眉月的雑感綴

秘話放出の年末大サービス

2007年も、あとわずかですねぇ。
クソ忙しく且つクソ寒い年末のこの時期、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年の創作は、『獣たちの夜会』に明け暮れた感があります。読み物としての文章量もかなりまとまったものになりましたし、関連のポザ絵も100枚以上作りました。で、今年も終わりなので、この作品に絡んで、ちょっくらおまけみたいなものを。

『獣たちの夜会』は、今までに自分が創作した読み物の中でも、テイスト的には一番『真っ黒』なわけですが、実は、公開するに当たり、「こいつはあまりにもヤバいだろう」と思って削っちゃった部分があるんです。で、まぁ今年も終わりだし、この部分を完全にお蔵入りさせてしまうのもちょっともったいないし、ってことで、ホンマにヤバい箇所はピ――という自粛音で隠して、こちらで披露することにしました。

作中、大学時代からの腐れ縁、みたいな関係で、『坂田』と『藤原』という二人のキャラが描かれています。本文を読まれた方は、藤原を、「メイリンの演技だの策略だのが見抜けない、坂田に比べるとマヌケなキャラ」であるように感じたかと思いますが、ここでお披露目する文章を読めば、坂田と藤原の、自分が描きたかったキャラ割、人物像みたいなものが、見えてくると思います。

第五話の最後、KOされてもなお、激しい憎悪をあらわにする真紀を、メイリンがスリーパーホールドで失神させたあとのシーンです。

--------------------------------

 リングの上では、黒いコーナーマットを背にしたメイリンの前に千夏が立ち、メイリンのグローブを固定しているテープに鋏を入れていた。そして、それ以外に、プライムローズのスタッフと、自分の試合後にセコンド役を務めていた女性たちの何人かがリングの中に入り、『メインイベント試合終了後のお楽しみ』の準備が進められていた。

 藤原と坂田は、その様子を、その日の 『関係者席』 となったテーブルから眺めていた。

「なあ、坂田、…… お前、ずいぶん水臭いじゃないか。」

 何の前触れもなく、藤原がそう口にすると、坂田は、リングの方から藤原の顔へと視線を移し、「ん? 何のことだ?」と訊き返した。

「お前が連れてきた、例の、『接待』 のお客さんな。…… お前は、あの男のことを韓国人だと言ってたが、…… そりゃ、嘘だな。…… 同じ朝鮮民族だが、あの男は、韓国人じゃない。北の人間だ。…… そうなんだろう?」

 「そうなんだろう?」 と言ったところで、藤原は坂田の方に顔を向けると、坂田は、ほんの数秒、何も言わずに、藤原と視線を合わせていた。そして、目の前のグラスから、ウーロン茶を一口すすってから、少し息苦しそうに口を開いた。

「どうしてわかった?」

「一番目についたのは、あの男の歩き方だな。変に軍人っぽい感じがしたんで、あれっと思ったんだ。…… あとは、店の者に接しているときの仕草とか、身につけている衣装や、着こなし、立ち振る舞い、そのすべてが、俺が今までに見てきた韓国人とは、微妙に違う。それに、お前が、あの男のことを、俺に韓国人だと紹介したからには、日本人でも、中国人でもないだろう。そうなると、答えは一つしか残らん。…… 簡単なモンだ。」

 そこまで言い終わると、藤原は、坂田の方を向いて、にやりと笑って見せた。

「…… 水商売人の感性なり、観察眼なりを、嘗めちゃいかんよ。…… 外国人、特に、東アジア系の客が来たときに、そいつがどの国から来た人間なのか、っちゅうことを見抜けんようじゃ、この六本木では、一流の店はやっていけん。」

