眉月的雑感綴

目標は月一ぐらいで

そんなことで、pixivに、「爆乳おかあさん虐め」 試合前シーンをアップしました。今回は、それにまつわるお話を少々。

「爆乳おかあさん虐め」 では、自分としては初めて、絵の中にテキストを捩じ込むという方法をとったわけですが、うーん、あらかじめ想像していた以上に難しい、って印象です。いつものように、画像とテキストが別々だと、かなり自由に文章を書いていけるんですけど、合体版だと、ある程度、一枚の絵に収める文章量を揃えないといけない(と言うか、そうしないと見栄えが悪くなる)ですからね。

プラス、一枚の絵に、もっと文字を入れられると思ったんですよね。文字をゴシック体にすれば、もっと文字を小さくできるんだけど、「画像内にぶち込むテキストは、(ゴシック体ではなく)明朝体が一番エロい雰囲気が出る」 と思ってるもんで、そうすると、こんくらいの文字サイズが限界かな、と。そんな事情もあって、当初の予定よりも、かなり文章を端折ってあったりします。

キャラの名前について。この連作を始めるに当たって、黒ギャルちゃんの方は、今風の、「名付けた親の顔が見てみたい」 と思えるぐらい、ぶっとんだネーミング、ヤラレおかあさんの方は、それとは対極の、古風な名前にしようと思ってました。

黒ギャルちゃんの名前、輝羅(きらら)は、パチ屋で遊んでるときに、何となく頭に浮かんだのを採用。おかあさんの名前は、一番最初に思いついたのが 「静代」 で、これは、自分の中のイメージにかなりピッタリ嵌ってたんだけど、身長180cm設定で、名前が静代だと、南キャンのしずちゃんとまるまる被っちゃう。ロンドン五輪出場の出場権が懸かった世界選手権のRSC負けと、時期的にもそんなに離れてないですし、これはちょっとまずかろうってことで、あれこれ考えた挙句に、「芳江」 に変更しました。因みに、ポザのシーンファイル上では、黒ギャルちゃんが 「kuro」、おかあさんは 「shizu」 という名前になってます。

pixivのキャプションにちらっと書いたように、昔に比べると、一枚ポザ絵を作るのに、すんごく(延べの)時間がかかるようになった。それなりに知恵がついたんで、作画の過程でそこそこ手間をかけるようになったし、ぢぢいになったせいか、長時間、作業に集中できないんですよね。・・・・ そんなんで、今回の連作は、作画は一枚一枚きっちりやるけど、それ以外の面倒に関しては、端折れるものはぜんぶ端折る、っちゅーコンセプトでいこうかな、なんて考えてます。

例えば、モノのタイトル。いつもだと、それなりに凝ったタイトルを考えて、pixivに上げた画像の一枚目、あるいは、ラストの立ち絵あたりに、タイトルを組み込むんだけど、タイトルロゴのフォントを選んで、画像の処理もして、なんてのが面倒だし、タイトルを考えること自体がメンドクサイ。なので、あんなタイトルにしちゃいました。

んー、次の区切りを一ラウンドの終わりまでとすると、8枚ぐらいになりそうだから、「乙」 の回(個人的に SPECブームちうだもんで、回数表示に 「甲、乙、丙、…」 を使うことにしてみた) をアップできるのは、一ヵ月後ぐらいかなぁ。

ま、適度に頑張りますんで、どうぞヨロピク。
  1. 2012/07/22(日) 15:45:42|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いい感じのシワにはなったが

「爆乳おかあさん虐め」 のコマ割りに悩みちう。試合シーンに入っちまえば、パンパン進んでいくと思うんですが、透けタンクトップとか、リングガウンとか、いろいろ知恵がついてしまったので、「これを何とか盛り込みたい」 という思いが強くて、試合が始まるまでの分は、大難産になりそうです。

とりあえず、構図が決まってる、最初の二枚だけ作画してみる。 1枚目 2枚目 

1枚目は、文字の部分を目立たせたいので、絵はこのままではなく、明度、彩度を落とした上で、ぼかしをかけようかと思ってます。因みに、黒ギャルちゃんのブラは手描きです(あんま目立たないし、ぼかし前提なら、この程度で大丈夫でしょう)

