眉月的雑感綴

ダブル黒肌巨乳なレズDVD♪

あと三日で四月だっちゅーのに、東京の昼間の気温が5℃。温暖化とかでなくして、実は、地球は氷河期に向かってるんじゃないかと思うくらい寒いです。ううう、早く暖かくなって欲しい。

【巨乳ギャル レズレスリング!! 3】 のジャケットで、「おお、この、黒肌巨乳はいいかも」 ってところからスタートして、あれこれ調べ物をしていくうちに、すっかり、MOKAちゃんにハマっちゃいました。目下、強烈にマイブームちう。

彼女のブログページの右側に、四つほど、彼女の出演作品が紹介されているので、そのうちの一本だけでも拝んどくべぇかとを思い、近所のTsutayaさんで探してみたものの、残念ながら一つも発見できず(他に、二つ三つ、彼女の出演作を見つけたんですが、まだ白肌の頃のものだったり、ヘンにマニアものだったりで、今一、手を出す気になれなかった)。で、一旦家に帰り、今一度レンタル候補のアタリをつけるべく、彼女の出演作品情報を調べていたら、近々、こんな作品がリリースされることを知りました。うーん、これは買いだわ。

発売日が4月19日ってことで、まだちょっと間があるけど、自分の中では、完全に購入決定。でもって、この作品で、MOKAちゃんの黒エロボディをじっくり堪能できるんだったら、【巨乳ギャル レズレスリング!! 3】 は Tsutayaチェック送りにしちゃってもいいかなー、なんて思ったり。

とまぁ、そんなことで、北都系(アウトビジョングループ)インディーズレーベルの、アンナと花子さんの作品だということで、蒲田のフレンズさん(エロDVD屋さんですね)が、SOD系メーカー並みにびしっと新作入荷してくれるかどうか、多少不安ではありますが、とりあえず、キャッシュと5%割引券を握り締めて、発売日にフレンズさんへ走る予定です。
  1. 2010/03/30(火) 00:00:04|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MOKAちゃんもイイ♪

東京は、今月末まで、ずっと最低気温が一桁の下半分あたりで推移する模様。んー、なかなか暖かくなんないっスね。

【巨乳ギャル レズレスリング!! 3】 の黒肌巨乳ちゃんのことが気になったので、またちょっと調べ物を。ジャケットの写真と、ジャケ背面に記載のある試合の組み合わせから、多分、「MOKA」 って名前のモデルさんがそうだろうとアタリをつけて、ネットで検索したらビンゴでした(ネット上では、「モカ」 とカタカナ表記になってるものが多いんですが、「MOKA」 「モカ」、どちらが現在の正式な芸名なのかは不明)。

んでまぁ、彼女のブログだの過去の出演作品だのを覗いてきたわけですが、何とまー、素敵なおっぱいなんでしょう。大きさもさることながら、全体の形や質感がすごくいいし、乳首の向きや、形、色なんかも申し分ない。でもって、こんだけのおっぱいなのに、腹回りにあまり余分な肉がついておらず、しっかりくびれてる。しかも、可愛い系のお顔立ちですからねぇ。いやぁ、オジサンちょっと参っちゃったなぁ、って感じです。

【レズレスリング 3】 の綺麗な日焼け肌を見て、「あー、コーヒー色の肌だから、そこからの連想で 『モカ』 って名前になったんだな」 と思ったら、どうもそういうことではないらしい。2007年の秋ごろにAVデビューした当時はむしろ色白で、黒ギャル方面で売り出したのは、去年の夏前あたりからみたいですね。

彼女のブログを追っていくと、かなり興味深い記事がちょろちょろ。

まず、今年の3月4日の記事に、「この前キャットファイトの撮影したよー(^O^)/」 と書いてある。「お、これが 【レズレスリング 3】 の撮影だな。撮影から発売まで一ヶ月か。GARCONさん、やるじゃん。」 と思ったら、同じ日に、「須真ちゃんも一緒だったからよかったぁ♪」 とも。「えっ? 須真ちゃんって、須真杏里嬢のこと? 彼女は 【レズレスリング 3】 には出てないはずだが・・・」 ってなことに気付き、さらにブログを遡っていくと、1月20日の記事に、「月曜日と火曜わ現場でしたぁo(^-^)o 月曜日わプロレスやったよ(笑)」 の記述がある。【レズレスリング 3】 に出演されている梨杏嬢とのツーショット写真が貼ってあるんで、【レズレスリング 3】 の撮影はこっちですね。

で、ブログ上で一コ上にある1月24日の記事には、「おなじみ須真ちゃんと、ROCOちゃんと一緒に、ガチのM男君を殴ったり蹴ったり」 みたいなことも書いてあって、クラQさんのスタジオで撮影された写真が貼り付いてる。フツーに考えれば、このノリは 【本気で"男"ボコします】 の撮影です。

・・・・ ってことは、・・・・

(1) MOKA嬢は、須真杏里嬢と何度か一緒に仕事をしたことがある。
(2) MOKA嬢と須真杏里嬢とは、かなり仲良しである。
(3) MOKA嬢は、クラQさんにも手が出せるモデルさんである。

さらに、「この二人が出演するキャットファイト作品が(ブログ記事の文面と添付写真から察すると、大手AVメーカーさんのお仕事だと思う)、近い将来、世に出る可能性が非常に高い。」 ってことも言えるわけだけど、それは別口で、一つのお楽しみに取っとくとして、上の (1) から (3) までをシンクロさせると、「キャットメーカーさんでも、須真杏里×MOKAで、一発カマせるんじゃないか?」 とか思っちゃうんですよね。MOKA嬢は、須真嬢をリスペクトしてるフシがありますから、コンビで組ませてあげれば、きっといいお仕事をしてくれるハズです。

うーん、この組み合わせのエロレズなトップレスボクシングは、激しく見てみたいぞ。この際、エロレズ風味までいかなくてもいいや。この二人で、乳丸出しなボクシング作品(もちろんビシッと暗環境、コスも、ビシッとカッチョイイのを用意してあげてね)を作ってくれたら、ゼッテー買う!

