眉月的雑感綴

彼女は特別な存在

かたぎやさんで、TMさんとクールさんのやりとりを見て、「や、だから、ながえスタイルさんの 【力ずくの…】 は、昔の作品で、佐伯奈々ちゃんが復活したわけぢゃないってば」 とか思ったあと、ちょっと確認したいことがあって、Wikiの 「佐伯奈々」 のページを見に行ったら、略歴欄に、「2010年12月に『バーチャル3D』で復活。」 なんて書いてあって、超びっくり。でまぁ、淡食って、「バーチャル3D」 で検索かけたら、昨年12月15日発売で、こんな作品が出ていたらしい。リンクを貼ったページの、作品紹介文にも、「本作で大復活の佐伯奈々と…」 という記述があります。

前回の記事には、「その作品は新作ではない」 ってなツッコミだけで、「別に彼女がAV復帰したんぢゃないんですよ」 とはっきりとは書きませんでしたが、そういう雰囲気がぷんぷん漂う文章になってる。

うわぁ、またやっちまった。奈々ちゃんフリークとか自分で言っといて、なんてザマだよ。・・・・ と、一時期かなりヘコんでたんだけど、その後、ネットでいろいろ調べてみると、どうも、そうではないような気がしてきました。

とりあえず、『奈々の日記』 と、携帯版のブログをチェックしたけど、そちらには、本人からAVに復帰した旨のコメントはない。奈々ちゃんの引退を話題にしているスレを追っても、決定打が出てない感じです。

次に、DMMさん、ビデオマニアルさんあたりで、奈々ちゃんの出演作品を、半年以上遡ってみたところ、該当作品が数十本ほどあるけど、オムニバスや総集編の形式のものばかりで、「この作品のために撮影しました」 ってな臭いがするのは、【バーチャル3D 大空かのん×佐伯奈々】 だけしかない。念のため、この作品の相方である、大空かのん嬢のブログも追ってみましたが、ここでも、この作品の撮影時期に関する記述は見つかりませんでした。

仮に、奈々ちゃんがこの作品でAVに復帰したのなら、あれほど人気のあったAV女優さんですから、【バーチャル3D】 以降も、撮り下ろし的な作品が、もっと世に出て然るべきだろうと。そう考えると、【バーチャル3D】 も、単に、引退前に撮った映像が、時間を置いてリリースされただけなんじゃないのかなぁ、って気がします。

まぁ、ふぁん集合スレにしても、かたぎやさんにしても、奈々ちゃんの復活を望む声が多く、その流れに水を差すのはどうかな、とも思うし、復活してないという確証もないので、これ以上の詮索はやめておきましょう。それに、彼女は、今でも 「佐伯奈々」 としてお仕事されてるようですから、脱ぎのお仕事は完全にやめたにしても、GPみたいな、脱ぎナシのプロスタイル限定とかだったら、もしかしたら、奈々ちゃんを引っ張れる可能性はあるかも知れません。

トップレスボクシング馬鹿としては、もし奈々ちゃんが、本当にAVに復帰したのなら、プロスタイルでなくして、まずレズ要素含みのトップレスボクシング作品に出てもらいたい。タッパのバランスや、乳充実度を重視して、小嶋あずみ嬢とのコンビでヤラレ担当とか、平山薫嬢、あるいは真矢ゆき嬢とのコンビで勝ち役担当とか、・・・・ ってことになるんだけど、「奈々ちゃんのトップレスボクサー姿を見たかった」 のままでいたいという想いも、割と強い。それほど、佐伯奈々は、自分にとって、特別なAV女優さんだったりするのです。
  1. 2011/02/25(金) 23:34:28|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未だ二重丸は打てず

えー、今回から、何回かに分けて、GPがらみのネタを扱っていこうかと思います。で、その一発目として、自分が、GPの全体シナリオのイメージ、つまり、優勝者は誰か、参加者個々がどの程度まで勝ち上がると考えているのか、ってな話から入りたいかな、と。

