眉月的雑感綴

来月も全パスか

ちょっと前のことですが、本家のリンクページに、Queens of the Ring様を追加しました。以前からリンクを張らせていただいている、「gravity - 女子格闘技ニュース」 様が、総合格闘まで手広く網羅しているのに比べ、「Queens of the Ring」 は、打撃系格闘専門(ボクシング、キック)のようですね。記事を読んでいくと、オーナーの、むーやん+さーまーとさんの、女子打撃系格闘に対する愛を感じることができます。

バトルさんちに、3月の予定がアップになりました(ま、先週末には上がってたんだけど)。うーん、・・・・ あんまし色っぽくないラインナップだなぁ。

SSSさんからは、【ウーマンデストロイヤーボクシング】、【腹パンチマニア】 と、ボクシング臭のする作品が出るけど、どっちも、大基本形の 『女女対決』 ぢゃないし、乳丸出しボクサーの姿を見せようとする姿勢が、あまり感じられない。どうも、「乳を出すならボクシングより相撲」 という路線に乗っかっちゃった雰囲気ですね。

バトルさんからは、最終週に、【女子ボクシングNEO 6】 が出る。順番で行くと、今回はブラありパターンかなぁ。出演者は、ここまで、サンドバッグシリーズは女子ボNEOと二本撮りで来ているということもあり、【4】 に出てた、「早川あゆみ×秋川りお」 のコンビなんでしょう。

今、バトルさんちの無料公開サンプルムービーが、【サンドバッグ4】 なので、見てみたけど、んー、秋川りお嬢は、ボクシングもののキャストとしてはどうだろう(ボクサーの動きの部分ね)。しゃべりとかはできるモデルさんなんですけどね。

ってことで、どうやら来月も、バトルさんと SSSさんから出てくる分には、銭打っても良さそうな作品はなさそう。まぁ、相変わらずパチチが勝てないので、購買意欲が天井に張り付いちゃうような作品が目白押しであっても、対応がきびしい状況ではあるんですが。・・・・
  1. 2009/02/24(火) 00:55:14|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

THEガチンコプロレズ

何か、ボーっとしてたら、一週間もブログ放置してた。いかんなぁ、こんなことぢゃ・・・・

では、【THEガチンコプロレズ!潮!潮!潮!そしてロメロ★スペシャル!】(まーこいつも長いタイトルだぁなぁ)のレポ&コメを。この作品、思ったことや感じたことが多く、ちょっと気合を入れると、とんでもない文章量になりかねないので、できるだけ肩の力を抜いて、多少流し気味にいきたいと思います。

はじめの方に、「勝負のルール」 みたいなテロップが出ますんで、それを丸ごと。

時間無制限の三本勝負。先に二勝したものを優勝とする。
勝利条件は、フォール状態から、電マで潮を3カウント吹かせること。
目潰し、カミツキ、凶器の使用は、即反則負けの判定を下す。
ただし、相手をイカせるためのオモチャは、凶器に含まれない。

試合開始時のコスは、Round1が、ジャケット前面のような、奈々ちゃんが巫女さん、大沢佑香嬢が悪魔コス、Round2は、ゴールドとピンクのキラキラ系ビキニ(奈々ちゃんはスカートでノーパンだけど)、バリローションファイトのRound3は、始めから二人とも全裸です。

タイトルに、『潮!潮!潮!』 とあるように、Round2までは、ふんだんに潮吹きシーンが盛り込まれてます。一応、ルール通りに、フィニッシュは電マde潮吹きですが、それ以外にも、ローター、バイブ、ペニバンと、バリエーションも豊富。攻めとヤラレのバランス的には、Round1、Round2、共に、七三から八二ぐらいの割合で奈々ちゃん攻め、ってとこでしょうか。

でもって、Round1は、奈々ちゃんの連続攻撃でヘロヘロ状態の佑香嬢が、ロメロに極められてドバーっと潮吹き(電マの操作者はレフェリーさん)、Round2は、ペニバン責めがひと段落して、余裕ぶちこいてスタッフから水をもらってる奈々ちゃんの背後から佑香嬢が襲いかかり、マングリ固め状態にして潮を吹かせる、という感じのフィニッシュです。