2枚目はねぇ、チョー手間かかってんですよ。

タンクトップ周りでいくと、まず、つけ乳を作り直し。黒ギャルちゃんの乳パーツをメタセコに移動して内側に寄せ、通常より高い位置にセットですね。で、以前から使ってる自作スポブラを着せて、クロスシミュレーションにかける(こうやって調整しておかないと、おっぱい全体の位置が下に落ちてしまい、いい感じの透け乳にならない)。さらに、布部分の透明度を違えたものを4種類用意して、いい感じの透け乳にすべくあれこれ小細工、・・・・ したんだけど、まだお見せできるような結果が出ないので、とりあえず、透明度の一番低いものを、もっぺん重ねてあります。あと、乳の谷間は手描きね。

トランクスの方は、もっと手が込んでる。スッパのものと腹巻のみ着用のものをレンダしておいて、その他に、「真希×メイリン」 のリマッチんときに作ったエロトランクスを、マテリアル変更でメタリックシルバーにしてレンダ。さらに、Billyさんのトランクスを穿かせた状態のものもレンダ。

Billyさんトランクスの画像の彩度をゼロに落とし、皺が股間に向かうように変形。これをエロトランクスのレイヤに重ねて、透過度を調整し、手作業で皺の入り具合や角度を微調整。でもって、腹巻画像(当然こっちもいろいろ手を入れている)と合体させ、腹巻部分と布部分の明度が合うように調整。いやぁ~、メンドクサイ。

そんなんで、そこそこいい感じに皺が寄った風にはなりましたが、エロトランクスと皺を合わせた段階の布部分が、全体的に明るすぎたため、メタリックシルバーと言うよりは、ちょっとキラテカ強めのサテンの白トランクス、って感じになっちゃいました。でもまぁ、これはこれで、黒肌との相性も良さそうだし、今後は、この明度、コントラストを基準にしてもいいかなぁ、なんて。

実際に作画してみて感じたのは、「2枚目の文字を入れるスペースが思ったよりも狭い」 ってこと。ここには、黒ギャルちゃんのキャラ説明が入るわけですが、こんだけしかスペースがないと、ちょっとシンドイかも知んない。んー、あんまり字は小さくしたくないしなぁ(連作全体で字の大きさは統一したいし)。つか、このあとに、おかあさんの入場絵が続くんだけど、そっちは、黒ギャルちゃんの分より文章量が嵩む予定なんで、かなりヤバイかも。

うーん、本格的にどうにもならなくなったら、「pixivのキャプションで選手紹介しちゃう」 とかにしちゃおうかしら。
  1. 2012/07/06(金) 16:00:06|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回の大当たり

んでは、おとついのお買い物について、個人的なアタリハズレ評価を中心に、ちょっちコメント。

バトルオリジナル 【プロレズリング 5】。7試合分のフィニッシュシーンをダイジェストで見せたあと(勝敗はお互いに買ったり負けたり)、一試合を最初からフィニッシュまで(朝比奈まき嬢ヤラレ)、という構成。全試合、決着した瞬間に、もう負け側の表情が素に戻ってしまっていて、萎えることこの上なし。脱がしも甘いし、イかされた感も甘い。はっきり 「地雷」 と言い切ることができる駄作でした。へぇえ。

【プロレズリング 12】。横内利香(横山翔子)嬢の演技は、期待通りで間違いはなかった。佐々木しのぶ嬢も、(レスリング視点での)攻め技にバリエーションもあったし、責めセリフも良かった。でも、脱がしがラスト近くになってるのが残念ポイント。なので、抜きネタとしての価値は、同じ横山翔子嬢出演の 【レズバウト 6】 の方が上ですね。