 坂田は、しばらくの間、黙ったまま藤原の顔を見つめていたが、やがて、藤原の目から視線を外して少し俯き、小さく息を吐き出した。

「すまん。…… 変な気を遣わせたくなかったんだ。お前にしても、彩ちゃんにしてもな。」

「ふむ。…… まぁ、彩には、そこいらは黙っててくれた方が有難いが、俺の方には、そういう隠し事はナシにしてくれ。…… それはそれとして、あの男が北の人間であること以外にも、気づいたことがあってな。こいつと、ちょっとした情報を組み合わせて、少し頭を働かせると、面白い推理が成り立つ。…… どうだ、聞きたいか?」

「あ、…… ああ。…… 教えてくれ。」

「よし。じゃあ教えてやろう。…… お前の言い分だと、今夜は、あの、北から来たお客さんを接待するために、こんだけの女の子を集めてボクシングをさせた、っていうことになるわけだが、それにしちゃぁ、あの男、俺の目から見ると、今ひとつ、入り込んでる感じがしないんだな。確かに楽しそうにはしてるが、他の客の入れ込み加減に比べると、熱の入り方が足りん。…… で、これから、メイリン様のSMショーが始まるわけだが、仮に、あの男が本当に求めているものが、そういうものだったとしても、そうなら、別にボクシングなんか見せずに、初めから、そういうところに連れて行くなりすればいいだけの話だ。…… じゃぁ、なぜあの男が、今夜、リングサイドの一番いい席に陣取って、女ボクシングを観戦しているのか。そう考えているうちに、俺には、あの男の目的は、自分が楽しむ以外のところにあるんじゃないか、と思えるようになってきたんだな。」

「…………」

「でもって、ここに情報をプラスする。…… 一つは、お前が、試合の様子を撮影していること。今夜、リングに上がった女の子を試合内容を査定するためだ、っちゅう話だったが、一度撮影しちまえば、それ以外の用途に使えんわけでもあるまい。…… それと、もう一つ。北の将軍様は、ピ――(内容が過激なため自粛)―――、ってことだ。…… この世界のマニアなら、誰でも知ってること、…… 俺に、そう教えてくれたのは、お前じゃなかったか?」

「…… あ、…… ああ。…… 確かに、昔、そんな話をしたな。……」

 坂田は、藤原の観察力、推理力に、恐怖感すら抱いていた。

--------------------------------

このあと、かなり長い藤原のセリフでこの箇所が終わるんですが、ここはホンマに、ほぼ全面的にピ――なので自粛。ま、それだとワケわかんないと思うので、「今夜の試合を撮影したビデオを北に持ち帰らせることだろう」ってのが含まれるというとこだけ晒しておきます。

では皆様、良いお年を。
  1. 2007/12/31(月) 16:08:09|
  2. ホンマに雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねぇちゃん、カモォ~ン!

一年ほど前までは、偉そうに「横スクロールの台は面白いと感じない」かなんか言ってたのに、今や海物語シリーズの虜です。あ、パチンコの話ね。

で、海物語シリーズですが、自分は、基本的にハワイモードとか沖縄モードで打ってます。このモードだと、スーパーリーチが掛かったときに、ボタンを押すことで、魚群なり泡なりが出るんですが、この、ボタンを押す瞬間のドキドキ感が、んもうたまんないんですね。

自分は、パチンコ打ちながら、「頑張れ~」とか、「ここいらで一発当ててみる気はないかね?」みたいな感じで、台に話しかけることがしょっちゅうあって、この記事のタイトル、「ねぇちゃん、カモォ~ン!」も、その一つです。

ハワイor沖縄モードだと、①リーチがかかる → ②デカいマンボウが出る → ③マリンちゃんだの何だのが出てきてスーパーリーチに発展、って感じになりますね。で、リーチリーチ(←ダブルリーチのこと。ダブルリーチよりも、この表現の方が語感が強くて好き)の場合は、だいたいマリンちゃんが画面の上の方から降りてくるわけですが、ミニキャラ予告の時点でスーパー確定でないとき、マリンちゃん降臨を願って、②をクリアしたタイミングで、「ねぇちゃん、カモォ~ン!」と叫ぶわけです。

