眉月的雑感綴

君らは今まで何を学んできたのか

また風邪をいただいたようです。数日前からカラ咳みたいなのが出てたんですが、今日は本格的に 「風邪っぽい悪寒」 が来たので、昼の3時ぐらいから、布団に潜り込んでました。

で、そんな状態だと、テレビ見るしか手がないので、その流れで、日テレさんの 「おとなの学力検定SP 小学校教科書クイズ!!」 を最後まで見ました。うーん、相変わらず、社会科(小2までは 「せいかつ」 )は弱いなぁ。わからない問題がいくつかありました。

その中で、「蚕が糸を吐き出して作る、白色の楕円球状のものは何か。」 という問題が出ました。答えはもちろん 「マユ」 なんですが、これに関するプチ解説みたいなものを、進行役のクボジュンがしているとき、「この繭が絹の原料です」 という説明に、会場から 「へぇ~」 という(ありがちな若い女性の集団っぽい)声が上がりました。

おまいらそれでも日本人か?

こいつら、お蚕様という言葉を聞いたことないのかね。養蚕は、かつては日本でも栄えた産業なんだよ。そんくらいのことを大人になるまで知らなかったのなら、一生絹を、シルクを身に付けるな! ってな感じで、ちょっと腹が立ちました。

プロ野球関連。読売は、「四番とエースをいただいちゃった」 チームに、ものの見事に三タテを食らう。うーん、今年度の開幕のオチとしては、なかなかいいですねぇ。んでもって、我がベイスターズも、阪神福原に完封され、開幕三連敗。読売と肩を並べて、セントラルのドベを、仲良く快走ちう。今年は何月までシーズンがあることやら。
  1. 2008/03/30(日) 22:42:44|
  2. ホンマに雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花は桜木

東京は今、桜が見頃です。関東南部にお住まいの方は、この週末、花見をされる方が、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

仮名手本忠臣蔵に、「花は桜木、人は武士」 という一節があります。つまり、「花は桜が一番。人であれば武士が一番だ。」 ってことですね(因みにこのあと、「柱は檜、魚は鯛、小袖はもみぢ、花はみよしの」 と続きます)。そう言えば、大阪万博の時に、三波春夫さんも、「こんにちは~、こんにちは~、桜の国で~」 って歌ってましたっけ。

桜の咲く季節って、冬から春への変わり目で、さらに関東圏では、概ね、年度の変わり目にも当たります。この時期に、ほんの数日だけ見事な花を咲かせて、あとかたもなく散ってしまう。これって、やっぱスゴイことですよね。満開の桜は、日本人の心を癒してくれます。

例えば、外国から日本に観光に来る方って、年間を通じてかなり多くいると思うんですが、日本滞在中に、満開の桜を見ることができるのとそうでないのとでは、かなり 『日本を訪れた価値』 が違うんじゃないか、と、そんな風に思ったりしました。
  1. 2008/03/29(土) 23:24:33|
  2. ホンマに雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せめてクロスプレーにはならんと

パ・リーグから一週間遅れで、セントラルも開幕を迎えました。我がベイスターズは、阪神にきっちり叩かれ黒星スタート、と。

読売は今シーズン、ラミレス、グライシンガー、クルーンを補強。これってどうよ。確かにね、長いものも打てる右の強打者が欲しかったのはわかる。先発ローテとして機能するピッチャーが一本欲しかったのもわかる。上原が前に戻るので、それなりに実績のあるストッパーが欲しかったのもわかる。それにしたって、このお買い物はナンボなんでも節操なさ過ぎないか? 同じリーグに属するチームから、四番とエースを抜くなんて。…… まぁ、ラミちゃんにしても、グラちゃんにしても、クルちゃんにしても、ギャラ的に旧所属球団と折り合わなかった(んだと思う多分)っつー事情はあるんだろうけれども。

んなことで、読売は、四番とエースを抜かれたスワローズとの直接対決で開幕したわけだが、結果は6-2でスワローズの勝ち。うははは。高橋由のタイムリーがなければ、読売の得点は、「買ってきたラミレスのソロ一本のみ」 で、その方がオチ的に綺麗だったのになぁ。

ちょっと 『え~~~!!』 と思ったこと。四回裏、一死から投手の石川がヒットで出塁したあと、一番川島のフラっと上がったフライをショート坂本がバンザイこいたけど、石川のスタートが遅れて二封され(記録は遊ゴロ)、結果としてランナーが入れ替わった二死一塁の場面。スワローズにしてみれば、多少無理してでも走って、ヒット一本で返ってこれる状況を作っておきたいわけで、それは読売サイドも充分わかってるハズ。ここで一塁走者の川島は二盗を試みるのだが、投手が左の高橋尚であることも考え合わせると、この盗塁が、

あんなにセーフになっちゃいかん。
( ↑ 捕手の送球がタイミング的に全然間に合ってない、ってことね)

んでもって、二死一塁が二死二塁に変わったところで、二番田中に、きっちりレフト前に弾き返され、読売は5点目を失っている。「相変わらず読売は 『ユルい野球』 してるなぁ」 なんて思ったりしました。
  1. 2008/03/28(金) 22:14:13|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱ2Dが最強か?

前々からやらねばと思っていた、リンクページの確認、編集を行いました。

すごくお気に入りだった、『おむらいす』 さんや、『凡田英二の大人の絵本』 さんなどが閉鎖になってしまったので、断腸の思いで、ページ上から削除しました。残念っ! あと、globetownがサービスを終了した関係で、移転先がわからなくなってしまったポザサイトがいくつか発生(そこいらの情報をご存知の方、ご一報いただけるとありがたいです)。

新たにリンクを貼らせていただいたサイト様もいくつかあって、『シメグル。』 さん(管理人・PAPAさん)にも、リンクを貼らせていただきました。このサイト、基本的にはプロレス系のイラストが多いですが、ボクシンググローブをつけたキャラの立ち絵なんかもちらほら。

で、一枚だけ(今のところね)、バリバリのボクシング対戦絵があるんですが、こいつがスゲー! ぶっちゃけ、この一枚を見つけただけで、「こりは今すぐリンク貼らねば!」 と思いました。サイトの入口を入って、「GALLERY」 → 「乙女祭り」 と進み、第4試合の 「試合結果」 をクリックしてみてくださいな。ほれ、スゲー絵が見つかったでしょ?

対戦している二人の表情、グローブについた血の感じとかも、すごくいいんですが(乳の演出的にもGOOD!)、ヤラレおねいさんのトランクス、このゴールドのトリム部分の描写がたまらない。これはキてます。いやー、いいモン見せていただきました、って感じです。

正直ね、こういうスゴイ(個人的には 『エロい』 と表現する方が近いんだけど)絵を見せられちゃうと、「やっぱ3Dは2Dに勝てねぇな」 って思っちゃうんだよなぁ。ちぇっ、ちぇっ。
  1. 2008/03/27(木) 21:52:48|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気が一番!

ヘキサゴン3時間SPを見る。うーん、やっぱ面白いなぁ。

最近は、misonoさんがお気に入り。狸系の顔立ちもそうなんだけど、喜怒哀楽が顔にはっきり出るところがいいし、何よりも、明るくて、元気なとこがいい。問題に正解したあとの、「よっしゃぁ~!」 って声が好きなんですよね。あと、どうも自分は、「女性の関西弁」 に弱いみたいです。

そう、例えば、スザンヌさんにしても、上地くんにしても、元気なんですよね。だから、クイズに正解したときの嬉しさが、ストレートに伝わってくる。何かこう、見てるこっちも元気になるような感じがします。楽しい、面白いと思えるバラエティ番組は多いですが、「元気になれる番組」 ってのは、そうはないです。うん、元気が一番!