SSSさん、どーっスか?
  1. 2010/03/28(日) 00:17:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛音涼子嬢はムリぽ

ここんとこ、「須真杏里×凛音涼子」 のエロレズなボクシング(もちろんハナっから乳丸出し)で妄想する日々が続いてます。

で、こないだ、須真杏里嬢のことをいろいろ調べ、「こりは充分、リアル作品への起用はアリだな」 ってな感触を掴んだもんで、今度は、凛音涼子嬢の方にもチャレンジしてみたんですが、・・・・ 所属先のアスタープロモーションのHPに、所属モデル紹介の二番目にリスティングされていて、Wiki上では、昨年の年末あたりまで出演作品のリストが続いてますが、ご本人のブログは昨年2月から更新がないですし、今もAVのお仕事をされてるかどうかは、かなりアヤシイ状況。んー、ちょっとムリっぽいかなぁ。

自分が、凛音涼子嬢を推すのは、もちろん、エロボディでエロおっぱいであることが一番の理由なんだけど、それ以外にも、ちょっとキツ目のお顔立ち、今風に表現すると、肉食系っぽいエロ顔だってこともある。エロレズなボクシングで、須真杏里嬢と組ませたとき、須真嬢をボクシングファイトとしての強者、凛音嬢をレズテクに自信アリなエロおねぃさん、って役作りをすると、勝ち役とヤラレのどっちに回っても、すんごくいい味が出るような気がするんですね。加えて、彼女は身長167cmと、いい感じの長身で、須真嬢(162cm)よりも5cm背が高い。このタッパのバランスも、結構重要なポイントだったりします。

凛音涼子嬢がダメなら、「エロボディでエロおっぱい」 「肉食系のお顔立ち」 「170cmぐらいの身長」 これに該当するのは、例えば早崎れおん嬢。彼女なら、アクション面もバッチリそうだし。ただ、彼女も、どうも最近、あまりAVの活動をしてる気配がないんですよね。んー、そう考えると、佐伯奈々ちゃんなんか、この役にビシッと嵌まるのになぁ。奈々ちゃんのAV引退は、本当に残念です。

ま、今の世の中、AVで食ってるモデルさんは星の数ほどもいますから、真剣に探せば、「レズテクに自信アリのエロおねぃさん」 っぽいモデルさんの一人や二人見つかるっしょ。SSSさんあたりで、「須真杏里 vs 肉食系エロおねぃさん」 のエロレズなボクシング作ってくれませんかねぇ。

で、自分だったら、この配役(ボクシングファイトの強者vsレズテクに自信アリのエロおねぃさん)で、どうやって、エロレズなボクシングDVD一本仕上げるか的な話を、・・・・ とも思ったけど、それをやると、どう考えてもブログで扱う文章量じゃなくなるのでパス。そのうちに、本家の小文集でご披露しようかなー、なんて考えてます。
  1. 2010/03/27(土) 09:35:49|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のこととか来月のこととか

バトルさんちに、今週末発売分作品の情報が全部開いたけど、今週は、コメント書きたくなるような作品は、アキバコムさんの 【オイルレズレスリング】 ぐらいしかないっスね。

うーん、ジャケ前面の、商品を手に取ったときに一番目立つ写真で、なんとなく攻め体勢っぽい位置の黒コスおねえさんが、あさっての方を向いて自分の乳を揉んでるって(しかも表情もヘンだし)、・・・・ なんで、こんなワケワカランチンの構図になっちゃうのか。片方がタッパ150アンダーのモデルさんだってのも、センスが悪いように思えるし、全体的にオイルの量が足りない気がする。つか、オイルレスリングのタマとして、女女版があるんなら、どうして女女版が先に出ないんだろう?

来月のスケジュールも出たんで、そっちにも言いたいことを少々。

まー、新タイトルばっかですねぇ。そんな中、早くも 【ダイナミック女子ボクシンググローブ】 の三作目が出てくる模様。きっちり月イチで出てきてるところを見ると、こいつが今、SSSさんでは一番の売れセンなのかしら。まぁ、このシリーズには、いろんな意味でセンスを感じるんで、さもありなん、って感じなんですけどね。

かと思うと、最終週には、【新タイトル・ボクシング系 by SSS】 なんてのもある。ミックスって書いてないから、多分女女版だろうし、レズとも書いてないから、エロ風味でもなさそう。んー、こんだけボクシング系のタイトル抱えて、まだ新タイトルが出ますかね。もしかしたら、こないだレズボクシングで大ヘタこいた新監督さんの担当かも知んない。もしそうなら、間違って初手から乳丸出し全開、なんて可能性もないわけじゃないから、適度に期待、と。

あと、ネタになりそうなのは、B-1一回戦の最終戦が出て、参加者全員が出揃うことぐらいでしょうか。B-1トーナメントは、今月までに三試合、計六人分の参加者の人となりが判明してますが、ネームバリュー的に、「む、こいつは大物やな」 って感じのモデルさんは一人もいない。最後の最後で大物登場となるかどうか、一応注目、ってことにしときます(つか、そうであれば、その人物を第一試合に突っ込んで、トーナメントの盛り上げを図るべきだと思うが)。

