眉月的雑感綴

エロいトランクス?

『ナンだ!?』が終わっちまった。…… 大ショック!…… 木曜深夜の、『アメトーーク!』→『ナンだ!?』→『コマネチ大学数学科』という黄金リレーが、……orz

さて、ボクシングっぽいコスのグラビア撮影とかだと、どこから見つけてくるのか、異様に露出度の高いトランクスなんかを使うケースもあります。最近(でもねぇか)の例だと、熊田曜子さんのとか、もっと古いと、ほしのあきさんのとか。ベルトラインがヘソよりかなり下だけど、ちゃんと「ゴムで押さえてます」って感じになってるので、パンティでもビキニボトムでもない、と。ってなわけで、自分も、かなり布を節約した感じのエロトランクスを作ってみました。ここまできちゃうと、もうトランクスと呼べるかどうかあやしいもんですけどね。でもって、「真紀×メイリン」の再戦は、こいつでお届けしようかと思います。

ero_trunks_back_tn  ero_trunks_back_tn

画像のように、メイリンは黒ベースに、「真紀を倒した証」の、チャンピオンカラーとしてゴールドのトリムを。真紀のトランクスのカラーコンビは暫定。全面的に白にしちゃった方がいいのかなぁ、とかも考えてます。
  1. 2007/09/28(金) 18:55:42|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ不向き人間?

なんかもう、気がつくと9月も終わりが近いですねぇ。このブログも何となく2週間以上も放置しちゃいました。自分は割とこう、「ノーミスでなきゃイカン!」と思っちゃうタイプで、今一つ、頭に浮かんだことをダダダダダダーッと書いて即UP、ってなことができない。下書きして、その文章を見ながら、「ここはこういう表現に直した方がいいな」みたいなことを延々と考えたりしちゃいます。どうもブログ向きの人間じゃないみたいですね。ま、手軽にカキカキできる媒体は持っていたいんで、このブログも力まない程度に使っていきたいと思います。

『真紀×メイリン』もそろそろ終わりが近づいてきました。で、このあと何をしようかと考えてるのかと言うと、前にここに書いた「くぅちゃん」の話もそうなんですけど、実は『獣たちの夜会』のラストにちょこっとだけ書いた、『真紀×千夏』、それから、真紀とメイリンの再戦も画像を作ろうと思ってました。

くぅちゃんの話は、パチンコ『CR倖田來未』とシンクロさせたい部分があって、旬を失う前に公開したいとこなんですが、全体の流れはできてるんだけど、細部がうまく詰まっていかない。ってことで、『獣たちの夜会』のおまけ試合画像を先にやっつけることにしました。

もうキャラは出来上がってるし、流し気味に作画するつもりなので、そんなに時間はかからないでしょう。近いうちに公開できると思いますので、適度にご期待くださいませ。 ほいでわ。
  1. 2007/09/26(水) 23:39:20|
  2. その他もろもろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランクス・カモン!

「真紀×メイリン」、POSERでのボージング&レンダリングが全部終わりました。この試合は、決着がついたあとに、メイリン様のSMショーがおかずについてるわけですが、この部分は、いろんな小道具を自作(と言っても、どアップにはならないので、やっつけ仕事の範疇だけれども)しながらだったので、かなり手間食いました。そんなわけで、画像数も45に決定。

実は、もう一枚用意したものがあったんですが、一段5枚でサムネイルを組んでいくと、46枚だと1枚だけピョコっとはみだしちゃう。こいつがどうにも気に入らなくて、結局、「命令してもクリンチを解かない真紀が彩姐さんに注意されてる図」をボツにしました。

botz_tn

このブログを書いている時点では、23枚目まで公開になってますけど、ポストワークも終わってるやつも多少あることですし、1日1枚のペースで更新をかけていくつもりでいますんで、どうぞよろしく。

さて、ようやくSSSさんの「Fem Box Mania」のジャケット&サンプル動画が公開になりましたが、やっぱりトランクスでのファイトはない模様。うーん、残念。ファイトのレベルも、サンプル動画を見た限りでは、あまり期待できなそうかなぁ。ダウンシーンはそこそこみたいだけど、ヤラレる側が、相手のパンチをガードする意思が感じられなかったり、パンチを出すときの腕の振り方や伸ばし方、拳の向きがそれっぽくなかったり。つまり、「ボクサーの基本の動き・構えができてない」わけで、どうしても不自然さが目についちゃう。相変わらずモデルさんの質は高いんで、トプレス&トランクスだったらある程度は目をつぶるんですけどね。

