眉月的雑感綴

泣き表情のヤラレ顔は超エロい

こないだ、バトルHPに3月の発売スケジュールが開きましたけど、ボクシング系のタイトルは、SSSさんの 【妄想女子 4】 の一本のみと寂しい限り。んー、このシリーズ、【1】 のプロモ媒体を見たときは、「おっ、これは!」 と思うところがありましたが、その後は、どんどん、自分のツボから離れていってる感じするので、あんまし期待できそうもないっスねぇ。さらに、もう一つのストライクゾーンであるレズファイト系は、新作の発売予定そのものがゼロみたいですから、自分的には、来月も全スルー確定、ってことで。

ところで、前回の記事で、GARCONさんの 【ペニバンレズキャットファイト】 のレポートみたいなんをやりましたが、この作品に関しては、まだまだ言っておきたいことがあるので、そこいらへんをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

一つ思うのは、「何で今回はお仕置きタイムがないんかなー」 ってこと。前シリーズに当たる(と思われる) 【爆裂巨乳ギャルレズキャット】 シリーズや、その前の 【ギャルレズキャット】 シリーズ、あるいは、【黒ギャルvs白ギャル レズキャット】 とかにも、「敗者のお仕置きタイム」 がしっかり収録されてたんですよね。そういう流れできて、今回は、いかにもお仕置きアイテムっぽい 「両者ペニバン装着」 っちゅーナリで試合をしたにもかかわらず、お仕置きタイムがないのは、やっぱ違和感がある、と言うか、もったいないなぁ、って気がします。

「各試合三ラウンド構成」 を優先させたために、お仕置きタイムを突っ込む尺がなくなったのかも知れないけど、そうであっても、各ラウンドの尺を少しずつ詰めて(不自然な攻守交替を見せる回数を減らす効果もあることだし)、お仕置きタイムもきっちり提供、という形の方が、よりエロい仕上がりになったんじゃないでしょうか。

もう一つ。今作に収録されている四試合とも、最後の攻守交替のあと、「勝ち役が相手のペニバンを外す」 というステップを踏んでからフィニッシュシーンへ向かっていますが、この試合仕様(って言い方もヘンだが)なら、ペニバンは、「武器としての装備」 なんだから、それを試合中に毟り取っちゃうのはどうかなぁ、と思うんですよね。

ペニバン自体は、紐状のストラップでできてますから、別に、まるまる脱がさなくても、股下側のストラップをちょっとずらせば、局部を丸出しにできるんで、AV的には無問題。なので、試合中は負け役のペニバンは装着したままにしておいて、試合終了のゴングのあとに、勝ち役が負け役のペニバンを毟り取る、にした方が、こう、もっとソレっぽい構図になったんじゃないかと。でもって、ペニバンディルドの挿入をお仕置きタイムに持っていけば、流れ的にも、いい感じに収まる気がします。

プラス、試合中に 「相手のペニバン毟り取り」 をやっちゃうと、そこで勝敗が見えちゃう、というデメリット(制作サイドとしては、それをメリットと考えたのかも知れないが)もある。うーん、やっぱり、ペニバン毟り取りは、試合後にやるべきですよ。この作品を見て、自分が感じたいくつかの違和感の中で一番大きかったのは、この部分ですね。

ちょっと話題を変えて。

この作品のキャストの中で、一番、「あ、この女優さんいいなぁ」 と思ったのは、伊東美姫嬢。「プロモ媒体を見た時点での下調べをしている段階で、彼女がピンで出演されているDVDのジャケットをいくつか見ているうちに、「おおぉぉぉこんなエロ顔でエロボディのおねぃさんがレズファイトしてくれるのかぁぁぁぁ!」 ってな感じでエロテンションゲージが急上昇。最初に 【ペニバンレズキャット】 の存在を知ったとき、多少は、「tsutayaチェック経由でもいいかな」 とも思ってたんですが、それをすっ飛ばして一気に購入に走った原因は、そこらへんにあったりします。

で、実際にモノを買って中身を見てみると、んー、やっぱりイイんですよねぇ。彼女は、ちょっとタレ目っぽい顔の造りをしてますが、これが、泣き表情交じりの、すんごくいいヤラレ顔になる。こいつは、結構キョーレツでしたよ、えぇ。