そうそう。バトルさんちのスケジュールには出てないけど、来月は、GARCONさんから、【巨乳ギャル レズレスリング!!】 の三発目が出ます。全体的な構成やテイストは前作と同じっぽいんで、Tsutayaチェック経由でいいかなー、とも思うんだけど、出演者の中に、割といい感じの黒肌巨乳ちゃんがいて(ジャケ前面の一番目立つ写真でスリーパーかけられてるモデルさんね)、しかもタッグ戦の負け役になってディルドでボッコリいかれるみたいなんで、ガマンできずに買いに走っちゃうかも知れません。

ま、そんなとこで。
  1. 2010/03/24(水) 16:13:38|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

須真杏里ブーム再燃

バトルさんちの発売スケジュールページに、TOMさんの漫画誌が、3月31日先行発売と表示になりました。一時期、最新発売日4月7日と表示されていた、書籍カテゴリページの 【Tom's コミックス】 カラムも、3月下旬予定に変わったし、31日発売決定ってことでいいのかしら。んー、ここは、バトルさんちでお買い物の基準になるんで、はっきりしてもらいたい。

さて、前回の記事に、「須真杏里×凛音涼子だったら、間違いなく爆弾級のモノが撮れる。これでどうだぁ!」 ってなことを書きましたが、以前、こんな記事なんかも書いたように、自分としては、(キャット系作品の)女ボクサー役として、須真杏里嬢のタレントをすごく買ってるんですね。

で、前回の記事を書いて、またちょっとスイッチが入っちゃったことなんかもあり、ネット上で、須真杏里嬢の情報を集めてみることにしました。

彼女のブログを追っていくと、写真も多いし、お仕事関係の記述がマメになされているので、「あー、あの作品は、この日に撮影があったんだなー」 ってことが、結構わかったりする。GARCONさんの 【レズレスリング 2】 では、「撮影テープが一部事故ったので、三週間後に、その部分だけ再撮影」 なんてこともあったみたいですね(2009年7月6日、27日の記事より)。

あと、昨年8月には、「知り合いが出場していたボクシングをマネージャーと見に行ったよ! ラウンドガールの時も思ってたけどやっぱり戦う男はかっこいい\(^O^)/」 なんて記事もあったりします。

んー、こういうとこが、自分が、須真杏里嬢をボクシング作品のキャストとして見てみたいと思ってることの、大きな根拠になってるんですよねぇ。彼女は、リアルボクシングの様子を、視覚情報として、確実に、しかもかなり豊富に持ってるはずで、これは、彼女自身が演者の立場に回ったときに、すんごいメリットになると思うんですよ。

話はちょっと変わりますが、今回、割としっかり須真杏里嬢の情報集めをしたことで、彼女が、クラQさんの作品にも出演してることも初めて知りました(過去に、彼女の名前をキーワードにしてバトルさんちで検索したことがあったけど、バトルさんちのクラQ作品ページには出演者情報がないんで、そこでは引っかかってこなかったのねん)。【Girls Fight 64】 と 【本気で男をボコします 140】。ブログを見ると、撮影は、2009年11月18日だったようです。

うーん、この情報は、個人的には大きな収穫だなぁ。と言うのは、ブログで 【水上キャット決勝】 のコメをやったとき(上にリンクを貼った回ね)に、「16人一発撮りの作品に呼ばれるぐらいだから、キャットメーカーさんにとって、手が出ないモデルさんではないと思う」 とかも書きましたが、彼女は、今でもピンのお仕事もバリバリなさってるぐらいなんで、「16人一発撮りは大手のGARCONさんだからできたことで、やっぱ、キャットメーカーさんには高嶺の花なんかなぁ・・・」 なんてことも考えてたんですね。

でも、クラQさんが、「モデルさん四人集めて女相撲&M男ボコりの二本撮り」 に彼女を呼べるんなら、そこまでの高嶺の花度合いではなさそう。クラQさんでいけるなら、バトルさんでもSSSさんでも引っ張って来れないことはないっしょ。

自分目線だと、どうしても 「是非、女女版エロ系トップレスボクシングで!」 になっちゃうけど、別に、エロ含みやトップレスでなくても、彼女でボクシング作品を撮れば、絶対に、見栄えも迫力もある、強烈なモンが出来ると思うんですよね。

彼女が、「ボクシングは私にとって神聖なもの。だから、自分では、AVの仕事でグローブをつけることはしません。」 みたいに考えてるとかの事情があるなら仕方がないけど、もしそうでないのなら、キャットメーカーにとって、彼女は、「女ボクサーの演者としては最上級の素材」のハズ。SSSさん、今後もそれなりにボクシング系作品をシリーズで出してくなら、彼女を放っておく手はないと思うんですけどねぇ。
  1. 2010/03/22(月) 15:31:15|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後に提案なんぞもさせていただきました

Tsutayaさんで、【THE ガチンコプロレズ 3】 を借りてきました。以前ここで、「あんまし期待はしてません」 的なことを書きましたが、実際に中身を見てみると、なかなかの出来栄えで、自分の目線だと、【2】 や 【番外編】 よりも、銭打ってもいい度合いが高い。今度バトルさんに行くときに、「【2】以降でどれか一本購入」 って考えてたんで、こいつにしようと思います。で、発売日(1月7日)からもう結構間が開いちゃってるし、急ぐ必要もないだろうから、レポ&コメは、モノを買ってからやることにしようかと。

