眉月的雑感綴

ちょっと寂しい

明日の始発から、京浜急行の京急蒲田駅付近(本線:平和島‐六郷土手、羽田線:京急蒲田‐大鳥居)が、全面的に高架化に。つまり、この間の路線にある踏切は、今日限りで役目を終えるということになります。今日のお昼ごろ、チャリで雑色駅前のOKストアにお買い物に行きましたが、京急の踏み切り付近には、カメラを手にした人の姿を、ちらほらと見ることができました。

自分は、仕事で大阪に半年ほど居た以外は、この世に生を受けてからずっと、最寄り駅が京急大森町という環境で育った(と書くには少々老け過ぎましたが)人間なので、大森町駅前やその近所の踏切は、本当に、ガキの頃から見慣れた風景の一部でした。

踏切で足止めを食らい、目の前を電車が通り過ぎるのを見送る、そんなことが、家の近所の踏切ではもうなくなるのかと思うと、ちょっと寂しいなぁ、なんて思ったりする、2012年10月20日土曜日の夜なのでした。
  1. 2012/10/20(土) 22:10:28|
  2. 大森・蒲田のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒲田には停まっとこ

えー、今回は、思いっきり、南東京ローカルな話を。

今日、京浜急行本線平和島駅-六郷土手駅間、空港線京急蒲田駅-大鳥居駅間の上り線が高架化になりました。自分が住んでるところは、ガッツリこの区間に当たるわけで(最寄り駅は大森町)、生まれてからずっとこの地に住んできた自分にとっては、結構なイベントだったりします。灯りが消えた、地上レベルの大森町駅上りホームがちょっと寂しい。

で、京急は、この、上り線高架化が実施されたタイミングで新ダイヤとなり、エアポート快特が、品川駅-羽田空港駅間ノンストップになったんですが、これに大田区が大激怒。京急から区に対して、エアポート快特が京急蒲田駅を通過する旨の説明が、直前まで行われなかった、なんて経緯もあったらしく、「蒲田に停まらないなら高架化事業で負担した200億円を返せ」 ってな勢いで、ちょっと揉めてるようです。

と、そんなニュースを見つけたもんで、自分も時刻表をチェックしてみたんですが、純粋に、「お客さん目線」 で見ても、んー、これはちょっと、「京急さん、やっちまったな」 って印象ですかね。

問題のエアポート快特は、一時間あたり三本の運行、つまり20分に一本の間隔で走ってるわけですが、この間隔は、「当たりハズレがある」 間隔で、外れを引いちゃうお客様も多いだろうし、逆に、横浜方面から羽田空港に向かうお客様(もちろん帰りも)から、一時間に三本のアクセスを奪うことのデメリットも大きい。

空港線と本線全体のバランスを考えると、ここは、1分2分余計に時間がかかったとしても、ちゃんと京急蒲田駅に停車すべきなんじゃないかと。停車駅:品川-京急蒲田-羽田空港、これでも、強烈に便利な電車だと思うんですけどねぇ。
  1. 2010/05/16(日) 22:08:25|
  2. 大森・蒲田のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海苔の町、そして…

男子バリボーでバリバリに興奮&感激状態だったので、エロ関連のお話はオヤスミしてました。U25の件で書こうと思ったこともあったけど、明日になれば、サンプルも開くし、そっちでカバー、ってことで。

今日もエロとは無縁の話。えーと、思いっきり 「東京都大田区ローカル」 な話題です。この近くにお住まいでない方には、ワケわかんないかも知れません。

昨日、「今夜、すべてのバーで」(中島らも著)が強烈に読みたくなったので、図書館巡りをしました。

この本は、一度、図書館で借りてるんですが、大田区立の図書館の中で、それなりに近所にある二つの図書館(大森西、蒲田)には蔵書がなく、「区内の別の図書館からのお取り寄せ」(近くの図書館で『予約』して、区内の図書館を定期巡回している便で、その図書館に送ってもらうシステム)だったんですね。

もう一度同じやり方で、お取り寄せでも良かったんだけど、「すぐに読みたい今読みたい」 という衝動が強かったので、近所の図書館の検索システムで、どの図書館にモノがあるのかをチェック。結果、五件該当があり、家から一番近いのが羽田図書館だったので、片道30分ほどの道のりを、チャリを転がしてきました。

羽田から大森の自宅への帰り道は、意識的に大きな道を避け、第一京浜と産業道路の間のゾーンを、物見をしながらのたのたと走っていたんですが、小さな、金属を加工する類の工場(「こうじょう」 ではなく、「こうば」 と表現した方が近い)がやたら目につくんですね。旋盤屋さん、プレス屋さん、メッキ屋さん、などなど。チャリで住宅地を走っていても、至る所で機械油の匂いがしました。

そんなんで、ここいら一体が、京浜工業地帯の一角であることを再認識した次第です。それから、最後に、親切丁寧に応対してくれた、羽田図書館の職員さん、どうもありがとうございました。
  1. 2008/06/08(日) 23:01:44|
  2. 大森・蒲田のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まずは最寄駅周辺から

自分が住んでいる街のことを少しずつ紹介していこうと思う。
住所でいくと、「東京都大田区大森」、JRだと大森駅よりも蒲田駅の方が少し近い。
最寄駅はJRではなく、京浜急行の大森町駅だ。
では、手始めに、この「大森町駅」周辺のことをちょろちょろと。

自分は今住んでる住所に、生まれてからずっと住んでいるが、実は、自分の住んでいる側から見て反対側、駅の海寄りの側のことはあまりよく知らない。
駅の海側をちょっとだけ行ったところを一国(=いちこくと読む。第一京浜。国道15号線のこと)が走っていて、渡ろうとすると、ここの信号が結構長くてめんどくさかったりする。で、よほど必要がない限り、あまりここより向こうに足を伸ばすことがないからだ。

ということで、大森町駅のオカ側には、どんな店があるのか、という感じで。あ、因みに大森町駅は各駅停車しか停まらない、ごくごくフツーの住宅地にある小さな駅です。

誰にでもぱっとイメージできるのは、マクドナルドとtsutayaかな、できたのは7、8年ぐらい前だと思う。同じ時期に100円ショップのキャンドゥが開店している。
ほかにはコンビニか。駅から3分ほどのところにあるセブンイレブンは非常に繁盛していて、間違いなく地域一番店。あとはかなり駅から遠いところに、ミニストップ、99など。ファミマはついこないだ閉店した。

あとは、ごくフツーの駅前商店街。大森ということもあり、海苔屋さん、お茶屋さん(←喫茶店のことではない)の数が多いように思う。

ま、こんなところか。
  1. 2006/05/16(火) 17:42:54|
  2. 大森・蒲田のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する