眉月的雑感綴

リアルボクシングもまたエロ哉と

何週間ぶりかで、female boxing ファンのページ様を覗きに行ったら、画像掲示板に、「巨乳ボクサーKO負け」 なんちゅータイトルの投稿を発見。

三枚続きの投稿の、一番上には、んまー綺麗な乳の谷間の女性が、いい感じのボクシンググローブをつけて椅子に座ってる写真。これを見て、「ああ、きっとモデルさんの撮影だなー。外国はこんな感じの写真よくあるしー。」 と思って、ページをスクロールダウンしていったら、二枚目からはリアル試合の写真、さらに三枚目にはダウンシーンの写真まで。

一枚目の写真のおっぱいがちょっと強烈だったので、ちょっと調べてみました。ベルトラインに、「ROJO」 と刺繍されたトランクスを穿いているので、こいつをキーワードぶちこんで、あれこれと検索。すると、Jasica Rojo という選手だということがわかりました。

試合は、今月の9日(翌日かも)に、ラスベガスのハードロックカフェホテルで行われた模様。相手は、デビュー戦の Anna Donatella Hutlin という選手ですね。Rojo選手が第四ラウンドにダウンし、立ち上がるも、その後相手にラッシュを浴び、4R 1:08 にレフェリーストップ、TKO負けという展開だったようです(この敗戦で、Rojo選手の戦績は二戦二敗)。

見た感じ、彼女はあまり筋肉質って感じのボディではなく、普通の健康体というか、「むっちり」という表現が似合う気がする(因みに、試合前計量時のウエイトは130ポンド/約59kg)。自分はこういう感じのボディが好きなんですよねぇ。

コスもね、割といい感じなんですよ。ブラが二人とも白で、トランクスが赤とピンク。いかにも、デビュー戦と二戦目の組み合わせっぽい、初々しい感じがします。ぶっちゃけ、国産の、モデルさんを使ったボクシング系DVDで使ってるようなヘンテコなやつよりも、よっぽどこっちの方がエロいかと。・・・・ とそんなわけで、ちょっとエロテンションが上昇しちゃいました。写真を見つけて投稿してくれた方に感謝です。

まぁしかし、ボクシングって、体重にはすんごくシビアなスポーツだから、リアルボクサーでこんだけの乳ってのは、なかなかないと思う。おっぱい自体は武器にも防具にもならんし、乳の重さが単に体重に乗っかっちゃうだけですからね。

で、彼女のような巨乳ボクサーを援護するために、乳の分は体重に含めない(計量時に乳の重さも一緒に量り、乳の分は体重から差し引くのは)なんてのはどうか、とかバカなことを考えるのでありました。
  1. 2009/05/31(日) 17:17:52|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そゆオチでしたかorz

2chのボクシングスレでは、トップレスを異様に敵視する輩が頑張っちゃって、なんだかなぁ、って感じ。何にエロを感じるかなんて人それぞれなんだから、そこまで居丈高な物言いをせんでもエエと思うが。まぁ、スレが居心地悪くなっちゃったトップレス派の方は、お気軽にうちの掲示板をご利用くださいませ。大歓迎ですよん。

それはそれとして、やっと、GARCONさんちに、【巨乳ギャルレズレスリング!!】 の商品ページがアップになりました。

んー、サンプル動画を見ると、ファイトに関しては、競泳水着の脇からのハミ乳がある程度で、あんまりエロ要素はなさそう。ギャルキャットGPと同じ監督さんの作品だし、雰囲気としては、「ポロリありのストレートプロレス」 プラス 「レズお仕置き」 って感じなのかなぁ。自分としては、イカせファイト的な部分に期待してたんだけど、サンプル動画にはそういう要素が全然盛り込まれてないので、エロテンションゲージが平常モードに戻っちゃったり。

ちょっと気になるのは、サンプル動画の中に、キャメル状態で相手を攻めてるモデルさんが、「ギブしろよぉ!」 と言ってるシーンがあること。決着シーンが動画の中にないので確認はできないけど、この流れは、ギブアップで試合が決まっちゃう感じなんだよなぁ。ジャケットには、「完全KO!もしくは完全イカセで勝敗を」 とあるけど、どうもアヤシイ。

加えて言うと、自分は、ギャルキャットGPに関して、フィニッシュシーンの技の極まり加減とか、その近辺のヤラレ役モデルさん頑張り加減とかには、「かなりユルい」 という印象を持ってました。で、【巨乳ギャルレズレスリング!!】 も、その監督さんの作品ということで、今ひとつ信用できない感じがするんですよねぇ、正直なところ。

・・・・ ってなことを考えながら、商品ページの作品紹介欄をもっぺん見たら、「相手ギャルをタップorスリーカウントでKOするか」 とか書いてある。や、ギブだのフォールだのはKOぢゃありませんって。まぁ、買う前にオチがわかっただけ良かったか。

んでもって、サンプル動画で、「リングセッティング+競泳水着に裸足ってのは、イカンよなぁやっぱし」 ってのを再確認しちゃったことなんかもあって、「発売日当日にゲットしてガチでレポート起こすぞおぉぉぉ!」 という意気込みは、急速に萎みちう。

んー、懐具合も芳しくないことだし、この程度のモンだったら、とりあえず購入は見送って、tsutayaに落っこち待ちでいいかなぁ。・・・・
  1. 2009/05/30(土) 00:25:42|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何ゆえにLesson1?

t178さんが、絵板に、『エロおっぱいボクサーのエロ悶絶ダウン』 なんちゅーイラストを投稿してくれたので、「こちとらエロが本業でいっ! 負けてたまるかっ!」 みたいな気分になり、早速一枚ポザってみる。で、絵板は、縦横ともに400ピクセルを超えると強制縮小がかかるんですが、ポザ絵の場合、強制縮小かかると、ちょっとアレな感じになっちゃうんで、あっちには、1/2サイズのやつを投入しておきました。いつものサイズのポザ絵はこいつね。

さて、数日前、バトルさんちに、SSSさんの 【サンダー女子プロレス LESSON01】 がアップになりました。他にいろいろ、コメントしたい作品があったんで、今までスルーしてきたんですが、この作品に関しても言っておきたいことがあるんで、今日はそのお話を。

監修という形で、C.ロナさんの名前を出してきてるところを見ると、ここんとこ、ちょっとふにゃふにゃモードになってきちゃってるSSSさんとしては、こいつを、『起死回生の一打』 と考えてる感じですかね。通常更新がぶっ飛んじゃってるHP上に、バナー入りでサンプル動画へのリンクを貼ってますし(しかもずいぶん前から)、キャスティング的にも、他の作品より一段上のモデルさんを突っ込んできてる気がします。

