眉月的雑感綴

期待作目白押しモード入り

SOD系メーカー SADISTIC VILLAGEさんちに、【S・GIRL本物 現役世界ランカー セカンドバージン喪失にして、人生初のナマ出しをかけたガチレイプバトル!】 の商品ページが開いた。Femele Boxing Fanのページ様の掲示板で、そゆ作品が出ることを知ってから、楽しみにしてたんですよね。こんだけタイトルが長いのに、その中に 『ボクシング』 という文言が入ってないのは何でだろう、ってな小ツッコミはさておき、サンプル動画も見れるんで、そこいらのお話を少々。

主演女優さん(?)のおっぱい関係の充実度が低いのは、まぁ、「現役ボクサー」 っぽいから致し方ないとして、サンプル動画を見た段階での残念ポイントが二つある。一つは、リング設定でないことで、これはちょっともったいない気がする。もう一つは、レイプシーンで、女優さんがグローブをしてないっぽいこと。マニアとしては、グローブつけたまんまで犯されちゃって欲しいんですよね(どのタイミングでグローブを脱がされるのか、サンプル動画ではわからないんですけどね)。

でも、リアルファイトの中でダウンシーンは強烈。今までに、例えば 【現役キックボクサーがAVデビュー! 詩音】 とか、【現役バンタム級ボクサー AVデビュー 舞】 とか、似たようなテイストの作品はあったけど、「男と戦って被弾してダウン」 というシーンはありませんでした。ここまで突っ込んでいただけるのは、非常に嬉しいです。

あと、サンプル動画を見た限りでは、どうやら、「ダウンしたら一枚脱がされる」 という流れになってるみたいですが、「ラストの一枚(黒のボトム)のところでダウンしたら、全裸で試合続行になるのか?」 ってのも気になる(動画の流れでは、黒ボトムのダウンでレイプシーンに移っちゃうっぽい)。個人的には、しっかり全裸状態のファイトまで行く、つまり、黒ボトムでダウン → 黒ボトムを脱がされ、全裸にされて試合続行 → そこのダウンで10カウントアウト(KO)、ゴングを鳴らしてから集団レイプ、ってのが、一番クる図になると思うんだけどなー。

9月6日の発売なので、10月アタマぐらいには、tsutayaさんに降りてくると思うんだけど、今の時点で、かなり 「サンプル動画でもいいから見たい」 衝動が来るんで、tsutayaチェックまで待てずに、蒲田のエロDVD屋さんで購入コースになるかも知れない。まぁ、それでもいいかな、なんて。

そんな中、バトルさんちに目を移すと、【女子ボクサーとサンドバックプレイ7】 の商品ページの情報が、やっと全面的に開きました。何となく、これが、Cロナさんがtwitterで言ってた、「特に二試合目は非常に良い出来」 のヤツだと思うんだけど(7月27日のつぶやき。当時、バトルさんちに、【Boxing & Sandbag Lover】 が、7月最終週発売予定で載ってた)、うーん、どうなんだろう。・・・・ とか思ってたら、来月9月の二週目に、【新タイトル 現役女子ボクサー対決1(仮)】 なんてのが。買う買わないは別にして、どんなもんが出てくるのか、楽しみにしてます。頼みますよ、バトルさん。

割と発売が楽しみな作品が出てきて、ちょっとうきうきした気分になり、その勢いで 「時期的に、GARCONさんも来月の予定が開くはず。【近親相姦キャット】 から三ヶ月開いたから、そろそろファイト系作品が出るんじゃねーかなー」 と思ってGARCONさんちを覗きに行ったら、案の定、【全国地下格闘技No.1ギャルファイター対抗!!金網キャットファイト!!】 キタ―! タイトルは、「エロよりガチ」 ってな感じだけど、サンプル動画を見ると、やっぱりがっちりエロ風味で(GARCON作品なんだから当たり前か)、しかも眉月お気に入りの水嶋あずみチャンが一押し女優さんっぽい造りになってる。なので、ノータイムで購入決定。発売日当日に、蒲田のエロDVD屋さんに走りたいと思います。

うーん、久々に期待作目白押し状態。幸せやぁ。
  1. 2012/08/24(金) 21:58:31|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