最初に、あらかじめのお断り的な文章を。えー、自分は、【WAR】、【WUW】、【ワンデイトーナメント】 あたりのプロスタイル系作品は一切購入しておらず、出演者の身体能力に関する情報源は、各作品のサンプル動画と、フェチ板での評判が全てです。なので、そこいらへんは、自分で情報不足であることを充分認識した上で、書き進めていきます。それから、このトピックでは、モデルさんのお名前が幾度となく出てくることになりますんで、GPネタ全体を通じて、敬称は基本的に省略させていただきます。

では、手始めに、昨年10月末あたり、つまり、バトルさんちの発売スケジュールに、「11月末に第三回GP一回戦リリース」 の予定が載り、一方、【WAR 5】 の内容から、中居ちはるのGP参戦が決定的になる、なんてことが起こってた頃、自分がイメージしていたGPの全体像、みたいなお話を。

当時、ふぁん集合スレで、さかんに参加メンバー予想が行われていましたが、スレに書き込まれた数人の方と同じで、中居ちはる、七瀬ゆい、河愛杏里、深田梨菜、・・・・ このあたりが主要なメンツだろうと、自分も予想してたんですが、「じゃぁ、優勝するのは誰か?」 と考えると、ここに挙げた四名のいずれも、ちょっと適任ではないのかな、という気がしてました。演者さん個々のキャラ、身体能力を考えると、中居ちはる、河愛杏里のお二人は、あっても準決勝敗退まで、七瀬ゆい、(ずっと身長171cmだと思ってた)深田梨菜は、決勝までアリかなぁとは思ってだけど、優勝の本命までは印を打てない、そんな感じでしょうか。

で、GP開催が再告知された 【WAR 6】 まで進んだ段階で、【ワンデイ 1】 を優勝して、さらに 【WAR】 でも勝ち役になった三津谷真希と、本命まではいかないけど、主要メンツの中では一番優勝に近いと自分が考えていた深田梨菜を下した桜庭彩、この二名が、主要メンツに加わった格好になりました。

桜庭彩は、マッスル系作品の 【ウーマンマッスルボディ】に出演されるほどのアスリートボディですから(ちうても、この作品では筋肉を 「描いて」 いるので、ジャケ写から受けるイメージほど、実際はムキムキではないだろうけど)、運動能力的にはバッチリそうですし、深田梨菜に勝ったという戦績は大きいんですが、GP優勝者の看板を背負うには、ちょっとカワイイ過ぎ、幼いお顔立ち過ぎるように思える。でもって、ルックス的に、ってのは、三津谷真希にも同じことが言えるわけで、どうも自分には、お二人ともに、優勝予想に二重丸は打てないんですよね。

んー、だいたいこんなとこでしょうか。・・・・ ってことで、次回は、ここから、さらにもうちょっと突っ込んで、眉月的な、「優勝予想の基本ガイドライン」 みたいな感じの文章にしたいと思います。

最後に。スレに、「佐伯奈々が新作に出演してる」 なんて書き込みがありましたが、誰もツッコミ入れないみたいなので、ここは奈々ちゃんフリークだった自分が。【力ずくのレズビアンファック 空手家とスケバン】 は、2009年9月25日にリリースされた作品(当然、撮影は奈々ちゃんがAVを引退する前に行われている)で、新作ではありません。以上。
  1. 2011/02/23(水) 00:50:30|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目からでかいウロコが!