この、バリストロングプロスタイルと、バリエロレズバトルの二本立てってのは、かなり斬新な企画の感じがしますね。「同じモデルさんで両方撮って、二本に分けて販売」 よりも、こう、制作サイドの気合い乗りみたいなものを感じますし、「突っ込めるモンは全部突っ込んだ。これがSSSのMAXだ!」 って勢いで、好感が持てます。

で、その気合い乗り充分の作品のロゴが、今ひとつ美しくない。何かすんごく勿体無い感じがします。「Lesson 1」 っていうとこも、どうなのかなぁ。レッスンではないでしょ。せめて、「Stage 1」 とかの方が良かったんじゃないかしら。・・・・ ま、ここいらは、作品の質とはあんま関係ないんで、どうでもいい部分ではありますけど。

出演されるモデルさんが、どちらも乳周り尺90オーバーだということもあって、二宮せりな嬢、華咲レイ嬢、お二人とも、ネットで調べてみたところ、どちらもヌード撮影会告知のページに、トップレス状態のバストショット写真を発見。二宮せりな嬢は、なかなかのエロおっぱい、エロボディですね。んー、華咲レイ嬢の方は、巨乳というよりも、胸板の厚さで乳周り尺を稼いでる、って感じがしないでもなかったです。

せっかくこんだけ売りに来てる作品だし、レズバトルの方の脱がし度合いもいい線いってるんで、購入に走りたいところなんだけど、相変わらずパチンコ関係がダメダメで、おいそれとエロ関連アイテムに銭をかけられない状況が続いてたり。

うー、金欲しい ・・・・・
  1. 2009/05/29(金) 00:04:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『先週』の一位なのね

バトルさんちを覗いたら、『先週のTOP3』 のトップが、GARCONさんの 【巨乳ギャルレズレスリング!!】 に。をいをい、そいつはまだ発売前ぢゃないのか? ・・・・ まぁ、予約受付の段階でリクエストが殺到したんでしょう。そんだけ期待されてる、ってことなんだろうなぁ、やっぱし。で、この作品、昨日の記事でも扱いましたが、ちょっと書き忘れてたことがあったので、その話を。

ジャケットに、「完全KO!もしくは完全イカセで勝敗を決する…」 とあるんですが、GARCONさんが、レズファイト作品に、あえて 『KO』 という表現を使っていることに、自分は非常に興味をそそられ、また期待もしてるんですね。

自分には、「レズファイト、イカせファイトは、ギブアップで試合が終わってはいけない」 という信念みたいなものを持っていて、バトルさんやSSSさんから出てくるその手の作品、【プロレズリングNEO】 や 【Battle Sex Lesbian】 などが、 「ギブアップ」 という形で試合が終わることを、とても残念に思ってたりします(自分が買った作品だけかも知んないけど)。ですから、この作品の謳い文句に、「ギブアップ」 という言葉が使われていないことを、まず嬉しく思います。

で、『KO』 の方なんですが、これは何を指しているのか。個人的には、「完全な戦闘不能状態」であって欲しいですね。失神のような形でもいいですし、例えば、あるカウント以内に試合続行を訴えるポーズを取れない、みたいな形でも、自分的には、それはそれでアリかなと思ってます。

恐らく、基本形は 「イカされ負け」 なんでしょうけど、パッケージに謳ってる以上は、四試合のうち少なくとも一つぐらいは、「イカされ負け」 よりも 『KO』 というイメージが当てはまるフィニッシュシーンが見られると思うので、それをどういう形でGARCONさんが演出するのかを確かめたいですね(間違っても、「KOとはギブアップのことです」 っちゅーオチだけはカンベン)。

もう一個、Feti-Feastさんの 【レズ×ドミネーション】。これはねぇ、キャスティング的にどうよ、って気がするんですよね。

パッケージに書いてあるストーリーラインでは、里中ゆい嬢が最終的な勝ち役、ドミ役っぽいんですけど、彼女は、基本的に受けキャラだと思うんですよ。ドミならドミで、もちっとドミ役がハマるモデルさんを使うべきだったんじゃないかと。つか、【レズ×レイプ Fight!】 のシリーズ続編ぢゃダメだったのかしら。

正直なところ、【レズ×レイプ Fight! 2】 の 「二岡ゆり×桃井アンナ」 を、アンナちゃんバリヤラレのシナリオのまま、こんくらい乳丸出しにしてくれてたら、喜んで購入してたんだけどなぁ。新作の、【レズ×ドミネーション】 まで含めて、何で 「二岡ゆり×桃井アンナ」 だけが乳出しゼロなんだか。

んー、なんかちょっと悔しい。
  1. 2009/05/28(木) 00:39:04|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GARCONさんマヂっスね。

バトルさんちに、アキバコム制作部さんの 【地下ファックボクシング】 がアップになりました。前にも書いたように、自分は、この作品が、来月発売になる 【新タイトル エロボクシング系】 の出来栄えを占う上で、非常に重要な作品だと思ってるんですけど、うーん、・・・・

今の段階では、ジャケ写とスライドショーしか判断材料がないわけですが、それを見てると、何かこう、ボクシングファイトとエロ行為が完全に分離しちゃってるような印象を受けます。つまり、エロ風味が薄いファイトの部分がまずあって、勝負がついたら、フツーにグローブを脱いで、フツーにエッチ、って感じなんですよね。

もしそうなら、これはちょっと勿体無い気がする。マニア向けの作品なんだから、最低限、グローブ姿でのエロ行為、というシーンがあっても良さそうなもんだけどなぁ。あと、スライドショーの中に、男性女性両方の手が写ってるエッチシーンの写真がありますが、どっちもバンデージを巻いてない。こういう部分も、マニアのお客様を満足させる小細工を怠ってるように思えてしかたないです(まぁ、バンデージを見せてくれてる作品なんて、あんまないけど)。

女性側がワンピースのコスでボクシングファイトをしていること、グローブの白×青というチョイス、ここいらも含めて、女女版(のはず)の 【新タイトル エロボクシング系】 に対する眉月的期待度は大幅ダウン、ってとこでしょうか。

で、もっと気になってるのが、GARCONさんの 【巨乳ギャルレズレスリング!!】 で、HPの更新履歴を見ると、そろそろ商品ページが上がってきてもおかしくない頃合なんですが、まだオアズケ状態です orz