で、最後のローションプールデスマッチが、うーん、・・・・ なんだわなぁ。ヌルテカレズプレイのまま、何となく終わっちゃう。「電マでんもう最後の一滴まで潮を吹かされて、ローションの海に沈む敗者。そして、その姿を見下して勝利のポーズを取る勝者」 みたいなエンディングを期待してると、思いっきり肩透かし喰らいます。前回の記事に、「直球エロレズファイト作品としてはどうよ?」 と書いたのは、そういう事情なんですね。

「相手をイカせるためのオモチャ」 は、あらかじめ、リング(平台をいくつか並べて、その上に布を張ったもの、だと思う)の隅の方にポツンポツンと置いてあるのを、本人が取りに行ったり、スタッフが手渡したり、って感じです。

んー、佑香嬢の悪魔コスはいいとして、奈々ちゃんの巫女さんコス、ってどうなのかなぁ。本人が結構鬱陶しそうにしてたし、見る側からだと、袴がちょっと邪魔に思えるシーンがいくつかあった。試合前のインタビューシーンの中で、奈々ちゃんは、ちょっとスポーティーな感じの、ピンクの半袖シャツと、同色のミニスカートだったんだけど(バドミントンの試合用ウエアなのかな?)、どうせなら、これをそのまま、Round1の試合用コスに使っちゃった方が良かった気がします。

あと、ジャケットにもサンプル動画にも写ってませんが、インタビューの中に、奈々ちゃんがボクシンググローブを嵌めている映像があって、トレーナー役を相手にミット打ちをしているシーンなんかも15秒ほど入ってます。コスは、上にも書いたピンクのシャツとミニスカート。グローブは黒で、マジックテープタイプの、ちょっと大き目のものです。コスがコスだということもあり、自分的には 「ヌキどころ」 までは行かないんですが、このブログに来ていただいてる方にはお伝えしといた方がいいと思うので、一応、情報提供しときます。

自分は、奈々ちゃん視線で購入を決めたわけですが、相方の大沢佑香嬢が、いい感じに喘ぎ、潮を吹きまくってくれたのが、嬉しい誤算でした。

と、そんなことで、「最後のオチがない」 部分はちょっとアレですけど、やはり、モデルさん自体がハイレベルですから、ヌキネタとして最高級品であることには間違いないです。奈々ちゃんも佑香嬢も、ちゃんとカメラ位置を意識できているので、そういう意味でも、質の高い作品に仕上がっているように思います。
  1. 2009/02/21(土) 13:58:27|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャンピオンカーニバル・おまけ

相変わらずパチンコが勝てなくて、ストレスが結構溜まってる状態。だもんで、エロ方面に発散材料を求めるべく、Sadistic Villageさんの 【THEガチンコプロレズ】 を購入しちゃいました。

ざっと見た印象としては、「ヌキネタとしては高級品だが、直球エロレズファイト作品としてはどうよ?」 って感じですね。で、レポ&コメですが、書くべきことをちょっと整理した方がいい気がするので、次回以降に回そううと思います。・・・・ と、そんなことで、今回は、GARCONさんの 【チャンピオンカーニバル】 レポ&コメの続編、と言うか、こうして欲しかったなぁ、と思ったことなんかを。

まず一つ目は、フォールのカウントをもっと長く設定すること。

プロレスの3カウントフォールってのは、あくまでも、フォール直前に、相手に大ダメージを与える 『××ボム』 だの 『××ドロップ』 だのがあるから形になるわけで、そういう大技ナシのバリエロ風味のローションファイトが、3カウントフォールで終わっちゃうのは、何かこう、すんごく勿体無い感じがするんですよね。

例えば、柔道は、25秒の押さえ込みで一本(国際ルール?)になるわけですが、この間、押さえ込まれてる側は、必死にジタバタしたり、時には諦めちゃったりもする。こういう、「最後のあがき」 とか、カウントの進行に伴って変化していくヤラレの表情とかを、「こりゃタマラン」 と感じるお客様も多いはずで、フォールカウントを長めに設定するメリットは大きいと思うんですよ。

両肩がマットついた時点でカウントを開始し、ヤラレ側が仰向け状態から脱することができたらエスケープ成立。1カウントに二、三秒かけて、10カウントで勝負アリ。こんくらいが適当じゃないかな? ここいらは、制作側でいくつか案を出してシミュレーションし、一番見栄えのするカウント数やら時間やらを探ってみる必要があるんじゃないかなと思います。