バトルさんちに、来月の発売スケジュールと、今週末発売作品の情報が全面的に開きました(あ、良く見たら 【ワンデイ 4】 のジャケ写がまだか)。今週分は、ひとこと言いたい作品も多いんで、結構な文章量になりそうですが、カンカン進んでいきます。まず、今週分のコメント大会から。

バトルさんの 【女子ボクシング敗者屈辱レズ虐め】。ジャンルとしては、眉月のストライクゾーンど真ん中に来なきゃいけない作品なんだけど、・・・・ これねぇ、正直、全然エロくない。モデルさんそのものもエロくないし、コスや小道具のチョイス、使い方もエロくない。とりあえず、「作品内で自力で脱げるように」 っちゅー含みを持たせたとしか思えない、ありえないぐらいのゆるゆるテーピングの時点で、完全にアウトです。

SSSさんの 【女子プロレス ワンデイトーナメント 4】。うーん、GPが目の前に見えてる状態で出てきた作品としては、出演者が小粒だよなぁ。前作の 【3】 は、中居ちはるという(注目度的に)大物が参加していて、GPとの繋がりが見えたんだけど、今回は、ちょっとその線が薄い、つまり、この作品に出演されたモデルさんを、GPの主要キャストに抜擢するのはちとキビシイかな、と感じられます。

同じくSSSさんの 【美少女達の関節技地獄 5】。国見奈々嬢、川瀬七夏嬢と、【WAR 3】 に出演されたモデルさんが二人揃ったんで、一瞬、「これは 【WAR 3】 撮影のオカズ分を放出しただけなんぢゃねーか?」 とも思ったんですが、スライドショー写真を見ると、スタジオが四面暗幕張りになってますから、最近撮影されたものでしょう。・・・・ となれば、すでにプロスタイル作品では実績のあるお二人ですから、この二人のマッチアップなのかどうかは別にして、GP、あるいは 【WAR】 クラスのプロスタイル系の試合が撮影された可能性が高い。川瀬七夏嬢は、園田ユリア嬢とのコンビで、一日仕事してるんで、その分のオカズかも知れないんですが、少なくとも、国見奈々嬢に関しては、そのセンが非常に濃いと考えられます。

アキバコム制作部さんの 【美少女ファイターM男ドミネーション】。作品そのものはどうでもいいんだけど、出演されている金子きぃ嬢が、黒髪の美形、均整が取れたボディで、すごくいい感じ。彼女は、キャラ的に、「無慈悲な強者」 に見せることができそうですから、もしプロレス系の動きがバッチリだったりしたら、プロスタイルのスター路線に持っていける素材なんじゃないか、ってな気がしますね。

んぢゃ、来月のスケジュール編。

キャットファンの皆さんが一番気になってるのは、「GP一回戦がいつ出てくるのか」 だと思いますが、来月、それっぽい臭いが漂う作品が二本出てきますね。個人的には、発売の少なくとも一週間前には、SSSさんちに特設ページがアップになり、万全の態勢で売りにかかることを期待します。

で、今週の予定から消えちゃったっぽい、【女子ボクシングドミネーション系 by SSS】 は、どうやら、3月第二週発売に仕切り直しになった模様。うーん、それなりに期待はしてたんだけど、身長差アリかぁ。どーも自分は、「高身長vs低身長」 とまで謳われちゃうほどの身長差があると、(どっちがヤラレに回るのでも)引いちゃうんですよね。まして、次の週に、【新タイトル 高身長vs低身長レズプロレス系(仮) 】 なんてのがあるから、これとワンセットっぽくて、やっつけ仕事の香りがする。全編トップレスでもパスになっちゃいそうだなぁ。残念。

・・・・ ってことで、コメント大会は終わりなんですが、ふぁん集合スレに、目からでっかいウロコが落ちた思いがした書き込みがあったので、最後にその話をちょっとだけ。

該当レスは#505。今の時点では、まだ最新レスかな。参加者が誰かは別にして、この12人トーナメント案は、すっごくイイです。一回戦シード選手を作ることで、「この選手が優勝候補なんだよ」 とアピールでき、トーナメント全体にメリハリが生まれますし。第三回SSSGPは、すでに撮影が進んでるはずですから、もう間に合わないでしょうけど、将来、GPをもうワンランク上のステージに持ち上げる、もう一回り豪華版にするには、最高のアイデアかと。