自分が、なんでこの作品を、こんなに重く見てるのかと言うと、一つには、モデルさんに競泳水着を着せてファイトさせてること。ギャルものとしてはありがち、且つ、脱がしやすいビキニではなく、競泳水着を選んだのは、かなりマニア受けを意識して制作された証拠なんじゃないかと。

もう一つは、リングを使用してることで、しかも、ロゴ入りのキャンバスまで作ってます。このロゴ入りのキャンバス、初出の第三回キャットGP(予選・本戦とも)では、普通に床に敷いただけでしたが、リング用に作られたことがわかったわけで、ここいらからも、GARCONさんが、そういう舞台環境のファイト系作品を、かなり本気で売る気になってる雰囲気が窺えます。

あと、個人的には、タッグマッチをどういう形で見せてくれるのか(演出するのか)に注目してます。と言うのは、タッグマッチだと 『2 on 1』 という状況が作れるわけで、この 『2 on 1』 をレズファイトに持ち込むことで、構図的なバリエーションもかなり広がりますし、強烈に濃厚なモンができるんじゃないかと思うからです。まして、タッグマッチを見せるためには、モデルさん4人の確保が必要で、これは、一作にあまり銭をかけられないキャット専門メーカーでは、実現させるのがかなり難しいでしょうから。

発売日まであと9日。ん~、楽しみだなぁ♪
  1. 2009/05/27(水) 00:32:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嬉しいニュース二連発

自分は、基本的に、毎日バトルさんちを覗きに行きますが、昨日、そして今日と、二日続けて、「おお!」 と思わず声が出てしまうような情報が落っこちてきたので、今回はそこらへんのお話を。

昨日は、来月6月の発売スケジュールが上がり、自分が、「流れ的にはアリ」 だと考えていた、エロ系ボクシングものが、アキバコム制作部さんから出てくることが判明。

【地下ファックプロレス】 シリーズみたいに、はっきり 『女子』 とは書かれてないけど、『MIX』 とも書かれてないんで、間違いなく女女対決でしょう。6月のやつが、【新タイトル エロボクシング系】 という表記になってるところを見ると、どうやら、今月末に出てくる 「エロボクシング男女」 パターンのやつは、作品タイトルに 『地下ファック××』 ってつけるのはやめたみたいですね。

アキバコム制作部さんは、ファイトシーンの出来云々は別にして、少なくとも、行為エロ(←ヘンな表現だけど、要するに 「脱ぎエロ」 とは別の部分ってことね) に関しては積極的にやってくれると思ってますんで、個人的にはかなり期待してます。

で、こいつがどんなテイストになるのか、モデルさんにどんなコスを着せてファイトさせるのか、来週には発売になる 「エロボクシング男女版」 を見れば、ある程度察しがつくと思うんで、少々激しいめにドキドキしながら、情報の公開を待ちたいと思います。

んでもって今日。来月早々に、【巨乳ギャルレズレスリング!!】 なんちゅー作品が、GARCONさんから出てくるというニュースが。かなり鼻息が荒くなり、「これはもうサンプル動画をチェックするしかっ!!」 と思って、GARCONさんのHPに直行したけど、まだ6月リリース作品分の商品ページが上がっておらず、見事に空振り。残念っ!

しかし、びっくりしたなぁ。・・・・ と言うのは、ジャケットを見る限りでは、完全に男臭が排除されてるっぽいからなんですね。

皆さんご存知の通り、GARCONさんは、このところ、定期的にキャットファイトトーナメント作品リリースしていて、全面的に 「負けたら男性の罰ゲーム隊によるお仕置き」 ってことになってます。で、このシリーズ以外のラインナップを見ても、メーカーのテイストとして、完全に 『エロ行為は男×女限定』 だと思ってたわけで、こんな、男っ気ゼロの女女エロ作品を出してくるとは、夢にも思ってませんでした。

んー、今の時点で見えているアラ、予想できるアラ、と言うか、自分の好みに合わない部分は、モデルさんがリングファイトに見合うシューズを履いていないことと、(GARCONさんのテイストとして)恐らく、男言葉、喧嘩言葉がガンガン飛び交うだろうってことぐらいでしょうかね。

一つ思うのは、この作品が出たことをきっかけにして、『レズファイト』、『イカせファイト』 というジャンルの供給者が、バトルさんSSSさんをはじめ、所謂キャット専門メーカーさんから、一般の大手メーカーさんへ、大きく移っちゃうんじゃないか、ってこと。

巨乳を謳える、そこそこのルックスのモデルさんを六人も使って、シングルマッチとタッグマッチを二試合ずつ収録した120分の作品、しかもエロ行為を見せる技術的にもバッチシ。そんなもんが税込みでも三千円ちょっとで出てきちゃった日にゃぁ、とてもとても、キャットメーカーさんでは太刀打ちできないでしょう。んでもって、もしこの作品がガッツリ売れれば、女女専門メーカーとして、Lady×Ladyさんあたりも黙っちゃいないでしょうし。

と、そんなこともあって、この作品に関しては、内容をじっくり吟味し、レポートを書きたい。発売日当日に蒲田のエロDVD屋さんで購入して、小文集用に文章を起こしたい、なんてことを考えてます。
  1. 2009/05/21(木) 23:48:53|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どれもこれも中途半端

バトルさんちに今週末発売作品の商品ページが全部上がりましたが、「こいつは一言言っておきたいぞ」 みたいなのが多いんで、何となく、まとめてコメントを。

まず、SSSさんの 【ベビーフェイスドミネーション 2】。このシリーズの、「かわいいキャラのモデルさんをドミる」 という主旨はいいと思う。で、ジャケ背面左下に、ヤラレ役の星井遥嬢が、水着を上半身だけ脱がされた状態でマットに横たわる、という構図の写真があるけど、なんで乳出し写真がこれ一枚だけなんだろう。

脱ぎエロ含みで考えるなら、なぜ乳丸出し状態でガンガン試合を進行させて、最後は全裸にひん剥くぐらいまでやらないのか。自分には、どうもここいらが理解できないんですよね。何かこう、スンゲー中途半端な気がします。あと、スタジオの一部に暗幕張ってますけど、これも、なぜ一部だけなのかわかりません(この暗幕は割といい感じなので、なおさらもったいない気がする)。

