眉月的雑感綴

エロDVDのジャケットでモデルさんの顔を見せないって

2chの結末スレを見ると、【サンダー女子プロレス 2】 の評判があまりよろしくない(#857から5レスに渡って詳しくレポートしていただいた方に感謝)。#869の、「日高と国見って良質の材料使って、こんなへなちょこ料理作るなんて」 が、全てを物語っているような気がします。

それはそれとして、今週末発売の作品について、また、ナンボかコメントを。

アキバコム制作部さんの 【独裁同盟VS覆面美女レスラー】。豊満系のキャストに関してはノーサンキューだけど、女覆面レスラーがドミられて、覆面を剥かれるという流れには、ちょっとソソられるものがある。イカせ対決、あるいは、レズ攻撃要素含みのファイトあたりに、このアイデアを持ち込むと、そこそこいいモンが出来るような気がします。んー、そうなっちゃうと、ギャロップさんやアキバトルさんの守備範囲になるのかな。

SSSさんの 【ベビーフェイスドミネーション 4】。ベビーの方がヒールよりも10cm以上背が高いってのがちょっと引っかかりますが、出演者二名とも、非常に締まったボディで、競泳水着がよく似合ってる。ルックスも役回りとフィットしてますね。山田嬢は、このお顔立ちでベビー役だったら、もっと自然な色合いに近い口紅にした方が良かったんじゃないかなー。

この山田真衣嬢は、結構使えるんじゃないかな。この作品では、上半身はだけまでありますけど、そのシーンを見ると、割といい感じのおっぱいですし、ヤラレ顔も上々な気がします。相方の睦美杏奈嬢も、乳出しアリの作品でチェックしたところ、やや小ぶりのおっぱいではあるものの、乳首の色や形は綺麗ですから、まんまこのコンビでトップレスボクシング撮ってもらいたいなぁ、なんてことを、ちらっと思ったりしました。

今の段階ではバトルさんちに上がってないけど、SSSさんちにはサンプル動画まで上がってる 【BATTLE SEX MIXED 改】。うーん、これは、・・・・

キャストの一人である千葉悠梨嬢の顔が、ジャケット上で良くわからない。でもって、サンプル動画が全面的に 「ど遠景」 で、こっちでも、彼女の顔がはっきりと見えないんですよね。マニアものとは言え、詰まるところはエロDVDなんだから、モデルさんの顔を、ジャケ、サンプル映像の時点でちゃんと見せないなんて。ありえへんでしょう(千葉悠梨嬢は、既にリリースされたSSS作品に出演しているので、そっちで確認できるけど)。

SSSさんの風味として、この作品には、男勝ちパターンと女勝ちパターンの両方盛り込むような気がするんですが、その場合、キャストの一人に日高ゆりあ嬢を使う以上、彼女が女勝ち編担当になるハズで、そうなると、必然的に千葉嬢が男勝ち編に回ることになる。つまり、彼女がこの作品の 『ヤラレ』 である可能性が高いわけで、そういった意味でも、顔アップなり、バストショットなりの写真を、ジャケットで見せないのはイカンのじゃないかと。

何かこう、もともと C.ロナ監督作品だった 【BATTLE SEX】 シリーズが、風吹カヲル監督の手に委ねられることで 「大劣化」 しちゃったイメージがあるんですよね。つか、「C.ロナ監修」 とまで銘打たれた 【サンダー女子プロレス】 ですら不評ですから、もう、C.ロナ氏が完全復活でもしない限り、SSSさんに良作を期待するのはキビシイのかも知れません。
  1. 2009/09/30(水) 09:48:52|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バトルさんで銭打ちたい

バトルさんちに、ようやく10月の発売スケジュールが上がりました。

SSSさんちには、前の日の段階で10月の新作予定が出ていて、その時には、「期待できるのは 【バーリトゥードレズバウト 2】 だけかな」 と思ってたんですが、今日開いたバトルさんのスケジュールには、SSS作品として、【新タイトル ミックスボクシング1(仮)】 なんてのが出てる。「あれ? こんなのあったっけか?」 と思い、もう一度SSSさんちを確認しても、やっぱり10月の予定には出てない。これってどういうことなんだろう?

