーム」について、あれやこれや語ってみようかと思っております。
  1. 2015/08/02(日) 23:40:13|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する