眉月的雑感綴

GALLOPさんがぁっ!!

何の気なしにGALLOPさんのHPを覗いたら、トップページ最上段のいっちゃん目立つ場所に、『重要なお知らせ』なる文章が。曰く、

・・・・ 製作ジャンルを広げ過ぎた結果、作品リリースに安定性を欠き、・・・・ その様な結果を改善する為に、この度ギャロップでは製作コンセプトを一本化する事に致しました。今後製作していく作品のコンセプトは 「女体いたぶり」 をテーマにした作品です。・・・・

 工エエエエェェ(;゚Д゚)ェェエエエエ工

新シリーズの 「女体いたぶり」 に関しての詳細は後日発表、ってことになってるので、今の段階では確定ではないけど、女女対決のお腹ボクシングは、「対象外」 になっちゃうんだろうなぁ、やっぱり。お腹ボクシング自体は、まぁ 「女体いたぶり」 の範疇に入ると考えられなくはないけど、このニュアンスだと、あっても攻め役が男のドミまでっぽいし。

あの、アングラっぽいスタジオの雰囲気はすごくいいし、モデルさんのチョイス、コス選びにも、センスが感じられる(ハズレの回もあるんだけど)。プラス、自分が以前購入した【ボディブロー対決 1】、また、【続・腹パンチ対決 2】 や 【3】 のサンプル動画あたりを見ると、もちろんお腹限定ではあるんだけど、ボクシングファイトとして見れるレベルなんですよね(これは、ヒロピンものが撮れるレベルのモデルさんを引っ張ってくることが根っこにあるからだと思う)。

ぶっちゃけ、現時点で、自分が 「こういうボクシング作品を見たい」 っちゅー理想の作品像に、一番近い作品を供給してるメーカーさんだったんですよ。例えば 【続・腹パンチ対決 2】 が 【3】 と同じリングセッティングになり、お腹オンリーでなく、適度に顔を打つフリ当たったフリをしてくれれば、それだけでも、かなりそれっぽいモンが出来上がるはず。

こういうメーカーさんが、女女ボクシングから手を引いちゃう(上に書いたように、まだ確定ぢゃないけど)なんて、すんごいショック。まさに青天の霹靂、って感じです。

まぁ、バトルさんなり、SSSさんなりが、こんぐらいの作品を出してくれれば、何の問題もないわけですが、うーん、・・・・ 望み薄だなぁ。
  1. 2010/02/28(日) 00:12:03|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お買い物候補一本キープ

んー、だいぶ暖かくなってきましたねぇ。今週の東京は、連日、最高気温が10℃台の後半、最低気温もかなり二桁に近づいてます。恐ろしく暖房の効きが悪い部屋で暮らす自分としては、このくらいの気温をキープしたまま、春に突入してもらいたいところ。

バトルさんちの発売スケジュールベースで、クラQさんから出る分を除くと、今週の新作は6本で、内訳が、高身長モデルを謳った女勝ちミックスが三本と、レズファイト系三本という、ちょっと偏った構成になってます。でまぁ、女勝ちミックスに関してはどうでもいいので、SSS産レズファイト三本へのコメントを。

まず、【ザ・下剋上 女子エロプロレス 3】。これは個人的な印象なのかもしれませんが、出演されるモデルさんのお顔立ちを比べると、どうも、後輩役の花木心優嬢の方が年上に見えちゃうし、コス的にも、明色系と暗色系の配分が逆のような気がする。「下剋上」 を謳ってるから、多分、後輩勝ちのシナリオだと思うんですが、そうなると、見た感じが、あんまり 「下剋上」 っぽくないんですよね。

これはシリーズ前作二本についても言えることなんですが、下剋上、つまり、「下(の立場)の者が上の者をボコる」 というシチュエーションは、それなりに食いつくお客さんは居ると思うんで、モデルさんをチョイスする段階で、上下関係がイメージしやすい組み合わせを作るとか、コスの配色(もちろん形状も)に気を遣うとかすると、さらにお客さんの食いつき度が上がるんじゃないかなぁ、なんて思いました。