で、二ヶ月前にいきなり発売スケジュールから消えた、【女子ボクシングNEO】 と 【サンドバッグプレイ】 がめでたく復活。うーん、よかたよかた。

よかったんだけど、何でまた、二ヶ月も遅れたのかしら? 編集が間に合わないだの競合商品とのカラミだのが理由なら、伸びても一ヶ月でしょ。

もしかしたら、二ヶ月前に出す予定の分の、撮影そのものがなくなったのかも知れない。この二作品は、過去の傾向から行くと一度に撮りを行うはずで、八月に出る予定だった分が両方とも消えて、十月に両方とも出てくるってことは、そう考えるのが一番自然かも知れないですね。

にしても、今年は、大手系列の作品を、蒲田のDVD屋さんでナンボか調達しただけで、まだ一度もバトルさんで買い物してないんだよなぁ。で、それはイコール、「銭を打ちたいと思えるボクシング系作品が、今年はまだ出てない」 ということだったりもするんですよね。

そろそろ、キャット専門メーカーさんから、「商品情報がバトルさんちに上がった時点で即購入決定」 ぐらいの作品が出て欲しいところです。できれば、バリバリグリグリのトップレスボクシングで。

前にも書いたことがありますが、バトルさんでのお買い物は、心ときめくイベントなんですよ。今年もあと残り四分の一になっちゃいましたが、バトルさんでの購入実績が年間を通じてゼロってのは、哀しいし、悔しいですからね。
  1. 2009/09/27(日) 09:56:34|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランジェリー編ねぇ・・・

五連休。・・・・ 日本人、ちょっと休みすぎじゃないか? 「シルバーウィーク」 っていうネーミングもナンだかなぁ(だったら代案を出せと言われても困るが)。

それはともかく、全国的に五連休が明けました。気がつけばもう、今月もあと一週間を切ってるわけで、バトルさんが、スパァン!と十月の予定を開けてくれるかと思ったら、見事に空振りorz ・・・・ ま、明日には開くっしょ。と、そんなんで、今週末発売分の作品について、いつものようにナンボかコメント。豊満系(とは良く言ったもんだ)だの単なるヒロピンものだのについては書く気がしないので、SSS特集でいきます。

【美熟女レズバウト 5】。うーん、今回のは、オバサンっぽい下着着用なだけで、熟女ではないような気がするが。・・・・ それはそれとして、エロエロ風味で、脱ぎも積極的にやってくれるのは嬉しいんだけど、リングファイトを裸足でやる時点で、眉月的にはアウト。以上です。

【Situation Boxing 3】。前作同様、今回も一部トップレスモードがあるようで、そこんとこは評価したいと思いますが、何ちゅうかこう、ビミューに外してくれるなぁ、って感じ。で、ご本人には本当に申し訳ないのですが、江咲まりな嬢の、このお顔立ちに対してこの立派過ぎる胴回りは、・・・・ うーん、どうでしょう。

それと、なんで赤グローブがWinningで、青グローブがWindyなんだろう。よくわからん。もっと言うと、ジャケ背面、一番上に五つ並んだちっこい写真のすぐ下にある、あらすじみたいな文章の両サイドのグローブの画像が、黒のWindyと白のWinningになってる。このコンビはシリーズ一作目に使用したものと同じで、ジャケット制作にも手抜きが感じられたり(前作は、ちゃんと、その作品に合ったグローブの画像になっていた)。

これで、このシリーズは三作目までが出て、そのうち、あとの二本がトップレスモードありなんですが、出演されたモデルさんを見比べると、一番トップレスモードが見たいのは、一発目の、「雨宮もも×あき」 なんだよなぁ。んー、何か知らんが、すんごく悔しい。

