眉月的雑感綴

むしろ抉れた一年

あと僅かで2010年も終わり。

昭和の頃は、西暦よりも、「昭和××年」 って言い方をするのが普通だったように思うけど、どうも 「平成××年」 ってのはピンと来ないんだわなぁ。

それはさておき、今年はホンマになぁ~んにもせんかった。ブログの方には、ちょろちょろポザ絵を載せてたけど、本家サイトにアップしたのは年賀画像だけで、文章方面も、MOKAちゃんガラミで書いた小文集の2ページだけ。実質、「創作」 と呼べるコンテンツの増加はゼロ、くぅちゃんのお話を引っ込めちゃった分、むしろ抉れたかもしれない。非日本語圏のお客様のための、ブログに突っ込んだポザ画像を一覧できるページも、準備しただけで、結局、アップせずに放置しちゃったままだし。

まぁ、過ぎたことをあれこれしてもしょうがない。来年は、もちっとマシになるように頑張りましょう。

皆様、良い年をお迎えください。
  1. 2010/12/31(金) 23:35:15|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4人が正解

風邪はようやく全快したけど、患い中に漢字パズルと図書館で借りてきた長編推理小説群に大ハマリした流れで、「M-1の感想文もバックレたし、もう、年内は、大晦日に、今年の締め(言い訳?)記事を書けばいいかなぁ」 とか考えてたんですが、「これはすぐに書いておきたい」 ってなネタを拾って、俄然やる気が出たもんで、予定を変更して、一発記事を起こすことに。

とりあえず、バトルさんちに、年明け第一週の分も商品情報が開いたので、新作コメを少々。えー、年内最終週の分は、全面的にスルー、ってことで。

まず、Feti-Feastさんの 【レズxレイプ Fight! 9】。Feti-FeastさんのHPへ行って、サンプル動画を見てみたところ、樹林れもん嬢が強烈なおっぱいをしてらっしゃったので、ちょっと気になって、ネットでいろいろ調べてみました。Wikiによれば、95-59-84のGカップと、やっぱり、かなりのダイナマイトバディですね(因みに、彼女のブログはコチラ)。

こんだけのダイナマイトバディな上に、「無慈悲なドミおねぃさん」 でも、「ドミるつもりが最後はバリヤラレなおねぃさん」 でも、すんごくいい味が出そうなお顔立ちですし、舞台のお仕事もなさってるぐらいですから、演技の方も問題ないでしょう。他のメーカーさんにも、起用候補者リストに入れてもらいたいところです。

【官能!!格闘被虐マッチ 3】。うーん、シリーズ一発目が、あまりにも強烈だっただけに、それと比べると、どうしても見劣りしちゃうんだよなぁ。まぁでも、狙ってる路線は、いいとこへ行ってると思う。

真矢ゆき嬢は、キャット系作品ではお初のようですが、同じSSSさんのフェチもの 【光輝く競泳水着でSEX 5】 のジャケ写を見たときから、ちょっと気になってました(サンプル動画を見たいんだけど、まだSSSさんが上げてくんないのよねぇ)。このSSS二作品では、彼女のナマおっぱいの露出はかなり控えめだけど、脱ぐとこんな感じになる模様。

あと、【官能!!格闘被虐マッチ 3】 では、彼女はドミる側の役ですが、どうもこう、ヤラレに回った方が魅力が引き出されるお顔立ちなんじゃないか、って気もする。んー、何かもったいない。・・・・ ともあれ、彼女も、レズ色濃い目の作品で見てみたいモデルさんのお一人です(できれば、ガッツリ敗者のお仕置きモードつき系作品のヤラレで)。

【官能!!格闘被虐マッチ 3】 に出演されている、自分のお目当てのモデルさんのもうお一人、小嶋あずみ嬢について。ボクシング、相撲と来てまだ撮るか、と一瞬思ったら、前の二本とは相方が違うんで、どうやら、オカワリ起用のようです。うん、このところの 「オカワリ」 は、なかなかいいセン行ってますよー。

【百合ボクシング 2】 が出た際に調べ物をしたときには、あまり情報を拾えなかったんですが、今回もっぺんネット検索をかけてみたら、まず、『水嶋あずみ』 というお名前をメインにお仕事をされている、ということが判明。で、さらに検索を続けていくと、来年年明け早々に、GARCONさんから発売になる、こんな作品にぶち当たっちゃいました。んー、こいつはイイ。

ここ数年、いくつかのAVメーカーさんからリリースされる、トーナメント形式のキャットファイト(レズファイト)系作品は、その大部分が 「8人参加」 になってて、自分は、「8人集めてやるよりも、4人トーナメントの方が、必然的にモデルさんの質が上がるし、一戦一戦が濃いものになり、結果的に良作になるハズ」 だと思ってたんですが、この作品は、まさにその考えにヒットした感じ。

試合の舞台が、全面的に白背景だってのが、ちょっと気に入らないんですが、演者さんのエロボディ度、エロおっぱい度も上々ですし、「4人トーナメント正解です」 的なエールを送る意味合いも兼ねて、ソッコーで購入決定。