次に、【場外乱闘プロレズリング 1】。企画と言うか、「場外アリ凶器アリなんでもアリでイカせ勝負」 ってのは、レズファイト系の商品バリエーションとしてはアリだと思いますね。ジャケ背面には、「片手を手錠でロープに繋がれた相手を攻める」 なんてシーンもあるようで(自分だったら、ヤラレ役にセパレートのコスを当てて、剥ぎ取ったトップスで縛り付けますが)、いろんな状況を見せる、という意図は評価できるかな、と。

ただ、個人的には、「エロレズをやるのに、リングを離れる必要があるのか」 という思いは強い。モデルさんの質的にも、もうワンランク上、少なくとも、「ジャケットで、しっかり大写しで見せられる乳とボディライン」 であって欲しいですし、ちょっと銭を打つところまではいかないっス。

ラストは、【美熟女レズバウト 6】。実は、こいつには、ちょっと惹かれるものがある。

一つには、脱がしに関して、比較的積極的にやってくれてそうだ、というのがあります。でもって、前川みひろ嬢の、シルバー地で露出度高めのコスなんかも気に入ってるし、シューズ着用だということも、個人的にはポイント高い(まぁ、リングセッティングだったら当たり前かなとも思いますけど)。

出演されるモデルさんは、お二人ともあんまり熟女っぽくない感じですが、それはむしろ歓迎で、「熟女っぽさ」 が、単に、「(プロレスファイト要素の薄い)ねっとりまったりしたイカせ合い」 という方向性にいってくれてれば、全然オッケー。サンプル動画で確認したところでは、どうやらそんな方向性っぽいです。

ちょっと気になるのは、全体の構成がどんな具合なのかということ。自分は 【3】 を持っていて、この作品は、一昨年9月5日の記事にも書いたように、ハウスメントとリングの二部構成でヤラレを入れ替え、どちらもイカせ3連発でフィニッシュというシナリオになってるんですが、ここいらをどこまで踏襲してるのか。

作品の収録時間(【3】 は60分で、【6】 は44分)を考えると、今回は一回決着でしょう。でもって、ジャケ前面写真の構図から考えると、多分ヤラレは前川ひろみ嬢の方。泣き栄えしそうなお顔立ちなので、ラストは連続イカされを食らう展開であって欲しいなぁ、なんて。

・・・・ とまぁ、そんなことで、このところ新たなヌキネタの調達が滞っていることもあり、購入意欲上昇ちう。取りあえず、「頭の中の買い物カゴ」 にぶち込んだ次第です。
  1. 2010/02/25(木) 22:47:05|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうなんだぁ

週明けに、「りんごだったら何とか食べられそう」 ってなぐらいの体調不良(かかりつけの医師によれば、ノロウイルス君が原因とのこと)が二日ほど続いたりして、今週分の新作コメントをサボってましたが、いつの間にか、【Situation Boxing】 が発売予定から消え、他は何となくありきたりな作品ばっかなんで、結局バックレることにしました。・・・・ と、そんな事情だもんで、今回は、エロとは関係のない、東京ローカルの話でも。

木曜の夜、19時58分から、テレビ東京で 「空から日本を見てみよう」 という番組をやっていて、こいつが結構マイブームちう。「雲」 を擬人化したキャラクターの 『くもじい』 と 『くもみ』 が案内役(つか、ナレーションですね)で、上空のかなりの高度から撮影された映像をメインに、そこから見えるものをいくつかピックアップして紹介していく、という形で進行していきます。番組のHPはココね。