自分もそうですが、昭和ひとケタ生まれのうちの母親も、ヘキサゴンの放映を楽しみにしてます。特番とかで番組が潰れる週の水曜日に、「今日は(特番があるから) 『おバカさん』 は休みだよ」 って教えると、すごく寂しそうな顔をしますしね。話を聞くと、どうやら母のおしゃべり仲間の人たちも、ヘキサゴンを見ている人が多いようです。

テレ朝ぁ~、こんなお化け番組に、『くりぃむナントカ』 ぶつけても勝ち目ねぇぞぉ~。こっちは、『くりぃむナントカ』も楽しみにしてんだよぉ~。潰さねぇでくれぇぇぇ!!!
  1. 2008/03/26(水) 23:15:25|
  2. ホンマに雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

また絶好球が!

うーむ、……

『裏SSSGPレズビアン 1』 、こういうコンセプトなり、状況設定はツボなんだよなぁ。

日高ゆりあ嬢はレズのドミナに見えない、って書いたけど、この設定だったら重要なのはヤラレ役。んで、そのヤラレ役の、川瀬七夏嬢、沢井真帆嬢ともに、乳もそこそこあるし、ヤラレ役としてソソられるお顔立ちだから、すごくいい表情を見せてくれるような気がするんだよなぁ。……

どういうシナリオなのかも確認したいし、…… やっぱ買わんといかんのかなぁ。

『1』 ってことは、『2』 もアリなのかなぁ。そうなると、一番可能性が高いのが、ファイナリストが一回戦、準決勝で負かした相手を頂いちゃう、ってパターンで、松沢優嬢が、結城リナ嬢とつゆの優嬢を頂いちゃう、ってことになるよなぁ。こゆシチュエーションで、「つゆの優バリヤラレ」 は激しく見てみたいんだよなぁ。

と、そこらを踏まえて、5月分の出物が公開になるまで待つかなぁ。……

うーん、悩ましい。
  1. 2008/03/25(火) 22:53:53|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナゼ普段着?

とわチャンにしても、詩音ちゃんにしても、空手のおねいさんにしてもそうだけど、最近、「現役アスリート」 を謳ったモデルさんが脱いでくれる作品が多い(ま、実は現役じゃないモデルさんもいるけど)。この流れだったら、そのうちに、この手のモデルさんで、『マジ打撃系ファイト!』 みたいなもんが出るんじゃないかと思ってたら、Club-Qさんから、その手のモノが出た。

GIRLS FIGHT 42。「顔面にめり込む、空手二段のパンチ! 負けずにかえす、キックボクサーのパンチ! 泣きべそをかく総合格闘家……」 んー、強烈にソソるシチュエーションなんだが、…… しかし、なぜロープを張った状況で撮影しなかったのか。クラQさん、リング持ってるでしょ? んでもって、もっとアレなのが、

 なぜこの衣装で?

これでね、トップレスとかだったら、すごいと思うし(相撲シリーズは乳出しでしょ?)、バリバリに商品価値があると思う。でも、普段着ぢゃぁねぇ、…… ぶっちゃけ、女子ボクシングにしても、女子キックにしても、総合系にしても、試合のDVDが出てて、収録されてる試合数も多いわけだから、単純に顔パンチ見たいなら、そっちの方がいいんぢゃないですかねぇ。お値段もそれなりだし。

かなんか書いてるうちに、「ああ、バトルさんは、昔、タイ人の女の子同士の、トップレスキックのシリーズ出してたなぁ」 なんてことを思い出す。当然バリマジファイトだったし、割と可愛い女の子もいた(乳的に充実してる娘も結構多かった)。

あのシリーズ、ダイジェストがあるなら買ってもいいなぁ、と思ったが、トップレスキックのシリーズは、商品ラインナップから完全に消失してしまった模様。当時の、バトルオリジナルの商品だった、女相撲やキャットシリーズは、ダイジェストが出てんのになぁ。…… んー、ちょっと残念。
  1. 2008/03/23(日) 13:20:56|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ダイジェスト化希望作品

バトルさんのHPに、4月の発売予定がアップになりましたが、今月とは正反対で、銭を打ちたいと思える作品はゼロ。でも、『押忍!巨乳柔道部』 と 『巨乳ローションファイトクラブ』 はゲットしたいので、そう遠くない将来、バトルさんに買い物に行くことにはなると思います。

ミラクルMさんからは、「ビキニエッチマッチ7」が出ますね。二年ぐらい前までは、シリーズの種類も多く、そこそこのペースで新作が出ていたんですが、最近は、ダイジェスト化が進んでいく一方で、新作は、エロ系のものがポツンポツンと出るだけ。んー、このレーベル、まだ生きてたの? って感じになっちゃってます。

個人的には、早く 『ファイヴ・クライマックス・エッチ』 のダイジェスト版が出てくんないかなーと思ってます。このシリーズ、風味や決着回数の多さなんかが好みであるのに加えて、『2』 の美雪あやか嬢、『6』 の飯島まみ嬢、『9』 の新堂さやか嬢など、「あー、このモデルさんのヤラレは見てみたいぞ」 と思えるモデルさんが多いんですよね。

それでも、一本に八千ナンボの銭を打つにはどうしても踏み切れなくて、結局今まで一本も買わずにきたんですけど、上に挙げた三本以外も、「これは完全にハズレっしょ」 と思えるものがそんなにないので、三作品分ワンセットのダイジェスト版が出るなら(『9』 で完結前提だと、3×3の形が一番しっくりくる)、全部買っちゃってもいいかな、と。

んー、ラストの 『9』 が出たのが去年の九月だから、もちっと待たないとだめかなぁ。
  1. 2008/03/22(土) 13:00:37|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

これは眉月的にはハズレ

tsutayaに寄ったら、『蜜井とわvsレイパー』 の貸出中モードが解除になってたので、レンタルしてきました。で、家で見てみたけど、…… うーん、これは、……

チャプターメニューは、『オープニング』、『インタビュー』、『練習風景』、『言い訳無用ガチ試合』、『悪戯されまくり』、『マッサージから3Pに』、『電マ責めで潮吹き』、『柔道vsレスリング』、『凌辱潮吹きFUCK』、『特訓』、『黒帯をかけて再試合』、こんな感じになってます。

個人的には一番見どころとして期待していた、『柔道vsレスリング』。女子プロレスラーが、やっぱり 「女子なの?」 って感じのヒト(まぁこれは前からわかってたことだけど)で、ファイトの内容的にも、今ひとつ濃くない。男子アマレスラーとの対戦は、ラストがマングリ固めの変形みたいなのでギブアップ負けなんだけど、ギブの前後で、とわちゃんの顔が完全に隠れてしまっているため、表情が見えない。また、全体的にカメラが遠く、迫力もないのよね。

『言い訳無用ガチ試合』 でも、男子に押さえ込まれて負け、女子に投げられて負け、ってシーンがあるんだけど、負けてショック状態のとわチャンの表情を見せてくれないし、やっぱりカメラが遠い。

他にも、「柔道対戦の会場セッティングがダメ(広いホールに畳を並べただけ)」、「進行役兼言葉苛め役のセリフや立ち振る舞いが美しくない」、「シナリオの書き方や格闘シーンの時間配分がいただけない」 など、個人的に、ちょっとカンベン的な部分が多すぎるように感じました。

例えば、『柔道vsレスリング』 は、アマレスラーが、負けたとわチャンをかかえてリングを去るカットで終わり、『凌辱潮吹きナントカ』 では、別の布団を敷いた部屋で、アマレスラーととわチャンの絡み、という流れですが、もし自分がシナリオ書くなら、このチャプターを合体させて、リングの上でとわチャンに潮吹いてもらいますね。とわチャンのコスを剥ぎながら、 体力を削ぎ落とす系の技を連続させ、最後は全裸にされ、体力を使い果たして動けなくなったとわチャンのアソコをガーッと刺激して、キャンバスにとわチャンの飛沫をぶちまける、そんな風に持っていきます。

tsutayaに入荷されず、レンタル視聴できなければ、多分購入してたハズなので、「買わずに済んでよかったぁ~」 ってのが、正直なところです。ぶっちゃけ、前にこのブログで取り上げた、『現役柔道家が衝撃のAV出演!!~密井とわ~』 の方が、よっぽど 『銭打ってもいい度』 は高かったです。ハイ。
  1. 2008/03/21(金) 22:58:41|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チア風ミニはOKだが