SSS 【レズビアンファイティング】。「二本先取三本勝負」 となってますけど、2ペアとも2-0決着、と言うか、はっきりとしたドミ展開。南嶋ナミ嬢がいい感じに泣いてくれてて、なかなか良かった。「水沢×南嶋」では、南嶋嬢が口の中に水を含んで涎っぽく垂れ流す、なんてことをやってるみたいですが、それなりに涎っぽく見えるので、不自然にはなっていないし、これはこれで、かなりエロいです。

【レズバウト 10】。んー、まー、Metabom監督作品は、この程度の完成度でしょうねぇ。でも、月原桃香嬢のおっぱいがダイナマイツだったので許す、って感じ。

お買い物品評会のメインイベントに選んだのは、ミラクルMさんの 【ファイヴ・クライマックス・エッチ 2】。

もともと、このシリーズは、このブログで、「ダイジェスト化にならんか」 なんて書いたことがあるように、八千ナンボの銭を打つには厳しいけど、気になる作品は多かった。その中でも、【2】 のジャケ前面写真の、美雪あやか嬢のヤラレ顔(とヤラレおっぱい)を一番に注目してたので、今回のプライスダウンを機に購入した次第です。

タイトルに謳われているように五本勝負で、結果は、美雪嬢の負け、勝ち、負け、勝ち、勝ち。うーん、ラストの五本目で、美雪嬢が勝ち役に回っちゃったのは、個人的にはすんごく残念でした。

で、この作品のコメントを、なんでメインイベントに据えたかというと、美雪嬢のヤラレ姿が、期待してた以上に強烈だったから。

彼女は、フツーのAV目線で見ると、「銭の取れる美形」 ではないと思う。でも、「ヤラレ顔」 は、間違いなく超A級品。正直、自分がこれまでに見たイかせファイト作品の中でも、一番 「クるヤラレ顔」 だったんじゃないか、と思えるぐらいの、絶品のヤラレ顔でした。因みに、甲高い気味の喘ぎ声も、これまたGOOD。

でもって、パッケージ上のスリーサイズ(93-58-90)や、ジャケ前面写真あたりから、おっぱい的なものにも期待してたわけですが、こっちも大当たり。そこそこのサイズで、形も質感も良く、乳首も綺麗な、素敵なおっぱいでした。

しかも、おっぱい関係の充実度の割に、お腹周りに、あまり余分な肉がついてない。ジャケットには、お腹周りの肉のつき具合がわかる写真がないんですが、本編の映像を見ると、ビシッとくびれのある、実にメリハリの効いたボディラインです。そのボディを包む白の水着に、たまに乳首が浮いて見えたりして、これもまたエロい。

さらに、相手のエロ技を嫌がる素振りをちゃんとやってくれていて、この点もポイント高いです。例えば、三本目の序盤で、ロープ際で変形卍に極められているシーン(アキバコムさんちのサンプル画像だと、下段左から二番目の写真の構図)では、首に掛かった相手の足を外そうともがき、その体勢で、相手に乳を揉まれ出すと、相手の手を払おうとする。これなんか、「いつまでも眺めていたい」 シーンの一つですね。

この作品が出た当時は、キャット系メーカー作品に出演されるモデルさんの質は総じて低く、この作品のジャケ前面写真は、「できすぎた一枚」 なんじゃないかと思ってましたが、少なくとも彼女のヤラレシーンに関しては、そんなナマぬるいもんじゃなかった、って感じです。

んでまぁ、当然気になったので、ネットでいろいろ調べてみたんですが、どうやら、一般AVを含めて、(「美雪あやか」 としては)出演作品は、これ一本だけの模様で、同一人物と認定できる形跡も、【ファイヴ…】 発売の同年5月28日に撮影会を行った、という一件しか見当たらない。大宮のお店にいるソープ嬢に同名の方がいて、年齢も同じぐらい(6年前発売の 【ファイヴ…】 には19歳の表記があり、大宮のソープ嬢さんは現在25歳)だけど、身長の記述がちょっとだけ違うので、本人か別人かはビミョーなところ。