ところで、先月の終わりに、ブログ拍手経由でメッセージをいただいたNさんから、再び同じコースでメッセージを頂きました。Nさん、毎度ありがとうございます。

で、そこに、「鬼イカせよりもダイナミック女子の方がいいモデルさんを使ってる。なんでそっちを脱がさないのか?」 的ことが書いてあったんですが、メッセージが届いたのが16日の夕方で、自分が、【鬼イカせ女子ボクシング】 をネタにして、17日未明に記事を起こしたのよりもちょっと早い。ってことは、自分もNさんも、同じ感覚だったわけです。これはちょっと嬉しかったり。

んー、17日の記事では、【鬼イカせ】 を叩きすぎたかな、って気がしないでもない。特に、モデルさんの確保には、いろんな事情が絡んでくるだろうしね。こいつが売れないと、即シリーズ打ち切り → SSSさんがレズボクシングそのものの制作意欲を失う、ってことになりかねないですから。

ただ、レズテイスト含みの女女ボクシングを撮る場合、おっぱいパンチとか、乳をグローブで揉むとか、ってのは避けて通れない道、言い換えると、作品の醍醐味で、ある意味、一番の見せどころじゃないかと思うんですよ。だから、キャストのうちの少なくとも片方は、乳チャラを突っ込んで、乳パンチシーンなり乳揉みシーンの見栄えを確保する必要があるんじゃないかと。そう考えると、【ダイナミック】 に出演した平山薫嬢なんか、乳キャラ担当として申し分なかったんじゃないか、って気がするんですよ。んー、勿体無い。

そこへいくと、【Boxing of the Lesbian】 シリーズは、コンセプトの時点で乳重視を謳っちゃうぐらい、乳キャラ起用の点ではヌカリなかった。さすがは C.ロナ監督、良ぅわかってらっしゃる、って感じ。そういういいお手本があるんだから、せめて暗環境作るとか、乳キャラが確保できるまで撮影を待つとかして、良作を世に出す努力をして欲しい。SSSさん、よろしくお願いしますね。

眉月に言わせてもらえれば、今、エロレズボクシングを撮るなら、まず須真杏里嬢を確保。相方は、おっぱい重視で(ある程度、腹回りのくびれは必要だけど)それなりに動けるモデルさんを引っ張る。んー、個人的には、凛音涼子嬢なんかベストですね。ちょっとギャラが張るかもしんないけど、須真杏里×凛音涼子だったら、間違いなく爆弾級のモノが撮れます。

これでどうだぁ!(つか、須真×凛音をヘボコスヘボ小道具ヘボ環境で撮影したら、ヌッコロどころの騒ぎぢゃ済まないわけだが)
  1. 2010/03/21(日) 08:18:02|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

税込み3900円♪

ネットで天気予報を見ると、東京は、この先一週間の最高気温が15~20℃。最低気温も、あと少しで二桁ってとこまで来てます。春到来まであと一歩って感じですね。

さて、個人的に、ものすごく期待していた、【新タイトル オイルレスリング系 by 新メーカー】 と 【新タイトル レズボクシンング系(仮)by SSS】 が、いずれも残念な結果に終わってしまったわけですが、それでも、近いうちに、バトルさんにお買い物に行こうとは思ってます。

一つには、TOMさんの漫画誌が出ること。今回も、トップレスボクシング漫画がバッチシ収められてますし、こいつは、んもう無条件で購入。えーと、商品ページでは、3月下旬発売になってるけど、「Tom's コミック」のカラムでは、最新発売日が4月7日の表示なんで、発売は4月7日に決定でいいのかしら。つか、作品ジャンルが、「キャットファイト/プロスタイル/女相撲/女子プロレス」 になってて、「女子ボクシング」 の分類がないってどゆこと?(まぁ、近いうちに訂正にはなるだろうけど)

あとは、【美熟女レズバウト 6】、それから、いまだに商品ページが出てない 【続・腹パンチ対決02】 が間違って入荷になってたら、と、このあたりが、割と最近ブログに載せた購入候補作品になりますが、それ以外にも、税込み3900円にディスカウントされた作品群から、ナンボかまとめ買いしてもいいかな、なんて考えてます(実はディスカウント第二弾を知ったのは、つい先日で、昔のバトル商品ページを眺めてて、お値段を見て 「えっ?」 と思い、そこでようやく気付いた次第だったり)。

ディスカウント第一弾は、あまりソソられる商品群がないけど、第二弾は、バトルオリジナルレーベルの 【女子ボクシング】、【レズボクシング】、SSSさんからは、【Topless Blow】、【The レズバウト】 と、比較的、自分のストライクゾーンへ来てる商品が多いです。

【女子ボクシング】 は、【3】 をDVDで買い直したいかなぁ。これのVHS版は持ってるんだけど、ビデオデッキがお亡くなりになったので見ることができないんっスよね。あとは、割と評判の高い 【7】 に手を出すかどうか。

【レズボクシング】 は、黒肌中森ひなの嬢が勝ち役だってのが判明したことで購入を見送った 【5】。【3】 以降で持ってないのはこの作品だけなんで、このお値段だったら揃えちゃってもいいかも、なんて。【Topless Blow】 は、唯一トランクス戦があり、黒肌の小倉亜沙美のKO負けシーンが拝めそうな 【5】 から入りたい。

【The レズバウト】。んー、これはねぇ、ちょっと迷う。自分は、【1】 と 【6】 を持ってるんですが、それ以外にも、見てみたい作品が多いんですよ。もうお分かりのように、自分は黒肌に弱いんで、【14】 がほぼ購入決定。あとは、ルックス・ボディ・演技力と三拍子揃った早崎れおん嬢狙いで 【16】 とか、おっぱいの充実度でいくと 【5】、【12】。あー、結構目移りしちゃいますねぇ。