最後に、【サンダープロレス 2】。ジャケ背面の、国見奈々嬢のバストアップ写真に、ちょっとビックリ。何か、以前とは別人に見えるんですよね(スライドショー写真のボディから察するに、別人ではないハズ)。前はもっとこう、子供子供してた感じだったんだけどなぁ。

それはいいとして、この、「日高ゆりあ×国見奈々」 ってのは、ちょっと強烈な組み合わせだと思う。んもう、この組み合わせの時点で、相当ハイレベルの作品になると確信できますもん。つか、このモデルさん二人でショボいもん作ったらバチが当りまっせ。・・・・ と、ここまで持ち上げといてから書くのはナンですけど、購入予定はなかったりするんですが。

ま、こんなとこで。
  1. 2009/09/24(木) 20:54:01|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャケ写はすんごくソソるんだが

くぅちゃんのお話は、今回の更新で、やっと、くぅちゃんのライバルキャラの人となりが見えるところまで来ました。ふぅ。早いとこ続きをアップできるように頑張ります。

2chのボクシングスレによると、来月、SOD系列のアキノリさんから、こんな作品が出るようです。で、当然のように、サンプル動画をチェックしたわけですが、んー、なんちゅうかこう、・・・・

構え方とかパンチの軌道とかはボクサーのそれですけど、リンクを貼ったページの下の方にある写真を見ると、上腕と腹回りの筋肉が出来上がってない。『現役』 を謳うにはちょっとね、って感じです。ま、AVとして見る分には、こんくらいの肉付きの方がいいような気もするんで、これはこれでオケーかな、と。

おっぱいは、割とふんだんに見せてくれるようですが、サンドバッグ打ちのシーンとかで、「スポブラがおっぱい丸見えになるぐらいたくし上げられてる」 ってのが、すごく中途半端に見えちゃう。自分的には、「ブラをするならちゃんとする、おっぱい見せるならブラは脱ぐ」 であって欲しいんですよね。

一番がっかりしたのは、これから男女対決が始まる、みたいな感じで、ゴングが鳴った瞬間に、男がグローブを投げ捨てて、素手でモデルさんに襲い掛かっちゃうこと。スレに、「(可愛いし値段も安いし良さげだが)グローブ脱いでプレイとかダメだろ…」 と書いた方がいらっしゃいますが、これには全面的に賛成です。でもって、この、男女対決っぽいシーンの相手役の男、プラス、あとからわらわら涌いてくる(んだと思う)男衆が、全員、トランクスに裸足ってのが、何ともマヌケに見えたり。

ジャケット前面写真のトップレスボクサー姿はすんごくソソる(トランクスの質感もすごくいい)んだけど、あまりにもシナリオがグダグダそうなんで、さすがに買いには走れないっス。一応、見るだけは見たいんで、tsutayaでレンタルできるならそっちで、ってことにしたいと思います。

つか、トップレスボクサー姿をジャケ前面にもってくるのは、制作サイドが、この姿が一番インパクトがあると思ってるからだと思うんだけど、だったら、なんで、本編にトップレスボクサーモードをぶち込まんのかなぁ。ヨグワガンネ。
  1. 2009/09/20(日) 21:55:01|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買うまでは行かんが見所は結構ありました

さて、バトルさんちに、今週末に発売になる作品の情報が全部上がったようなので、適度にコメントしていきたいと思います。

まず、SSSさんの 【Humiliation Wrestle 7】。サンプル動画を見ると、秋川りお嬢が、腹ばいになっている浅井千尋嬢の水着を腰の下あたりまで剥いているシーンが入ってるんですが、肝心の乳が見えない。で、ジャケットを見ても、浅井嬢のナマおっぱいが写ってる写真がないんですよね。これって、どういうことなのかしら。