スクエアフォースさん、今度はチアリーダーコスで来ましたか。うーん、…… スカート&チアパンはいいとして、上半身はちょっと 「着すぎ」 じゃねーかなー。

自分は、チア風のミニスカートは、ボクシングファイトのリンコスとして、アリだと思ってます。DWWのガーデンボクシング(DWW-264)に、一組だけチア風コスのファイトがあるんですが、これなんか、トップレスになる前でも結構エロい(もちろん、トップレスの方がエロいけど)。『ディリュ8』 は、スタートのコスの状態から、スカートを脱ぐんじゃなくて、上だけ全部脱いだ方が良かったんじゃないかと思います。まぁ、これは、自分がトップレスボクシングファンだから、そう感じるだけなのかも知れないですけど。

ところで、『ディリュ8』 でモデルさんがしてるシューズは、青コスさんの方が、『第二回SSSGP決勝』 で、松沢優嬢が使ってたもの、黒コスさんのは、『BXL3』 で、国見奈々嬢が使ってたものじゃないかと思います。どうやら、ここいらの道具は共通で使ってるようですね。んー、そんなら、SSSさんも、BXLシリーズ以外は、Windyのグローブ使って欲しいなぁ(黒があることもわかってるし)。

と言うのには、好みの問題以外にもちょっと理由があって、Winningの8オンスって、手の甲の部分が平らすぎ&長すぎて、拳を強く握ってるように見えない。例えば、顔パンチのシーンを、比較的アップで撮影したとき、同じ強さでグローブを顔に当てても、Winningのグローブよりも、Windyのグローブの方が、「強く当たってるように見える」 んじゃないかと思うんですよね(もっと小技を使うなら、テープを巻いてる部分を、手の甲側にもっと広くしてきつく巻くと、さらに強く当たってるように見える形になると思う)。

SSSさんと言えば、SSSGP新企画は、そっち方面でしたか。うん、これなら、トーナメント負け組を使い捨てにせず、再利用(つか二本撮りですわね)できます。C.ロナ監督、商売がお上手ですなぁ(笑)。

しっかし、オイラには、どうしても、日高ゆりあ嬢の見た目がレズのドミナには見えんのだなぁ。川島千愛嬢なら、すんごくそれっぽい気がするんだがなぁ。……
  1. 2008/03/20(木) 01:12:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せめてダウンは見しちくり

パチンコでちょっと勝った帰り、tsutayaに寄る。SODさんの新作コーナーで、『とわチャンvsレイパー』 を見つけたけど、残念ながら貸出中でした。しかし、同日リリースの、これもちょっと気になってた、『現役キックボクサーがAVデビュー!詩音』 があったので、こちらをお持ち帰りしました(もちろんレンタルね)。

ttp://www.videomanial.co.jp/PG/?id=ING02-RCT007

チャプターメニューは、「オープニングインタビュー」、「カメラの前ではじめてのSEX」、「全裸スパーリング」、「素人M男と対戦」、「全裸筋力トレーニング」、「真剣勝負! 負けたら即レイプ」 となっていて、当然、一番のお目当ては、最後の 「真剣勝負!(以下略)」 です。

ジャケットには、「強いと思っていた自分が、本気を出した男性ボクサーに完敗。悔しがりながら犯されイキ果てる!」 ってなことが書いてあります。自分としては、レイプ云々よりも、『完敗』 の部分に惹かれる。キックの真剣勝負で男に 『完敗』 する女キックボクサーの姿を堪能できるんじゃないかと、強烈な期待を抱いたワケです。

スタートから全裸筋トレまでのチャプターを適度に早送りし、いよいよ、お目当ての 「真剣勝負!」 へ。チャプターのアタマに、ルール説明のテロップが出ます。

男性キックボクサーを相手に3ラウンドを戦う。
1ラウンド終了ごとに、トップレス → 全裸と脱がなければならない。
3ラウンドを終了して相手を倒せなければ、即レイプが待っている。

「ん? 相手を倒せなければ? ちょっと話が違うんぢゃねぇか?」 と、ここで、すごく嫌な予感。で、試合シーンスタート。

1R は両者互角、2R は詩音嬢やや押し気味の展開で進みます。ここまでは、どっちもローキック主体の攻撃。特に男側は、「モデルさんをいたわってる」 感じのヒットで、今ひとつ、真剣勝負! って迫力みたいなものが伝わってこない。プラス、「顔パンチは遠慮しとく」 っぽい雰囲気が強く出ていて、1R後半あたりから、詩音嬢の構えに、顔をガードする意思が感じられなくなっちゃいます。

でもって、3R が始まって少しすると、男が詩音嬢を押し倒し、圧し掛かった状態でエロ攻撃開始、そこからレイプ 「風味」 のセックスシーンへと続き、そのまま終了。ボクシングファイトとしては、KO、ダウンシーンはおろか、詩音嬢がピンチになるシーンすらありませんでした。…… orz

コレのどこが 『完敗』 やねん!!

まぁ、「顔はやめとく」 ってのは、わからないでもない。でも、それならそれで、「ローキックの連打でダウン → 膝蹴りで悶絶KO」、こんくらいのシナリオは書けるでしょ? 女ボクサーに負け役をやらせるなら、せめてダウンぐらいは見せてよ。

出演された詩音嬢、「現役キックボクサー」 と謳っている割には、身体ができていない。特に、お腹周りが緩く、鍛えられている感じがしないです(その点では、横山翔子嬢のボディはすごいと思う)。まぁ、六つとか八つとかにぼっこり割れた腹筋までいっちゃうと、エロビデオ的、萌え的に、自分としてはちょっとアレですけど。

真剣勝負! のチャプターで、詩音嬢は、黒ベースのコスチュームを着用していますが(胸のあたりに、飾り文字で 『Sion』 と刺繍されているので、本チャン用のリンコスなのかも知れない)、んー、やっぱ、黒はいいよね。コスにしてもグローブにしても。あと、この撮影に使われたリングも、ちょっと小ぶりで、萌え的にはいい感じ。エロ風味のボクシングは、このくらいのサイズのものを使ってもらいたいなー、なんて思ったりしました。

ま、投資は最新作1泊2日分料金の410円で済んだこったし、「リングの上で、ボクシンググローブをした女がヤられちゃう図」 なんちゅーエロいもんも見れたので、とりあえずオケってことで。
  1. 2008/03/19(水) 08:47:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぬるテカ肌にも弱いのだ

んー、暖かくなりましたねぇ。最低気温が二桁になったりして、本当に 「春はもうすぐそこ!」 って感じです。

昨日の記事に書いたように、SOD系のとわチャン出演作品にかなり心が動いているんですが、最近バトルさんのHPにアップになった、こちらの商品も、「おー、こいつもエロいんでないの?」 なんて思ったり。んー、ローション系のぬるぬるテカテカ肌にも弱いのよねん。

『巨乳ローションファイトクラブ2』
ttp://www.videomanial.co.jp/PG/?id=ING03-SIMG277

でも、ジャケットを良く見ると、「巨乳オナニーバトル」以外は、どうも野郎との対戦っぽい。それじゃぁ、ナンボぬるぬるテカテカ肌でもちょっとアレだなぁ、と思って、シリーズの前作を見てみると、こっちは何となく、「女×女対戦」を見せてくれそうな感じ。

『巨乳ローションファイトクラブ』
http://www.videomanial.co.jp/PG/?id=ING01-SIMG262

ビデオマニアルさんHPのミニコメントみたいなのを見ると、『1』 も 『2』 も、「男VS女、女VS女など対戦は色々と楽しめます。」って書いてある。でも、全部同じ文章だし、『2』 のミニコメントは 『1』 のをまんまコピーして使ってるだけで、実は女vs女はありませんでした、なんて落とし穴もあるような気がする。うん、ここはやっぱ安全策で、『1』 の道を行く一手だろうな。