にしても、税込み3900円ってのは、何ちゅうかこう、すごくお手ごろ感がありますねぇ。メンバーズカード提示で10%引きだと、一万ちょっとで三本買えるし、心理的に気軽に手を出せる気がする。発売から二年とか三年とか経って、デッドストックになりかけてる商品は、どんどんこの路線で売り捌いちゃった方がいいんじゃないのかなー。個人的には、ミラクルMさんの 【ファイブ・クライマックス・エッチ】 シリーズあたりが引っかかってくれると嬉しいんですけどね(3×3でダイジェスト版化してくれてもいい)。

とまぁ、そんなことで、TOMさんの漫画誌が出たあとの火曜日に(そこそこ銭を打つことになりそうなんで、ポイント2倍デーは外せない)、一年半ぶりに、バトルさんでお買い物の予定です~。
  1. 2010/03/18(木) 00:33:45|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二週連続の空振り

バトルさんち、SSSさんち共に、今週末発売作品の情報が、一気に開きました。今週は、ダイナミック女子ボクシンググローブの続編と、エロレズなボクシングの新タイトルが出るんで、かなり鼻息が荒い状態での情報待ちだったんですが、・・・・

本題の二本の前に、コンマビジョンなるメーカーから出た、【おっぱいプロレス】 の話。出演者情報や、ジャケット写真から察するに、これは間違いなく、【ハミ乳プロレス】(NAKED FILM より2006年1月にリリース。まだバトルさんちに商品情報ページが存在します)の流用でしょう。【ハミ乳プロレス】 は 3360円/180分、【おっぱいプロレス】 3670円/60分ですから、もし買うのであれば、どう考えても 【ハミ乳プロレス】 の方がお得。そこいらの事情を知らずに手を出しちゃう人がいるかも知んないので、一応、情報提供しておきます。

んぢゃ、本題へ。まず、【ダイナミック女子ボクシンググローブ 2】 からいきます。

どうやら、コスは前作とまったく同一のものを使ってる模様(背の部分のちっこい写真でしか確認できないけど、シューズも同じものを使ってるっぽい)。さらに、白コス担当に乳キャラをぶち込んでくるとこまで一緒って。まぁでも、乳キャラはあるに越したことはないですし、コスも変なビキニとかよりもよっぽどいいように思います。

ジャケットの構図も、「アッパーを食らったモデルさんの顔アップ」 で前作と同じで、今回のは前作よりも、「水量アップ」 した感じですが(マウスピースが写るようにもなったけどね)、いかにも、「口一杯に水を含んで、マウスピースと一緒に噴き出しました」 って感じが出ちゃって、個人的にはあんまり印象は良くない。もっと飛沫を小さくするなり、涎っぽく見える工夫をするなりが必要でしょう。

ジャケット上には、おっぱいポロリの写真がないようですが、バトルさんちのスライドショー写真には、平山薫嬢のブラの結び目が解けて、乳首が見えてる写真がある。んー、ポロリをやるなら、ちゃんとジャケット写真の時点でわかるようにすればいいのに。つか、やるなら、もっと積極的にポロリまくっても良かったんじゃないかなー、なんて。彼女の乳は、銭の取れる乳だと思いますよん。

そうそう、ジャケット写真と言えば、今回は強烈なのが一枚ありましたね。背面ほぼ中央の、岡咲ミサト嬢うつ伏せダウンを、顔アップの位置から撮ったやつです。北原佐和子似(古いな…)の可愛いお顔立ちのお嬢さんが、白目を剥き、口から舌をはみ出させている構図。うん、これは強烈ですよ。いいもん拝ませてもらいました。

シリーズ二作目が出たことで、シリーズの方向性みたいなものが見えてくるかと思ったんですが、あまりにも似通った内容だもんで、かえってシリーズの方向性云々の話は、しにくくなっちゃったかなぁ。でも、暗背景に派手目のリンコスで、本格テイストのボクシングファイトを見せる、ってセンなのは確かなんじゃないか思うし、生き残って欲しいシリーズではあります。まぁ、おっぱい丸出しぢゃないから、自分が銭を打つことはないと思いますけど。

で、問題の、【鬼イカせ女子ボクシングK.O.1】。うーん、「K.O.1」 って部分が、激しくオシャレぢゃないような。まぁ、本体のデキが良ければ、んなもんはどうでもいいんだけど、・・・・

レズ系ボクシングという予告で、内容も確かにエロレズっぽいボクシングなんだけど、何ちゅうかこう、ジャケット写真が全然エロくないんですよね。出演されているモデルさんの二人も、決しておヘチャじゃないけどエロ顔ではないし、かと言ってエロボディでもエロおっぱいでもない。「これからこの二人が、ボクシンググローブつけてリングに上がり、揉んだり舐めたり殴ったりしてイカせ合うんですよ、どーっすかお客さん」 と言われても、あまりソソられないと言うか、エロい気持ちになれないんですよね。

にしても、このコスは酷すぎる。これは、ボクサーとしてリングに上がる衣装ぢゃないでしょう。ボクシンググローブやシューズ、リングとかの小道具との 「濃さが合ってない」 んですよ。正直、これなら、フツーのビキニの方がまだマシ(もちろん、フツーのビキニを推奨するわけぢゃないけど)。背景の暗さも中途半端ですし、ここまでの時点で、「駄作確定」 かと。

ジャケ背面には、「一方は純粋なボクシングで相手を追い詰めてからエロに移行する考えで、もう一人は最初からエロで相手を攻め立てる!」 とありますが、この、立場を違えたキャラ設定はすごく買える。でも、それならそれで、もっとアピールしないと。下段の文章を読めば、青コス水野嬢が前者(ボクシングで攻めてからエロへ)、赤コス吉田嬢が後者だと判明しますが、このキャラ(設定)の差が、ジャケット上の写真でわかるのが当たり前、少なくとも、もちっと大きい字で書かれたピンク背景の一行文の時点でわからないとダメです。