ご本人は、「スケジュール調整が絶対無理だろうけど」 と書かれていますが、確かに、演者さん個々をブッキングする手間は増すけど、撮影スケジュールを組むという段取りの手間は、8人から12人から増えても、それほど変わらないと、自分は思ってます。

実は、前にここに書いた 「自分が頭の中に抱えているGPがらみのネタ」 の中に、これ(8人、12人でトーナメントを組む段取り)とすごく繋がってる箇所がある。なので、そのネタを書くときに、なぜ自分が 「8人から12人に増えても段取りの手間があまり変わらない」 と考えてるのかを、詳しく説明していきたいと思います。

#505さん、Good Job !!
  1. 2011/02/21(月) 19:43:09|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんだかなぁの三乗

深田梨菜嬢の身長の件で、かたぎやさんで誤爆。ヤッチマッタナァ。・・・・ なぜか、彼女の身長は、(SSS作品上のプロフィールとして載っている170cmではなく)171cmだと、ずっと思ってたんですよね。一体、どこでこんな情報が頭にインプットされたんだろう。

それはそれとして、バトルさんちに、来週末25日発売作品の情報が一部公開になり、【新タイトル・女子プロレス系 by SSS】 がGP一回戦ではないことがわかったので、抱えているGPネタ三本を、GP情報公開前に書き上げるための、時間的な余裕ができました。

GPの一発目がいつ出てくるのかについて、一応、自分では、3月末のセンが濃いと踏んでるんですが、月初あるいは月中に出てくる可能性もまだ捨てきれない。ま、来週中には、バトルさんちに来月のスケジュールが出てくるハズですから、それ次第で、アクセルの踏み具合を調整することにしましょう。

GPに関してはそんなんですが、確か、来週は、バトルさんちの作品情報が開く直前まで、【新タイトル・女子ボクシング系 by 新メーカー】、【新タイトル・女子ボクシングドミネーション系 by SSS】 と、ボクシング系作品が二本予定に入ってたような気がするんだけど、開けてみたら、バトルオリジナルレーベルのヘンテコなんが一個だけですた。

この作品、括りとして、【女子ボクシング系】 とも 【女子ボクシングドミネーション系】 とも取れるシロモノで(さらに、作品情報ページのジャンル表記は 「レズボクシング」 になってるし)、予定として上がってた二本のうちのどっちなのか、どうもはっきりしない。ドミっぽいっちゃぁドミっぽいけど、それはSSSレーベルで出てくるハズだったんぢゃぁ、・・・・ うーん、なんだかなぁ。

で、バトルオリジナルレーベルで出すんなら、自分ちであるバトルのHPに予定を載せるのに、何で 「新メーカー」 でなく、「バトル」 とはっきり書けないのか。これも、なんだかなぁ。さらに言うと、どうしてこう、ボクシング系作品ってのは、予定通りに出て来ないんですかねぇ。こいつもついでに、なんだかなぁ。

最後に、ここまでの話とはまったく関係のない、勝手にPRのコーナー。2月19日に、世界文化社から、『パズラー傑作選』 という雑誌が発売されました。リンク先のページに説明があるように、『パズラー』 は、パズル誌の草分け的存在で、自分は、創刊当初からずいぶん長い間お世話になりました。パズル誌の老舗の味が堪能できる一冊ですんで、書店で見かけたら、「ああ、眉月が、この雑誌のこと何か書いてたな」 なんてことを思い出し、是非お手に取って、パラパラと中身を眺めてみてくださいませ。お値段税込500円とお手頃価格です。どうぞよろぴく。
  1. 2011/02/20(日) 23:33:43|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

外野は外野らしく

うーん、別に、自分の意見以外は認めない傾向が強くなったとはまったく思わないし、一時的に冷静さを欠いていたともまったく思わない。そこいらの 「度合い」 は、以前から変わってないし、変えるつもりもないから、今後も変わらんでしょう。第一、これは 「性分」 ですから、変えようと思っても変えらんないでしょうしね。