んでもって、お値段も手頃なんですよねぇ(つか、キャットファイト系のものが、お手頃でなさ過ぎる気もしないでもない。ま、マニアものは、そう数が出るわけじゃないから、単価を上げざるを得ないのはわかるんだけどね)。もし、とわチャンのDVD買いにバトルさんへ行くなら、こいつも一緒に勝負してみっかなぁ。……
  1. 2008/03/17(月) 22:40:57|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨乳レズには食指が動く

以前、『本物柔道家・蜜井とわvsレイパー』 に期待してる、なんてことを書いたんですが、とわチャンの負けシーンが拝めそうだけど、全体的に男臭がキツそうだし、ジャケットを見ると、これも勝ち役の女子プロレスラーが、「女子なの?」 って感じなので、んー、ちょっとどうなのかなぁ、…… なんて思ったり。

そんな中、同じSOD系の LADY x LADY レーベルから、今度は、『押忍!巨乳柔道部』 なる作品が出ます。このレーベルは、男っ気ゼロだってことわかってますし、謳い文句的にも、「厳しい稽古に励む柔道部員もカラダはオンナ!稽古でカラダを重ねる内に思春期の性欲は抑えきれず、相手女子の巨乳や股間を刺激!」 なんてことになってるらしい。おまけに、共演モデルさんの中に、桃井アンナ嬢も入ってる模様(ジャケットには共演者名の記載はないんだけど、Wiki の「蜜井とわ」のページに、バッチリ書いてあった)。んだもんで、購入意欲度的には、かなり 「激熱リーチ状態」 だったりします。

こちらで紹介するときに使ってる、ビデオマニアルさんのHPに載ってるジャケットには、なぜか目隠し状態になってたんで(両目が隠れるような黒いラインが入ってる)、「え、顔出しぢゃないの?」 と一瞬焦りましたが、供給元である LADY x LADY さんのHPでは、目隠しナシのジャケットになってたので、ホッと一安心。

ttp://www.lady2.net/051/index.html

ジャケットに、「女子柔道部員4名&女教師1名」 「現役柔道家・蜜井とわを倒すのはいったい誰か?」 なんて書いてあったんで、このレーベルは、1人を何人かで攻めるパターンが多い、なんてこともあり、『教師役のとわチャンが、部員たちにバシバシ稽古をつけるんだけど、部員たちの罠に落ち、数人がかりでレズ攻撃の限りを尽くされ、ラストはあえなく大量潮吹き&失神昇天!』 みたいなシナリオを頭の中に描いたんだけど、ジャケット裏面の写真や、LADY x LADY さんのHPに載ってるスチールっぽい写真を見る限りでは、どうやらそうではなさそうです(つか、動画を見ると、とわチャンが教師役でもない模様)。残念っ!

『押忍!巨乳柔道部』 は 2,980円(税込)と、お値段もリーズナブル。『本物柔道家・蜜井とわvsレイパー』 (税込4,170円)と一緒に定価で買っても、七千円をちょっと出る程度に収まるのよねぇ。…… んー、バトルさんでも売るようなら、「レズボクシング7」 あたりと一緒に、まとめ買いしちゃおうかしら。……
  1. 2008/03/16(日) 15:12:52|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝手にボクシングGP

何とか、予告しておいた日に、『Boxing of the Lesbian 3』 のレビューをアップすることができました。購入を迷っている方、買う気はあるけど、買う前にどんなもんか知っておきたい方、どうぞ、参考にしてくださいませ。

ところで、『BXL3』 の作品CMの中に、『Fem Box Mania』 シリーズのものがあるんですが、毎回最後に、「ROAD TO SSSGP BOXING」 ってキャプションが出ます。で、4月のどアタマに、「(仮)SSSGP 企画案A」 なんつーものが出ることもあるんで、ちょっと、「SSSボクシングGP」 的な見方で、桃井アンナ嬢、国見奈々嬢起用への方向性、みたいな話を(多分、企画案Aは、ボクシングじゃないと思うけど)。

レビューに、国見奈々嬢の演技は秀逸、みたいなことを書きましたが、キャットファイトもののキャスト、という意味合いで考えると、このモデルさんは、すごくセンスがいいんだと思います。で、前にここでも書いたように、U25の売り文句なんかを見てると、どうもC.ロナ監督は、彼女をプロレス系のシリーズもの(GPとかね)に使う気満々のような香りが漂うんですが、それだけってのは、どうももったいない気がするんですね。

仮に、SSSボクシングGPをやろうとすると、こういうトーナメント戦のような競技色の強い企画は、ある程度、ボクサーとしての技量を持っているデルさんを起用する必要がある、言い換えると、「それなりにボクサーに見える」 構えなり動きなりができないといけないと思うんですね。で、そういう様になる構えなり動きなりができるモデルさんを引っ掛ける(見つける、ってことね)のは、結構難しいことなんじゃないかと。

そう考えたとき、奈々嬢は、ビシッとはまるんじゃないかと思うんですね。自分が今までに見た国産ビデオに限れば、彼女ほど、「ボクサーに見える」 構え、動きができているモデルさんは、そうそういません(あとは、「VALKYRE FIGHT 6(ユープランニング)」 に出ていたモデルさんお二人ぐらいか)。本当に貴重なタマですよ、彼女は。

桃井アンナ嬢の方は、『BXL3』 でのキャッチコピーが、『打撃の雄』 となってます。んー、これって、…… 彼女がこれまでに出演した作品から、主だったものを挙げると、『Battle Sex Mixed 3』、『Fem Box Mania 4』 ですか。『BSM3』 は打撃とはあんま関係ないし、『FBM4』 は、相手が松沢優嬢だとは言え、結果的には負けてる。小仕事系にしても、基本的にはヤラレ(ウーマンデストロイヤーとか腹パンチマニアとか)なんで、何を以って 『雄』 とするのか。あるとすれば、彼女をそういう路線で売ろうとする意思の表れなのかな、と。例えば、SSSボクシングGPでファイナリストまで使うとかですね。

そんなわけで、個人的には、『BXL3』 に出演されたお二人のモデルさんの姿を、SSSボクシングGPで見ることができるような気が(ちょこっとだけど)するし、見てみたい。んでもって、SSSボクシングGPは、出来ることなら全戦トップレスであってもらいたい。ボクシングなんだから、上半身は裸でやるのが当たり前ですよ。うん、うん。…… ま、そゆことです。

話は変わりますが、上に書いた、「VALKYRE FIGHT 6」。前に一度、小文集で取り上げたこともありますが、このボクシングシーンは、トップレスでAVモデルさんが演技していることを考えると、本当にレベル高いです(基本的にはそこそこのパンチを当てるのは、お腹だけなんですけど)。

ここで紹介するなら、ボクシング総集編の方がいいかな。七組収録されているうちの六番目です。
ttp://www.bookmuch.com/products/p-34995.html

オリジナル作品にしても、ボクシング総集編にしても、発売当初よりも多少割引になったとは言え、税込 6,720円と、少々お値段は張る。ってことで、見るだけなら、って方には、こんなの見つけました。お値段は半額以下の、税込 2,900円。
ttp://duga.jp/ppv/yp-cosplayppv-0153/
(直接飛べなかったら、"ttp://duga.jp/" から中に入り、作品検索で、「ボクシング総集編6」 をキーワードにすればOK。)

その方面のファンの方、またトップレスボクシング作品の制作に携わる方には、是非一度ご覧になることをオススメいたします。
  1. 2008/03/15(土) 16:37:55|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こいつの正体は?