あとねぇ、やっぱ、ドベは決めてもらいたいのよねん。・・・・ ってことで、こんなんいかがでしょう的なプレゼンを。あ、一応、8人トーナメント前提ってことで。

準決勝と決勝の間に、一回戦負けの4人で二試合 → 負けた者同士でドベ決定戦。ま、シンプルに、負け側の方にも、勝ち抜けのトーナメントを組むわけですね。

ドベ決定戦に負け残る二人を決める二試合は、それほど重くしなくていいので、それこそ3カウントのフォール決着ルールとかにして、ちゃっちゃっとやっつけて(罰ゲームもナシでいいと思う)、ドベ決定戦はギブオンリーかなぁ。で、ドベになったモデルさんには、最低最悪の罰ゲームを受けてもらう、と。

決勝の前にドベ決定戦をやるのには、決勝を作品のファイナルマッチとする以外にも意味があります。それは、決勝に勝ち残った二人を、ドベの罰ゲーム執行隊にすること。

ドベが決まったら、まず、この 「勝ち残り組二名」 が、ペニバン装着状態で登場し、二人がかりでドベを虐めまくる。虐め役が股間からディルド生やした女性二名なら、「後ろからバッコンバッコンいわしながら同時に強制フェラ」 なんて形になる。これはね、結構クる構図だと思うんですよ。

んでもって、二人がかりでドベを適度に虐めたら、「じゃ、あとは男衆にたっぷり可愛がってもらいな。」 みたいなセリフと共に、本チャン罰ゲーム隊にスイッチ、と。このシリーズでは、第二回、今回のCCと、敗者のお仕置きに一回ずつ浣腸プレイっぽいのが登場しますが、これもドベ用に回すといいかもですね。

と、そんな感じで、お仕置き終了後に、罰ゲームのあまりの強烈さに表情なんか吹き飛んで、全身痙攣状態で放置されているドベの姿をじっくり見せてから決勝戦へ。もちろん、そういう姿が似合うドベ役をキャスティングする必要もありですね。GARCONさん、シリーズ次作があるなら、こゆ企画でいかがでしょう?

もちっと小規模の、四人参加トーナメントの場合は、最初に一回戦っぽいのを二試合やって、勝った二人が決勝、負けた二人がドベ決定戦へ。で、決勝の前にドベ決定戦をやって、決勝に残った二人にペニバン装着してもらって、ドベを弄りまくりの突きまくり。んーと、これは、LADY×LADYさん向けかなー。

ま、早い話が、『ペニバンおねいさん二人にやりたい放題されるドベの図』 を見てみたい、ってことだったりするわけですけど。
  1. 2009/02/13(金) 21:51:48|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱ1位っスよね

バトルさんちに、【女子ボクサーとサンドバックプレイ4】 がアップになりました。出演は、B93の早川あゆみ嬢と、SSS作品で大爆乳を披露した実績のある秋川りお嬢という、乳度を重視したっぽいキャスティング。

【サンドバッグプレイ】 シリーズは、3以前の三本すべて、同じキャスティングで、【女子ボクシングNEO】 シリーズが出てるので、いずれ、この、「早川あゆみ×秋川りお」 で、女子ボNEOが出てくると思うんですが、んー、このコンビだと、トップレスかどうかは微妙なラインかなー。

それはそれとして、『先週のTOP3』を見ると、第一位は、サディスティック・ヴィレッジさんの【THEガチンコプロレズ】。

うーん、やっぱそうだよねー。

佐伯奈々ちゃんは、ルックスいいし、エロおっぱいのエロボディ。アクションもこなせるし、エロヤラレ演技もバッチシ。相方の大沢佑香嬢も、乳的にはもう一声欲しいけど、バリバリの美形。でもって、潮吹きまくりのエロレズファイトですよ(「エロレズファイトにイカされ汁を!」 という提案は、以前、ここに書きました)。

これで売れねぇワケがねぇー!

専門メーカーの皆さん、これが売れるエロレズファイトの作り方ですよ。

もう一つ、「この売り方は正しい」 と思ったこと。この作品、どっちが勝ちなのかを、ちゃんとパッケージに謳ってるんですね。

企画としては、潮吹きデスマッチを二本(「デスマッチ」 ってのはすごいネーミングだけど)やったあと、ローションプールデスマッチ、ってことになってますね。で、潮吹きマッチの二本分は、Round1が奈々ちゃんの勝ち、Round2が佑香嬢の勝ちだと、提示してあるわけです。これなら、買う側も安心して手が出せます。更に、このキャスティングだと、お二人ともヤラレとして見栄えがしそうなキャラなので、先の二本が一勝一敗というバランスもいいんじゃないかと思います。