番組HPをご覧いただければわかるように、ナレーションは、『くもじい』 が伊武雅刀さん、『くもみ』 が柳原可奈子さん。この、『くもみ』 の声が、聞いてて何とも心地いい、ホッとするような声なんですよねぇ。自分がこの番組にハマったのは、割とこの 『くもみ』 の声の魅力によるところが大きいかも知れません。因みに、記事タイトルの 「そうなんだぁ」 は、番組内で 『くもみ』 がよく使うセリフです。

ま、「くもみLOVE」 の件はともかく、こう、最近あんまりお目にかかることのない、ゆったりまったりとした幸せな気持ちになれる番組じゃないかと。まだ見たことのない方には、ぜひオススメです。

番組のDVDも、四月から順次発売になりますね。実は、裏でやってる、ぐるナイのゴチバトルに目が行ってて、うちの近くを飛ぶ、「京浜東北線・大船~東京編」 の回を見逃してるんで、コイツは買ってでも見たいなぁ、なんて思ってます。
  1. 2010/02/20(土) 23:41:14|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売る気あります?

では、ちょっと出遅れ気味ではありますが、今週末発売作品に対するコメントを。すでに、【B-1トーナメント 第二試合】 をネタにして、まるまる一回分記事を書いてますけど、まだ言い足りないことがあるんで、まずはこの作品の分から。

一つわからないのは、【第二試合】 には、第一試合ではなかった脱ぎがあること。ここいら、どうもこう、ブレを感じると言うか、トーナメント全体を 「ガチガチのストロングスタイルで盛り上げるんだっ!」 っていう気合いノリみたいなもんが見えてこない。こういう企画にお客様サイドが期待するものは、恐らく 「ガチ度」 だけで、脱ぎはかえって邪魔になるような気がするんだけど。脱ぎエロを見せたいんであれば、それは別口で、んもうイカされ汁ぶちまけまくりぐらいまで、徹底的にやればいいんじゃないかと思うんですよね。

で、出演者の片方に比較的おっぱい関係が充実したモデルさん(このみゆうか嬢の方ですね)を起用し、そのモデルさんを使ったバリエロ風味のミックス作品が同じ週にリリースされるというのは、第一試合とまったく同じパターン。んー、これってやっぱり、「一回戦負けのモデルさんでもう一丁撮りました」 だと、すんごくしっくり来るんだけどなぁ。

ただ、今回の 【Gカップ!!美巨乳ロリ顔レスラーと対決!】 は、アキバコム制作部レーベルの作品だし、何よりキャンバスが、B-1トーナメントで使ってる、バトルさんのロゴ入りのやつじゃない。ってことは、こっちも 「一回戦負けのモデルさんで」 パターンじゃないのかしら? うー、よくわからん。

個人的には、このみゆうか嬢に勝ち上がってもらって、「高島ちづる×このみゆうか」 で準決勝を撮り、その裏(二本撮りの片割れ)でこの組み合わせのまま、乳丸出しのなんかエロいもん撮ってもらえると有難いんですけどねぇ。さすがにそこまで期待するのは欲張りかしら。

あー、またこの作品だけで、結構長くなっちゃったなぁ。じゃ、残りの中から三つだけ。ちうても、コメントの内容は、全面的に、シリーズ前作が出たときと同じなんっスけどね。

まず、Medusaさんの 【リアルレズボクシング 4】。もうね、このコス何とかならんか(特に肘サポーター)。【拷問ボクシング 4】 とか、かなりイイ線いってたのになぁ。どうしちゃったんだろう。あと、HPまで持ってんだから、サンプル動画は提供して欲しいです。売る気あります?

続いてSSSさんの 【異種格闘技 Mix Fight!! 2】。これもね、男女対決でヤリエロ含みなんだから、男側は動きに制限のない、プロレスなりを選ぶべきだと思うんですよ。「ボディーブローが試合の空気を変え」 なんて書いてあるけど、別に素手で殴っても問題ないわけでしょ?