今日中のアップに向けて、『Boxing of the Lesbian 3』 のレビューは、最終チェックの段階に入りました。で、ちょっと調べたいことがあって、SSSさんのHPを見ると、4月リリース予定の作品リストが発表になってましたが、

(仮)SSSGP 新企画A Vol.01

何だコレ?!
ボクシングGPか? レズエロプロレスGPか?
GPものの企画なんて、そんぐらいしか思いつかんぞ!
(第二回SSSGP決勝の最後に、川島×日高の予告があったが、あえて無視w)

しかも、新企画 『A』 ?
なんだこの 『A』 わ? 『B』 とか 『C』 とかもあるってことか?

うー、気になる。何だコレ~~~~~!!!
  1. 2008/03/14(金) 10:01:44|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便利グッズ文房具編

以前、「図書館通いしてます」 ってな記事を書きましたが、自分はいろんな意味でマニアだもんで、図書館に行っても、「お、コイツは読んでみたいぞ」 と思える本を見つけるのが、だんだん難しくなってきました。そんなわけで、今月のアタマぐらいから、クロスワードパズル誌を買って、シコシコとマス埋め、なんてことをやってます。

自分はクイズ、パズルの類が若い頃から好きで、昔はずいぶんその手の雑誌を定期的に購入していました。『パズラー(現在は廃刊)』、『クロスワードファン』 など、世界文化社が出していたパズル誌には、ずいぶんお世話になりましたね。『ニコリ』 方面に進む道もあったんだけど、自分にはちょっとレベル高すぎたかなー。…… ってことで、自分は世界文化社のパズルで育ったので、「数独」 ではなく 『ナンバープレイス』、「カックロ」 ではなく 『サムクロス』 の人なのです(ちうても、その手の趣味がある人でないと、何言ってんだかでんでんわかんないと思うけど)。

自分は、黒や青系インクで印刷されていることの多いパズル誌への書き込みは、地の印刷との違いがわかりやすい赤ペンを使うんですが、上に書いた今月アタマのとき、部屋の中を探しても赤ボールペンが見当たらなかったので、仕方なく黒のボールペンでスタートしました。でも、何問か進めていっても、やっぱり、なんかこう、しっくりいかない。で、『これは何としても赤ボールペンを調達せないかぁぁぁぁん!!』 と思い立ち、近所の文房具屋さんへ。

買い物するからには、書き味だの線の太さだの、いろんな商品をじっくり試してみてから買うものを決めるつもりでいたんですが、お店に入って、ペンの類を置いてある棚の一番目立つところに、こんな商品が。

パイロットのフリクションボール。温度変化で筆跡が消える、新発想のボールペン。
ttp://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/frixionball/

「お、これは便利そうぢゃん」 ってことで、手に取ってさっそく試し書きしてみると、書き味は自分好みでバッチリ合格ライン。でもって、試し書きした線をペンの頭の部分でこすると、これがいい感じに消えてく。一瞬で、『私とおつきあいしてくださいっ!』 みたいな気分になっちゃって、「いろんな商品をじっくり試して」 を放棄し、即、赤インクの7mmタイプ購入決定。お値段200円也。

家に帰って使ってみると、雑誌の普通ページみたいな、あんまり紙質の良くない紙だと、ちょっと消え具合は落ちる。でも、ちょっと書き間違いみたいなものを目立たなくするぐらいには充分機能するし、別に道具を用意する必要がないんで、すんごく便利。普通のボールペンよりちょっと高いけど、書きミスを消すたんびに、「いい買いモンしたわぁ~。」 と実感している次第です。

パズル愛好家の方、コイツぁ便利でっせ~。いっぺん使ってみなんしょ~。
  1. 2008/03/11(火) 21:00:31|
  2. ホンマに雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お客さんが引かない程度に

去年の夏だったかに、あるテレビのバラエティ番組で、タレントの青木さやか嬢が、行楽客で賑わう某海水浴場に繰り出して、適当なカップルを選び、女の子の方のウエストサイズを彼氏と青木がそれぞれ予想。で、女の子のウエストを実測し、真実を明かす、みたいな企画をやっていました。選ばれたカップルの女性の方は、「ちょっといい感じのボディの、フツーの成人女性」 で、彼氏の予想はギリギリ50cm台がほとんどでしたが、青木は60cm台の予想(64とか66とか)を連発し、事実、彼女の予想は、実測値に対してかなり正確でした。で、青木さやかは、番組中、「成人女性のウエスト50cm台は幻想。身長160cmあったら、まずありえないと考えていい」 みたいなコメントもしています。

キャットファイトDVDに出演されるモデルさんも、パッケージにスリーサイズを載せるのが一般的ですが、やっぱり、「その腹で腹回り尺xxはねーだろ」 なんてことは多々ある。まぁ、「公称の腹回り尺は、お客さんが引かない程度にマイナス修正」 をして、お客さん側も、そこは 『気のもの』 と捉えてあまり追求しないのが大人のマナー、ってとこですかね。

「なかなか立派なおっぱい」 ってことで、過去の記事に、SSSさんの 『レズバウト10』 に出演された、月原桃香嬢を取り上げたことがありました。この作品のジャケットには、出演モデルさんのスリーサイズは載ってないんですが、彼女が出演した他の二作品、『Finish Scene 10』、『Topless Blow 4』 には、「 T.153 92-64-105 」 って、バッチリ表示されてます。

この、「尻尺105cm」 ってどうなんだろう? バスト三桁ってのは、巨乳ファンにとっては結構インパクトのある数字で、巷のエロDVDとかでも良く見かけるんですけどね。で、これはこれでウリになると思われる、「なかなか立派なおっぱい」 は、92cm止まり。んー、B92もH105も実寸なのかも知んないけど、おっぱいとのバランスを考ると、尻尺を二桁に抑えてあげるとか、乳尺にもちっと下駄はかせてあげるとかできたんじゃないでしょうか。腹回り尺が64を変えないなら、例えば、96-64-98とかいう風に、「お客さんが引かない程度に修正」 した方が良かったんじゃないかな、と思いました。

でもって、モデルさんのお顔立ちなりボディなり脱ぎっぷりなりが良ければ買ってもいいと思ってる、IMPACTさんの 『レズバーリトゥードシリーズ』 の新作が、バトルHPにアップになったんですが、吉野リィ嬢、バスト70って。…… 確かにね、スレンダーなのはわかります。ウエスト55cmが嘘偽りのない数字っぽいのもわかります。でも、78とか、76とかならまだしも、乳尺70ってのは、エロDVDのキャストとして、ちょっとアレ過ぎません? ナンボなんでも、「お客さんが引かない程度に修正」 してあげないと、イカンのじゃありませんかね。

実際のところ、彼女たちは、もともとが、巨尻を売りにしてるモデルさんであるとか、貧乳を売りにしてるモデルさんであるとかかも知んないけど、そのデータをレズ系ファイトのDVDに引っ張ってこなくてもいいと思うんですよね(こっち側の作品には、名前を変えてスリーサイズも矯正するなんて手もあるわけですから)。

うー、どっか間違ってますかね、オイラ。
  1. 2008/03/08(土) 13:47:51|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SSSGP決勝・ダメ出し大会

やっぱり、単品レビューを起こすほどのことでもねーだろってことで、ブログの方で、『第二回SSSGP決勝』 のダメ出しを。

まずねぇ、あんまほじくりたくない部分だけど、テロップのスペルミス。あまりにも次元が低く、且つ、あまりにも目立つ箇所なんで、見た瞬間に思わずのけぞっちゃいました。キャットファイトものの配給元として、もう、押しも押されもしない国内トップメーカーの地位にあるわけだし、国際版ヤフグルにもページを持つくらい、外国のお客さんにもモノを売ろうとしてるんでしょうから、これはヤバイでしょう。どの単語をどういう風にミスったのかは、SSSさんのメンツのために、ここでは公表を差し控えますが、二度とこんなことが起こることのないようにしていただきたいです。