そこそこにエロい気分で年を越せそうなので、ちょっと幸せになったりしたのでした。
  1. 2010/12/30(木) 16:32:10|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早く全快したい

風邪っ引きの症状が出始めてから一週間。一時期に比べるとかなり楽にはなってきましたが、まだちょっとチライです。・・・・ ってことで、風邪症状ののどピークと重なって、感じたことを文章にするなんつー気力が失せてるうちに、思いっきり旬落ちになってしまった新作コメント大会は、【Mixed Boxing 一色なつ美選手に挑戦!!】 には 「黒グローブ、黒ブラ、赤トランクス、白シューズって配色はどーにかならんか」、【美少女達の関節技地獄 3】 には 「モデルさん二人が同じ水着ってどうよ」 っちゅーことだけに留めときます。

バトルさんちに、年明け一月の発売予定なんかも上がったわけですが、【WAR 5】 で、あんだけ明確に前フリして、しかも、一旦は、11月最終週の発売予定作品として、バトルさんちのスケジュールにも載った 【第三回SSSGP】 の一発目がリストに出て来ない。当然、ふぁん集合スレあたりは、この話題で賑わってて、「GPはボツで、それ用に撮影したものを 【WAR 6】 に流用か?」 みたいなレスもついてますね。自分も、そういう事情なんじゃないかなぁ、って気がします。

んでまぁ、いつもだと、「これこれこんな理由でGPはボツじゃないかと…」 みたいな話に持っていくんですが(根拠の材料はいくつかある)、ここで一席ブったところで結果が変わるわけでもないし、何かメンドクサイのでヤメ。

んー、まだあんまり元気が出ないなぁ。こう、ジャケ写見ただけでエロテンションゲージ振り切っちゃうぐらいの作品でも出て来ないかしら。
  1. 2010/12/24(金) 23:08:37|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回はご縁がなかったってことで

先日、Sadistic Village さんの 【ガチンコプロレズ 5】 を買いました。ので、軽くレポ&コメを。

とりあえず、Sadistic Village さんちの商品ページ経由でサンプル動画も見れますから、それでわかる情報(ペアの組み合わせとか)の説明はパス。あ、桜・藤崎ペアの 「スプラッシュギャルズ」 が渋谷系、RUMIKA・武藤組の 「ザ・ビッチシスターズ」 が池袋系で、「渋谷vs池袋のギャル対決」 っていう設定になってます。

試合のルールは、一本目(作中では、「Round 1」)が、「通常のプロレス技と極技時(関節技・固め技)に電マでの攻撃を認めた 『電マデスマッチ』」、「電マ攻撃で絶頂に達する or 潮を吹いたら負け」、二本目が、「通常のプロレス技と10分ごとに支給されるオモチャを使用して闘う 『D・R・Vマッチ』 D:電マ、R:ローター、V:バイブ」、「オモチャ攻撃で絶頂に達する or 潮を吹いたら負け」 (作品内の説明テロップより)。

試合結果は、一本目が、桜りお嬢がロメロに極められた状態、二本目が、RUMIKA嬢が逆さに持ち上げられた状態(技の名前がわからん)で、いずれも 「電マ攻めで潮吹き」 による決着。どちらの決着シーンも、サンプル動画に収められていますね。

二時間強の収録時間のうち、「試合」 の部分が、一本目、二本目ともに約30分。お仕置きタイムは、一本目の分が40分近くあって、二本目の10分ほどに比べ、かなり尺が当てられています。この部分の内訳は、「(藤崎嬢をチェーンで拘束放置して)桜嬢レズ責め」→「藤崎嬢レズ責め」→「ダブルペニバン攻撃」 という流れで、尺的にも、二本目は、一本目の 「ダブルペニバン攻撃」 より前の部分がなくなった、ってな感じの印象。因みに、上に挙げたサンプル動画は、本編と同じ時系列の順番に編集されています(で間違いないと思う)。

んでまぁ、かなり勢い込んで買いに走ったんですが、実際にモノを見てみると、自分なりの作品の評価は、あんまり高くなかったり。

その理由の一つとして、この作品の 「プロレス技を見せよう」 とする部分が、どうも自分には邪魔に感じられる。制作サイドがナンボそれっぽく見せようとしても、所詮、演者さんは、プロレスに関して素人なわけですから、決まり加減が中途半端になっちゃうし、技への入りもスムーズに行かない。どうしても、中途半端に見えてしまいます。

加えて、この作品では、シリーズで始めて、「タッグマッチ」 という形を採用しましたが、これは、2 on 1 というオイシイ状況を見せることができる反面、選手交代や、ファイトから外れている演者さんの待機のさせ方、カットに入るタイミングと(フィニッシュ間近の)カットに入れないことの根拠の作り方など、こういった部分をしっかりやらないと、それがまるまる萎え要素に転じてしまう、言わば、「諸刃の剣」 なわけで、例えば、GARCONさんの 【巨乳ギャルレズレスリング!!】 シリーズがそうであったように、この作品も、やっぱりその部分の作りが甘い。なので、こう、「すごくノリが悪く」 映っちゃうんですよね。