なので、今まで同様に、言いたいこと、言うべきことは言うという姿勢を崩すことなく、時には予想を外し、時には小さな失敗を、時には大怪我を負いながら、エロ系ボクシングの発展に全力を傾ける、昭和世代のオッサンであり続けたいと思います。・・・・ ってことでいいですよね、ケントさん。

まぁ、弄られるってのは、度合いの差はどうあれ、注目されているということで、どスルーされるよりはマシなのかな、と。所詮、「弄られてるうちが華」 だからね。

ところで、こないだ、湯船に浸かってるときに、「買うことがないジャンルの作品をあーだこーだするのは、そのジャンルのファンの方に迷惑をかけることになるのではあるまいか」 なんてことが、ぼんやりと、頭に浮かんできました。

自分の場合、最低限、脱ぎエロ、イカせエロの要素がない作品は、よほどのことがない限り、銭を打つことがない。例えば、GPのような、ガチガチのプロスタイル系なんかもそうで、ここ数年で購入したのは、【第二回SSSGP決勝】(しかも、試合内容に対する興味よりも、「日高ゆりあが松沢優をどんだけ苛めるのかが見てみたい」 という意味合いの方が強かった)だけです。

作品を賞賛したり、批判したりするのは、そのジャンルの作品を、実際に購入するなり、少なくとも、銭を打つ用意のある人たちがメインで行うのが一番いい。なので、自分にとって原則購入対象でない、脱ぎナシのプロスタイルや、女ヤラレでないミックスなどの作品に対しては、「自分は外野である」 と割り切って、多少、言を控えることにしようかなぁ、なんて考えてます。ただ、次のGPに関しては、すでに、完全な 「乗りかかった船状態」 になっちゃってますから、ここは、言いたいことは言い切るつもりでいますけどね。

で、その、次のGP関連で、現在、ブログに書こうと思ってるネタが、三つほど頭の中に溜まっていて、ちょろちょろ下書きを進めてる状態。25日発売の、GP一回戦かも知れない 【新タイトル 女子プロレス系(仮) by SSS】 の情報が、今週末には出てくると思うんで、その前に記事にしておきたいところなんですが、かなりの文章量になりそうなんで、ちとチビシそうです。

ま、締切日にはあまりこだわらずに、ぼちぼちやっつけていきますわん。
  1. 2011/02/16(水) 17:00:54|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぜひ記名で

ふぁん集合スレに、「また眉月が予想を外した」、「眉月の逆を予想すれば当たる」 なんて書かれちゃいました。まぁ、こういう書き込みは、笑顔でスルーするのが大人ってもんなんでしょうけど、弄られる身としては、あんまり面白くないのは確かですわねぇ。・・・・ ってことで、ちょっとだけ反論してみようかと。

自分は今でも、第三回GP企画が(一旦は)頓挫したのは間違いないと思ってますよん。でないと、最初の公表(【WAR 5】 内で、GP開催と中居ちはる嬢の参戦が仄めかされ、バトルさんのスケジュールに、11月末に一回戦が発売になる旨の告知が載った)から四ヶ月近くが経っても、まだ、公式のキャスト情報すら出てきてないことに、理由がつかないですから。

うーん、「頓挫」 は、正しい表現ではないか。・・・・ と言うのは、「当初の企画通りに進めるのは可能だったけど、途中で、もっと売れるシナリオが出来上がったので、そっちに鞍替えした」 ってのもアリかな、とも思えるからなんですよね。なので、「頓挫」 ではなく、「企画の進行を途中でやめて」 って表現に変えておきます。で、仕切り直しになった、と(ここいらに絡んだ文章を、後日ブログに書きます)。