んー、何か、こういう風に、「売れてますよっ! 1位ですよっ!」 って見せられちゃうと、欲しくなるよなぁ。・・・・ 相変わらずパチンコの成績は良くないけど、思い切って、tsutayaチェックぶっ飛ばして、購入に走っちゃおうかしら。
  1. 2009/02/11(水) 03:25:55|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャンピオンカーニバル

(―ω― ;;)パチンコ勝テネ・・・・ ってことで、どうやら、【THEガチンコプロレズ】 は、tsutayaチェックコースになりそうです。

ところで、つい先日、仕事帰りにtsutayaさんに寄ったら、【全国最強ギャルサーリーダー対抗キャットファイトチャンピオンカーニバル】(にしても長いタイトルだな・・・・)が入荷になってたので、早速レンタルしてきました。1泊のレンタルなので、もう返却しちゃいましたけど、わかってる範囲でレポ&コメを。

出演者は、山崎美姫、雨宮れん、緋村ゆい、凛音涼子、早崎れおん、蜜井とわ、愛音ゆう、アリサ、の八名(作品冒頭の出場者紹介順)。GARCONさんのHPを見ると、出演者は「素人ギャル8名」となってますけど、バリバリのAV女優さんばっかですわね。

試合のルールは前作と同じ。相手のビキニを脱がせた上で、ギブor3カウントフォールで決着です。ルール説明のテロップに、「3カウントホール」 とか、「間接技(もちろん関節技が正しい)」 とか書いてあったり、句読点の打ち方なんかがちょっとアレだったり。ま、ここいらは、『どうでもいい部分』 なのかも知れませんが、ちゃんできるならちゃんとした方がいいかな、と。

会場は、やっぱり、バトルさんやSSSさんが使ってるのと同じところでした。このリングに、黒いビニールシートを敷いてます。で、ローションファイト→罰ゲーム隊による敗者のお仕置きという基本路線は変わらず。罰ゲームのメニューも前作と似た感じですね。

ファイトの質は、第一回のレベルに戻った、って印象かなぁ(とは言うものの、実は、試合シーンは、かなりの部分を早送りでしか見てないんですけど)。で、相変わらず、フィニッシュホールド、つまり、ギブアップシーンのスリーパーなり腕ひしぎなりが、あんまりビシッと締まってない感はあります。

一回戦の組み合わせは、①山城×愛音、②蜜井×雨宮(この試合のみフォール決着)、③緋村×アリサ、④早崎×凛音。準決勝が、蜜井×山城、緋村×早崎。いずれも、左側が勝者です。

決勝は、緋村ゆい嬢が、蜜井とわチャンからギブアップを奪うという、ちょっと意外な結末。これは多分、とわチャンのお仕置きモードを見せるため、ってことなんでしょう。実際、とわチャンのお仕置きシーンは、結構迫力ありました(電マde強制イカセのシーンがなかったのは、個人的にちと残念でしたが)。

今回は、前回までと違ってリングセッティングになったわけですが、ロープだのコーナーマットだのを有効に利用したファイトシーンはナシ(のハズ)。でも、背景として見栄えはしますし、(前作までの、ハードサーフェスにシートを敷いただけよりも)床に適度なクッションが生まれる効果は大きいように思います。

ちょっと痛いと感じたこと。多分、つけ爪なんでしょうけど、とわチャンが、かなり長い爪(しかも中央が尖った形の)をしていました。GARCONさんの守備範囲は 「ギャル」 なので、そこいらのカラミなのかも知れませんが、バリバリのローションファイトに長い爪ってのはどうかと。万一のケガを回避するためにも、爪はちゃんと切るべきじゃないかと思います。

とわチャンはまぁ別格として、早崎れおん嬢、緋村ゆい嬢、山城美姫嬢と、キャットものやヒロピン系作品に出てるモデルさんが多いですが、個人的には、凛音涼子嬢が好印象。適度にサイズのある綺麗なおっぱいですし、身長170オーバーの早崎れおん嬢に引けを取らないぐらいのタッパもある。ややキツ目のお顔立ちですから、エロレズ系作品のドミ役なんかにいいんじゃないでしょうか。お仕置きモード中の喘ぎも見ごたえがあったので、「ドミ役っぽいキャラなんだけど実はヤラレ」 という線でもいける気がします。

ま、こんなとこで。
  1. 2009/02/06(金) 18:17:07|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する