もう一つ、「『ココだっ!』 っていう抜きどころが見当たらない」 というのも、自分の評価が低い原因です。

試合シーンで行くと、自分としては、脱ぎ度合いの大きい二本目を、抜きどころに当てたいんですが、二本目は、「一対一が二組」 の状態で進行している時間が長く、また、一組から別の組へのカメラ切り替えが頻繁に行われているために、ある程度まとまった尺の抜きどころがないですし、罰ゲームモードにしても、ヤラレ側の 「嫌がり加減」 が今一薄いので、やはり抜きどころに当てるには、「もう一声欲しい」 ってなっちゃうんですね。

全体の印象として、モデルさん一人一人はいい感じですし、このキャスティングであれば、タッグマッチにせずに、「四人トーナメントにして、ドベ決定戦もやる」 にしてもらった方が、クる作品に仕上がってたんじゃないかなぁ、なんて思いました。

まぁ、この作品に対する自分の評価が芳しくないことに関しては、タッグマッチの良さをうまく見せれていないことを除けば、多分に、「眉月個人の趣向と噛み合わなかった」 って部分が大きいと思いますし、「サンプル動画と本編ではまったく印象が違う」 というわけでもないですから、サンプル動画を見た段階で、「これは買いだ!」 と感じた方は、(この文章を見なかったことにして)まんま購入に突き抜けちゃってください。それで間違いないです。

ところで、自分は、この作品を、いつものエロDVD屋さん、「フレンズ蒲田店」 で購入しましたが、このお店は、購入DVDの買い戻し/下取りを行っていて、買ってから15日以内に下取りサービスを利用すれば、別の作品をほぼ半額で購入できます(作品一本の定価3120円、15日以内の下取り価格1480円)。なので、せっかくですから、今回はご縁がなかった、ってことにして、【ガチンコプロレス 5】 は下取りに出し、Rocketさんの 【熟女キャットファイト】 をゲットしようかなぁ、なんて考えてます。
  1. 2010/12/19(日) 23:07:00|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウリはちゃんと見せてくれ

おとといの記事に、 「寒いっスねぇ」 なんて書きましたが、翌日、朝目覚めたら、扁桃腺がパンパンに腫れてるのが自覚できる状態に。そのうちに鼻も詰まり出し、はっきりと風邪っ引きの症状が出てきました。その日一日おとなしくしてても、快方に向かう気配がないので、今朝、朝一で掛かりつけのお医者さんに直行。ビシッと注射打ってもらって、薬をいただいてきたんですが、まだあんまり楽にならない。皆様、お身体には、充分お気をつけくださいませ。

そんな、PCに向かう元気が今一涌いてこない中、ネット上のいつもの巡回ルートを辿っていったところ、かたぎやさんのキャット板で、ちょい衝撃的な写真を発見。避難所?スレの9レス目ですね。

「これって、坂本麻弥ぢゃん。何でブラしてねぇの?」

当該レスの文章は、アキバコム制作部さんの 【ガールズボクシングサバイバルトーナメント 1】 のレポで、それを読むと、少なくとも、彼女が進出した決勝戦は、トップレスモードがあるようで、かなりタマゲました。

うーん、トップレスモードがあるなら、どうして、パッケージの時点で、それとわかるようにしないかなー。トップレスがあるなら、ましてそれが坂本麻弥嬢のトップレスボクサー姿であるならば、銭を打ってもいいと感じるお客さんは、絶対に居るハズ。どうして、そういう重要な商品情報を、積極的にお客様に提示しないんだろう。

レポによれば、決勝戦は、彼女のKO負けで決着するようですが、「売りになる部分を提示しない」 ってのは、「彼女のKO負けシーンが拝める」 ということにも言えるんじゃないかと。彼女が優勝するのか否か、言い換えると、彼女の負けシーンが収められているか否かで、この作品の商品価値は大きく変わってくると思うんですよね。

このキャスティングであれば、多くのお客様の目が、一番に彼女に行くだろうし、彼女が一回戦で消えるなんて想像する人はいないでしょう。だったら、モノを売りたいのであれば、パッケージの時点で彼女が決勝に勝ち上がることを謳って、乳丸出しもアリであることも見せ、さらに、「彼女の負けかも知れませんよ」 みたいな伏線を張っておく(それをイメージできる写真を目立つ場所に載せる)べきなんじゃないでしょうか。

逆に考えれば、この作品の購入層は、間違いなく、「トップレスよりブラありの方がいい」 と感じる人たちのはずで、そういう人たちにとっては、ラストの、一番肝心なKOシーンの場面がトップレスで 「汚される」 ことは、「ざけんなゴルァ」 にしかならないのは自明の理。んもう、「お客様を裏切る方向に走ってどうする」 って感じです。