それはそれとして、彼女のように、「素のルックスがAV向きでないために、ギャラはそれほど高くないけど、ボディもおっぱいもそこそこで、実はヤラレ顔がバカエロい」 なんてモデルさん、AV女優さんは、真剣に探せば、何人か見つかるんじゃないかと思う。キャット専門メーカーさんには、努力してそういう女優さんを発掘し、出演作を世に出してもらいたい、・・・・ と、そんなことを思うのであります。
  1. 2012/07/05(木) 18:31:34|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々にバトルさんでお買い物

まず、前回の記事の訂正から。つべの動画へのリンクつきで紹介した、NYレンジャーズ×NJデビルズは、1994年スタンレーカップの決勝ではなく、同年プレーオフの東カンファレンス決勝(勝者が西カンファレンス勝者と決勝を行う)でした。大変失礼いたしました。

では、本日の本題。今日の午後、まるまる身体が空いたんで、秋葉原のバトルさん、んー、今は、アキバコム秋葉原本店さんって言わないといかんのかな、へ行って、お買い物してきました。

出発前に、家のPCでお天気チェック。やほぉ天気予報によれば、大田区から文京区あたりまでチェックしても、12時、15時、18時ともに 「くもり」 だったので、自転車で勝負。・・・・ と、これがビシッと裏目に出て、特に帰りは、小一時間、本降りの雨の中を走ることになりました。やほぉ天気の嘘つきぃ! (ま、家を出るときに、パラリパラリと雨粒が落ちていたにもかかわらず、何の雨具も持たずにチャリでプチ遠出した自分が悪いんだけどね)

それはそれとして、買ったのは、以下の五本。上の二本がバトル館、下の三本が、「3本購入で1本無料」 狙いで、アウトレット館でのお買い上げです。

・ レズビアンファイティング (SSS)
・ ファイブ・クライマックス・エッチ 2 (ミラクルM)
・ プロレズリング 5 (バトルオリジナル)
・ プロレズリング 12 (バトルオリジナル)
・ THE レズバウト 10 (SSS)

上の三つは、最初からお買い上げするつもりでいた作品。この他に、購入済みの同シリーズ作品が割と良かった 【ローションガールズ エロファイト ダイジェスト 2】(マーヴェラス)、【女子校生達のミラクルエッチプロレス ダイジェスト 1】(ミラクルM)あたりの購入を考えてたんですが、お店でいろいろ物色しているうちに気が変わり、月原桃香嬢のおっぱい狙いで 【レズバウト 10】、しっかりヤラレ演技をしてくれる横内利香(横山翔子)さんのイカされシーンが山ほど拝めそうな 【プロレズリング12】 に鞍替えしちゃいました。

購入本数が多くて、まだ全部見てないんで、レポコメの類は、また別の機会に回すとして、お買い物をしているときに思ったことを。

バトル館にしても、アウトレット館にしてもそうなんだけど、商品の陳列方法に節操がないというか、こう、「手持ちの商品を、お客様にもれなく見ていただき、お買い上げいただく」 っちゅー意思が感じられないのよねぇ。

例えば、バトル館では、レジカウンターの下に、「店長独断価格コーナー」 があって、商品が面展されてるんだけど、ジャケ前面が見えている商品の真後ろに、別タイトルの商品が置かれていたりする(つまり、最前面に置かれている以外の商品は、手で引き出して見てみないと何なのかわからない)。

あるいは、同じシリーズの商品が、何ヶ所にも分かれていたり。【ファイブ・クライマックス・エッチ】 シリーズは、横並びの二つの棚の中で、四ヶ所に分かれて置いてあった(最初に見つけたとこには、買うつもりだった 【2】 がなくて、「え? 売り切れちゃったの?」 ってマジに思ったぞ)。

かと思うと、最新第六弾でプライスダウンになったはずの 【レズ・バーリトゥード】(IMPACT)シリーズが、前の定価のシールが貼ったまま、通常価格販売の棚に置かれていたり。

アキバコムさん、もちっと売り場を整理しましょう。
  1. 2012/07/03(火) 22:28:53|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Welcome to the Jungle