でも、彼女のことで、ちょっと残念に思ったことが二つほど。

一つは、(全裸ラウンドで)肌に、赤く腫れてしまった箇所が多かったこと。彼女は、ぶつけたり擦ったりすると、その部分がすぐに赤くなってしまう体質のようで、この作品でも、恐らく、倒されたときに強く床にぶつかったり、ギャル服やビキニの毟り合いをしているときに、着衣が身体に強く擦れたり、とかが原因で、そうなっちゃったんじゃないかと思います。もともと、色白のきれいな肌なのに、何かこう、見ていて痛々しくて、ちょっと残念でした。

もう一つは、彼女の負け担当の試合のラストで、「顔にかかった前髪を指で払い上げる」 を何回かやったこと。普通のAVであれば、髪で顔が隠れるのは具合がよろしくありませんから、彼女はそのつもりで、髪を払い上げたんだと思いますが、モノがファイトで、しかも、負け試合のフィニッシュ直前&直後でしたから、この動きは、ものすごく不自然に映りました。うーん、これは、監督さんの責任かな。

・・・・ と、彼女一人だけを取り上げましたが、他の出演者三名も、なかなか魅力的で、深田梨菜嬢は、この手の作品の 「常連」 だけあって、攻めもヤラレもそつなくこなしていたし、遥美結嬢は攻めシーン、橘ひなた嬢は受けシーンで、いい味出してくれてました。第一試合の最終ラウンド、最後の攻守交替直前の、遥攻め/橘受けシーンは、遥嬢の、アソコに突っ込んだ指遣いのエロさ、乳に這わせた舌遣いのエロさは、自分が今までに見てきたレズファイト作品の中でも、「最高の抜きドコロ」 と評することのできるものでした。

最後に、小ネタを一個。この作品では、「身」 の部分が黒いもの、ピンクのものと、二本のペニバンを使い回していましたが、この部分を、もちっと小道具代を張り込んで、出演者四名それぞれに一本ずつ、できれば全部色違いのものを宛がうと、よりオシャレになるかなー、と。でもって、プロモ映像や、ジャケット背面写真に使われている、「四人立ち並び構図」 のやつも、ビキ二着用だけでなく、ビキニ+ペニバン(もちろん、全裸+ペニバンでもオケ)って風にすれば、よりそれっぽい画になるのになー、なんて思ったりしたのでした。
  1. 2012/02/27(月) 18:00:05|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと違う気がする

うーん、また一週間以上、間が空いちまったか。いかんなぁ。

さて、前回の記事を書いたときに、次は、「一般AVメーカー繋がりで、GARCONさんの 【ペニバンレズキャットファイト】 のプロモ媒体(ジャケ写やサンプル動画)を見た時点でのコメントを ・・・・」 みたいなことを考えてたんですが、下調べをしてるうちにエロテンションゲージが上がってしまい、蒲田のエロDVD屋さんへチャリをかっ飛ばして、ちゃっちゃっと購入しちゃいました。ので、レポート関係を。

まず、試合のルールらしきものから。作品冒頭の、「ペニバンキャットファイト公式ルール」 と題されたテロップによれば、「試合は、1試合3ラウンドのレズバトル」、「ラウンド1はギャル服、ラウンド2はビキニ、最終ラウンドは全裸+ペニバンで対決」、「3ラウンド以内に相手を先にイカせた者を勝ちとする」 となってます。

出演者は、橘ひなた、遥美結、伊東美姫、深田梨菜の四名。組み合わせは、収録順に左側が勝者で、<橘×遥>、<伊東×深田>、<遥×伊東>、<深田×橘>。前シリーズの 【爆裂巨乳ギャルレズキャット】 と同じく、四人で一勝一敗パターンですね。この作品では、遥美結嬢が黒ギャル担当っぽい感じですが、黒ギャル担当の彼女が第一試合で負け役になるところまで、【爆裂巨乳】 二本と同じだったりするのは、何か監督さんのこだわりなんでしょうか(今回は、黒ギャル担当の勝ちが第三試合なので、そこだけは違いますけど)。