トップレスを、売るため、いい作品にするための手段だと制作サイドが考えるならば、パッケージの時点でそれがわかるようにする。隠しておきたいのなら、最後までやらない。ナンで、そんくらいのことができんかなー。

もっと言ってしまうと、「坂本麻弥嬢を(最終的に)トップレスにして、彼女の負けシーンを見せる」 前提のシナリオを書くなら、彼女以外の三人分のギャラを、もう一段、二段上のモデルさん一人分に充てて、【ダイナミック女子 4】 みたいな方向性(脱ぎ度合いもね)へ持っていく。どー考えても、その方が売れる作品が出来上がると思うんですが、・・・・

んー、どっか間違ってますかね、オイラ。
  1. 2010/12/18(土) 23:14:56|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

買いたい度合いちょいアップ

うー、寒いっスねぇ。

ふぁん集合スレに、【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】 レビューのレスが付いたので(レスしていただいた方、情報感謝です)、今回は、そのレスを読んで感じたことなんぞを、書き綴っていきたいと思います。

文中に、「お互いブラから 『胸がはみ出そうになって、はみ出ない』 ところは最高だった。」 とありますが、この部分については、「うん、やっぱり、そゆのが好きな人もいるよね」 と。

今までに、このブログなり本家サイトなりで、死ぬほど書いてきましたから、自分が、「トップレス至上主義、それがダメなら、せめてリアルボクコスに見えるスポブラを」 の人だということは、ご来場の皆様には重々伝わってるでしょうけど、もちろん、何に対してエロを感じ、欲情するのかは人それぞれで違って当たり前だと思ってるし、他人様の嗜好にあれこれ口出しするつもりは毛頭ないっス。

むしろ、【ダイナミック女子 4】 のような、『ハミ出そうでハミ出ない』 がタマランという人に、いろいろお話を伺ってみたいですね。「ああいうブラの場合、ボトムはトランクスでいいのか、それとも同じような下着っぽいボトムの方がいいのか?」 とか、「あくまでも 『ハミ出ない』 のがいいのか、ふんだんにポロリがあった方がいいのか?」、「濡れ透けや浮き乳首はアリか?」 とか、コスに関連することだけでも、ネタはいっぱいありますし。

「劣勢になった敗者を勝者が滅多打ちにする」 これについては、ドミ展開好きの方の多くが、そういうシナリオを望んでいると思いますが、うーん、・・・・

(演者さんにあまり負担をかけることなく)フィニッシュ前のドミ展開を演出しようとしたときに、プロレス系作品であれば、締め技、極め技を続けてかける(フリをする)ことでそれが実現できますから、それほど難しくはないと思うんですが、ボクシングの場合、「技のバリエーション」 みたいなものが存在しませんし、殴るフリ、殴られるフリも、リアルに見せようとすれば、それなりに演技力が要る。正直なところ、今のバトルさん、SSSさんあたりにそれを求めるのは、ちとシンドイかなぁ、って気がします。

ただ、確かに難易度は高いけど、不可能ではないハズ。殴るフリに加えて、「ガードの上からパンチを当てる」、「ボディに入ってるように見える角度から腰骨の辺りにパンチを打つ」 など、ヤラレ側のモデルさんにそれほど負担をかけずに、ある程度、パンチを実ヒットさせる手法を使うとか、クリンチやダウンを織り交ぜて、シーン変化にバリエーションを持たせるとか、手はいろいろあると思うんで、メーカーさんには、もちっと頑張って欲しいところです。

「クるドミ展開」 のボクシング作品を作るためには、演技力に関して、キャスティングの基準をシビアにする、ってのも必要になりますが、んー、個人的には、多少演技力に目を瞑っても、ルックス(ヤラレ顔)や、エロボディ度、エロおっぱい度重視にしてもらった方が嬉しいかなー。

最後に、「敗者が勝者にトップレスにされる、というのが良いのではないか。」 この部分には、「トップレスが試合の正装であり、『敗者は下を脱がされる』 にしてもらいたい」 と、一応、ちょい強めに主張(レビューを書いた方に対してではなく、あくまでもメーカーさんに対して、ね)しておきたいと思います。

・・・・ ってことで、スレのレビューで、【ダイナミック女子 4】 の内容が、ある程度明らかになったわけですが、 この情報を得たことでの買いたい度合いは、うーん、ちょぴっとだけアップ、ってとこかなぁ。七瀬ゆいちゃんの演技力の裏付けが取れたことが、主なプラス要因なんだけど、「反則パンチで」 の部分がちょっと引っかかる。

とりあえず、「頭の中の買い物カゴ行き」 の扱いは変えずに、多少軽めのキッカケでもバトル本店に走る、ってことにしたいと思います。
  1. 2010/12/16(木) 23:00:47|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まぁ今週もハズレなわけですよ

では、バトルさんちに、今週末発売作品の情報が全面的に出揃いましたので、例によってコメント大会を。ミックス二本はパスして、残りの四本を、バトルさんちのスケジュール表の上から順に、やっつけていきたいと思います。

