眉月的雑感綴

M-1グランプリ雑感

去年のM-1は、チュートリアルがブッチ切りでグランプリを獲得した。準決勝ラウンド、決勝ラウンドを通じて、他のコンテスタントと比べて、チュートリアルのステージだけ、明らかに会場内の温度が違っていた。つまり、格段に『HOT』だったわけだ。決勝で審査員全員が彼らに票を入れたのも良くわかる。

今年決勝に残ったのは、トータルテンボス、キングコング、そして、敗者復活で最後の切符を手に入れたサンドウィッチマン。自分的には、決勝のステージを見る限り、トータルテンボスは、他の二組に比べると全体的に切れ味が足りない。優勝は、ラストまで一気に突っ走ったキングコング、計算されたネタを緩急自在に展開したサンドウィッチマンのどちらか、って感じでした。

んー、キングコングは突っ走り過ぎたかなぁ。ネタ的にすごく大きな落としどころが二ヶ所あって、きっちりウケを拾ってた(会場の笑い声が聞こえた)んだけど、「走る」の部分が前面に出すぎて、そのウケを貯められず、会場全体を『HOT』にもっていくことができなかった。上に、サンドウィッチマンのところで緩急自在と書いたが、この『緩』の部分が足りなかったんですね。対して、サンドウィッチマンの方は、ネタの一つ一つはそれほど大きくないが、この『緩急』が生きていて、コンスタントに笑えるステージ、言い方を替えると、いい意味で安心して見ていられるパフォーマンスだった。この差が優勝できるできないの境目だった気がします。

準決勝敗退組について。笑い飯は、ネタ選びに失敗した感が強い。準決勝ラウンドで初っ端の出番を引いてしまった不運もあると思う。競馬の予想印で行くと、◎か悪くても○がつく実力を持っているだけに、非常に残念。千鳥とPoison Girls Bandは、審査員の大半がプロの話芸芸人であることを考えると、今回の芸風では絶対にグランプリには手が届かないだろう。ハリセンボンは、エンタの神様などで見られるコント仕掛けのパフォーマンスだと、致命的にノリ、スピードが足りないが、今回のM-1のステージは、かなり良い出来だったように思える。

それまで総合司会の今田耕司とのやりとりまでボケを披露していた、サンドウィッチマンのボケ担当・富澤が、優勝が決まった瞬間、観客席に背を向け、相方に抱きついたシーンが非常に印象的だった(ちょっと泣けた)。

優勝したお二人には、心からおめでとうと言いたい。
プロのネタ、プロのステージを見せていただきました。ありがとう。
  1. 2007/12/23(日) 23:49:38|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心の底からおめでとう

小池栄子さん、ご結婚おめでとうございます。

世のキャットファイト好きの人たちの中には、タレントさんやモデルさんなどの、実在の女性を引っ張り出してきて、脳内で闘わせる(いわゆる『妄想』ってやつですね)、なんてことをしてる人が多いんじゃないかと思います。自分も当然その一人で、自分にとっては、その『脳内ファイト』の素材として、彼女は最高でした。

もちろん、最高級のおっぱい&パッツンパッツンのボディもそうなんですけど、彼女がときおり見せる語気の強さなり、表情なりが、もの凄くいい感じに、妄想を味付けしてくれるんですね。黒のストレートヘア、黒いコスがマッチするキャラとしても絶品です。

例えば、プロレスファイトであれば、「ヤラレとしてのベビーフェイスをきっちり仕留める攻め役」。色的にはヒールなんでしょうけど、反則攻撃とかでなく、むしろバリバリの正統派ストロングスタイルでベビーを攻め続ける感じ。で、いよいよベビーがヤバくなったところで、「ベビーにギブアップと言わせないために」、投げ系の技を連発するなりして、ベビーを半失神状態とかに追い込み、動かなくなったベビーから、フェイスシッティングみたいな構図でピンフォールを奪う。…… こんなシナリオが似合いそうです。

打撃系ファイト(ボクシングorムエタイ)の場合は、逆に、ボロボロにやられても、戦意を失わずに、最後の最後まで闘う、…… そんな感じのヤラレとしても、かなりイケるんじゃないかと思います。

とは言うものの、彼女の本当の魅力はそういった部分ではなく、むしろ、プロ意識の高さであるとか、頭の回転の速さであるとかの方がメインであるように思います。自分の場合、テレビで見る限りではありますけど、「見ていて気持ちいい・元気にさせてくれる」数少ない女性タレントさんです。

メントレG『小池栄子・結婚SP』で、旦那様のコメントを聞いていて、「ああ、いい人と巡りあったんだな」と思いました。

どうぞ、末永くお幸せに。
  1. 2007/09/04(火) 22:29:10|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『短縮鉄道の夜』がアツイ

交流戦に入っても、『4試合で2点しか取れない』打線の不振で七連敗。で、今夜も2点しか取れなかったけど、ここまでいいとこなしだったクドちゃんが6回無失点と頑張り、その後、川村→木塚→クルーンと繋いで何とか逃げ切り、連敗脱出できました。でも、まだ借金1で、ベイナントカモードのまま、と。