浅井嬢はAV女優さんなんで、モデルさんが乳出しNGだという線はない。となると、制作サイドが、乳を出さない方が得策だと考えたか、あるいは、(出演料節約のために)乳出しなしの縛りで雇ったか。まぁ、買う気はないんで、どうでもいいっちゃぁどうでもいいんですが。

次に、アキバコム制作部さんの 【地下ファックプロレス 4】。この作品に出演している、若槻せな嬢のボディはかなりいいと思う。こんだけのおっぱい(乳首と乳輪の形もいい)で、腹回りにあまり余分な肉がない。んー、何かこう、「アキバコム制作部さんの画質で作品作るのが勿体ない」 みたいな気がするんだよなぁ。どっかのメーカーさんで、彼女を使って、トップレスボクシング撮ってくれませんかね。キャラ的には、ドミテイストの勝ち役なんかいいんじゃないかと。

もういっちょ、エンジェルハウスさんの 【エンジェルボクシングMIX】。ま、お約束で、「グローブのテーピングがゆるゆる」 だったりしますが、この衣装はまあまあかな。ブラの生地が割といい感じ(汗の濡れ跡が演出できそう)で、形状的にも、ぎりぎりスポーツコスとして見られる。トランクスとシューズは本格っぽくて問題ないですしね。

テイスト的には、男勝ちドミだと思うんですが、平沢マキ嬢が、黒髪&被虐が似合いそうなお顔立ちだというのはポイント高い。男の黒グローブもGood。ただ、キャスト二人を通じて、赤いパーツがないので、絵的に締まってない感じがします。男女とも衣装はこのまんまで、平沢嬢のグローブを赤にすると、もっといい感じになったんじゃないかな、って気がしますね。

ま、こんなもんかなー。あとは、来週出てくる 【Situation Boxing 3】 が、ヘンな方向に行ってないことを祈るのみです。ほんぢゃ。
  1. 2009/09/15(火) 22:22:22|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF13どーなの

今、PS3を買うかどうしようか、ちょっと真剣に悩んでます。

自分は、【Final Fantasy】、【桃太郎電鉄】、【みんなのGOLF】、このあたりは全部買ってきてたんですが、【みんゴル5】 が出たとき、PS3用ソフトだったので見送った、という経験があります。みんゴルシリーズ最新作はやりたいけど、そのために、五万だの六万だのする本体を買うのは、あまりにもお財布に優しくないだろう、と。

そのとき以来、特に遊んでみたいと思えるPS3ソフトもなく、PS3への想い(ってほど大層なモンぢゃないけど)に火がつくことはなかったんですが、一週間ほど前に、ネットで、「新型PS3が、発売一週間でナンボ売れた」 みたいなニュースを拾い、本体価格が三万円を切るところまで来たのを知ったので、三万切ったんなら、勝負してみてもいいかなー、なんて思ったんですね。

で、昨日、仕事帰りにtsutayaに寄ったら、入口に、「Final Fantasy XIII・予約受付ちう!!」 なんつーポスターが貼ってありました。店内で詳細をチェックしたところ、案の定、PS3用だったんですね。FF派の自分としては、こいつはやっぱり押さえておきたいってことで、自分の中の、「PS3突入すべし度」 が、ぐんと跳ね上がった次第です。

そんなことがあったもんで、家に帰ってから、さっそく 【FF13】 の公式サイトなんかも覗いてみたわけなんですが、うーむ・・・・

確かに、バトル中のグラフィックなんかはスンゲー綺麗で、やってて気持ち良さそうなんだけど、シナリオ的にはどうなんだろうなぁ。登場キャラの紹介を見ても、あんまり入り込める感じぢゃなさそうだし、何かこう、「ただのバトルごっこ」 みたいな世界観っぽくて、ちょっと心配だったりもする。