それにしても、今回はコスとしてのバリエーションが二つあったけど、トランクスなしかぁ。…… んー、SSSさんの作品では、一生トランクス拝めんのかなぁ……
  1. 2007/09/11(火) 21:15:59|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

算数大好き

えー、今回は数学っぽい話です。その手の話がアレな方は読まない方がいいかも知れません。

フジテレビ『コマネチ大学数学科』を見る。ビートたけし(番組内では「マス北野」)と現役東大生なんかが出て、数学の問題を解く、という内容の番組で、算数大好きの自分のお気に入り番組だ。で、出題に対して、数学の先生が正解発表&解説をするのだが、今日の放送のは、ちょっとごまかしてましたね。自分はもっとビシッと綺麗に解けた(ちょっと時間はかかったが)ので、「こちとらギャンブル大好き人間でぃ。確率の問題で負けてたまるかべらんめぇ」って自己満足に浸りつつ、自分の答えを記してみる。

問:1~6まで一つずつの目を持つ、直方体のサイコロがあり、六面のうち、ある一つの面が出る確率は1/4、別のある面が出る確率は1/9である。このサイコロを振って出る目の期待値が3のとき、3の目の裏側にある目の数を答えよ(表裏の面の合計が7にならなくても良い)。

眉月の解:
確率1/4(=9/36)の面が二面、1/9(=4/36)の面が二面あることより、残りの二面の出る確率は、それぞれ5/36となる(つまり、異なる確率の面、それぞれの出現期待比は、9:5:4となる)。
ここで、確率1/4の二面の目の合計をx、5/36二面の合計をy、1/9二面の合計をzとおく。
まず、設問より、全六面の目の合計は21なので、
     x+y+z=21――①である。
次に、このサイコロの出目の期待値が3なので、
     9x+5y+4z=108(=3×36)――②である。
式②から、式①の両辺を四倍したものを引くと、
   9x+5y+4z=108
   4x+4y+4z=84    5x+y=24――③となる。
ここで、異なる四面の目の合計は最低10なので、
式③から x+y≧10 を引くと、4x≦14、つまり x≦3.5となる。
xは整数であるから、xの最大値は3。
これにより、確率1/4の二面の目は、1と2であることが確定する。
この結果である、x=3 を式②に反映させると、5y+4z=81――④となる。
ここで、残り四面の目の合計は、六面の合計21から1と2がなくなったものなので18(y+z=18)となるので、y=18-z となり、
これを式④に代入すると、90-5z+4z=81、
これを解くとz=9となる。同様にy=9である。
3、4、5、6の四つの数字から二つを選んで合計が9になるのは、
3と6、4と5の二種類となる。
これより、
確率1/4の二面の目は1と2、5/36の目は3と6、1/9の目は4と5、あるいは、
確率1/4の二面の目は1と2、5/36の目は4と5、1/9の目は3と6、
この二つの可能性が考えられるが、いずれも3の反対側の面の目は6である。

答え:6
  1. 2007/09/07(金) 02:54:38|
  2. その他もろもろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fem Box Mania ねぇ…

三浦が粘って粘って7回無失点と踏ん張るも、杉山-久保田-藤川から1点も取れずにサヨナラ負けで、案の定、対阪神三連敗。…… シーズンオワタ……orz

SSSさんのU25が更新になった。今回は、「Fem Box Mania」なる作品の内容が明らかになるので、注目していたが、…… うーん、こっち方面かぁ。パス決定やなぁ。

「BXL2」の時もそうだったけど、U25を見ている限り、C.Ronald監督は、かなり顔への打撃にこだわっているようだが、正直なところ、エロモデルさんを使っている以上、マニアを満足させるレベルのファイトを演出するのは、
絶対に不可能でしょう。

乳出しがないなら、プロの試合を、そのまま見る方がいい。これは間違いなく、顔だのボディだのを、きっちり殴り合ってるわけですから。(そこそこの)美人ボクサーKO負け特集、例えば、2004年7月に、坂本奈緒子が西田久美子にKOされた試合、最近なら、アヤカがツナミにKOされた試合とか、こっちの方が商品価値は高いと思う。

「マニア」を謳うのであれば、こだわるべきところは他にもある。例えばコス。U25の写真を見る限り、真島みゆき・加納さつきの二人は、「彼女とボクシングで勝負3」と同じコスで、そうなるとビキニ上下ということになる。これってどうよ。もう一組の、椎名めぐみ・平嶋恵理はスポブラっぽいけど、これで下がトランクスでなかったら問題アリ。