何の気なしに、female boxing ファンのページ様の掲示板、ななしさんの投稿のURLをクリックしたら、7月6日放映開始のテレ朝金曜深夜ドラマ「ボーイズ オン・ザ・ラン」 のHPへ。どアタマの画像で、平愛梨さんが嵌めているボクシンググローブが異様にエロい。グローブ全体のフォルム(特に右手)とか、手の甲にロゴのないところとか、がっちり試合仕様のテーピングとか、これはもう、エロボクシングを撮影する際の模範例かと。専門メーカーさん、これくらいはやってくださいな。

がっちり試合仕様、なんて言葉を使いましたが、これだけしっかりしたテーピング、しかも紐タイプのグローブってことは、もしかしたら、このドラマには、平愛梨さんの試合シーンがあるんじゃなかろうか、とか勘繰ってしまう。まだHPが出来立てらしく、キャスト紹介のページすら開いてないので、詳しいことがわからないのが、何とももどかしいです。

・・・・ と、マニアエロっぽい話はここまで。今回のメインは、またしても非エロネタです。

今日、大田区総合体育館へ行って、「ゼビオチャレンジ バスケットボール男子 日本代表×チャイニーズ・タイペイ」 を見てきました。この試合が、「大田区総合体育館 開館記念事業」 と銘打たれているように、大田区総合体育館は、昨日オープンしたばかりの新装ホヤホヤで、個人的な興味は、試合よりも、新しくなった大田区体育館(以前は、「総合」 の名称はついていなかった)がどんなもんなのか、の方がメインでした。

半年ほど前から徐々に露わになっていった建物の外観は、こう、無駄にアートしてると言うか、おシャレすぎて、あんまりいい印象を持ってなかった(アートに空間費やすよりも、もっと駐輪場を広くすべきだろう、とか思ってた)んですが、メインの体育館の中身は、比較的シンプルな構造で、客席数も多く、割といい感じ。中規模スポーツイベント用の器には、ちょうどいいんじゃないかと思います(ただ、キャパの割には、トイレの数が少ないんじゃないかと思った)。

客席の、一番高いところからバスケの試合を眺めていると、なぜか、過去に、アイスホッケーの試合を会場に出かけてナマで見たときのイメージが頭に浮かぶ(西武鉄道・王子製紙の黄金試合の頃は、ちょいちょい見に行った)。自分はねぇ、アイスホッケー好きなんですよ。

そんなことで、「あー、アイスホッケー見てぇなぁ」 なんてボンヤリ考えてたら、バスケの試合のハーフタイム明け直前。会場に大音響で、『Welcome to the Jungle(Guns' n' Roses)』 が流れて、アイスホッケー衝動大爆発。と言うのは、この曲には、ちょっと思い入れがあるんですね。

自分が、一時期、CSでESPNを視聴してた頃、『National Hockey Night』(NHLの試合の放映)が、一番楽しみにしてる番組でした。で、1994年スタンレーカップ決勝(日本のプロ野球で言うところの 「日本シリーズ」 に相当)で、3勝3敗で迎えた最終戦、『National Hockey Night』 のイントロ映像のBGMで流れてたのがこの曲でした。

ネットで調べてみたら、つべにその映像が残ってる。この動画は、曲の前奏部分が欠けちゃってるのがスンゲー残念なんだけどね(この前奏部分がまたトンデモナクいいのに)。因みに、この映像に使われている試合シーンは、3勝3敗になった、第六戦までの映像の中からピックアップされています。

自分は、この試合をビデオ録画したんだけど、このイントロ映像の部分は、んもう死ぬほど見たし、見るたびに、この映像の(音楽込みの)迫力、素晴らしさに、快感を覚え、「やっぱ ESPN スゲーよ」 なんて思ったのです。

うーん、ちょっと暴走しちゃったなぁ。でもまぁ、自分の中では、かなり衝撃的な出来事だったし、いつか、この話(いきさつ込みで、件の動画を紹介することね)はブログに書こうと思ってたから、まぁいいか。

それにしても、・・・・ あー、アイスホッケー見てぇなぁ !!!
  1. 2012/07/01(日) 20:25:53|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する