次に、【戦国女子プロレス 2】。出演されるモデルさんのキャラ対比を考えると、滝沢あんな嬢は、どうしたって、「クリーンファイトで」 ってタマじゃないでしょ。すごく売り方を間違えてる気がします。で、ジャケ背面右サイドに、試合シーンのカットが出てるけど、攻めとヤラレのバランスはイーブンっぽい印象。このモデルさん二人で、ドミテイストの強いものを撮らないのは、ぶっちゃけバカだと思う。

【蹴撃の女神様】。これって、ただの女勝ちぢゃないの? ジャケットの写真では、ナンボか女側が攻められてる構図のものがあるけど、正直、このモデルさんが、打撃系ファイトで、男相手に受けに回れるとは思えない。男が青マスクで青グローブってのもどーかなー。この衣装で、何で黒グローブぢゃないんだか、って感じです。

あと、収録時間は96分ってことですが、ジャケット上には、練習シーンの写真とかも載ってないし、ひょっとして、キックコスのモデルさんが男を殴る蹴るするさまを、最初っから最後まで延々と見せられるんでしょうか? つか、この作品、「新タイトルMIXキックボクシング系by新メーカー」 って扱いじゃなかったっけ?

最後に、アキバコム制作部さんの 【リアルミックスファイト 男勝ち祭】。えーと、ジャケット上にも、スライドショー写真にも、男が女を攻めてる構図の写真が一枚もないんですけど。どうやら、所謂一人称視点ってやつみたいですが、そうならそうだとちゃんと謳うなり、違うなら違うで引きの写真を載せるなり、もっとやりよう、見せようってもんがあるんぢゃないかなー。それと、モデルさんに総合っぽい小道具(グローブね)つけてもらうなら、コスが二人とも競泳水着ってどうよ。ここいらへんにも、こう、センスのなさを感じます。

ま、全面的に購入予定の作品ではないんで、どうでもいいんですけどね。
  1. 2009/05/19(火) 20:34:41|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

理想のボディライン

最近、これと言ったエロ系ボクシングDVDが出てこんなぁ、などと思いつつ、何の気なしに、バトルさんのリンクから女子ボクシングのサイト(boxing-net.jp)へ行ったら、いつの間にか、ボクシング用品の通販サイトに変わっちゃってる。・・・・

このサイトは、間違いなくバトルさんの手で作られたわけだから、バトルさん自体が、もうエロボクシングを真剣に売る気なくなっちゃったのかしら? せっかく、支援の意味も兼ねて、トップレスボクシングポザ絵の提供までしたのに。・・・・ 連絡も無しに投稿画像消されちゃうし、何か悔しいから、ここに貼っ付けちゃえ。

それはそれとして、乳娘対決オマケ編のポザ絵を、二枚ほどアップしました。とりあえず、ここまではお約束の流れなんで、完成したなりでアップしてきましたけど、このあとは、全体の流れを考えながら、シーンファイルを撮り溜めすることになると思うんで、次の更新までは、ちょっとかかっちゃうかも知れません。

で、こいつの一枚目に当たる、「これから試合をするキャラ二人の立ち絵」 を眺めてると、千夏って、こう、『トップレスボクサーとして理想のボディライン』 なんじゃないかなぁ、ってなことを感じるんですよね。上腕部とお腹周りにもうちょっとだけ肉がつくと、さらに完璧かと。

千夏のボディは、腕を少しだけ短くしてる以外は、ベースフィギュアの Victoria1 に、Yamatoさんの「tenten用・全身ふっくらMT」と、ken1さんの豊胸マグを載せただけです。tenten用MTにしても豊胸マグにしても、影響値は1のまま弄ってません。つまり、MTと磁石をまんま移植しただけで、ほれぼれするような健康体ができ上がっちゃうんですね。おまけにどちらも無料ですし、これは本当にありがたいです。

V1はもう、おっそろしいほど 「昔の」 フィギュアで、肘や膝を曲げると、形は崩れるわ皮膚は破けるわで、いい加減、もっと新しいフィギュアに乗り換えなきゃならんだろう、とも思うんですが、そこそこいい感じに軽いですし(←これはすんごく重要)、この、「お腹周り超スッキリtenten用MT」 と 「絶品豊胸磁石」 があるせいで、どうしても捨てられない。

まぁ、この、tentenMTと乳マグに見合うぐらいの、イケてるボクシンググローブを作りたい、なんてこともありますし、オリジナルビッキとのお付き合いは、まだまだ続くことになりそうです。
  1. 2009/05/17(日) 15:07:12|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキバコム制作部さんに願いを

そんなわけで、やや過大に期待してた、SSSさんの女女ボクシングがブルマモードであることが判明し、エロテンションゲージが地べたに張り付いちゃってる状態です orz

ところで、まだ商品情報のカケラも見えないけど、自分の中では、「アキバコム制作部さんから、エロエロ風味のボクシングが出てくるんじゃないか」 なんて、ちょぴっと期待してたりします。と言うのは、・・・・

アキバコム制作部さんは、このところ、【地下ファックプロレス】、【地下ファック女子プロレス】 と、タイトルに 「地下ファック」 という言葉がついた作品をリリースしてます。で、仮称の段階ですが、今月末には、【地下ファックボクシング】 なんてのも出る予定になってる。この流れをストレート読みすれば、「エロプロレス男女」 → 「エロプロレス女女」 があるなら、「エロボクシング男女」 → 「エロボクシング女女」 があってもいいんじゃないかと。

さらに、4月29日の記事にも書いたように、【地下ファック女子プロレス】 は、モデルさんのキャスティングもなかなかいい線いってるし、ドミ加減とか、試合後のお仕置きとか、星野さら嬢の股間の濡れ加減なんかも、かなりのセンスを感じると言うか、自分好みの作品に仕上がってます。ですから、もし 「エロボクシング女女」 というパターンでモノが出てくれるなら、「おおこれは買うぞ」 と即断できるレベルの作品にお目にかかれるんじゃないか、そんな気がします。

と、そんなことで、月末に出てくる、【地下ファックボクシング(仮)】 が、モデルさんにどんなコスでリングに上がってもらってるのか(トップレスか否かも含めて)、いい勝負展開かドミテイストなのか、男と女のどっちが勝ち役になるのか、勝敗決着後に純粋な 「お仕置きモード」 がついてるかどうか、・・・・ と、ここいらへんは、非常に興味が涌くところ。適度に期待を抱きつつ、情報公開を待ちたいと思います(男女対決版を購入することはないと思うけど)。

でもなぁ、・・・・ 【地下ファック女子プロレス】 が、二ヶ月以上前に出たヒロピンものに勝てない(バトルさんの、「先週のTOP3」 三位にランクイン)ぐらいだから、アキバコムさんの女女エロ路線自体が、消滅に向かっちゃうかも知れんなぁ。・・・・
  1. 2009/05/16(土) 13:31:41|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤな予感突き抜けましたorz

ハァ━(―д― ;; )━ァ...