最後に 【THE BATTLE FUCK OF BOXERS MIXED MATCH 5】。相変わらずブラがヘンだし、コスの色使いにセンスがまったく感じられない。男に黒グローブつけさせるなら、ブラは黒にしちゃダメ。オマケに、暗環境作ってるのに白グローブって、・・・・ もう、バカとしか。正直、このシリーズは、モデルさんのチョイスがかなりいいだけに、すんごくもったいないことしてるなぁ、って気がするんですよね。

おまけに、今日、発売日の時点で、この作品だけサンプル動画が上がってない。見せたくないのか、見せられないのか。SSSさん、売る気あります?
  1. 2010/02/12(金) 23:00:10|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

眉月的二本撮り理論崩壊の巻

今週末発売分作品の情報がちょろちょろ上がってきていて、その中に、【B-1トーナメント第二試合】 もあります。で、こいつの作品情報を見て、「えっ?!」 と思ったことがあったので、今回はそれをネタに。

ジャケット背面にトーナメントラダーが描かれています。それを見ると、二ヶ月前にリリースされた 【第一試合】 は高島ちづる嬢の勝ち(と言うか、彼女が勝ち役)だったことがわかるんですが、この試合、ちょっとした根拠があって、自分の頭の中では、山田なみえ嬢の勝ちということで整理されていました。ですから、この試合結果に、すんごく驚いたわけです。ぢゃぁその根拠は何か、と言うと、・・・・

これは他のキャットメーカーでもそうですが、バトルさんは基本的に二本撮り、つまり、撮影用にモデルさんを確保したら、商品一本分だけではなく、二本分(オカズ撮影程度でいいのであればそれ以上)の撮影を行うことが多いです。これが前提ね。

で、別段、トーナメントというシバリがなければ、そこいらに転がってる企画の中から適度に二本チョイスして、ちゃっちゃっとやっつけちゃえばそれでいいわけですが、これが八人トーナメントとなると、なかなか簡単にはいかない。一回戦負けのモデルさんは、トーナメント用の撮影は一試合分で終わっちゃうし、決勝まで勝ち上がったモデルさんは、トーナメント用の撮影を三回こなさないといけなくなるからですね。

八人トーナメントを撮影する場合、一番単純なのは、八人のモデルさんを全部集めて、一発でラストまで撮っちゃう方法で、GARCONさんや、Rocketさんとかは、そういうやり方をしてるハズですけど、今回のバトルさんのトーナメントは、一試合の尺の関係、プラス、撮影の本チャン度(一試合分の撮影でモデルさんにかかる負荷の重さ)もあって、さすがに一日分の撮影で全部撮り切る、ってわけにはいかないと思うんですね。

そうなると、撮影スケジュールをきっちり算段する必要がある。決勝を闘うお二人に関しては、少なくとも 「二回お呼ばれ」 という形になりますから、そういう確保の仕方が可能であることが大前提になるでしょう。でもって、上に書いた二本撮り進行を基準に考えると、一回戦負けのモデルさんにもう一本、トーナメント用でない撮影を宛がう必要がある。

・・・・ と、こんな考え方でいくと、第一試合と同じ週にリリースされた 【プロスタイルSex MIX】、これには、「自分が第一試合で負け役だったと思ってた」 高島ちづる嬢が出てますが、これなんか、「(一回戦負け役用の)トーナメントでない方の撮影」 だと考えると、しっくりハマるんですよね、時期的にも。

第一試合に出演されたモデルさんの二人を見比べると、見た目的に 「ガチガチにストロングなプロスタイルの撮影に呼ばれました」 って感じなのは、どうしても山田なみえ嬢の方。なので、山田嬢が勝ち上がりで、最低限もう一試合分、トーナメントとしてプロスタイルを撮る。かわいい系で爆乳の高島嬢は一回戦負けでトーナメントから抜け、【プロスタイルSex MIX】 で、もう一発バリエロ風味の撮影をこなす。これでお二人とも、二本撮りの一日仕事終了。