まぁ、お値段的な障壁も軽くなったことだし、【みんゴル5】 がやりたいから、なんだかんだ言いながらも、PS3は買っちゃうような気がする。でもって、PS3本体が手元にあったら、【FF13】 も買っちゃうんだろうなぁ、やっぱし。
  1. 2009/09/12(土) 18:44:27|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨乳ギャル レズレスリング!! 2

それでは、【巨乳ギャル レズレスリング!! 2】 のレポ&コメを。

試合の組み方やテイスト、罰ゲームの内容、全体の時間配分なんかは、前作(本家の方にWebページを起こしてありますので、そちらをご参照ください)とほぼ同じ。一番違うのは、試合の決着方法に、3カウントのフォールが追加されたことでしょうか。

出演者は、須真アンリ(杏里)、葉山リリカ、根本アキコ(あきこ)、花木アノン(あのん)、速水モモカ(百花)、佐伯ナナ(奈々)の6名。作品冒頭のプロフィール紹介順です。パッケージ上では、出演者全員、下の名前はカタカナになってますが、わかる範囲で、カッコ内に普段使っている名前を載せておきました。でもって、試合結果は以下の通りです。

[1] 須真(15分20秒/キャメルクラッチ→ギブアップ)根本
[2] ○佐伯・葉山(22分42秒/フォール)×花木・速水
[3] 花木(17分08秒/イカセ)葉山
[4] ○佐伯・根本(25分20秒/フォール)×須真・速水

前作とほぼ同じと書きましたが、タッグ戦で負け担当だったモデルさんを、直後のシングル戦の勝者に使っていて([2] と [3] の花木)、そいつぁ [1] と [3] を入れ替えれば回避できるっしょ? ってとこまで同じだったのには、ちょっと笑えました。また、[4] の罰ゲームで、佐伯と一緒に、根本が須真をいい感じに虐めてるんですが、[1] と [3] を逆にすれば、「シングル戦直後のタッグ戦で、シングル戦の借りを須真にきっちり返す根本」 という構図が出来上がる。その意味でも、[1] と [3] は逆にすべきだったんじゃないかなぁ、と思います。

今回からフォールもありになって、タッグ戦二試合は、どちらもフォールで決着してるんだけど、これは、はっきり失敗じゃないかなぁ。フォールに至るまでの過程がユルいし、押さえ込まれた方が、撥ね返す努力を放棄しちゃってるんで、「ここで押さえ込まれたら、二人がかりの罰ゲームを食らうことになるっ!」 みたいな緊迫感がないんですよね。

もちろん、モデルさんの演技次第で、迫力のあるフォール決着シーンだって撮れると思うけど、他に、イカせ、ギブアップと、「お客さんサイドから見てオイシイ決着方法」 があるんだから、そっちを使うべきだと思いますね。罰ゲームが、シングル戦は電マ攻め、タッグ戦はディルド攻めならば、シングル戦はイカせ決着、タッグ戦はギブアップをベースにするのがいいんじゃないでしょうか。

で、「撥ね返す努力」、言い換えると、「負けまいとする最後の努力」 が足りない(もちろん、そういう演技ということです)ってのは、シングル戦にも言えるかなぁ。さらに、負け役側が、負けが決まった瞬間から罰ゲームが終わるまでの間、悔しそうな表情なり仕草なりが足りないような気がする。ここいらへんを充実させるだけでも、お客さんの入り込み加減は、ずいぶん違ってくると思うんですけどね。

出演者の中では、やっぱり佐伯奈々ちゃんの演技が光りました。作品内での彼女の役どころは、タッグ戦の勝ち役なんですが、ファイターの動きが一番できてるし、エロ攻撃ヤラレに回ったシーンとかでも、積極的に喘ぎの演技をしてくれてます。タッグ戦二試合が、前作に比べると、ちったぁマトモに見えたのは、彼女の演技力、仕切り力(タッグ戦っぽく見せるための試合をコントロールする能力)に因るところが大きいんじゃないかなぁ、なんて思ったりしました。