そうですか。・・・・・・・・・

ブルマでしたか。・・・・・・・・・

期待してたのに。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ orz

まぁ、供給サイドが、それなりのリサーチに基づいて出してきてるんだろうから(スクエアフォースさんが、前に似たようなものを作ってますし、それがどんだけ売れたのかというデータは残ってるハズ)、体操服+ブルマまではしぶしぶ肯定するとしても、こいつはちょっと。・・・・ ああ、もちろん、SSSさんの、【Situation Boxing】 とかいうヤツのことです。

まず、なぜこのモデルさんのコンビで、ブルマものを撮らなきゃならんのかが理解できない。このお二人は、【レズバウトExtreme】 にも出演されてますが、そっちは、「道具までアリ」 のバリエロレズファイトで、あき嬢、雨宮もも嬢とも、このテイストに合ってると思います。が、その、言わば「大人のエロいおねいさん」 二人で、何でブルマなのか。この二作品を、同じモデルさんで撮影するというスケジュールを組む神経が、自分にはわかりません。

逆に考えると、エロエロなトップレスボクシングが撮れそうなチャンスを逃がした気がする。このお二人なら、どっちがヤラレに回っても、そこそこ濃いものが撮れたんじゃないかと思うんですよね。あき嬢は、結構いい感じのおっぱいっぽいですし。

もう一つ、「バカぢゃねーか」 と思うぐらい、色使いのバランスが悪い。ブルマなら、黒グローブなんて使う必要ないです。赤青で充分。それに、黄色のブルマってのもヘンでしょう。コスや小道具類の中に、赤いものが一切ないというのも筋が悪い。正直、この程度のセンスしかない人には、ボクシングものを撮ってもらいたくないです。

・・・・ と、そんなわけで、もうSSSさんには期待しない方がいいのかも知れない、っちゅーぐらい、ガッカリさせられた夜なのでありました。
  1. 2009/05/14(木) 00:20:47|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

萎えな隙間

バトルさんちに、【女子ボクシングNEO 7】 がアップになりました。順番的に、【サンドバッグプレイ5】 に出演された、「里美ゆな×白瀬ゆゆ」 のコンビで撮影したものが出てくると思ってたので、ちょっとびっくり。まぁ、前にも書いたように、【サンドバッグ 6】 コンビの 【女子ボクNEO】 は、トップレスでも見送りだと決めてましたんで、この作品に関しては、割とどうでもいい、と。

ただ、バトルさんの企画進行みたいなもんを考えると、「里美ゆな×白瀬ゆゆ」 も、絶対に、【女子ボクNEO】 用の撮影をしているはずで、【7】 がブラあり版で出てきたということは、何となくではあるけど、いずれ世に出るであろう、「里美×白瀬」 の 【女子ボクNEO】 は、トップレス対決で出てくる可能性が高くなった気がするんですよね。

【サンドバッグ 4】 以降で考えると、【女子ボクNEO】 をトップレス版で見てみたいのは、圧倒的に 「里美×白瀬」 だもんで、そういう意味で、【7】 が、このコンビのブラあり版で出てきたことは、自分にとっては嬉しいニュースだったりします。

と、そんな記事を書こうと思って、バトルさんちの、【女子ボクNEO】、【サンドバッグプレイ】 の、リリース済み作品の写真を眺めているうちに、ちょっと気づいたことがあるんで、そこいらへんのお話を。

この二シリーズで使用されているボクシンググローブは、Winning製のものであったり、Windy製のものであったりします。皆さんは、どちらがお好みでしょうか? 自分はずっと Windy派でしたが、最近は、ソフトタイプの形状、質感であれば、Winningのも捨てたモンではないなぁ、なんて思ってます。

ただ、それでも、Winning製グローブには、「これはちょっとなぁ」 と感じる部分がある。それは、「手首を包み込むパーツの手の甲側が広めにできていること」 で、そうなると、手首部分(前腕の手首側と表現すべきか)の密着性が薄くなってしまい、ストラップなりテープなりできっちり絞ってあげないと、手首とグローブの間に、結構隙間が空いちゃうんですね。エロ系ボクシングDVDに出演されるモデルさんは、当然、リアルボクサーよりも前腕は細いですから、その分、さらに隙間が空くことになる。自分にとって、この隙間は 「萎え」 なんです。

文章だけだとわかりにくいと思うんで、ポザで参考図らしきものらしきものを作ってみました(違いを強調するために、ちょっと極端に差をつけてます)。図の角度から見たときの、手首の左右にできる隙間ですね。この、「リアル手首とグローブの隙間」 ってのが、どうにも気に入らない。

「手首とグローブの隙間」 に一番引いたのは、Medusaさんの 【拷問ボクシング 3】。この作品では、10オンスと、他の作品よりも少し大き目のグローブが使われていますが、特に、ヤラレ担当の長澤リカ嬢は、かなり細身のモデルさんなんで、「手首とグローブの隙間」 が、異様に目立っちゃう。「試合」 というものの緊張感を強烈に殺いじゃうような気がしてならないんですね。

今は、リアルの試合なら、手首回りの部分をテープでガッチガチに固定するのが普通。エロ作品もまったく同じにしてくれ、とまでは言わないけど、例えば、【女子ボクNEO 5】 みたいな感じの、「テープ巻かずにストラップだけでゆる~く固定」 ってのは、ちょっとカンベンだなぁ、なんて思います。
  1. 2009/05/11(月) 23:05:08|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彩姐さんが女ボクシングをSMの一種だと考えているなら

前回の記事に書いた 「もっさりスパッツ」 がどうにも納得がいかなくて、あれこれと善後策を考えているうちに、「ドミナモードに着替えたときのメイリンの衣装ってどうよ?」 ってなことを思いつきました。

早速、むか~し作ったシーンファイルからドミナモードのメイリンを召喚。一応、文章の方に、レフェリーは彩姐さんだって書いちゃったし、メイリンのキャラそのまんまではまずかろうってことで、表情ファイル経由で彩姐さんの顔をコピーし、ついでに、異様に重かった髪を、お手軽な Kyoko Hair Mk-2 に変更。でもって、こないだの彩姐さんと並べてレンダすると、こんな感じに。