ま、スーパー確定の時も、気合を入れるために、同じように叫びますけど(笑)。また、ミニキャラ中央予告で、スーパーリーチの種類がわかったときにも、「くだもの、カモォ~ン!」とか、「シーサー、カモォ~ン!」とか言ってます。ワリンちゃん確定の時は別格で、「ワリンちゃ~ん!!」になります(笑)。

この手のセリフは、他にもいろいろあるんで、ついでにそいつらもご紹介。

「ボタン、押したいっ!」 …… ミニキャラが四人出てリーチ確定になったときのセリフ。スーパーリーチに発展して、魚群か泡かのボタンを押したい、ってことですね。

「おやびん、何かクレ!」 …… 『おやびん』は、上にも書いたデカいマンボウのこと。スーパーリーチへの絶対条件となるキャラなので、何となくこう命名。でもって、スーパー確定でないシングルリーチで、おやびんがヌーッと出てきたときのセリフ(リーチリーチの時は、ねぇちゃん、カモン!になる)。

「ほ~ら、おさかなだよぉ~」 …… めでたく魚群リーチになったときのセリフ。センターラインの動きがゆっくりになった直後のタイミングでボタンを押して魚群を出しながら、「だから外すんぢゃねぇよ」の願いを込めて。

「手前はいかんでぇ~」 …… 泡リーチになったときに、「おさかなだよぉ~」と同じタイミングで。やっぱり手前で止まっちゃうのは切ないですからね。

「もっこり!!」 …… 泡リーチで当たりシンボルの一個手前を通り過ぎたとき、ここで止まれば当たり、のタイミングで。海系のスーパーリーチのスピードだと、なぜか「もっこり」が語感として一番合うような気がする。

「いいって、いいって。」 …… 泡リーチでマリンちゃんが出てきて外れたとき、マリンちゃんの「許してぇ」などのセリフの後、間髪を入れずに。

もちろん、こんな感じでこっちがジタバタしても、結果は変わんないんですけどね。でも、こうやって遊んでると、自分は楽しいんですよ。同じ銭打つなら、楽しまないとね。
  1. 2007/12/27(木) 00:20:14|
  2. 草競輪からベガスまで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M-1グランプリ雑感

去年のM-1は、チュートリアルがブッチ切りでグランプリを獲得した。準決勝ラウンド、決勝ラウンドを通じて、他のコンテスタントと比べて、チュートリアルのステージだけ、明らかに会場内の温度が違っていた。つまり、格段に『HOT』だったわけだ。決勝で審査員全員が彼らに票を入れたのも良くわかる。

今年決勝に残ったのは、トータルテンボス、キングコング、そして、敗者復活で最後の切符を手に入れたサンドウィッチマン。自分的には、決勝のステージを見る限り、トータルテンボスは、他の二組に比べると全体的に切れ味が足りない。優勝は、ラストまで一気に突っ走ったキングコング、計算されたネタを緩急自在に展開したサンドウィッチマンのどちらか、って感じでした。

んー、キングコングは突っ走り過ぎたかなぁ。ネタ的にすごく大きな落としどころが二ヶ所あって、きっちりウケを拾ってた(会場の笑い声が聞こえた)んだけど、「走る」の部分が前面に出すぎて、そのウケを貯められず、会場全体を『HOT』にもっていくことができなかった。上に、サンドウィッチマンのところで緩急自在と書いたが、この『緩』の部分が足りなかったんですね。対して、サンドウィッチマンの方は、ネタの一つ一つはそれほど大きくないが、この『緩急』が生きていて、コンスタントに笑えるステージ、言い方を替えると、いい意味で安心して見ていられるパフォーマンスだった。この差が優勝できるできないの境目だった気がします。