でもって、第二試合に出演されるモデルさんも同じ日に集めて、同じパターンで撮影を進め、準決勝まで撮っちゃえば、他のモデルさんが撮影している時間を適度に休憩に当てながら、最終的に、全員が二本ずつ撮影する勘定になる。・・・・ んもう、まったくよどみのない、「余りの出ない」 論理展開だったので、自分の中では、完全にそうだと決めちゃってたわけですね。

うーむ、勘定が合わん。どうもしっくりせんなぁ。・・・・ と思いつつ、再びバトルさんちを覗いたら、高島ちづる嬢が、SSSさんの 【THE BATTLE FUCK OF BOXERS MIXED MATCH 05】 に出てるという情報が。もしかすると、彼女はすでに 「二度目のお呼ばれ」 が済んでて、「ミックスの二本の方で二本撮り」 ってオチなのか? とも思ったり(片方はバトルレーベルで、もう片方はSSSだけど、撮影現場は一緒だし、ここいらは裏で繋がっててもおかしくない)。んー、キャンバスが違ってるから、それはねぇか。

ま、ダイナマイツなおっぱいのおねいさんは大好きなんで、女女対決のトップレスボクシングとか、どエロレズレスリング、もっと突っ込んで、どエロレズなトップレスボクシングなんかで、彼女にまたお仕事していただけると嬉しいです。ハイ。
  1. 2010/02/09(火) 21:18:26|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Feti-Feastさんガンバ

お蔭様をもちまして、本家の方は100万アクセスを達成いたしました。日に日に緩くなっていくサイトですけど、今後とも、どうぞよしなに。・・・ じゃ、忘れないうちに、前回、「あとでまとめて」 扱いにした、【激鬼Mix 06】 関係のお話を。

Feti-Feastさんは、HPでサンプル動画を見せてくれるので、さっそくチェック。運動能力、演技力、共に実績のある奈々ちゃんらしく、いい感じにヤラレ、泣き喚いてくれてます。最近見たミックスものの動画の中では、「買ってもいいかな」 に一番近いですね。

このコス(ちうかトップスね)、薄手の白地で、乳首がバッチリ透けて見えて、ちょっといい感じ。本当は、上下ともに、もうワンサイズ小さいものが用意できれば、身体にフィットして、もっといい感じになるんだろうけど、奈々ちゃんは身長140cm台のコンパクトボディだから、まぁしょうがないかな、と。

このトップスの形状と素材は、ボクシングものでも使えると思うんですよね。【激鬼06】 の場合は、白だから完全に透け乳首になっちゃうけど、濃色でも、浮き乳首ぐらいにはなるでしょうから、特に、競技色が強い作品で、「上は隠すけど、多少エロ風味は醸し出したい」 みたいな作風の場合、結構ハマるんぢゃないかと。ヘンな紐ビキニみたいなのよりは、よっぽどそれっぽく見えると思います。

ちょっとわからないのは、奈々ちゃんのトップスを腹の方へズリ下ろすことで乳丸出しにしている点。なんで、「普通に脱がす」 ぢゃなかったんだろう? ま、そこいらまで深追いしなくてもいいか(買う予定でもないし)。

で、Feti-Feastさんちにお邪魔したついでに、他の作品のサンプル動画なんかも、いろいろ見てみたわけですが、この 【激鬼】 シリーズは、どれも結構ソソるんですよねぇ、これがまた。特に、桃井アンナちゃんが出てる 【03】 では、動画のラストで、アンナちゃんが涎を垂らしながら、完全に泣き出しちゃうシーンなんかもある。うーん、これで乳丸出ししてくれたんだったら、かなり真剣に購入を考えてたんだけど。

できることなら、虐め役は男よりも女の方がいい。もっと言うなら、エロ攻撃的にも虐めてもらいたい、なんて考えると、Feti-Feastさんには、そのものズバリの、【レズ×レイプ Fight!】 とか 【レズ×ドミネーション!】 なんていう作品群もある。もちろんそっちも全部サンプル動画を見ましたけど、んー、こう、もう一声欲しいんですよね。