当然、全試合、勝負は最終ラウンドに持ち越されることになるわけですが、各試合とも、ラウンド2までは、「相手の衣装を剥がしながら適度にレズエロ行為」 で同じですし、ぶっちゃけ、自分にとってはどうでもいい部分(どうしても、ラウンド3を抜きネタに使っちゃうんで)なので、詳細は割愛。で、問題のラウンド3は、・・・・

第一試合。自分のディルドを相手に咥えさせるシーンがお互いにあり、その後、橘が、指挿入で遥に攻められて、かなりピンチっぽくなったところで、遥がレフェリーにバイブを取ってくれと要求する(このシーンはプロモ動画に入ってますね)。バイブの手渡しにもたつく間に、橘が体勢を立て直して遥のバックを取り、受け取ったバイブを遥の股間に挿入。橘攻め体勢のまま、橘が遥のペニバンを脱がし(ハーネスの止め具を外す)、バイブ挿入のまま一気にフィニッシュ。試合後のお仕置きモードはなく、第二試合へ。

ここで、「?」 と思われた方もいらっしゃるかと思います。自分もそうで、つまり、「ペニバン装着同士で対戦してるのに、自分の股間についてるナニを、相手のアソコに挿入するシーンがゼロ」 なんですね。第二試合も、バイブ手渡しの手間取りの有無とか、多少の違いはあるけど、流れ的には、第一試合とほぼ似たような展開で、やっぱり、(バイブは突っ込むけど)ペニバンディルドの股間挿入はなし。をいをい。

さすがに、ラスト二試合までそうだというわけではなく、第三試合は、前の二試合のバイブ攻めまでが少し前倒しになって、ペニバンディルドの股間挿入でフィニッシュ。ラストの第四試合は、バイブ攻めのシーンがなくなり、ディルド股間挿入でフィニッシュ。・・・・ と、だいたい、こんな感じの展開です。

うーん、何ぁ~んかこう、違う気がするなぁ。四試合のうちの二試合までが、ルールに謳われていないバイブが登場するのに、「武器としての装備」 の意味合いが強いはずの、ペニバンディルド股間挿入なしのまま終わっちゃうってのは、激しく物足りない。例えば、試合そのものはそのままでいいとして、試合決着後に、「ディルドでボッコリの敗者のお仕置き」 とかつけてくれれば、「おお、こりゃまた強烈にエロいですなぁ」 って風に思えるんですけどねぇ。

で、「じゃぁ、駄作なの? 抜けへんの?」 と問われると、これがそうでもなくて、出演されている女優さんも粒揃いですし(レズバトルのキャスティングは、巨乳が前面に出た前シリーズよりも、今作の方向性の方が正解な気がする)、全員が、喘ぎ、イかされの演技をしっかりやってくれているので、このジャンルがストライクゾーンのお客様にとっては、充分、税込3120円也の銭を打つ価値のある作品じゃないかと思います。それでも、うーん、やっぱり、ちょ~っと違う気がするんだよなぁ。

ま、それはそれとして、GARCONさんの、一連のレズファイトシリーズにしても、Sadistic Villageさんの 【ガチンコプロレズ】 シリーズにしても、新作が出るたびに、「作品をもっとエロく見せるにはどうするか」 という努力、工夫の跡が見えるように感じられる。また、Rocketさんのファイトものも、イかせ(潮吹き)決着を採用するなど、一般AVメーカーさんの作品は、ブラッシュアップされ続けている、日々進化して行ってるように思えます。

キャット専門レーベルの制作担当者さん、一般AVメーカーの倍以上のお値段でモノを売ってるんだから、もちっと頑張ってくださいな。
  1. 2012/02/21(火) 00:47:59|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打ち止め予想は撤回しまふ

「眉月的DQ8完璧プレイルート作成」 は、オープニングから裏エンディングまでの全行程の手順がほぼ固まり、「本当にこの手順でいいのか」 を確認するため検証プレイちう。なんだけど、手順の順序を間違えたりとか、アイテムの取り忘れ、買い忘れとか、なーんか、いろんなとこでエラーが出て、しかもそれが、次のステップまでを上書きセーブ済みで、エラーの場所まで戻れないケースが多かったり ・・・・ orz