このコスには、丈の長いブーツが似合いそうだったもんで、シューズは 【2】の前の、BATさんのリングシューズを使ってみました。

んー、顔のテクスチャは、メイリンと彩姐さんとで違うんだけど、何かまるっきり別人の感じがする。顔の輪郭とか、目鼻立ちの造形とかはコピーされてるはずなんだけどなぁ。でも、前回までの彩姐さんよりも間違いなく美人になったし、全然問題なしってことで。実は、彩姐さんは、フィギュアファイルに落としてからシーンファイルに呼び出すと、「右目造形の矯正磁石が消える」 っちゅートラブルを抱えていたんだけど、彩姐さん化したメイリンを使うことで、どうやらそいつも解消しそうです。よかったよかった。

せっかくレンダし直したんで、彩姐さんのスパッツを前よりも短くしてみたけど、これだったらトップスやシューズとのバランスも悪くないし、これはこれでいいかも知んない。シューズとスパッツはこのままで、ブラをもう一工夫すれば、スポーツ色の濃い感じのレフェリーコスになりそうです。うん、これは充分アリだわ。

ま、一応、今度の 「花恋×千夏」 は、「従業員同士のファイトを仕切れるということで、ヘンに気合が入っちゃった彩オーナー」 っていう設定にして、バリSMコスでレフェリーやってもらうことにしたいと思います。そんなのも、たまにはいいでしょ。
  1. 2009/05/09(土) 15:17:17|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中途半端なスパッツ

そんなわけで、乳娘対決の番外編・花恋の挑戦もスタートしました。前にも書いたように、こいつは、『花恋の大の字失神KO負けシーンを見せること』 だけが目的なので、全編、「試合という舞台で、師匠の千夏にきっちり稽古をつけられる花恋の図」 という展開でお届けしたいと思います。

予定通り、レフェリーには彩姐さんを起用することにしました。一発目の立ち絵(アップ済みの扉絵みたいなヤツですね)の次は、必然的に、「レフェリーを挟んで対峙する花恋と千夏」 という構図になるので、どうしてもレフェリーな彩姐さんに参加してもらわないといけないんですが、「真紀×メイリン」 に出張ってもらったときのコスを少し弄りたくなり、またちょっと小細工を弄することに。で、とりあえず、こんな感じじになりました。

一番弄りたかった、と言うか、納得がいってなかったのはトップスで、ブラあり戦で真紀とメイリンが着てたスポブラに着せ替えようと思ってたんですが、綺麗な白黒縞を入れるために、ポリゴンを整理してマテリアルを割り付けるのが面倒になり挫折。このトップスは、腕を下ろすと脇周りのクロスが身体にめり込んじゃうんですけど、ここいらはフォトショで修正ね。

シューズは、果てしなくジョギングシューズにしか見えないポザ運動靴をやめて、BATさんのボク娘用シューズの、丈を詰めたものを使用。この、丈詰めシューズは、もともと、花恋に履かせようと思って、どのあたりまで透過させればいいかを探っていたのですが、どうもしっくりこないので、結局そっちは断念。で、彩姐さんの靴をどうするかなぁと考えたときに、「じゃ、こっちで使ってみっか」 ってことにしました。

スパッツっぽいボトムは、前回同様、まず、黒パンティを履かせて股間回りの按配を確保。でもって、マテリアル変更で、フィギュアの肌を黒パンティを同じ色に設定したものを別レンダして、フォトショで合成、ってのが基本路線です。

「真紀×メイリン」 のときは、メタセコで作った黒い帯状のオブジェクトを、彩姐さんのヘソ下あたりに通して、股上側の境界を決めてましたが、こいつはちーとばかし腹側と背中側のバランスがよろしくないので、今回はこれをやめ、そこいらへんが割と気に入ってる、ボク娘と同じトランクスを穿かせました。で、ベルトラインのヒダヒダを見せるためにつけているディスプレイスメントマップを外し、ベルトライン以外の部位を全部透明に設定した上でクロスシミュレーション、みたいなことをやってます。

見てみると、・・・・ んー、なんかちょっともっさりしてる、というか、オシャレじゃないんだよなぁ。多分、膝下丈が中途半端な長さになってるせいなんでしょうね。本当は、もっと短くするのがいいんだろうけど、それだと、ボク娘と似た感じになっちゃうので、ちょっと悩みちう。

ま、脇役だし、あんまり深追いする必要もないか。
  1. 2009/05/08(金) 22:47:33|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤな予感・・・・

朝起きて、何となく頭が回り出し、「昨日、ブログに、こんなこと書いたなー」 みたいなことを思っている最中に、突然、ビビビビッと一つの推理が組み上がりました。

先月、風吹カヲル監督作品の一発目として 【戦国女子プロレス】 が世に出て、以降、【戦国男女プロレス】 が二本、 【THE BATTLE FUCK OF BOXERS MIXED MATCH】 と、ほぼ週一のペースで、彼女の監督作品がリリースされています。

この、【戦国女子】 → 【戦国男女】、女女対決で使ったモデルさんをミックスでも使う、という流れは、ひょっとすると、順番は逆になるものの、【エロボクシング男女】 にも、当てはまるんじゃないか。つまり、今月15日に発売される、【新タイトルボクシング系】 は、【エロボクシング男女】 → 【エロボクシング女女】 っちゅー流れの中で出てくる作品なんじゃないかと感じたんですね。タイトルも、【エロボクシング男女】 版の、『MIXED MATCH』 の部分が取れたものじゃないかと。5月後半の予定を見ても、ソレっぽい作品の発売予定はないですし、この線はかなり濃いんじゃないかって気がします。

うーん、そうなると、ちょっとヤバいかも。・・・・

と言うのは、「多少のエロ行為(=レズ行為)が盛り込まれるけどトップレスじゃない」 という可能性がすごく高いような気がするからなんですね。マニアものとは言え、挿入までアリのエロ作品でモデルさんのブラをつけっぱにしていた監督が、男女対決が女女対決になったところで、バリバリのトップレスボクシングモードを見せてくれる、ってのは、ちょっと考えにくいように思えるんです。

加えて、まだ世に出たモノの本数が少ないんで、風吹カヲル監督作品に対する反応は、あまりネット上に落ちてきてないんですが、自分が唯一見つけた、2chの結末スレ#737によると、【戦国女子 1】 の評判は、どうも芳しくない。作品内の時間割りもあんましお客様本位でないようですし、ちょっと信頼できない感じがします。