プロレスファイトの質としては、「八人トーナメントの決勝戦」ということを考えると、松沢優嬢、日高ゆりあ嬢ともに、何かこう、あまりにも動きがもっさりしてる感じ。例えば自分は、『B-1 対抗戦 ザ・プロレズリング Vol.01』 を持ってるけど、これに出ている、長瀬あずさ嬢、唐沢美樹嬢の動きと比べても、プロレスファイターとしての溌剌さ、みたいなものは、長瀬嬢、唐沢嬢の方が数段上のように思います。ま、ここいら(ファイトの質)は、自分にとってみれば、それほど重大な要素ではないんで、それ以上あーだこーだする意図はないんですけどね。

んでは、シナリオに関係する部分。昨日の記事にも書きましたけど、二本目、三本目ともに、松沢嬢のヒザの負傷から離れたところでフィニッシュになってるのが、どうにも納得できない。(三本目の)アルゼンチンバックブリーカーは、確かに見た目には派手で、フィニッシュホールドとして見栄えはするけれども、何かこう、ヒザの痛みを抱える松沢嬢にトドメを刺すという意味では、ピントがずれちゃってる気がしてならないんですね。

それから、ヒザを負傷した松沢嬢は、三本目はヒザにテーピングを施した状態で出てきます。んで、三本目の最中に、日高嬢が松沢嬢のテーピングを剥がす、というシーンがあるんですが、このときに、松沢嬢がテープを剥がされるのを 「嫌がらなすぎる」。本来なら、もっと、「いやぁ! やめてぇぇ!」 とか言うと思うんですが、それがないんですね。これに関してもっと言うと、テーピングはもっと頑丈に、ヒザ当て(サポーターね)もあった方がいいかな。で、この場面で、ヒザ当てを脱がされ、テープを剥がされる。こうした方が、もっと 『クる』 映像になったんじゃないかと思います。

あと、勝負がついたあとの、敗者弄りの部分。テンポが悪すぎる。勝った日高嬢が、松沢嬢に屈辱的な言葉を要求するわけですが、松沢嬢がすぐに応えないなら、もっとチャッチャッと苛めないと。日高嬢が松沢嬢の反応を 「待っている」 時間が長すぎて、すごく間延びした印象を受けます。加えて、松沢嬢が 「泣き顔が泣き顔に見えない」 顔立ちなので、今一迫力に欠ける。これがもっといい感じに泣けるモデルさん、例えば絶品ヤラレとして定評のある、つゆの優嬢とかだったら、スンゲー画が取れたんじゃないかと思うんですけどね。

んでもって、試合後の、トーナメント優勝者、準優勝者のインタビュー。敗者弄りの流れからいくと、日高嬢はいいとしても、松沢嬢は、もっと 「悔しさ」 が表情に出てないとイカンと思う。…… んー、だいたいこんなもんでいいかな。

ダメ出しとは別に、敗者弄りの部分で、松沢嬢に、「負けたので、日高様の言うことは何でもききます」と言わせたあと、松沢嬢は日高嬢のリングシューズの裏を舐めさせられるわけですが、個人的には、

「何でも言うこときくのね。…… じゃぁ、脱いでよ。」
「え?」
「水着。さっさと脱いで、貢物として私に差し出すのよ。」

とか、さらに、

「…… じゃぁ、オナニーしてるところでも見せてもらおうかな。」

とかの方向に持ってってもらいたかったかなー、なんて思ったりもしました。ええ、ええ、アッシゃー、エロバカですとも。
  1. 2008/03/07(金) 18:19:27|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと何とかできるハズ

うー、風邪ひいた。ちょっとチライです。

それでもやっぱり、『Boxing of the Lesbian 3』 を一刻も早く見たいという欲求は、いささかも衰えないわけで、今日、バトル本店への入荷確認が取れたので、秋葉原へ行って購入し、さっそく家でチェックしました。で、当然のことながら、賞賛すべきところ、ダメ出ししたいところ、それぞれありますが、昨日のブログに書いたように、来週の金曜、14日の夜に、まとめてぶっちゃけることにします。

『第二回SSSGP決勝』 も、予定通り、一緒に購入しました。でもって、こっちも見てみましたが、んー、ちょっとガッカリ。自分としては、レスリングファイトのレベルの高さとか、乳ポロリ度とかに関しては割とどうでも良くて、勝敗が決着するまでのシナリオの書き方や、勝敗が決まったあとの演出がどの程度クるものか、そこいらが知りたかったわけですが、正直、このあたりに関してはかなり失望を感じました。

一番アレだなぁと思うのは、『松沢優嬢の右ひざ負傷で形勢逆転』 っていうのが、全体を支配するストーリーラインなのに、『負傷した右ひざを攻められ、痛みに耐え切れずにギブアップ』 っちゅー場面がないこと。日高ゆりあ嬢が四の字固めをかけていたシーンが、二本目、三本目ともに、そこそこの尺あったけど、このストーリーラインなら、自分だったら、ラストの三本目は、「日高四の字かける → 松沢必死にロープに逃げる」 を二度ぐらいやってから、松沢をリングの中央まで引っ張って、さらに四の字。松沢こらえきれずに、泣きながらギブアップ(しかも、ゴングが鳴っても、すぐには日高に技を解かせず、更に松沢を泣かせる)、こんなエンディングにしますね。

あと、やっぱねぇ、『松沢優嬢は、顔の造形が微笑み顔過ぎて、泣いても泣いてるように見えない』(笑)。

うーん、もっとダメ出ししたいなぁ。もともと、プロレスものには、あんまり深入りするつもりはなかったけど、せっかく銭も打ったことだし、単品でレビュー起こそうかしら。
  1. 2008/03/06(木) 20:50:42|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

購入作品決定

『Boxing of the Lesbian 3』 の発売日を目前に控え、いろいろ悩んだ結果、一緒に買う作品を、『第二回SSSGP決勝』 に決めました。バトル本店への入荷を確認した時点で、明日にでもお買い上げするつもりでいます(以前にも、バトルHP上の発売日前日にモノが店頭に並んでいたことが何度かあったもんで)。恒例の、『Boxing of the Lesbian 3』 レビューは、一応、SSSサイト上での発売日より前に出すのはちょっとアレかなぁと思うんで、来週金曜の夜にアップする予定です。

『第二回SSSGP決勝』 を買うことに決めた理由は、やっぱ、『松沢優嬢の泣き叫ぶ姿を見てみたい』 ってのが最大のポイントですねぇ。こいつと、『BXL3』 の、『勝者によるペニバンレイプ』 あたりを見て、『勝敗が決したあとの演出』 なんかについても、一発、論をかましてみたい、なんて腹もあったりします。

購入作品候補だった、『レズボクシング7』 と 『Topless Blow 4』 は、『BXL3』を買っちまえば、当分抜きネタには困らんだろうという理由で今回はパス。『Fem Box Mania 3』 は、『BXL3』 をしっかり見て、桃井アンナ嬢が、(演者としての)ボクサーとして、どの程度のパフォーマンスを見せてくれるのかを確認してから、あらためて、手を出すかどうか決めたいと思います。

それにしても、バトルさんのHPを見ると、今月はボクシングものの作品が多いですね(ちうても、そのうち二本はミックスだけど)。『Delusion Boxing』 シリーズも新作が出るけど、過去二作が、「OL風衣装&裸足」、「セーラー服」 と、不必要なまでに色物路線に行っちゃってたんで、今回はそろそろ、「割とマトモなエロボクシング路線」に戻るような予感がするんですよね。

『びしっとトップレス&クラシックタイプのサテン地のショートトランクス』 やったら、多少モデルさんの質がアレでも買いまっせ、スクエアフォースはん。ボクシングオンリーのレーベルでっしゃろ? もちっと頑張ってや。
  1. 2008/03/05(水) 23:21:27|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予想外したかも…orz

夕方のニュースを見ていたら、東京の最高気温は、週末にかけて徐々に上昇、日曜日15℃、月曜は17℃(しかも最低気温8℃)の予報が出ていました。その後も暖かい日が続くらしく、やっと春が来た! って感じです。良かった良かった。