ジャケット上の謳い文句には、「SSS新監督登場!!」、「キャットファンがSSSの門を叩き、作品を完成!!」、「マニアックイカセ系女子ボクシングを見よ!!」 なんてことが書いてありますが、エロレズ風味のボクシングであれば、オイラの方が数段上のものを作る自信がありますね。ぶっちゃけ、エロレズボクシングを赤青のグローブで撮っちゃうような輩は、自分はマニアとは認めません。

グローブの話が出たので、もうちょっと、そっち関係の話を。この作品では、赤グローブがテープ固定で、青グローブはテープなしです(ナゼか、【ダイナミック 2】 も同じパターン)。んー、これってどうなのかなぁ。確かに、Winningのソフトグローブって、グローブ全体の形状を考えると、テープなしのストラップ固定でも、ちょっと昔風な雰囲気で、これはこれで味があるような気がする。ただ、こゆ見せ方をするなら、ストラップをひっ詰めて、手首周りには見せないのではなく、長めのストラップにして、手首の周りを何周かさせる方が、もっとそれっぽい雰囲気が出るんぢゃないかとも思うんですけどね。

とまぁ、そんなことで、久々の超期待作だった、【新タイトル レズボクシンング系(仮)】 も、【Boxing of the Lesbian】 シリーズの出来栄えに遠く及ばないという、限りなく空振りに近い結果に終わっちゃいました。残念っ!
 
んー、もし 【鬼イカせ女子】 が 【ダイナミック 2】 のキャスティングだったら、平山薫嬢のおっぱいに騙されても良かったんだけどなぁ。キャラ設定をそのまま生かして、平山嬢がボクシング先行型、岡咲嬢をエロ攻撃専門型に見立てる。でもって、序盤は優勢だった平山嬢が、「可愛い顔してド淫乱」風の岡咲嬢のエロ攻撃の前に徐々に失速、最後は全身をヒクヒク痙攣させながら、大の字イカされKO負け(三本勝負で、全体の流れを上に書いたようにして、平山嬢の勝ち→負け→負けなら尚可)。こんな展開だったら、多少のアラには目を瞑って、銭打っても良かったんだけど。

つか、同じ週に二本女女ボクシング作品が出て、エロ行為メイン作品のモデルさんの方がエロくないって、どゆことなの、SSSさん。売る気あります?(←最近こればっかだなぁ)
  1. 2010/03/17(水) 01:43:05|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ド空振り…orz

バトルさんちに、今週末発売作品の商品ページが上がりましたが、自分が、今月の目玉商品として期待していたものの一つ、【新タイトル オイルレスリング系 by 新メーカー】 は、とても残念な結果に。まったくもう、ミックスならミックスだって始めから書けよ、って感じ。ヘンに期待しちゃうぢゃん。(←ちょっと怒ってる)

まぁ、月間スケジュール上で、どのメーカー(レーベルかな)からどんだけ商品が出てくるのかを眺めた時点で、アキバコム制作部さんのぢゃねーかな、って気はしてたんですけどね。でもって、そうなら男相手でもおかしくないだろうと覚悟してもいたし。

しかしなぁ、いかに 「ミックスde行為エロ」 がメインのアキバコム制作部さんの作品とは言え、オイルを使った作品の一発目がミックスなんて。自分はね、オイルだのローションだのってのは、あくまでも女同士が絡む場で使うもんだと思うんですよ。なぜ、オイルの企画が出た時点で、とりあえず女女版から、ってならなかったのか。多分、バトルさんが、女女よりもミックスの方が売れると踏んだからこうなったんでしょうけど、もしそうなら、すごく哀しい。

しかも、ご本人には申し訳ないですが、美形と呼べるルックスでもなく、乳周り尺よりも腹回りのダイナマイツ加減が目立っちゃうようなモデルさん。正直、売る気あんのかと。

次は是非とも、女女版作ってくださいな、できれば、ヤラレの側だけでも、もちっとマシなモデルさんで、・・・・ とも思ったけど、どうもリングとオイル、特に、バトルさんが使ってるような、広めのリングとローション系のヌルテカって合わないような気がする。んー、女女版をやるなら、別の器を考えた方がいいのかな。ああ、あと、ローション系のヌルテカと競泳水着は相性悪いと思うんで、コスの方も工夫が必要ですかね(そうなると、まったく別口の企画になっちゃうかも知んないけど)。

もう一本、【現役女子キックボクサー vs 男性ファイター(仮)】 は、予想通り、【異種格闘技 Mix fight!!~敗者陵辱マッチ~】 のシリーズでした。うーん、こいつも、かなりアラと言うか、どうしてこうなっちゃうかなー的な要素が多いんだよなぁ。

まず、グローブが青なこと。せっかく暗背景にしてるんだし、これは赤が正道、百歩譲って黒、千歩譲って白まで。衣装のどこにも赤を使ってないことを加味すると、黒や白に譲れない度合いは、もっと高まるかな(赤はインパクト色なのよ)。でもって、キックを題材にしてるなら、Winningよりも、Windyとか Twinsの方が雰囲気が出るような気がする。スタジオに確実にある備品の中から選ぶんなら、正解は、「Windyの赤グローブ」。