何にしても、「コイツの予想は間違いだった」 なんてのは、後出しジャンケンと同じで、結果を知ったあとで発言の場に出てくるからこそできること。「また眉月が予想を外した」、「眉月の逆を予想すれば当たる」 と書き込んだ方には、ぜひ、自分がこのブログでやってるような 「予想」 を、自分と同じくらいのタイミングで、ネット上に公開していただきたい。他人様の予想の間違いにケチをつけるのは、そういうことをやってからにしてもらいたい、なんちゅー風に思うわけです。あ、もちろん、『記名』 でお願いしますね。

ま、今までに何度も予想は外してるし、今回の 【WAR 6】 にしても、二試合とも、自分が考えてたのとは逆の試合結果になってますから、あんまり偉そうなことは言えない立場ではある。なので、とっとと話題を変えることにしましょう。

「今回はご縁がなかったってことで」 コースになっちゃった 【ハウスメントレズボクシング】 のサンプル動画を見たけど、んー、やっぱり、お二人ともエロいんだよなぁ。エロボディにエロおっぱいだし、ヤラレ顔もいい感じにエロい。この作品がリングセッティングでなかったのは、ホンマに残念です。

つか、こんだけエロいモデルさんの組み合わせだったら、こんな隙間狙いのキワモノにせずに、例えば、フツーにローションレズリングにするとか、ハウスメントにするにしても、フツーにレスリングっぽいイカセ勝負にした方がよかったんじゃなかろうか、って気はします(その方が、間違いなく売れると思う)。

今回は、「ど真ん中のホームランボールだと思ったら、ワンバウンドになっちゃうぐらい落差のあるフォークボールでした」 みたいな感じのオチでしたけど、【百合ボクシング】 シリーズ以降のSSSさんのレズ系ボクシングは、少なくとも、二人のうちの一人は、しっかり乳キャラのモデルさんを引っ張ってきていて、キャスティングに関してだけは、充分に評価できます。

となれば、あとは、「フツーの」 正統コス版が出てくるのを待つばかり。んー、【百合ボクシング 2】 で(最終的な)勝ち役だった小嶋あずみ嬢と、【ハウスメントレズボクシング】 の勝ち役のモデルさん(おっぱいの充実度、プラス、小嶋あずみ嬢との体格のバランスを考慮すると、真矢ゆき嬢希望なんだけど、スライドショー写真を見る限りでは負け役っぽいですなぁ)とで、「レズボクシング王座決定戦」 的なノリの作品でも作ってくんないですかね。
  1. 2011/02/10(木) 19:07:00|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

フツーでいいのに

フェチ板の女子ボクシング萌えスレのお二人に続いて、かたぎやさんでTMさんも、【シネマチックトップレスボクシング】 を高く評価する旨の書き込みを行っていますが、うーん、・・・・ 単に、「かわいい系のルックスと均整の取れたボディのモデルさん二人にちゃんとボクコスを着せ、肌もちゃんとテカらせて、暗環境のリングで撮影した」、つまり、「当たり前の環境を整えた」 だけなんじゃないかと。

以前、ここに書いたように、この作品の自分の印象は、「痛々しい出来栄え」。評価できるのは、上に書いた、「当たり前の環境を整えた」 部分だけで、その先にある、一番肝心な、「ボクシングファイトをいかにボクシングっぽく、エロく見せるか。そのためのシナリオを書き、演技指導を行ったか」 に関しては、五段階評価で、「大まけにオマケして、やっと二点」 といったところです。

「他人様の評価を云々するのは、やっちゃいけないこと」 だってのは、重々わかってはいるんですが、制作サイドに、「これでいいんだ」 という間違った認識を持ってもらいたくないので、正直、この程度の作品を褒めるのはやめて欲しい、というのが、偽らざるところだったり。・・・・ ま、どこがどうダメなのかは、あとでちゃんと文章にしますんで。