準決勝敗退組について。笑い飯は、ネタ選びに失敗した感が強い。準決勝ラウンドで初っ端の出番を引いてしまった不運もあると思う。競馬の予想印で行くと、◎か悪くても○がつく実力を持っているだけに、非常に残念。千鳥とPoison Girls Bandは、審査員の大半がプロの話芸芸人であることを考えると、今回の芸風では絶対にグランプリには手が届かないだろう。ハリセンボンは、エンタの神様などで見られるコント仕掛けのパフォーマンスだと、致命的にノリ、スピードが足りないが、今回のM-1のステージは、かなり良い出来だったように思える。

それまで総合司会の今田耕司とのやりとりまでボケを披露していた、サンドウィッチマンのボケ担当・富澤が、優勝が決まった瞬間、観客席に背を向け、相方に抱きついたシーンが非常に印象的だった(ちょっと泣けた)。

優勝したお二人には、心からおめでとうと言いたい。
プロのネタ、プロのステージを見せていただきました。ありがとう。
  1. 2007/12/23(日) 23:49:38|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金髪爆乳おねいさんの受難2

相変わらずサイトの更新に関する作業には、まったく手を付けてない状況。でもまぁ、LGISのKOシーン集DVDなんぞを、ちらちら見てると、それなりにエロボクシングポザ絵を作りたいっちゅー衝動がやってくる。…… ので、いつもの金髪爆乳おねいさんにヤラレ役をやってもらって、また一枚作ってみた。

398tn

このKOシーン集、なぜか、赤地に緑トリムトランクスの選手というか女性が、KOされるシーンが多い。んだもんで、金髪爆乳おねいさんにも、そんな感じのトランクスを穿かせてみる。ねちねちとした千夏のボディ攻撃を食らってコーナーに追い込まれるの図、って感じですかね。

そう言えば、煩悩寺さんから「女子ボクサーレイプ」なるDVDが出ましたね。自分はミックスあまり好きぢゃないし、男優さんがあんまり色っぽくないし、脱がしも中途半端(スポブラはたくし上げるだけ)なんで、買う気は起こんないけど、…… やっぱねー、負けたら脱衣とか、負けたら犯られるってのは、エロ系ファイトの基本だと思うんですよ。うん。

このシチュエーションで、女女対決、…… こゆの、どこかのメーカーさんで作ってもらえまへんかねぇ。あ、ボクシングファイトのシーンはトップレスで。一つよろしく。
  1. 2007/12/15(土) 17:00:45|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こいつはどうよ?

以前こちらに書いた、SOD・LADY×LADYレーベルの「LADY'sローション バトルロワイヤル」をtsutayaでレンタルして来て見たけど、割とフツーの『大量ローションdeモデルさんがじゃれあってる』DVDで、キャットファイト要素としての「バトルロワイヤル」的なシーンはナシ。ま、LADY×LADYレーベルってことで、野郎が出てなかったのには好感持てましたが(笑)。

で、同じSODさんが、今月の20日発売で、「現役トップアスリート最強女王決定戦!!」なるDVDをリリースするらしい。蜜井とわチャンのブログに書いてあった、「アスリートを集めて千葉で撮影」ってのは、これっぽいですね。
http://www.videomanial.co.jp/PG/?id=INF12-SDMS305

これ、見たいんだよなぁ。SODさんは、過去に格闘家系アスリートのガチバトルみたいなシリーズを出してたので、テイストみたいなのは、何となく察しはつくんですけどね。二枚組なんで、tsutayaでレンタル、つー手は使えないっぽい(tsutayaはSOD作品をかなりの量入れてるんだけど、二枚組ってのはあんまり見ない)から、見るためにはやっぱ買わないとダメかなぁ。

定価が税込4179円。んー、微妙なところ。パチンコの成績次第ってとこですかね。
でわでわ。
  1. 2007/12/14(金) 21:51:31|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

所さんのCD買いました

一週間ほど前、パチンコで割と大きく勝った日があったので、amazon.comで所ジョージさんのCDを5枚ほどまとめ買いしました。その大勝ちした日が、ちょうど自分の誕生日に当たる日だったので、銭は自分が払ったけれども、何となくバースデイプレゼントに近い感覚だったり。