出演モデルの予想としては、どうしても、男女対決版に出ていた、さくら美羽嬢が、最有力候補になるのかなぁ。あるいは、その次の週に出てくる、【戦国女子プロレス 2】 に出演するコンビか(個人的に、さくら美羽嬢は、本チャン風味のプロレスキャラではないような気がする)。ルックス的、乳的に、上物であることがわかってるという意味では、「乙音るい×真弓ナナ」 でも無問題、むしろ歓迎方向だけど、すでに本チャン撮影分がすでに二本出てるから、ここの線はちょっと望み薄か。まぁ、何にせよ、トップレスでなければ、話にならないわけですが。

・・・・ と、そんなわけで、自分の中では、【新タイトルボクシング系】 に対する期待度が、急激に萎んでいってる状態です。

頼む! 今回の、「多少のエロ行為(=レズ行為)が盛り込まれるけどトップレスじゃない」 っちゅー予想だけは外れてくれぃ!
  1. 2009/05/07(木) 23:37:24|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハズレばっかやなぁ・・・

【euro fighting girls】 から派生したネタで記事を二本書き、コメント欄が久々に繁盛して、それに対応したりしているあいだに、GWも今日が最終日になっちゃったので、取り急ぎ、GW直前にバトルさんちに上がった作品のことを。

割とボクシング系の作品が多いけど、んー、何からいくかな。一応、本家ってことで、バトルさんの、【女子ボクサーとサンドバッグプレイ 6】 からにするか。

ちうても、申し訳ないけど、出演されるモデルさんお二人のお顔立ちやボディラインを考えると、上質なエロの対象として見れないもんで、自分はあんまりこの作品に感じるものはないんですよね。同じコンビで、いずれ、【女子ボクシングNEO】 シリーズも出ると思いますけど、たとえトップレス版の回に当たったとしても買えないです。

次は、SSSさんの、【THE BATTLE FUCK OF BOXERS MIXED MATCH 1】。出演されるさくら美羽嬢は、魅力的だと思う。でも、企画としては、どうなのかなぁ。・・・・

ジャケット背面に、「勝者は敗者を慰み者として犯す権利が云々」 とか書いてあるけど、ジャケ写を追うと、女勝ちっぽい。ってことは、バトルさんのサンドバッグプレイに限りなく近いわけで、それをモデル一人分にして、出す価値があるのか、って気がするんですよね(まぁ、モデルさんを上質にしたんだから、って見方もあるけど)。

なんちゅうか、男優さんが 「トランクス一丁で覆面してる」 ってのもどうかと思うし、見た目のバランス考えれば、女側もトップレスにすべきでしょ。あと、モデルさんが、「微笑んでる写真が多い」 ってのも、ちょっと気に入らない。殴り合いに勝って相手を犯す役回りなら、もっとこう、「邪気に満ちた笑み」 みたいな表情が欲しいかな。つか、この企画が、このモデルさんで、なんで男勝ちにならないんだか。・・・・ ってことで、個人的な印象は、「激しくバランスの悪い作品」 って感じです。「ダウンをしても、ダウンカウントを取らずに試合続行」 というルールみたいなので、その部分だけは、企画として評価してもいいんですけどね。

あとは、・・・・ SSSさんからは、上のエロミックスボクシングを含めて、全部で五本リリースされるけど、何かこう、しっくりしない作品が多い。【The レズバウト~Extreme~ 4】 は、女王様対決っぽい、いい感じのモデルさんをキャスティングしてるのに、イかせファイトであるにもかかわらず脱ぎゼロっぽいとか、【Female Wrestling Bout 4】 は、何でこの二人で、正統派プロレスファイトさせないんだろうとか(この二人で、しっかりロープ張ったリングでプロレスだったら、かなり売れると思う)。何か、すごくもったいないことをしてる気がしますね。

・・・・ ってことで、ボクシング系作品が充実してそうな、その次の週に期待かな。

【女子ボクシングNEO 7】 は、順番で行くと、【サンドバッグプレイ 5】 に出演された、「里美ゆな×白瀬ゆゆ」 のはずで、このお二人でトップレス版が出てきたら、ちょっと真剣に購入を考えます。

それと、何ちうても、SSSさんの、【新タイトルボクシング系】。ミックスと表記されてないから、少なくとも男っ気はないでしょう。一応、自分の中では、今月最大の期待作扱いになってるもんで、「トレーニング編です。でも、監督がC.ロナさんじゃないんで新タイトルね」 みたいなオチだけは勘弁してもらいたいです。ハイ。
  1. 2009/05/06(水) 17:51:09|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと 「お腹de大悶絶KO」 の活用を

t178さんのアシストもあって、【THE FINISHING MOVIE!!!】 の保存に成功(前回分記事のコメントを参照)。いやぁ~、こいつが保存できたのは嬉しい。この動画の白眉は、何と言ってもラストの 『中沢夏美悶絶KO負けシーン』 で、ブログ上からだとキャッシュへのダウンロードが全部終わらないと、このシーンへ飛べないんですよね。今はファイル呼び出しから、一撃でこのシーンへ飛べます。いやぁ~、ホンマにヨカタヨカタ。・・・・ ってことで、このシーンに関する話を、もう一回引っ張りたいと思います。

この、『悶絶KOシーン』 が生まれたのは、1998年12月18日。横浜文化体育館で行われた、アルシオンの興行の中に組まれた試合です。この試合を闘った、三井綾、中沢夏美の二人は、ともに不動館ジムの所属で、同じジムには、当時の女子キック界のスーパースター・熊谷直子も所属していました。二人は共に、熊谷直子に次ぐ若きエースとして期待されていた選手で、この試合は、「次に熊谷直子と同じ道を歩むのは、二人のうちのどちらか」 を決定づける、『禁断の同門対決』として、ファンに注目されていました。

この二人、この試合まで、キックボクサーとしては似たような評価をされていたんですが(どっちも、同年代の他のジムの選手なんぞ相手にならないぐらい強かった)、ビジュアル的な理由で、どうしても世間ウケがいいのは三井選手。そんなこともあって、中沢選手は、「絶対に三井綾には負けない。」っていう、ものすごく強い気持ちで、この試合に臨んだんじゃないかと思います。ま、ここいらは、下衆の勘繰りかも知れないですけど。