にしても、うーん、タッグ戦は、もちっと何とかしようがある、と言うか、何とかしないといけないんじゃないかなぁ。たまに電マが出てきたり(反則の凶器攻撃ということらしい)、たまに 2 on 1 になるシーンがあったりと、多少バリエーションが出てきた感はあるんだけど、「お休み中係がリング内待機」、「攻撃側がヤラレを自コーナーに引き摺り込もうとしていない」、「ヤラレがタッチして窮地を脱しようとしていない」 など、タッグマッチとしての根本的な部分が改善されてないので、何とも消化不良な感じです。

今回、全裸までいったのは、[2] の罰ゲームだけで、脱がし度合いは前作より落ちました。今回は、前作に比べると、乳度合いが充実した分、お腹周りもそれなりに充実したモデルさんが多い感じなので、水着を脱いでお腹を晒すよりも、脇ハミ乳だけにして、お腹を水着で隠したままにする、という方向性にいったような気がしますね。あ、脇ハミ乳で思い出した。罰ゲーム実行中、勝った側のモデルさんもハミ乳丸出しのままでしたが、あれは、勝者と敗者の構図的に、ちゃんと収容し直したほうがいいと思います。

オススメ指数は、んー、前作よりはちょっと落ちるかなぁ。自分は、「脱ぎ」 と 「イカせ」 を重く見たいので、どうしてもこういう評価になっちゃう。・・・・ と、そんなことで、次作が出たときには、サンプル動画なんかを見た上で、今のレベルに比べて、はっきりとしたプラスアルファがない限り、発売日当日に飛びつくのではなく、Tsutayaチェックコースにしちゃおうかなー、なんて考えてます。
  1. 2009/09/06(日) 18:49:26|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サポーターは取りましょう

では、二日ほど遅れちゃいましたけど、Medusaさんの 【リアルレズボクシング 2】 をネタにしたお話を。

んー、どうしてこういう衣装になっちゃうかなー。・・・・ ってのが第一印象。どうして、こんな大袈裟なヒジヒザサポーターつけたまんま、ボクシングさせるのか。自分には理解できません。トップレスではない上に、ヒモ型ビキニってのも何だかなぁ。あき嬢は割と自分の好みなんだけど、こんだけコスに難があるんぢゃぁ、ちょっと銭は打てないっス。

Medusaさんは、2007年の年末から一年半ほど、完全な休眠状態が続いていましたが、今年の7月に 【リアルレズバトル】 と 【男を犯す女達】 をリリースしたあと、月一のペースで、【男を犯す女達】 シリーズとレズファイト系の作品を出してきてます。モデルさんを二人用意して、2 on 1 の女勝ちドミとレズファイトを二本撮りするパターンですね。

で、ここいらの作品群を見てると、休眠前と休眠明けとでは、かなりテイストが違ってきてるように思えるんですね。

一つにはコス。休眠明けに出たレズファイト系の作品では、モデルさんがビキニ着用になってますが、休眠前の作品は、全部スポーツコスなんですね。セパレートのコスの場合、トップは全部スポブラですし、【異種格挑戦状MIX】 では、スポブラ+トランクスと、かなりそれっぽい衣装で撮影を行っています。

もう一つ。休眠前は、男女対決では、すべて女性側がヤラレですし、女女対決でも、ドミ色の強い作品が多い。つまり、(攻め役が男か女かを問わず)『女負けのドミ』 が大基本だったように思えるんですよね。でも、休眠後は、【男を犯す女達】 は女勝ち、レズファイト系のものも、どちらかと言うとイーブンバランスっぽい雰囲気で、「ドミられる女を見せる」 というテイストは、どこかに行っちゃった感じです。

どうもこう、牙が抜けちゃったと言うか、フェチ色を薄めて守備範囲を広く構えたい、みたいな姿勢が窺えるんですよね。モデルさんの質が、休眠前に比べると、ワンランク上がったような気がするだけに、すごく残念。