ところで、SSSさんの新作レズボクシング作品が、ハウスメントという、ありえないコケ方だったので、ちょっと精神的に立ち直れずにいます。もし、「園田ユリア×真矢ゆき」 だったら、多少演技的に地雷臭が漂っても、その部分には目を瞑って購入、ってな腹の括り方をしてたんですが、まさか、「どヘボ演出で台無し」 以前の、「企画の段階で台無し」 だったなんて。キャスティングの願望的予測が当たっていただけに、その分、ショック倍増です。いやホンマに、先週の金曜にバトルさんちの商品情報ページを見た瞬間、立ちくらみがしましたよ、ええ。当然、天井に張り付いてた購入意欲ゲージは、一瞬にして、ゼロまで落っこっちゃいました。

【Boxing of the Lesbian】 が三作で潰えて以降、SSSさんのレズ系ボクシングは、

【鬼イカせ女子ボクシング】 → モデルさんが根本的にエロくない。コスがダメ。
【エロティックレズボクシング】 → 萎えを感じる体格差(ファイトレベルが地雷)。
【百合ボクシング 1】 → 試合シーンがブラ着用。
【百合ボクシング 2】 → コスがダメ。エロい方の演者さんのエロヤラレシーンがない。

と、全て重大な欠陥を抱えていて、マトモな作品が一つも出て来てないんですよね。

まぁ、コスの問題(ブラ、パンツ、プロレスっぽいシューズ)にしても、体格差にしても、「それはチミの趣向に合わないだけでそ」 と反論される方も居られるかもしれませんが、それはあくまでも、王道から、ボクシングの大基本から外れている部分だと、自分は思う。

自分は、王道(正統かな)、言い換えると、「フツーのレズボクシング」 が見たい。王道に沿った作品が長く供給されていない今、SSSさんには、ヘンなオカズのついてない(【Boxing of the Lesbian 3】 を暗環境にしただけ、ってな感じの)「フツーのレズボクシング」 を、まず一本、世に出して欲しいと、心から願う次第です。
  1. 2011/02/07(月) 21:55:10|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

出演者さんがどんだけツボに来ても

前回の記事に書いたような事情で、もうすでに自分の中では、「来週発売のSSS製レズボクシングは、『園田ユリア×真矢ゆき』 にちまいない」 状態です(あくまでも願望ね)。んもう銭打つ気マンマンで、かなり入れ込み加減なわけですが、一方で、「キャスティングはド真ん中なのに、どヘボ演出が作品を台無しにしちゃうんじゃないか」 って危惧も抱いてたりする。

・・・・ と言うのは、こないだ購入した、同じSSS製のトップレスボクシング作品二本、【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】 と 【シネマチックトップレスボクシング】 が、自分の眼には、かなり痛々しい出来栄えだったからなんですね。ましてや、二本とも、ごくごく最近にリリースされたお品ですから、「今現在のSSSボクシング作品の制作レベル」 が反映されているハズで、そう考えると、「演者さんがどれだけ自分のストライクゾーンに来ようとも、『抜ける』 作品には仕上がらないんじゃないか」 と思えてしまうわけです。

【ダイナミック女子ボクシンググローブ 4】、【シネマチックトップレスボクシング】 のレビュー的なものについては、「買ったら何か書きます」 のまま放置してますが、どういう形にするか、現在検討ちう。基本的にダメ出し大会になるとは思いますが、二作品に共通するポイントもいくつかあるので、とりあえず、一緒にやっつける方向で考えてます。

んー、そうなると、文章量的に、ブログでは収まらなくなるだろうから、やっぱり小文集行きかなぁ。であれば、もし、今度のレズボクシングを買うことになったら、その分まで入れてもいいかも(何となく、購入済みの二本と、ダメ出しポイントがシンクロしちゃうような気がするし)。ま、明日には、『園田ユリア×真矢ゆき』 かも知れないレズボクシング作品の情報も出てくるだろうから、それを確認してから、もっぺんどうするか考えることにしましょうかね。