購入したCDの中に一曲、すごく気に入った曲がありました。「20th カニバーサミー」に収録されている『車庫証明騒動歌』。もともとは1983年にリリースされた「Pile Driver」っていうLP(CDでなくしてレコードですよお客さん)に収められていた曲で、自分は今回のCD購入で初めて聴いたわけなんですが、んもう一発で魅了されてしまいました。

こんな歌詞が、いい感じのポップビートに乗ってます。

 ♪ そらぁおまわりさんは大変忙しい人だから~ 
    私の車庫証明なんかかまってらんないっつーのもわかります
    でも俺だって警察に来たくて来てんじゃないんだから
    ソラお前の態度が気に食わぬ~ オラ愛想の一つも言ってみろ~

どうやら、「車庫証明を取りに警察に行ったら、担当者の傲慢な態度にムカッと来た」っていう実体験から来ているようですね。

因みに、自分は所さんを『人生の師』として崇めております。CDもオススメです。ちょっと気分がヘコんでるとき、悩み事があるとき、何となく寂しいときなんか、聴くと元気出ますよ~。
  1. 2007/12/09(日) 21:54:36|
  2. ホンマに雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロボクシングのキャストは爆乳であって欲しいぞ、と。

過去のお買い物DVDを眺めたり、拷問ボクシングのレビューを書いたりしているうちに、何となくポザりたくなったので、前に使ったキャラを引っ張り出して、一枚作ってみる。

atcorner_tn

千夏の猛攻に晒され、既に完全なグロッギー状態の金髪爆乳おねいさん。トランクスを脱がされ、両脚を中段ロープにひっかけられても、もうなす術がありません。ピンコ勃ちの乳首をしゃぶられ、股間をコリコリやられても、まったく抵抗できないようです。昇天失神KO負けを喫するのも時間の問題でしょう。…… そんな感じですね。

まー、こんなエロレズボクシング作品が見たいわけですよ。
メーカーの皆さん、ひとつよろしく。
  1. 2007/12/08(土) 13:35:40|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図書館利用してますか?

気づけば師走ももう一週間が過ぎようとしてて、んでもって、またしてもブログ2週間放置。うーん、いかんなぁ。

実はここ一ヶ月というもの、拷問ボクシングのレビューをちょろちょろ書き進めている以外は、まったく創作を行っていない状況。リアルの事情が結構忙しかったのもあるけど、最大の原因は、『部屋がクソ寒い』ってこと(まだ冬が始まったばっかなのに)。PCに向かって文章書くだの、ポザるだのよりも、布団にくるまっていたい。ま、気合が足りないわけですね。

で、布団にくるまって何してるかってーと、本をバリバリ読んでるんですね。昔買った本を読み返したりしてたんですが、最近、週一ぐらいのペースで近所の図書館に通って、本を借りて来るようになりました。小林よしのり氏の本は、もうずいぶん読んだなぁ。氏の著作に、『戦争論』(シリーズとして3冊出ている)というのがありますが、こいつは、日本人であれば読んでおかないといけない本だ、と、そんな風に思ったりしてます。

しかしまぁ、図書館も自分の子供の頃、学生の頃と比べると、ずいぶん変わった、と言うか、便利になったなぁ。自分は東京都大田区在住ですが、区のすべての図書館の蔵書を検索できるシステムがあって、予約をすれば、区内の別の図書館の蔵書を取り寄せてもらうこともできる。これは嬉しいです。何千冊、何万冊もの本を無料で閲覧できる、とってもありがたい、『図書館』というサービス、皆さん、利用してますか?

高校生の頃、通ってる高校のすぐ隣に図書館があって、そこの軽食コーナーで、「ホットドッグ&フルーツ牛乳」なんてよく食ったなぁ。『サム・ロイドのパズル百科』、何度借りたか… みんな懐かしい思い出です。
  1. 2007/12/07(金) 17:30:31|
  2. その他もろもろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する