顔パンチを売りたいのであれば、例えば方向性として、ヘッドギアをつけて、12オンスとか16オンスのグローブを使ってそこそこマジヒットさせる、とか。うーん、これは、根本的にSSSさんのテイストとは違うから無理だろうなぁ。でも、ウイニングの8オンスばっかでなく、大きいグローブを使う、ってのは、(他のシリーズの中でも)手として使えるんじゃないですかね。つか、使ってもらいたい。

話はちょっと変わるが、2chを見てると、「プロレスマニア2」の、つゆの優のヤラレっぷりが、非常に評価が高い。顔も乳もエロいことだし、SSSさん、ここは一つ、「BXL3」かなんかでドミってもらえませんかね。できればトランクス姿で。
  1. 2007/09/06(木) 21:20:38|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心の底からおめでとう

小池栄子さん、ご結婚おめでとうございます。

世のキャットファイト好きの人たちの中には、タレントさんやモデルさんなどの、実在の女性を引っ張り出してきて、脳内で闘わせる(いわゆる『妄想』ってやつですね)、なんてことをしてる人が多いんじゃないかと思います。自分も当然その一人で、自分にとっては、その『脳内ファイト』の素材として、彼女は最高でした。

もちろん、最高級のおっぱい&パッツンパッツンのボディもそうなんですけど、彼女がときおり見せる語気の強さなり、表情なりが、もの凄くいい感じに、妄想を味付けしてくれるんですね。黒のストレートヘア、黒いコスがマッチするキャラとしても絶品です。

例えば、プロレスファイトであれば、「ヤラレとしてのベビーフェイスをきっちり仕留める攻め役」。色的にはヒールなんでしょうけど、反則攻撃とかでなく、むしろバリバリの正統派ストロングスタイルでベビーを攻め続ける感じ。で、いよいよベビーがヤバくなったところで、「ベビーにギブアップと言わせないために」、投げ系の技を連発するなりして、ベビーを半失神状態とかに追い込み、動かなくなったベビーから、フェイスシッティングみたいな構図でピンフォールを奪う。…… こんなシナリオが似合いそうです。

打撃系ファイト(ボクシングorムエタイ)の場合は、逆に、ボロボロにやられても、戦意を失わずに、最後の最後まで闘う、…… そんな感じのヤラレとしても、かなりイケるんじゃないかと思います。

とは言うものの、彼女の本当の魅力はそういった部分ではなく、むしろ、プロ意識の高さであるとか、頭の回転の速さであるとかの方がメインであるように思います。自分の場合、テレビで見る限りではありますけど、「見ていて気持ちいい・元気にさせてくれる」数少ない女性タレントさんです。

メントレG『小池栄子・結婚SP』で、旦那様のコメントを聞いていて、「ああ、いい人と巡りあったんだな」と思いました。

どうぞ、末永くお幸せに。
  1. 2007/09/04(火) 22:29:10|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンダー・ベイスターズ

先発・秦が簡単に二死を取るも、ヒットでランナーを出すと四球二つでいきなり満塁のピンチ(次の安部にもノーツーまで行った)を背負う。何とかゼロで抑えたその裏、仁志がストレートの四球で出塁するも、石井がクソボールをバント失敗した挙句、絵に描いたような三振ゲッツー。んでもって、二回表には、秦が、パウエルの犠打でしかアウトを取れない状態で「ストライクが入らずにカウントを悪くしちゃーヒット打たれる」を繰り返し、仕上げに高橋由に初球をバックスクリーンに持っていかれて、あっちゅー間に0-5。……

ここまでをパチンコ屋のテレビで見ていて、『ったくホームでこんなショボいゲームすんじゃねーよ。浜スタに足を運んだファンに失礼だろうがゴルァ!』と思いつつ、パチンコを終えて家に帰り、「最終的に何点取られたんじゃこのヘボチームは」と、ネットで試合結果を見たら、サヨナラ勝ちだと。何だかなぁ。

とりあえずこれで勝率五割に戻った。残り試合は33。ここを三勝二敗ぐらいのペースで乗り切って、貯金が七つ八つできれば、クライマックスナントカに残れるかも知れない。ま、今シーズンも、いろんなとこでガッカリさせられてきたことでもあるし(例えば、先週の週末にヤクルトに三つヤラレたこととか)、あんまし期待せずに見守りたいと思う。

世界陸上、男子4×100リレー、感動しますた。それから、女子5000決勝、福士加代子の走りにちょっと泣けた。彼女もホンマに日本の宝だと思った。
  1. 2007/09/01(土) 22:51:10|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する