ところで、例の 「FFC向け爆弾」 記事に、すでに5回、Web拍手をいただきました。そのうち3回は記事をアップしてから2時間以内の拍手で(←こんなことは、今まで一度もなかった)、「ああ、うちのエロブログも、結構チェックしてくれてる人がいるんだな」 ってな気持ちになれて、ちょっと嬉しかった。拍手していただけた方、ありがとうございます。

これからも、よりよいエロ系キャットDVDが、数多く世に出るよう論陣を張り、かつ、しっかり笑いも取っていけるブログを目指します。どうぞよろしく。
  1. 2011/02/03(木) 15:59:04|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここは 【1】 と同じ流れで

ネットの天気予報を覗いてみると、東京の最高気温は、2月に入ってから向こう一週間、二桁の数字が並んでいて、・・・・ なんつーマクラを予定してたんだけど、テレビのニュースで、北陸地方を中心とした大雪の様子が流れているのを見て、その地域にお住まいの方々のことを思うと(雪かき、雪下ろしだけでも、大変なご苦労でしょうし)、気象関係のトピックをシアワセな小話方面に持って行くのが、少々心苦しい。ので、自粛。まぁ、ナンにしても、春の訪れが待ち遠しいところです。

んぢゃま、月曜恒例、今週末発売作品へのコメント大会を。

まず、アキバコム制作部さんの 【オイルレズレスリング 5】。ジャケ前面写真では、河瀬りな嬢のワンダホーな巨乳ぶりが目立ちますが、バトルさんちのスライドショー写真、特に、上段左から二枚目、三枚目あたりを良く見ると、「三桁の乳周り尺に見合ったお腹周りのしっかり感」 っぽいので、購入を考えてる方は、この点、要注意かと。

それはそれとして、前作に続いて、今回も、白地のシートを使ってるみたいですが、んー、やっぱり白だと、妖しさの面でマイナスになっちゃう気がするんだよなぁ。あと、今回はどうも、オイル分(ローション)が足りないように見えますね。演者さんのお肌のヌルヌル感を常にキープするためにも、オイル分はケチらず、もっとふんだんに。

続いて、SSSさんの 【WAR 6】。かたぎやさんや、ふぁん集合スレの情報だと、深田梨菜嬢の負けのようで、ちょっと意外でした。また、もう一試合も、三津谷真希嬢の勝ちのようで、これも、自分の中の 「GP撮影分バラ売り構想」 とは逆の結果です。うーむ、・・・・ とりあえず、今回の記事ではここまでにしておき、後日改めて、そこいらへんについて、詳しく述べていきたいと思います。

最後に、SSSさんの 【百合相撲 2】。作品そのものは、割とどうでもいいんですが、出演されている、園田ユリア嬢、真矢ゆき嬢、お二人とも、「ルックス&おっぱいの充実度的に、自分のストライクゾーンに来るジャンルの作品でお目にかかりたい」 と思ってたモデルさんなので、この組み合わせで撮影があったというのは、ちょっと嬉しいニュースだったりします。

で、「小嶋あずみ×南あおい」 で撮影された、前作の 【1】 は、このままの組み合わせ、つまり、二本撮りの相方で、【百合ボクシング】 を撮っていて、さらに、来週には、SSSさんから、レズボクシング系作品のリリース予定なんかもある。・・・・ となれば、流れ的に、来週出てくるレズボクシング作品は、「園田ユリア×真矢ゆき」 なんじゃないか、とも思えるんですよね。うんうん、ここは是非とも、そうであっていただきたい。

「園田ユリア×真矢ゆき」 なら、どっちがヤラレに回っても、そこそこ抜ける画になりそうですから、もしそうだったら、よっぽどのこと(ブラしてるとか)がない限り、銭を打つことになるだろうなー、なんて考えてます。むはは。
  1. 2011/02/01(火) 00:15:13|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する