最近、水曜夜のテレビが楽しい。『ヘキサゴンⅡ』→『はねるのトびら』のフジ系ですね。

ヘキサゴンⅡは、MC島田紳助の、トークのノリがいいですねぇ。褒める、弄る、突き放す、のバランスとタイミングが、見てて気持ちいいですし、出演者選びのバランスも、いい感じです。昔、四択問題で、紳助の「間違えたのはこいつだぁ」の掛け声に合わせて、間違った解答者が電気ショックを浴びるってコーナーがあったけど、あれ、好きだったなぁ。復活させてくんないかしら。

はねトびは、『ほぼ100円ショップ』、『ギリギリス』がお気に入り。『回転寿司』も、そこそこいいかな、……と思ってたとこに、新た始まった、『短縮鉄道の夜』に、ツボをピンポイント攻撃されちゃいました。発車を告げるベルの音、BGM、汽笛の音、とても心地いいですね。正答、誤答の際に見られる、出演者の素の反応も、見ていて非常に楽しい。個人的には、久々の大ヒットです。来週は、『短縮鉄道の夜』、『ほぼ100円ショップ』の二本立てらしい。見逃せません。

ところで、自分は、ワンクリック料金請求対策関連で、細々と活動してるんですが、こっちの方で最近、ちょっとした大事件が起きまして。現在、そっちにかかりっきりになっちゃってます。明日あたりにはメドがつくと思いますんで、こっちのサイトの更新は、しばしお待ちを。
  1. 2007/05/23(水) 22:25:17|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関根麻里ちゃんと結婚したいw

自分が関根麻里さんを初めてテレビで見たのは、テレ東の『誰でもピカソ』で、Mr.マリックとマギー司郎さんが、昔の手品をいろいろ紹介したときの放映だと思う。見世物小屋のセットからぴょっこり出てきた彼女の顔を一目見て、脳ミソがはじけるぐらいの衝撃を受けた。あまりにも可愛かったからだ。

その後、彼女のことがだんだんわかっていくうちに、自分はますます彼女の魅力に惹かれていった。

大きな目、ダンゴっ鼻という顔立ちがいい。

コロコロと良く笑うところがいい。笑顔がとんでもなくいい。

ちょっとぽっちゃりしているところがいい。

アメリカの大学を三年で、しかも主席で卒業という、知性がいい。

言動の弾け方がいい。

理想のタイプが高田純次であるという感性がいい。

自分の、『結婚したい女性ナンバーワン』は、かなり長いこと、『東京電力のでんこちゃん(関東ローカルです。すんません)』だった。しかし、今は、彼女がナンバーワンだ。そして、もう、彼女以外の誰かに入れ替わることはないと思う。

……と、今日放映の『元祖でぶや』に関根麻里さんが出ていたので、何となく書いてみました。
  1. 2007/05/15(火) 20:59:18|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早苗ちゃんの想い出

今日、テレビでネプリーグを見てて、ファイブリーグ(解答が五文字になるクイズを、チームになってる五人が、一文字ずつ答えを書いていく、というコーナー)の中で、「『雨上がりの夜空に』などの曲で知られる、RCサクセションのボーカルの名前は?」という問題が出ました(答えは、もちろん、『忌野清志郎』ですね。)。

で、その問題が出たときに、バックに流れたいた『雨上がりの夜空に』を、聴いたんですけど、…… やっぱいいですねぇ。

少なくとも、自分と同じ世代の人なら、曲名からはピンと来なくても、

♪ どうしたんだ ヘイ ヘイ ベイベー
  バッテリーはビンビンだぜ~

このフレーズは、心に残っている方がほとんどじゃないでしょうか。

ところで、自分が専門学校に通っていたときの同じクラスに、早苗ちゃんという女性がいました。彼女は、ちょっと度の強い、大きなレンズの眼鏡をかけていて、とても真面目なんだけどおしゃべり好きで話のノリも良く、姉御肌とシャイな部分を持っている、とてもチャーミングな人でした。また、クラスの出席番号が自分の1コ前ということもあって、何かと話をする機会も多く、割と仲良くしていただきました。

で、なんで、ここで彼女の話が出てきたかと言うと、彼女が大の忌野清志郎ファン、と言うよりも、清志郎シンパだったんですね。両手を胸の前で組んで、「清志郎さま~」とのたまうのを、何度も見た記憶があります。

当時の自分は、忌野清志郎、そして、RCサクセションの偉大さがわからず、「ふ~ん、早苗ちゃんって、結構なものにイカレてるんだな~」とか思ってたんですが、今になると、忌野清志郎のカリスマ性、セクシーさが良くわかります。

早苗ちゃん、今、どうしてるのかなぁ。もしどこかで、もう一度、彼女と会うことができたら、気が済むまでおしゃべりがしてみたい、そんな風に思います。

♪ こんな夜に オマエに乗れないなんて~
  こんな夜に ハッシャできないなんて~
  1. 2007/04/16(月) 22:32:17|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する