【レズプロレス 6】。まー、タイトル通り、フツーのレズプロレスなわけですが、とりあえず、演者さんのキャラは立ってるんで、そこに食いつくお客さんは、それなりに居そうですね。

ジャケ背面に、「序盤戦」「中盤戦」「そして決着へ」 とあるんで、どうやら一本勝負のようですが、これはちょっと勿体無い気がする。一本勝負なら一本勝負で、月城嬢イカされ(この組み合わせで、黒川嬢ヤラレってことはないだろうから)でゴングのあと、何かオカズをつけないとイカンのじゃないかなぁ、と(オカズありなのかも知れないけど、ジャケットの写真、文言からは、オカズの存在は読み取れない)。あとねぇ、黒川メイサ嬢は、黒コスが一番似合いますよ、やっぱし。

【ビューティーモデル女子プロレス】。うーん、この作品、何が売りなのかがまったく見えない。ファイトそのものの激しさだとするならば、【WAR】 なり 【WUW】 の方が上になるだろうし(おまけに、同じお値段でそっちは二試合収録ですし)、出演者のそのものの魅力で売ります、ってほどのモデルさんにも見えない。・・・・ とか思ってたら、お二人とも身長が170cmで、恐らく 「高身長対決狙い」 であることに、ようやく気付きました。ぶっちゃけ、そんだけかい、って感じ。

【百合相撲】。【百合ボクシング 2】 と同じモデルさんの組み合わせですが、やっぱ、小嶋あずみ嬢のおっぱい、いいんだよなぁ。【百合ボクシング 2】 が、あんなヘボコスで、しかも彼女が勝ち役だったのが、返す返すも残念です。ただ、彼女は、(おっぱい丸出し前提で)銭の取れるモデルさんではあると思う。ここはぜひ、オカワリ起用していただいて、もっぺん、レズ風味濃い目の乳丸出しボクシングでも撮ってもらいたい。彼女はタッパも結構ありますから、相方に平山薫ちゃんあたりを宛がって、【ダイナミック女子レズボクシング】 なんちって。

あー、因みに、とある方からメールで教えていただいた情報によると、【百合ボクシング 2】 は、三本勝負形式で、小嶋あずみ嬢の負け、勝ち、勝ちのパターン。彼女がヤラレに回る一本目はレズ攻撃要素なし、だそうです。また、パンチをもらったあとの顔のゆがめ方、ダウン後の辛そうな動きなど、彼女の演技はかなり良かったとのこと。

コメント大会に戻って、最後に、【女子ボクシング トーナメントバトル 2】。ふぁん集合スレに、「パケ見ただけで駄作と分かる」 なんてレスがつきましたが、まさしくそんな感じ。グローブのテーピングも、ありえないぐらいのグダグダ加減ですし、この部分だけでも、んもう地雷臭漂いまくりです。

トランクスとシューズは、まぁまぁそれなりに 「リアルボクシング感」 が出てるんで、これで、せめてブラがスポーツ仕様だったら、「ああ、そういう売り方がしたいのか」 って気になれるんですけどねぇ。ちうても、そういう気になるだけで、このキャスティングだったら、仮に全面的にトップレスであっても、自分は多分買わないと思いますけど。

ま、こんなもんで。
  1. 2010/12/13(月) 22:06:08|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

やっぱヨダレには見えへん

昨日の夜は、『SPEC』 をガン見。TBSのドラマとしては珍しくスピード感があり、戸田恵梨香さんのぶっきら棒な台詞回しが、すごくカッコいい。個人的には、『ガリレオ』 以来の大ヒットです。今までに、何度か見逃していた回があって、失敗したなぁと思ってたりしてましたが、DVDが出るみたいなんで、そこらへんの埋め合わせもできそうです。つか、いっぺん、初回から最終回までブッ通しで見てみたい。

ところで、かなり、購入の方向で心が固まっていた 【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】 ですが、ジャケ写を見ているうちに、何ちゅうかこう、どんどん購入意欲が落ちていっちゃってます。

バトルさんちのスライドショー写真では、半分以上がトップレスモードになってるんで、「そこそこトップレスモードが見られるだろう」 という腹積もりだったのが、ジャケットでは、圧倒的にブラありの写真の方が多いし、やっぱり、白グローブとか、七瀬ゆいちゃんの 「どう見てもポロリ演出狙いのブラ」 も気に入らないんですよねぇ。・・・・ そんなんで、「とっとと購入」 から、「とりあえず頭の中の買い物カゴ行き」 へ格下げ、ってことにしようかと。

なので、「買ったら何か書くだろうからそのときにでも」 と思い、新作コメント大会のときにセーブしていたことを、今のうちに吐き出しときます。

グローブのテーピングは、割といい感じ。もちろん、幅を指先側にもっと広く、さらに、きつく締め上げるように巻くのがベストですが、どのボクシング作品も、最低限、このくらいのテーピングはして欲しいなぁ、と感じました(どっかのメーカーさんから来週発売予定の 【トーナメントナントカ 2】 のテーピングなんて、酷いもんですし)。