『Boxing of the Lesbian 3』 のジャケ写とサンプルムービーが公開になりましたね。うー、勝敗予想、外したかも。…… 桃井アンナ嬢は、Battle Sex Mixed で勝ち役だったらしいのですが、それを知らなかったので計算に入れてなかったのよねん。で、もちろん、ジャケ写、サンプルムービーを見て、思ったこと感じたことは多々あったけど、そこいらはまとめてレビューにぶち込む予定なので、今んところは黙して語らずってことにしときます。

『Topless Blow 4』 もジャケ写、サンプルムービーが公開になったけど、うーむ、これは、…… 二組四人、全員ロングシューズにブルマはねぇでしょう。…… ってことで、大幅に購入意欲ダウン。現在、手を出したい作品が他にもいっぱいある状況ですんで、とりあえず今回のお買い物リストからは削除する方向でいくことにします。残念っ!
  1. 2008/03/04(火) 22:46:40|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれもこれも見たい

えーと、まず業務連絡っぽいもの二件。

まず、スパムコメント、トラックバックが多いので、一週間ほど前から、一部のホストを書き込み禁止にし始めました。ちょっと範囲を広めに取ったので、善意のコメントやTB(善意の、ってのも変だけど)ができなくなっちゃった方ができてしまったかもしれません。万一、そんなことがありましたら、本サイトの掲示板なりメールなりで連絡くださいませ。

あと、以前の「BXL3出演モデルさん予想」の記事で、Metabom監督、C.ロナ監督両方の作品に出たモデルさんとして、何名か挙げた中に、日高ゆりあ嬢が抜けてました。謹んで訂正。ま、済んだ話題だし、どーでもいっか。…… ってことで、本編に入ります。

最近の記事を読んでいただけるとおわかりのように、このところ気になるキャットDVDが多く、予算的に余裕があるのに買いたいものがない状態から、一気に供給過剰モードに入っちゃってます。そんな中、またしても、『うー、こいつも見てみたい』 と思える作品が。

モノは、『第二回SSSGP決勝』。下のURLは、2chの 「キャットファイトビデオの結末を語るスレ4」 のものですが、31~33レスに、結構詳しくレポを書いてくれた方がいらっしゃいます。
ttp://set.bbspink.com/test/read.cgi/feti/1203856755/l50

ソソられるのは、松沢優嬢が右ひざの負傷(もちろんフリだろうけれども)から劣勢になり、日高ゆりあ嬢にヤラレまくる二本目後半からラストにかけて。

> 松沢の悲鳴はもはやレスラーのものではなく、ただの女の子。
> 決着はボストン→アルゼンチン。松沢泣き叫びながら、ギブアップ。

うーん、こんな展開だとなぁ。…… おまけに、試合終了後にも、

> 松沢謝るも許されず、嗚咽しながら次々屈辱的言葉を言わされる。
> 「日高さまには敵いません。許してください」
> ラストはなんと日高の靴底まで舐めさせられる。

こんな件(くだり)があるらしい。いやー、こゆのはタマランのですよ。『嗚咽しながら』 ってのも、すんごくポイント高い。まして言わされるのが松沢優。

自分は、『レズボクシング6』、『Boxing of the Lesbian 2』 と、彼女の出演している作品を二本持っていて、乳的にはバッチリOKだし、美形(キャットファイトDVDに出てくるモデルさん基準で見ると、ですけど)なので、かなりお気に入りのキャラなんですね。で、彼女がヤラレキャラ側を演じているときの印象は、「演技は上手いんだけど、顔の造形が微笑み顔なので、表情的には今一」 って感じだったんですが、『泣く』 とか、『泣き叫ぶ』 とかいう状況は、過去のデータにないんで、これはもう、是非とも拝んでみたいんですよ。うん。

あと、レポ主さんが、「あえて不満を言うと」 と前置きして、

> それと一本目と三本目に松沢の乳首がこぼれるシーンもどうだろう。
> チラリズムより、敗者の強制コス剥ぎの方が好きだが

と書かれていますが、これには、自分は全面的に賛成。ま、ナマ乳大好き人間としては、「トップレスで試合。敗者はパンツを脱がされ全裸に」 ってのが理想なんですけどね。

それはともかく、『敗者のコス剥ぎ』 ってのは、勝者と敗者にビシッと分かれる構図であるし、『敗者を、ファイターから、ただの女の子へと格下げする儀式』 みたいな効果もあるんで、レスリング系、ボクシング系にかかわらず、どんどん取り入れていいんじゃないかなぁ、なんて思います。

それにしても、…… うー、困った。『第二回SSSGP決勝』、激しく見てみたい。C.ロナ監督の、「シナリオの描き方の素晴らしさ」 に敬意を表して、スンゲー久しぶりに、『トップレスでもイカセでないレスリング系DVD』 に銭打つことにするかなぁ。……
  1. 2008/03/03(月) 16:03:36|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BXL3 勝敗予想大会

いやぁー、『桃井アンナ×国見奈々でエロレズボクシングしかも売りポイントがど真ん中っぽい』 のニュースが飛び込んでから、エロテンションゲージが天井に張り付きっぱなしなんですよね、これがまた。

出演されるモデルさんお二人を比較すると、体格的にそれほど差がなく(奈々嬢は身長147cm。アンナ嬢に関しては、SSSさんのHPを見る限り身長に関する情報はないが、あのおっぱいでバスト88cmってことは、そんなにタッパがあるわけではないでしょう)、見た目から受ける、『攻めとヤラレ、どちらが似合うか』的な部分も、それほど差がない感じです。

加えて、お二人とも、実に弄り甲斐のありそうな、立派なおっぱいをしてらっしゃる。ですから、C.ロナ監督としては、これはもう、どうしたって、いい勝負設定(少なくともドミ色が前面に出る展開ではない)に持っていくんだと思います。で、今回も三本勝負でしょうし、そんなら、最低でも一回は、どちらのイっちゃったシーンなり、KO負けシーンなりを拝むことができるでしょう。そんなら別にどっちが勝ってもオケ。

と、普通の状況なら、最終的な勝敗に別段こだわるアレでもないんですが、今回に限っては、『負けたら勝者にヤラレちゃう』 なんつーオカズがついているようなので、それを考えると、勝ち役(つか、自分にとって大事なのは負け役の方なんだけど)をどっちが担当するのか、自分みたいなマニアにとっては、非常に気になるところ。

ってことで、ここで一発、『Boxing of the Lesbian 3』 の勝敗予想をぶちかましてみたいと思います。ぶっちゃけ、ジャケット写真とかサンプルムービーとかの、濃い情報が出回らないうちに、言いたいこと言っちまうべ、って腹なわけです。ネタがネタだけに、またクソ長くなっちゃうと思いますが、よろしければお付き合いの程を。

眉月個人の希望としては、試合に負けて勝者にヤラレちゃう、SSS作品史上最も惨めな敗者を演じるのは、桃井アンナ嬢であってもらいたいです。まぁ、ぶっちゃけちゃうと、彼女のファンなんですよね。ファンだから、彼女の負け姿、ヤラレ姿を、心ゆくまで堪能したいわけです。しかしながら、それだけではあくまでも 『希望』 止まりですんで、それを 『予想』 いうステップまで引き上げるべく、更に考察を重ねていきたいと思います。

上に、攻め/ヤラレ的なキャラのテイストにはそれほど差がない、ってなことを書きましたが、顔の造形や表情なんかを吟味すると、奈々嬢の場合、プロレス技をかけられて苦痛に歪む表情や叫び声、みたいなものが、ヤラレとしての最大の魅力なんだろうな、という風に感じます。対するアンナ嬢は、レズ攻撃を受けたとき、『感じちゃってる感』 のある表情を作るとか、身体をぴくんと震わせて小さく声を洩らすとか、そういう場面でも、いい味を出してくれそうな気がします。早い話、エロレズファイトのヤラレとしては、奈々嬢よりもアンナ嬢の方が適任なんじゃないかな、と思うんですね。