まぁでも、HPも復活したみたいだし(これはつい最近のはず)、女勝ちドミとの二本撮りで、レズボクシングがすでに二本出てますんで、今後に期待したいと思います。レズボクシングを、ヒジヒザサポーターなしのトップレスで撮ってくれたら、エールを送る意味合い含めて、よっぽどのこと(モデルさんの質がいきなり地ベタまで落ちるとか)がない限り買います。頑張ってください。

ところで、GARCONさんの 【巨乳ギャル レズレスリング 2】 が、9月5日に発売になりますね。多分、4日の夜には、蒲田のエロDVD屋さんで買えるはずですんで、速攻で購入して、こちらでレポ&コメしたいと思います。ほんぢゃ。
  1. 2009/09/03(木) 18:31:08|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小選挙区比例代表並立制マジック

衆院選は、民主党の大勝という結果になりました。

まぁ、自民党さんは、ナントカ還元水問題を党総裁が大擁護しちゃうわ、次の総裁がいきなり総理大臣職を放棄しちゃうわ、んでもって、それを受けた総裁選で、一撃大過半数で党総裁に就いた人が空気読めない上に漢字読めないわ、おまけに外務大臣がヨッパでフラフラになってる姿を全世界的に披露しちゃうわなわけで、こんだけダメ材料が揃ったら、そらぁ負けるわなぁ。民主党さんも、小沢さんや鳩山さんの銭金の問題があったりとか、引いちゃうぐらい夢物語なマニュフェストを出したりとかして、一生懸命失点を重ねてたんですけどね。

で、個人的には、「民主が勝った」 のではなく、「自民が負けた」 という感が強い。でも、記事のアタマには、「民主党の大勝」 と書きました。それには、公明党も信じられないぐらい負けた、っちゅー印象があるからなんですね。

公明党は、詰まるところ 「創価学会政治部」 で、支持基盤はものすごく固い。つまり、票読みが確実、言い換えると、「日本で一番 『負けない選挙』 ができる党」 だと思うんですよね。でも、その 『負けない選挙』 ができるはずの党が、今回の選挙では、選挙区で全敗。確かに、定数1の小選挙区制だと、その選挙区のトップにならないといけないわけで、特定の支持基盤頼みではやや弱い気もするけど、それにしても、自民票が乗っかったであろうにもかかわらず、党の代表まで撃沈するとは。ちょっと信じられませんでした。

こんなこともあったらしい。以下、毎日新聞が配信したネットニュースより引用。

【今回の選挙では、比例代表で民主党の当選枠の数が立候補者数を上回るなど計4議席が他の党に割り振られる事態となった。民主党では比例近畿ブロックで2議席が自民、公明両党に振り分けられた。また、みんなの党では東海、近畿両ブロックで1議席ずつ獲得できる得票に達したが、重複立候補者が小選挙区で得票率10%に届かず、復活当選できず、東海は民主に、近畿は自民に回った。】

うーむ。・・・・・・

比例代表の候補者が間に合わなくなるって、・・・・ ありえんでしょう、フツー。比例の投票用紙に 「民主党」 と書いた人に対して、すんごく失礼だと思う。こんな党(という言い方をさせてもらいますけど)が政権取って、本当に大丈夫なんでしょうか。

まぁ、民主党さんには、頑張ってこの国を良くしてもらいたい。個人的には、きっちり国民を説得した上で、消費税率を引き上げる(国民にとっては耳が痛い話だが、ツケを未来に回さずに、高齢化/年金問題の対処をするには、絶対に避けては通れないと思う)。そのくらいのことができる政党になってもらいたいし、なってもらわないと困ります。

・・・・ とそんなことで、今回はエロとは無縁の話になっちゃいました。Medusaさんの 【リアルレズボクシング 2】 について、書きたいことがあったんだけど、それはまた明日にでも、ってことで。
  1. 2009/09/01(火) 01:59:34|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する