新作コメント大会のときに、「コスの色遣いがどうのこうの」 的なことを書きましたが、これに加えて、お二人の髪型が(正面から見たときに)似たような感じで、しかも髪の色まで似てるんで、スライドショー写真を見たとき、どっちがどっちなのかがすごくわかりにくい、なんてことがありました。

こんくらいの髪の長さのモデルさんで、ボクシング系作品を撮ろうとすると、どうしてもこういう髪型になっちゃうってのはわかるんですが、ちょっと工夫はして欲しかったかなー。尤も、どっちがどっちかわかりやすくするだけなら、コスなり小道具なりの色遣いを、ちゃんとやるだけでいいわけですが。

あと、・・・・ やっぱり、この水しぶきは、ヨダレには見えないっス。

最後に、FFC関連のお話を少々。やや大袈裟に、「爆弾」 なんつー表現を使って前フリをしたネタは、現在検証作業ちう。ちょっとデリケートな題材ですから、自分なりに納得できるまで、確認すべきところは確認したいし、文章自体も、 「これで完璧」 ってレベルまで推敲したい。なので、まだちょっと時間がかかりそうです。プラス、どの時期にブッパするかで、恐らく、そのあとの展開が変わってくるような気がするんで、そこいらのタイミングも見計らいたいかな、と。

まぁ、特別な知識なりがないと指摘できないネタだっちゅーわけでもないですから、どっかのスレで、別の方が、自分より先に同じ内容のツッコミを入れちゃうかも知れません。そんときはそんときで、尻馬に乗る、って方向性で行きたいと思います。
  1. 2010/12/11(土) 20:53:28|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静観してても無駄みたいなんで

【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】 のサンプル動画がアップになりました。試合シーン分の冒頭に、両者トップレスのままグローブをタップするカットがあるんで、ここがラウンドの切れ目(新しいラウンドの開始)で、ブラありラウンドとトップレスラウンドに分けるパターンかな。

バトルさんちのスライドショーにあった、「これがKOシーンなんじゃないか」 と連想させる、七瀬ゆいちゃん白目剥きダウンのカットも収められてますが、直後に、二岡ゆり嬢が似た感じでダウンしているカットもあったんで、ゆいちゃん勝ち予想をしている身としては、何となく一安心。二岡嬢ダウンのカットでは、彼女の口から血がこぼれているのがチラッと映ってるように見えるんで、今回は水しぶきの他に、血糊流血も若干アリっぽいですね。

んでまぁ、独立したトップレスラウンドがありそうですし、「プロデューサーさんが太鼓判を押しちゃう」 作品がどの程度のものか見定めたい(小文集のネタにするには格好の題材ですし)なんてこともあり、購入の方向へ動くことになると思います。・・・・ にしても、この、サンプル動画の画質の悪さはナンなんだ?

それでは、前々回の記事で前フリをした、溜めといたネタのもう一個、今、最も 「旬」(単に話題性大爆発だってことですけど)な、FFC関連のお話を。

この件に関しては、このブログでFFCの中の人を弄ることで、これまで比較的健全かつ活発に動いていた 「ふぁん集合スレ」 がますます紛糾し、スレの住人さんに迷惑がかかることがないように、一応、今まで 「静観」 という立場を取ってきましたが、どうも、そういう配慮をしても無駄なようなので、もう書きたいことをバンバン書いちゃう、ってな感じの、いつもの姿勢で行くことにしようかと。で、以降、FFC関連の記事を、いくつか起こすことになると思うので、その手始めとして、今回は、FFC関連の話をしていく上で、自分のスタンスをはっきりさせておくための文章に充てたいと思います。

まず、FFC作品と自分の趣向とのマッチング、みたいなことから。

自分の場合、キャット系作品に求めるものは、濡れ透けを含む脱ぎエロであったり、(相手の攻撃に対して)苦しむ女性の姿だったりする。ボクシングならば、殴り合いの部分よりも、トップレス(全裸でもオケ)であることや、ダウンしている選手の仕草や表情に、エロを感じるんですね。あと、「競技」「試合」 として見ることができることが重要で、普段着や、ビキニみたいな衣装はダメ。舞台設定的にも、屋外とか、所謂ハウスメントとかではなく、リングなりケージなりマットなりの小道具や、それなりのライティングが欲しいです。

なので、自分は、ストリートファイトや、「喧嘩」 に近いテイストのファイトには、あまりエロを感じない。例えば、素手での顔面パンチ(平手打ちを含む)とか流血とかヘアプルとか、そのあたりには、むしろ 「引いちゃう」 タイプ。ま、一言で言ってしまうと、FFC作品は、自分にとってはボール球なわけです。

そんなことですから、ぶっちゃけ、FFCの中の人がどうなろうがどうでもいいっちゃぁどうでもいいんですが、自分にとっては、貴重な情報源の一つである、ふぁん集合スレがあんなことになっちゃってるのは非常に迷惑ですし、広い視野でモノを考えたときに、FFCの中の人が、キャット業界全体に害を及ぼす存在であるようにも思える。