例えば、攻めと受けのバランスをもっと偏らせるとか(動画を見た限りでは、途中の進行がイーブンバランスっぽく思える)、【激鬼】 のように、泣いてもギブしても許してもらえないテイストがもっとはっきり出るとか。または、モデルさんのルックス、ボディ、乳充実度がもう一段上がるとか(まぁ、いくら見栄えが良くても、それっぽい演技ができなければ話にならないんだけど)。

あとは、脱がし、特にヤラレ側のモデルさんのコスを、もっとバシッと剥いで欲しいんですよね。モデルさんの能力に対する信頼度を考えると、「二岡ゆり×桃井アンナ」 で撮影された 【レズ×レイプ Fight! 02】 なんかは、銭打ってもいい度的にはすごく高いんだけど、なぜか、シリーズ内でこの作品だけ脱ぎゼロであるが故に手が出せない。うーん、うまくいかんですわ。

ただ、今回、Feti-Feast作品のサンプル動画をかなりの本数見たことで、Feti-Feastさんの作風が、例えば、被虐者としてのモデルさんの見せ方とか、ギブの先にある 「オイシさ」 の引き出し方とか、かなり自分のド真ん中に近いところに来てる、という感触を得たのは事実です。

と、そんなことで、自分の中の、Feti-Feastさんに対する期待度が、結構上昇しました。ある程度、女女版であることが前提になっちゃいますけど、上に書いた、「もう一声」 の部分をクリアしてくれたら、ビシッと銭打ちますんで、一つよろしくお願いいたします。
  1. 2010/02/08(月) 00:13:03|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SSSボクシング良化?

本家の方は、明日にも100万アクセスに到達しそうな感じ。記念画像は出来上がってるので、カウンターの数字が七桁になったら、カウンター表示のhtmlを少し弄る(七桁目表示とカンマの挿入)のと同時にアップロードしたいと思います。

では、今週末発売作品へのコメントを。【激鬼 Mix Fight 06】 に関しては、ちょっと Feti-Feastさんシバリで一発記事が書けそうなので、そっちでまとめてやっつける予定。で、【高身長鬼嫁 vs 草食系夫】 は、「ちょっとこのシューズはないんでないの?」 と軽くいなしておいて、本日のメインイベント、【ダイナミック女子ボクシンググローブ】 いきます。

んー、なんなんだろう、このタイトル。で、ジャケットが結構ソソるのと、モデルさんが割といい感じなので、やや期待を込めてサンプル動画を見てみたけど、腰が抜けそうになるほどファイトレベルはグダグダでした。

でも、この作品は、ちょっと見所がある、と言うか、最近のボクシング系SSS作品と比べると、女ボクシング作品を作る上でのセンスが買える部分が、ナンボかあります。

その一つはコス。今まで、SSSさんのブラありボクシングに関して、何度も何度も何度も、「このブラは何とかならんか」 的なコメントをしてきましたが、この作品のトップスは、「リングに上がるファイターの衣装」 として見られる。青コス安西瑠菜嬢のシューズは、ちょっとこの衣装には地味すぎかな、って気がするものの、(本格コスであるトランクス&スポブラから外れたときに)こういうコスのチョイスができるセンスは評価できます。

それと、リングの演出。ライティングもそうですが、スタジオの壁に暗幕を張って、「黒背景に見せる」 という意図が感じられます。これは継承してもらいたいです。あと、伊沢美春嬢を引っ張り、乳首を見せない作品に起用したことも、買えるポイントなんですが、ここでは理由をはっきり書かないことにします。

・・・・ とまぁ、そんなことで、SSSボクシング作品の未来に、ちょっと光が見えたりしたのでした。
  1. 2010/02/03(水) 22:58:15|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する