次にコス。上は、シリーズ一作目のヒモビキニよりはマトモになったけど、形状に問題あり。でもって、このパンツは、・・・・ 現役選手を謳う方向性なら、もっとちゃんとしたトランクス(でなくてもいいけど、試合用に見えるもの)穿かせないと。ここいらは、大手メーカー系列、例えばSOD系の作品と見比べると、強烈に見劣りがします。以前このブログで紹介した、同じ現役キックボクサーが題材の 【現役キックボクサーがAVデビュー!詩音】(SOD系ROCKETさんからリリース) なんか、試合シーンは、もろにリアル試合用のコス(黒ベースのセパレートで、トップにネームの刺繍、ゴールドのヒラヒラつきボトム)って感じでしたし。

あとねぇ、男をプロレスラーに見立てたのはいい。でも、それなら、男が攻めてる構図で一番目立つジャケット写真が、「素手で女の顔を殴る図」 はないでしょう。この画を見せたいなら、男を総合格闘家に見立てて、オープンフィンガーグローブつけさせるとか。ぶっちゃけ、素手は見てて痛いです。

・・・・ と、そんなことで、今週は全面的に空振り。鼻息を荒らげてバトルさんへ買い物に行くためにも、次週の 【新タイトル レズボクシンング系(仮) by SSS】 には、絶対にコケて欲しくないところです。

頼む! そっちはハズレないでくれぇ!
  1. 2010/03/09(火) 23:10:56|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏に期待はできなそう

個人的に、今週末に発売になる 【新タイトル オイルレスリング系(仮) by 新メーカー】 の情報が死ぬほど知りたいんですが、まだ商品ページが開かないようなので、前回書いた、「B-1準決の裏でエロレズいもん撮ってね」 の続編みたいなことを。

記事を書いてるときは、お二人のおっぱいで頭の中がいっぱいになってて、まったく見えてなかったんですが、記事をアップロードした夜、寝床で横になってるときに、ふと、「ああ、高島ちづる、このみゆうか、どちらか一方は、必ず決勝に勝ち上がるのか・・・」 ってなことに気づく。・・・・ ってことは、どうも裏でエロレズいもんのセンはなさそうだなぁ、なんて思えてきました。

B-1トーナメントは、ガッチガチのストロングスタイルがウリであるハズで、決勝戦はそのクライマックスなんだから、トーナメントの盛り上がり加減みたいなものを考えると、少なくとも、決勝戦を闘うキャラは、ヘンにエロレズな作品に引っ張り出して、「あは~ん」 だの 「いや~ん」 だの言わせるのは、あまり良ろしくない。確かに、『高島ちづる×このみゆうか』 の巨乳エロレズ作品は、強烈にソソられるものはあるけれども、バトルさんが一番売りたい、と言うか、売らなければいけないのは間違いなくトーナメントの方だろうから、そういう方向性にはいかないだろうと。

でもなぁ、高島ちづる嬢にしても、このみゆうか嬢にしても、もう男相手のエロ系作品(【プロスタイルSEX Mix 1】 と 【ミックスドミネーションシリーズ 5】 ですね)が出ちゃってるんだよなぁ。

で、「B-1準決勝第一試合の裏番組は、この、男相手のエロ系作品二本なんじゃないか」 なんてことも、頭に浮かぶ。B-1の一回戦とは別口でお二人を呼んで、準決勝と、男相手のエロ作品を二本撮り。そう考えると、バランス的に、と言うか、撮影回数的に、すごくスッキリ収まる気がするんですね。

一旦は、自分の中で、「うん、これはそういうこと。」 みたいな感じで整理できたんですが、もう一度、ここいらの作品を追うと、【プロスタイルSEX Mix 1】 は、バトルさんのロゴ入りマットだけど、【ミックスドミネーションシリーズ 5】 は、水色無地のマットだったりする。

もちろん、マットの敷き直し自体は、そんなに手間のかかるもんでもないだろうし、【プロスタイル・・・】 はバトルオリジナルレーベル、【ミックス・・・】 はアキバコム制作部の作品なんで、そういう使い分けをしつつ二本撮りしたんだ、と考えることもできるけど、どーもこう、そういう小細工は、バトルさんには似合わないような気がするんだよなぁ。うーん、よくわからん。

まぁ、そこいらのことを云々するには、まだトーナメント一回戦の途中だし、ちょっと情報が足りない感じではある。自分は、「こんだけの試合を撮るなら、これとこれを一日でやっつけて」 みたいなことを考えるのが大好きなので、トーナメント分の作品が全部リリースされたあたりで、「自分ならこういう撮影スケジュールを組む」 とか、バトルさんとSSSさんの比較とかの話まで含めて、一発論文でもかましてみるかなぁ、なんて考えてます。

とりあえず、【プロスタイル・・・】 と 【ミックス・・・】 の、「男相手にどの程度ヤラレに見せるか」 を見比べた結果、「B-1準決勝第一試合は高島ちづる嬢の勝ち」 とか予想したりして。
  1. 2010/03/08(月) 22:25:12|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏に期待

すでに発売日の日付を通り過ぎちゃいましたけど、何となく今週末発売分作品へのコメントなんかを。ちうても、言いたいことがある作品は、そんなにないんですけどね。

Feti-Feastさんの 【レズxレイプ Fight! 7】。うーん、・・・・ あらすじ紹介を読むと、七瀬愛梨嬢がヤラレで間違いないと思うんだけど、このキャスティングはちょっと酷くないか? ご本人には申し訳ないですが、エロメイン作品のヤラレがこの程度じゃ、そうそう銭打ってくれるお客さんがいると思えない。サンプル動画も見てみましたが、行為エロ的にも全然濃くないし。Feti-Feastさん、もちっとしっかりしてください。