まぁ、エロくない話題は早々にうっちゃって、黙ってる間に溜まったネタを、旬落ち覚悟で、一発かましておきましょう。

昨年12月20日付の記事に 「買うつもりでっせ」 みたいなことを書きましたが、昨年の暮れ(大晦日だったような気がする)に、いつもの蒲田のエロDVD屋さんで、sadistic villageさんの 【ガチンコプロレズ・ベストバウト作品集】 を買いました。

各巻分とも、冒頭に、作品内から数秒の映像を集めて編集したダイジェスト部分が3~7分あり、その後、本編からラウンドの一つをピックアップして(【1】のみ二ラウンド分)、そのラウンドをじっくり流す、という構成。「ピックアップされたラウンド」 は、以下の通りです。

【1】→ Round1(敗者:大沢)、Round3(両者昇天のローションレズ)
【2】→ Round2(敗者:NOZOMI)
【番外編】→ Round1(敗者:真田)
【3】→ Round3(つぼみだけがイかされたっぽいローションレズプレイ)
【4】→ Round2(敗者:北条)
【5】→ Round2(敗者:RUMIKA/負けチーム二名 ぺ二バンレズお仕置き)

モノが 「総集編」 ですし、感想、コメントの類は、個々の作品を見たときにやってたりもするんで、今回は、「どの部分が収録になってるのか」 の紹介だけにとどめておきます。んー、【1】 だけ、二ラウンド分収まってる(時間の配分も 【1】 が一番長い)のは、制作サイドが、この作品を一番高く評価してるからなのかなー、なんて(まー、何ちうても、「佐伯奈々×大沢佑香」 だからなー)。

ところで、12月20日の記事には、「総集編が出ちゃうとなると、このシリーズは、【6】 で打ち止めっぽいですねぇ」 なんてことも書いたわけですが、【ベストバウト】 には、【6】 の分が入ってないんですよね(【ベストバウト】 のジャケ写をよく見れば、【6】 が未収録なのはわかったはずなんだけど、もう 「【6】 で打ち止めで総集編放出」 って頭しかなかったので気づかんかった)。

うーん、【6】 が入ってないとなると、打ち止めじゃぁないのかなー。もし 【6】 で打ち止めなら、【ベストバウト】 の発売をもう少し遅らせて、【6】 の分もぶち込んだ形でリリースするのが、自然な流れのような気もするしー。・・・・ ってことで、打ち止め予想発言は撤回。

つか、【6】 の感想文にも書いたけど、このシリーズは、「両者いい気持ちになっただけの、うやむやエンディング」 だけはどうにかして欲しいものの、モデルさんの質は高いし、「エロの濃さ」 的にも申し分ないレベル。加えて、コスやリング環境が、自分の好みに寄ってきてるだけに(【2】、【5】 あたりの、キラキラ系のコスもいいけどね)、「【6】 で打ち切り」 でなく、是非この流れで、シリーズ続編をガンガン供給していただきたいと思います。
  1. 2012/02/13(月) 22:48:32|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

専用パンツの弊害

前回の記事に、「そろそろ、こっちの方にも、あれこれ書き綴っていこうかと ・・・・」 なんて書いたにもかかわらず、やっぱりPC部屋が寒くて、なかなかPCの前に座る気になれなかったり、眉月的DQ8完璧プレイルート作成が佳境に差し掛かったり、なんてこともあって、また一週間以上も、間が空いちゃいました。う~ん、いかんなぁ、こんなことぢゃぁ。

で、黙りこくってた間に、そこそこ、ブログ用のネタが溜まったんですが、今週分の新作3本が、それぞれ 「これは一言言っておきたいぞ」 ってな感じの作品だったので、そっちを先にやっつけたいと思います。

まず、アキバコム制作部さんの 【トライアングルバトル】。「三つ巴戦を制作する難しさ」 みたいなことを、以前、ちらっとここに書きましたが(昨年9月21日付の記事)、そこいらはまぁ横に置いとくとして、んー、この、樫井ゆうか嬢の乳の谷間はキョーレツですねぃ。ジャケ表紙面の写真を見て、キャット系作品としては、久々に、「これは銭の取れる乳の谷間だ」 と思いました。