もっと言うと、この作品の、試合後のボーナスステージのような、『ドミナと被虐者』 ってな役割がはっきり別れたシーンを考えたときに、奈々嬢をドミナにする方がしっくりいく、言い方を変えると、彼女の方が、『無慈悲であることの迫力』 的なものを、見る側により強く訴えられるような気がします。…… ってことで、若干、判断の基準が自分目線の域を出ない気もしますが、この時点で、『国見奈々嬢が勝ち役、桃井アンナ嬢が負け役担当』 との答えが出ます。

そんでは、ちょっと違った切り口から攻めてみましょう。ぶっちゃけ、ここからが、今回の勝敗予想のキモで、予想の最大の根拠ってことになるんですが、結論を先に書くと、ここでも上と同じで、『国見奈々嬢が勝ち役、桃井アンナ嬢が負け役担当』 が答えになります。

国見奈々嬢は、C.ロナ監督作品への移籍第一弾として、『侵略者』 に出演されていますが、この作品のテイストを考えると、C.ロナ監督が、彼女のレスリングファイターとしての素質を高く買っているように思えます。

加えて、今週のU25を見ると、『国見選手としてはSSSの次代を背負うものとして、過去松沢選手や川島選手が起こしてきたヴィクトリーロードを再現する義務がある』 との、C.ロナ監督のコメントがあります。ここいらから察するに、『C.ロナ監督は、今後、国見奈々嬢を売っていく意思を強く持っている』 んじゃないかと思います。例えば、次のSSSGPに、決勝まで勝ち上がるキャラとして使う可能性が、かなり高いんじゃないかと思うんですね。

八人トーナメントの決勝まで行くってことは、その分だけで三作品への出演、まして準決勝、決勝は、ピンのシングルマッチとしてリリースされる、ということを考えると、ヘタなモデルさんは使えない。そのモデルさんの魅力なりパフォーマンスなりに期待して、お客さんがDVDを買ってくれないといけないわけです。そんな環境の中にあって、奈々嬢は、C.ロナ監督のお眼鏡に叶った、ってことなんじゃないでしょうか。つまり、松沢優嬢と同じ路線を歩ませる、ってことです。

そうなると、松沢優嬢と同じように、最終目標である SSSGPの決勝までは、あまり戦績に傷をつけない方がいい。『侵略者』 は例外的なケース(相手が元プロレスラーですから)だからいいとしても、今回の 『BXL3』 のような、『負けたらペニバンレイプ』 みたいな企画で、負け役をやらせるのは、イメージ的に、非常によろしくないと思うんですね。

同様に、桃井アンナ嬢の方も、今後、SSS作品出演の可能性を追ってみましょう。

松沢優嬢とのコンビで撮影された、『Fem Box Mania』 が、かなり巷の評価(ま、情報源は2chですけど)が高いことを考えると、仮にボクシングものの企画、例えば、『SSSGPボクシング版』 みたいなものがぶち上がったときに、そのチャンスがあると思います。モデルさんを使ったボクシングって、ボクシングファイターとしての動きがヘタレだと、本当に、「なんじゃこりゃぁ、金返せボケ!」 みたいな仕上がりになっちゃいますから、彼女のように、ある程度の実績を残しているモデルさんをキャスティングすることのメリットは、すごく大きいハズです。

あと、エロレズファイトものへの起用もありですかね。エロレズファイトって、何と言っても一番大事なのはモデルさんの質。キュートなお顔立ちももちろんそうだけど、桃井アンナ嬢の、あのおっぱいは強烈にエロいですし、過去の作品群を見ると、C.ロナ監督って、割と乳にこだわりを持ってらっしゃる方みたいですから。ちうても、ラインナップ的には、C.ロナ監督担当のエロレズものって、今んとこ、『Battle Sex Lesbian』 シリーズしかないんですけど。

でまぁ、ボクシングファイターとして彼女を再起用するにしても、エロレズものに持っていくにしても、『過去の戦績』 に対しては、少なくとも国見奈々嬢に比べると、それほど配慮しなくてもいいかな、もっと言うと、『試合に負けて、リングの上でヤラレちゃうという地獄を一度見せられ、そこから這い上がっていく女戦士』 みたいなシナリオでボクシング路線に乗せても、充分にいけるんじゃないかと思います。

そんなことで、SSSさんが、彼女たちを今後の作品に起用する可能性を考えると、『BXL3で国見奈々嬢が負け役に回ることはありえへん』 というのが、自分の結論です。

これでどうだ!? …… うーん、ここまでやって予想外れたら、すんごくカッコ悪いなぁ。しかしながら、こんだけあれこれ思いをめぐらすってのは、やっぱり、自分はそんだけこの作品に期待してるわけですよ。うん。

発売日まであと5日。うー、もう辛抱たまらん。
  1. 2008/03/02(日) 09:21:18|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

供給過剰モード突入?

ひと月ほど前までは、『レズボクシング7』 を購入予定としてキープして、何かソソる作品が出たら、一緒にお買い上げ、みたいなつもりでいましたが、『Boxing of the Lesbian 3』 っちゅー爆弾が落ちたこともあって、かなり様相が変わってきました。

まず、『Fem Box Mania 3』の存在。実は、サンプルムービーを見た段階での、松沢×桃井の、自分の評価は、「松沢のダウンが後ろにふっとぶ感じで自然でない」 「マウスピースをムダに吐き出している」 などあって、あまり高くはないんですよね。ただ、ファイトの激しさに関しては、2chでの評判がかなりいいし、「桃井アンナ嬢よだれKO負けの図」 というのは、それだけでも抜きネタたりえるようにも思えたり。ってことで、「トップレス戦でないものに銭打ったら俺の負け」 みたいなことも書いたけれども、今後、女ボクシングDVDを語る上での資料として、『FBM3』 の、松沢×桃井は、見ておくべきなのではないかという意味合いも含め、購入作品候補として抑えている状態。

でもって、SSSさんのHPに三月発売分のラインナップが公開になり、『Boxing of the Lesbian 3』 が出ることを知ったわけです。当初は三月の末に出るようになっていたので、この時点では、『BXL3』 発売になったら即購入決定。抱き合わせ購入作品候補としては、『レズボク7』、『FBM3』、あと、サンプルムービーが出た段階での 『Topless Blow 4』。『BXL3』 が出るのは月末近くなんで、それまで、懐具合と相談しながら、抱き合わせ購入作品をじっくり吟味。……ってな感じに構えました。

実は、銭打ってもいいかなと思ってる作品は他にもあるんですよね。洋物ですけど、Leather&Lace の LL-255(サイト入口から、『Video Catalog(Downloadables)』→『Boxing-Female』 と追うと見つかります)。プレビューを見ると、そこそこの乳のおねいさん同士で、そこそこの打ち合いをしていて、作品のあらすじを読むと、二試合いずれもKOで終わっていることがわかります。あと、『NHB Extreme Fighting』 のページにある、RG-079、RG-101 の、トップレスレスリング二作品にも、ちろっと食指が動いたり。

そんなこんなで、先日、「BXL3 発売日繰上げ」、さらに、「BXL3の組み合わせは桃井×国見、しかも売りポイントがど真ん中っぽい」 の報が入ったわけですが、この、『ど真ん中っぽい』 ってのがミソで、『BXL3』 を買っちゃうと、ぶっちゃけ、当分抜きネタには困らないんじゃないか、抜きネタのバリエーションを確保しておく必要なんてないんじゃないか、と思えるんですよね。

ま、洋物関係は別に考えるとして、『BXL3』 は、発売になったら、早い時期にバトルさんに赴いて買うことにします。抱き合わせ作品候補は、とりあえず上記の理由により 『レズボク7』 は外し、『FBM3』、『TB4』 のどちらか一本、そんな感じに考えている今日この頃なのであります。
  1. 2008/03/01(土) 09:37:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する