ミックスだの相撲だのはどうでもいいんで、他の三本は放っといて、今週のメインディッシュ、【B-1トーナメント一回戦 第三試合】 いきます。

ジャケ背面のトーナメントラダーで、一回戦第二試合は、このみゆうか嬢が勝ちあがったことがわかります。第二試合のコメの時に、「このみゆうか嬢に勝ち上がってもらって、高島ちづる嬢との準決の裏(二本撮りのもう一本、ってことね)でエロいもんでも」 みたいな願望を書きましたが、願望とは別に、こういう試合結果じゃないかって予想もしてました。因みに、予想の根拠は、「もし高島寧々嬢が勝つと、準決勝が、高島×高島になる。それはねーだろ」 だったりするんですけどね。

にしても、何ちゅうかこう、見た目、「エロ担当で呼ばれました」 って感じのモデルさんが勝ち上がっていて、準決勝以上の勝ち上がり戦が、ガチガチストロングスタイルのハードファイトになるように思えんのだわなぁ。第一試合にしても第二試合にしても、動画レベルで見てないので、実は 「高島ちづる嬢もこのみゆうか嬢もアクションはバッチシです準決勝もガチガチのハードファイトです乞うご期待」 なのかも知れないんですけど、どうもそうではないような気がします。

話を第三試合そのものに移して。見た目的には、黒コス長身の渥美イオン嬢の方が強者っぽいキャラだけど、スライドショー写真を、上段左から右、次に下段左から右という順番で考えると、ラストの方で、渥美イオン嬢が受けに回っている写真が続くことになる。ってことは、この試合は、葉月あんな嬢の勝ちなんですかね? んー、どうもしっくり来ないんだよなぁ。

で、ちょっと思うんですが、もし、この第三試合を一発目に見せたら、お客さん側が、このトーナメントに抱く印象って、ずいぶん違ったんじゃないかと。

ここまでの三試合で考えると、ジャケットだけを見た時点で、モデルさんのキャラ的に、ガチガチのハードファイト臭がするのは、この第三試合だと思うんですよ。だから、この試合をトーナメントのオープニングマッチに持ってくれば、お客さんサイドとしても、「おお、バトルさん、結構マヂやん」 って見てくれる気がする。少なくとも、現状の第一試合の 「エロに持っていくにはちとキビシイ感じのガチっぽいモデルさんが、ほんわか風味の巨乳おねいさんに負ける」 よりはよっぽどいいかと。もちろん、高島×山田がガッチガチのハードファイトであれば、現状の順番でも何の問題もないし、逆に、葉月×渥美がユルユルなファイトで、こいつが一発目だったら、目も当てられないわけですけどね。

・・・・ ってことで、今週は、新作そのものよりも、「高島ちづる×このみゆうか」 の巨乳コンビで、B-1準決勝を撮るのが確定になった、ってことが、個人的には一番の収穫。ぜひ、このコンビのまま、裏でエロレズいもんを撮ってもらいたい。ビシッとおっぱい丸出しにしてくれれば、多分買います。ボクシングなら更にオッケー。バトルさん、よろしくお願いしますね。
  1. 2010/03/06(土) 18:57:46|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月は買い物に行くぞぉ!

えー、Web拍手経由でメッセージをいただいたNさん、どうもありがとうございました。今後も、どうぞよしなに。

では、今日は、今まで何気にスルーしてた、3月(もう今月ですわね)の発売スケジュールを見て感じたことなんかを、つらつらと。

まず、ざっと見渡すと、【新タイトル】 アイコンがついた作品の多さが目立つ印象です。「あんまりモノが売れていかないので、売れセンを模索してる」 って感じなんでしょうか。

SSSさんからは、ボクシング系作品が三発ラインナップされてます。この中では、どうしたって、19日発売の 【新タイトル レズボクシンング系(仮)】 が、一番の期待作になっちゃいますね。【Boxing of the Lesbian】 シリーズに匹敵するものが出てくるかどうか。間違っても、「どっちかってと、【激闘!! 女子エロボクシング】 に近いです」 とかいうのはカンベン。ここは是非とも、全編トップレスモードであってもらいたいところです。

【現役女子キックボクサー vs 男性ファイター(仮)】 は、【異種格闘技 Mix fight!!~敗者陵辱マッチ~】 のシリーズ続編かしら? 発射のタイミング(前作、前々作の発売間隔)を見ると、何となくそんな感じ。【ダイナミック女子ボクシンググローブ 2】 は、シリーズ二本目ってことで、このシリーズの方向性が、はっきり見えてくるんじゃないか、という意味合いで、ちょっと注目ですかね。

それはそれとして、一時期、2月の予定に載ってた、【Situation Boxing】 は、どこ行っちゃったんだろう? まさか、「『レズボクシング編』として出す予定で撮ったもので、結局、レズボクシング系の新タイトル(19日のやつね)で出すことにしました。」 なんつーオチだったりして。

個人的には、もう一本、12日発売予定の 【新タイトル オイルレスリング系 by 新メーカー】 にも期待してます。バトルさんの発売スケジュールに載るってことは、それなりにキャットをウリにしてるメーカーの作品でしょうし、オイル系だったら、脱ぎゼロなんてことはなさそうですから(最低限、透けはあるハズ)。もちろん、得体が知れない分、ド空振りってことも充分考えられますが、まぁ、そんときはそんときで。

・・・・ と、そんなことで、3月は、かなりドキドキしながら商品情報の公開を待てるネタがちょろちょろ。今のところ、頭の中の買い物カゴ入りさせてる作品もナンボかあることですし、3月の期待作も、月中あたりまでには、全面的に答えが出るでしょうから、そこいらで一発、一年半ぶりに、バトルさんでお買い物でもすっかなー、なんて考えてます。
  1. 2010/03/01(月) 00:13:24|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する