気になったので、彼女のことを、いろいろ調べてみると、ネットで拾える写真を見る限りでは、「周り尺三桁のウルトラおっぱい!」 ってなインパクトまではいかない感じ。ただし、乳量の豊かさの割には、お腹周りがすっきりしてるので(しっかりクビレもあるし)、非常に魅力的なボディなんじゃないでしょうか。目鼻立ちがすっきりしていて、キャラ立ちしそうなルックスですし、ここは是非、女女版おっぱい丸出しボクシング方面に出張ってきていただきたい。ブローウィンドさん、よろしくお願いしますね。

でもって、残ったボクシング系作品二本なんですが、うーん、・・・・

【妄想女子ボクシング 3】。SSSさんちにプロモ動画がアップになり、何か破格の扱いみたいになってますけど、それを見た限り、桃瀬なつき嬢のヤラレ顔が多少ソソるぐらいで、「これまでのダメさをそっくりそのまま引き継いだ駄作」 としか思えない。コスも中途半端のままだし、どうしてこの程度の作品が、インフォメーションページを起こしてまで前面に出るのか、正直、自分にはわかりません。

もう一つ、今や、ブローウィンド系作品のエース格となった感のある、後藤リサ嬢出演の 【MIXED BOXING 3】。こっちは脱ぎエロ行為エロ含みで、色物っちゃぁ色物なんだけど、彼女であれば、恐らく、ボクシングの動きもこなせると思うし、「動画を見せるならこっちの方がよかったんじゃないの?」 ってな気がしないでもない。まぁ、自分は、男ヤラレのエロMIXには興味ないんで、どうでもいいんですけどね。

で、この二作の写真を眺めていると、「このパンツ(トランクスのことね)を放棄しない限り、SSSさんが、ビジュアル的にクるボクシングを撮るのは、永遠にムリなんじゃないか」 なんて思えてくるんですよねぇ。

「股下丈がそこそこ短くて、ベルトラインを細めにしてヘソが見えるように。」 ここいらの意図はわかるんだけど、やっぱり生地がお上品すぎると思うんだよなぁ。一般的な(と言えるかどうかは怪しいが)サテントランクスのキラツヤ感がないと、直球ボクシングにしても、どエロ路線にしても、見栄えが落ちる気がする。

例えば、ずいぶん過去に行っちゃったけど、女子ボクシング画像掲示板に投稿された、#3557の写真。これなんか見てると、「うん、やっぱり、女ボクシングは、こゆトランクスがマッチするよねぇ」 とか思うんですよね(ただし、この写真のように、洋物だと、モデルさんのスタイルをよく見せるために、ベルトラインを高い位置に持っていく傾向がある。和物エロ系ボクシングなら、ベルトラインの幅をキープしたまま、股上丈を削り、ヘソが見え隠れする程度まで落とすのがベストだと思う)。

・・・・ と、見つけたときに、「これをネタにして一本」 と思ったまま、ずっと溜め込んでいた写真(#3557)の話を、ムリクリ記事に捻じ込んでみたりするのでした。
  1. 2012/02/10(金) 18:03:54|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

底も見えてきたので

昨年クリスマスのちょい前あたりに、かなりショッキングな出来事(色恋とまったく無縁なことだってのがまた哀しい)があり、精神的、金銭的に大きなダメージを抱えたまま年越し。2012年に入ってからも、癒しを求めて、DQ8の沼に引き籠ったままの日々を過ごしちう。

・・・・ と、そんな事情もあり、PC部屋がクソ寒くて、なかなかPCの前に座る気になれないことも重なって、先月は、ブログの更新を、全面的にお休みしちゃいました。んー、ひと月以上間を空けると、ヘンテコな広告が表示されちゃうんですね。

結局、ひと月以上も、DQ8の沼に浸かってたことになりますが、いい加減、沼の底が見えてきた(自分なりのコンセプトで、最速、且つ、ストレスを最小限に抑えながら、裏エンディングを迎えるまでのルートがほぼ確定した)ことでもありますし、更新をバックレてる間にも、ネタにできそうな出来事はちょろちょろありましたから、そろそろ、こっちの方にも、あれこれ書き綴っていこうかと思います。

ああ、新年の挨拶がまだだったか。

以前にも増して活動の鈍化が著しいサイトですが、皆様、本年もどうぞよろしく。
  1. 2012/02/01(水) 17:17:48|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する