・・・・ ってことで、FFCの中の人に 「ご退場いただく」 方向で、論陣を張ってみようかと思います。一応、それなりに破壊力のある爆弾を用意する予定ですんで、どうぞよろしく。
  1. 2010/12/08(水) 22:49:57|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どっちも買いかしら

それでは、前回、「早めにブッパしたい別ネタ」 と書いた分の一個目、新作コメント大会Part2を。対象は、Sadistic Villageさんの 【ガチンコプロレズ 5】 と、Rocketさんの 【熟女キャットファイト】 です。

【ガチンコプロレズ】 シリーズは、【1】 を買いましたし、【2】 【番外編】 【3】 の三本は、tsutayaチェックで見てるんで(【4】 もチェックだけはしておきたいんですが、tsutayaさんに入荷にならないのよねぇ)、それなりにテイストは理解してるつもりだし、割と気に入ってます。

ただ、【3】 で、多少、星優乃嬢のイカせ勝ちっぽい雰囲気にはなったものの、どーも、所謂三本目を、「勝敗を決めずに、何となく二人とも幸せになっちゃう感じのレズ行為」 という方向性に走るエンディングに、物足りなさを感じる部分がありました。でも、今回の 【5】 は、三本目自体がないですから、しっかりペニバン制裁で終わってくれるでしょう。基本的に、このシリーズは一勝一敗のシナリオで進行しますから、今回も、出演者全員がペニバン制裁を食らうシーンが見られそうなんで、この点でも安心です。

まぁ、相変わらず、「(特に一本目が)ちょっと着過ぎ」 とか、「プロレスの部分を売る意図が前面に出過ぎ」 なんて気もしますけど、今回はタッグ戦ということで、2 on 1 の状況もふんだんに盛り込まれそうですし、エロ的には充分期待できる。tsutayaチェックで見た三本について、買ってもいいと思いつつ、今まで銭を打たずに来てるんで、そんな負い目を振り払うためにも、ここは、「即購入で勝負」 でもいいかなぁ、なんて思ってます。

続いて、【熟女キャットファイト】。うーん、これはなぁ。・・・・ 激しい、ってのはわかるんですよ。ただ、これは、ROCKETさんのキャットシリーズ全般について言えることなんだけど、自分には、ファイトのシーンの方向性が、ちょっと 「痛々しい」 感じに見えちゃうんですよね。

とは言うものの、サンプル動画の、ペニバン制裁のシーンとかは、すごく魅力的だし、菊川麻里さんとか、倖田李梨さんとか、惹かれる女優さんも何名か出演していて、アラフォーの女優さんを集めた割には、モデルさんの質に対するガッカリ感も、それほど感じない(まぁ、「申し訳ないが、AVであなたの裸は見たくない」 と感じられる方も出てますけど)。

んー、今までのキャットシリーズ作品と違って、敗者への罰ゲームは、男性のお仕置き隊ではなく、勝者がやるようになったみたいなんで、そこいらへんの評価も加味して、こっちも買っちゃおうかしら。でも、購入優先度的には、【ガチンコプロレズ 5】 の方が上かな。

ところで、今回の記事で扱った二作には、「ペニバンお仕置き」 がついてるわけですが、やっぱ、こういう 「敗者苛め」 って、エロ的にすごくソソりますし、試合の部分と同じぐらいの商品価値があると思うんですよね。この二作以外でも、例えば、ちょっと前に発売された、GARCONさんの 【ギャルレズキャットGP】 も、似たような感じですし、AVメーカーさんは、そういう部分はちゃんと押さえてる。

・・・・ と、今回の記事を書いていて、キャット専門メーカーさんも、こういう、「敗者苛め」 に関して、もっと積極的に見せる方向へ行って欲しいなぁ、なんて思ったのでした。
  1. 2010/12/07(火) 22:44:08|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すでに買う気マンマン

んー、まだ、バトルさんちに、今週末発売作品のジャケ写が、アキバコム制作部さんの一本分しか開いてないですが、もうガッツリ下書きしちゃったし、早めにブッパしたい別ネタもあるんで、月曜恒例の、新作コメント大会をば。

ミックス三本はどうでもいいのでパスして、まず、SSSさんの 【ダイナミック女子プロレスリング 2】 から。水しぶき全開が続くかどうかは別にして、作品そのものはフツーのプロスタイルなので、取り立ててコメントすることはないんですが、キャット専門メーカー作品には初出演っぽい園田ユリア嬢が割といい感じなので、ちょっと追っかけてみました。お名前で検索をかけると、結構な量の出演作品にぶち当たる。ピンのお仕事もしてらっしゃるようですし、そこそこ人気のあるAV女優さんみたいですね。

彼女のブログの11月3日付けで、この作品を撮影したときの記事が載ってますね。「急遽のお仕事」 ってことは、当初出演予定だったモデルさんが飛んじゃったのかな?(「レズプロレス」 と書かれているのが、ようわからんけど)