こちらのページに、写真入りで試合内容が掲載されてますが、それによれば、中沢選手は、1Rにカウンターパンチを当てて先にダウンを奪うが、三井選手の集中的なミドルキック攻撃を受けて2Rにダウン、立ち上がって試合を続けるも、続く3Rに、再び三井選手のミドルキックを喰らってダウン、そのまま悶絶KO負け、という経過だったようです。

KOシーンの、中沢選手のあの苦しみよう、痛がり方は、ちょっと普通じゃない気がします。ミドルキックでやられたとなると、肋骨がいっちゃったか、あるいは内臓の損傷か。

この、「ちょっと普通じゃない」 の部分って、ぶっちゃけ、自分のようなマニアには正味タマランのですよ(実際に試合をしている選手や、純粋に女子格闘を愛してる方には、本当に申し訳ないんだけど)。で、何が言いたいのかっちゅうと、「エロ系ボクシングDVDの演出に、こういうのはアリでしょ?」 ってことなんですわね。

お腹専門系メーカー作品以外の場合、ボクシングファイトのKOシーンは、圧倒的に、大の字失神パターンが多いです。もちろんこれはこれで王道で、お客さまサイドも、大多数の方がそれを期待してるように思いますが、モデルさんが、この記事で取り上げた悶絶KOシーンぐらいの演技をしてくれるんであれば、個人的には、むしろ、そっちの方がいいのかな、って気もするんですよね。

ですから、一本勝負の作品でない場合には、バリエーションとして、「ボディde大悶絶KO」 を入れとくべきなんじゃないかなぁと。・・・・ つかねぇ、「トレーニング編で水増しして本チャン対戦一試合分」 なんてのよりも、きっちり三試合収録、それがダメなら、せめて二試合にして、「大の字失神KO」 と 「ボディde大悶絶KO」、最低限、この二つは盛り込むべきなんじゃないかと思いますね(バトルさん、聞いてます?)。

もっと言うと、この悶絶KOシーンは、お腹専門メーカー作品が、モデルさんの演技指導に使えるレベルの材料にさえなるんじゃないかとも思います。自分は充分 「お腹もイケる口」 で、実際に、GALLOPさんの 【ボディーブロー対決! 1】 も買いましたし、それ以外にもかなりの作品数、サンプル動画を見てます。でも、ここまで迫力のある悶え方っていうのは、そうそうお目にかかれない。作品レベルの更なる向上のためにも、活用してもらいたいです。

ちょっと別の面で話をすると、ここまで苦しい状況であれば、女性だったら 『泣く』 のが普通なんじゃないか、って気がするんですよね。こいつもついでに、KOシーンの演出としてどうでしょう? 女性の涙は、重要かつ強烈なエロアイテムだと思うんですよ。うん。

身体をくの字に曲げ、強烈に痛むお腹を抱えて、泣きながらキャンバスの上をのたうち回る、エロおっぱいのトップレスボクサー。・・・・ うーん、エロ過ぎる。国産トップメーカーのエロ系ボクシング作品の中で、是非一度見てみたい、心の底からそう思います。

ああ、また、「エロ系ボクシングDVDに関する考察」 用に貯めとこうと思ってたネタを、こっちで放出しちまったなぁ。・・・・
  1. 2009/05/05(火) 18:37:08|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二本で$59.90+送料なんだけど

バトルさんちに、GW直前にアップされた作品についてあーだこーだ書くべかと考えていましたが、今日は、女子ボク愛好家の総本山、『Female Boxing ファンのページ』様の掲示板にURLが載っていた、【euro fighting girls】 というブログから引っ掛けたネタを扱いたいと思います。

モノをご覧いただければわかる通り、リアルファイト、エロ系キャットを問わず、ブログのオーナーさんが見つけた写真だの動画だのをアップしてる、って感じですね。動画は、Festelleをはじめ、洋物エロ系キャットメーカーのサイトからダウンロードしてきた無料サンプル動画が多いようです。

2009年1月26日付の、【THE FINISHING MOVIE!!!】 は、かなり強烈。女子ファイトのダウンシーン、ギブアップシーンだけを集めた5分ちょっとの動画のラストに、『三井綾×中沢夏美のKOシーン』 が収められていて、これだけでも一見の価値ありです(これ、保存したいんだけど、誰かやりかたわかる人いませんかね)。

ボクシング系の動画も多く、ちょっと嬉しかったりしたもんで(トップレスも結構あるしー)、このブログを、過去側へどんどん遡っていくと、3月26日の記事で、マウスをスクロールする手がビタッと止まりました。

この記事に貼り付けられてる動画を再生すると、sabrestudios.com っちゅーサイトが制作したもののようなので、すぐに訪問。で、このページから引っ張ってきたモノだと判明しました。

この 【WTBF】(Women's Topless Boxing Federation) は、モデルさん四人の総当たり戦をDVD二本に分割したものですが、お値段もお手頃ですし、最近、国内メーカーから、正統派トップレスボクシングDVDが出てこない、なんてこともあって、すでに、二本まとめてお買い上げという方向に、かなり心が傾いてます。

実は、このモデルさん達で何某かの撮影をしたことは、ずいぶん前から知ってました。と言うのは、もう何年か前に、海外版ヤフグルで、写真を見たことがあるんですね(このグループはすでに消滅)。ただそのグループでは、なぜか 【WTBF】 ではなく 【WTBA】 と記述されていて、「絶対ビデオなりDVDなりが出てるはずだ」 と思って、ネット上で探し回ったけど、結局モノを発見できなかった、・・・・ なんてこともありました。

で、買いたいんだけど、・・・・ どうやって買ったらいいのかわからない、と言うか、サイト自体がかなりアヤシイ。何せ、クレジットカード使えないみたいっスから(Order Form のページに、「決済は、郵便為替か支払い保証小切手のみ」だと、はっきり書いてある)。

んー、でも欲しいんだよなぁ。・・・・ 自分好みの、むっちりボディ+乳はしっかりタイプのモデルさんばっかで乳丸出しボクシングですし、その中の Shannon Leigh嬢(レフェリー役と選手四名が並んで写ってる写真の、右から二番目の女性)が、かなり 『クる』 ヤラレ演技をしてくれそうだし(彼女のヤラレ演技は、DT571で確認済み)。

とりあえず、「日本在住の人間が買うにはどうしたらいいか」、「リージョンコードの問題はないか」 あたりを書き綴った問い合わせメールでも飛ばしてみますかね。
  1. 2009/05/04(月) 01:03:01|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する