バトルさんちの検索で引っかかった、GIGAさんの 【格闘ゲームヒロイン メタルキャリバー】 のサンプル動画も見てみましたけど、アクションもそれなりにこなせてるし、ヤラレ顔もかなりソソりますね。で、件のブログ記事に、「終わったら、なんだか達成感でいっぱい…☆」 なんてことも書かれてるんで、おかわり起用の依頼が行っても、積極的に受けてくれそうな感じ。脱ぐとこんな感じのエロボディですから、今度はエロレズ含みの作品でお目にかかりたいなぁ(攻めでもヤラレでもOKね)、とか思ったり。

んぢゃ、今週のメインイベント、【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】。七瀬ゆいちゃんご本人のブログで、ボクシング作品の撮影が終わってることを知ってから、これがどんな作品になって世に出るのか、すんごくすんごく気になってたわけですが、先週の木曜(バトルさんちの商品ページが開く前日ですね)に、「これは 【ダイナミック女子 4】 しかありえない」 みたいな、ヘンな予感が閃いて、開けてみたら、やっぱりその通りでした。なはは。

うーん、何かこう、コスの色使いのバランスが、全体的に悪いんだよなぁ。トランクスが、七瀬ゆいちゃんが赤、二岡ゆり嬢が黒で、これをベースカラーと考えると、ブラが二人とも黒だったり、ゆいちゃんのシューズが黒だったり、二岡嬢のグローブが白だったりと、どうもちぐはぐな感じがするんですよね。・・・・ ってことで、自分の中では、かなり釈然としない部分が残るし、ヘンテコブラ着用だってことも気に食わないんだけど、実は、「コイツに銭打ってみようかなぁ」 という方向に傾いてたりします。

理由としては、トップレスモードが、そこそこの時間含まれてるような期待が持てること。トップレスモードは前作に当たる 【3】 にもあったわけですが、【3】 では、バトルさんちのスライドショー写真12枚のうち、トップレスモードのものが3枚だったのに対して、【4】 では7枚と、半分以上になってます。収録時間も52分と、一本勝負(だと思う)にしては長めですし(CM分で水増しになってるのかも知れないけど)、七瀬ゆいちゃんのブログによれば、プロデューサーさんが太鼓判を押しちゃうぐらいの出来に仕上がったみたいですから、最低限、抜きどころの二つ三つぐらいは拾えるでしょう。もちろん、ゆいちゃんのトップレスボクサー姿も拝みたいですし。

・・・・ と、そんな事情もあり、他にもまだツッコんでおきたいこともあるんですが、買ったら買ったでまた何か書くでしょうから、作品そのものへのコメントは、ここまでにしときます。

とは言うものの、この作品がどっちの勝ちなのかは、すごく気になる。スライドショーの下段一番右、順番で行くと、ラストシーンを連想される位置に、ゆいちゃんが白目剥いてぶっ倒れてる写真(マウスピースも外れている)があって、これだけ見ると、彼女が負け役なのかなぁ、とも思うんだけど、かなり前に撮影を終えているはずの、流血ボクシングがまだ世に出ていないこととかを考えると、「SSSGPに、無敗の状態で突っ込むために、GPまでは、他の作品で負けシーンを晒さない」 ってな感じのプロテクトがかかってるんじゃないか、って気もするんですよね。

まぁ、スレのレポートによれば、【WAR 5】 でも、彼女が失神状態から復活してるみたいですし、スライドショー写真の順番が、時系列に沿ってると決まってるわけでもない(この作品の分も、ブラありとトップレスの写真がごっちゃに配置されてますしね)。加えて、スライドショーの白目剥き出しダウンの写真だと、ダウンの位置がロープに近いことや、腕の位置なんかを考えると、どうも、プロデューサーが絶賛するほどの作品のKOシーンとしては、画が締まらなすぎるようにも思える。

なので、ここは、上に書いた 「SSSGP用プロテクト」、プラス、【WAR 4】 で河愛杏里嬢との対戦で負け役に回った二岡ゆり嬢に、ここでゆいちゃんが負けるのは、バランス的に考えづらい、という部分を重く見て、【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】 は、七瀬ゆいの勝ちと予想。そうであれば、ゆいちゃんの白目剥き出しダウンの他に、二岡嬢の乳丸出しKO負けシーンも見られますしね(自分は、二岡ゆり嬢も割と好み)。

そんなことを書いてるうちに、んもうすでに買う気マンマンになってきたりしてますが、次週発売予定の 【新タイトル ボクシング1DAYトーナメント系(仮)】 が、間違ってトップレス全開、なんてことになるかも知れないので(んなこたねぇか)、一応、そっちの商品情報が出るまでは、【ダイナミック女子 4】 のお買い物は控えるつもり。その間に、SSSさんちにサンプル動画が上がるでしょうし、【ダイナミック女子 4】 のレポが、どっかのスレに上がるかも知れない。そこらへんも参考にして、買う買わないを見極めたいと思います。
  1. 2010/12/06(月) 22:29:25|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する