詰将棋もええなぁ

近所のパチ屋に、新台で 『CRA大海物語2 with アグネス・ラム』 が入りました。んー、この台いいですねぇ。シンプルなスペックで、演出も楽しく、600発近い出玉の6R大当たりが60%、15R大当たりが4%と、「一回でも当たりを引っ掛ければそこそこ遊べる感」 もあって、それなりに回る台を拾えれば、まったり打っていられます。

で、前作の 『CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム』 同様、いろんな場面でアグネス・ラムちゃんの画像が見られるわけですが、出っ張るべき部分(特に上の方)の膨らみが充分なのに、お腹周りのクビレが強烈。日焼け肌に黒髪ってのも、はっきり言って自分好みです。うーん、エロ過ぎる。

・・・・ と、枕はややエロ気味ですが、今日の本題は非エロの話。

先日、近くの図書館の中をうろついてたら、文庫のコーナーに、詰将棋の本を見つけました。小学生の頃、将棋に興味を持ってた時期があり、よりパズル的な要素の強い詰将棋は大好きで、詰将棋の本を買ったことなんかもある。だもんで、ちょっと当時が懐かしくなり、その本を貸し出してもらってきました。

家に帰って本を開き、第一問を考え始めて、愕然となりました。当然、一問目は、収録問題の中で一番難易度の低い(と思われる)ものが載ってるはずなのに、頭の中で5分、10分考えても、答えがわからない。小学生の頃に買った詰将棋の本は、少なくとも、最初の10問ぐらいは、スラスラ解けてたハズなのに。

何でかなーと、しばし考えた結果、「出題の盤面図から、一手、二手進めた先の駒の位置が、頭にイメージできていない」 のが原因だとわかりました。ガキの頃は、こんなことはなかったのになぁ。・・・・ と、思いがけないところで、脳ミソの老化を思い知らされた次第です。トホホホ。

最後に。小学生の頃に買った詰将棋の本(もう40年以上前の話だ)の中で、今でも鮮明に覚えている問題があるので、ここでご紹介したいと思います(その本の中では、「昔からある名作」 みたいな感じの章に収められていたように記憶してるんで、多分、著作権的な問題はないでしょう)。 →→ 問題図 - 詰将棋のルール

攻方の選択肢がある程度限られていて、それほど難問ではありませんから、「駒の動かし方ぐらいなら知ってる」 という方でもイけると思いますんで、ぜひチャレンジしてみてくださいな。
  1. 2012/08/23(木) 21:41:33|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

自分的には肥えたロートルのヤラレはアリ

pixivに、例のナニの第一ラウンド後半分をアップしました。お楽しみいただけてるでしょうか。もともと、第一ラウンド分は、二分割せず、8枚いっぺんにアップする予定でいて、一発目の 「甲」 の回を上げてからひと月ぐらいで次が出れば、ってな腹積もりでしたから、概ね予定通りにいった感じではありました。

それから、遅ればせながらの報告ですが、「甲」 は、投稿日翌日のpixivデイリーランキングに、R-18男子に人気269位でランクインしました。カテゴリ的にも順位的にも、かなりショボい成績ではありましたが、周りがほぼ2Dのエロ萌え絵だったことを考えると、かなり嬉しい。評価をいただいた方、ブクマを打っていただいた方、ありがとうございました(そんなことがあったもんで、「乙」 と 「丙」 は、鮮度アップを狙って、日付の変わり目あたりに投稿してみたんですが、いずれも見事にランク外に沈みました。ふにゃ~)。

ところで、今回のシリーズは、pixivに投稿し始めた頃に比べると、何となくお客様の食いつきがよろしくない、というか、閲覧数も評価数も、今ひとつ上がってこない。まぁ、モノの出来栄え自体が、他の投稿者さんたちに比べると、そんなに質の高いものではないし、失神ダウンとか、フィニッシュブローに近いパンチとかの、「クる」 構図になってもいないですから、この傾向はわからないでもない。

あと、今ひとつお客様に食いついてもらえない理由として、どうも、「芳江が太すぎ、オバサンすぎ」 ってのがあるような気がするんだよなー。自分の感覚としては、惨めな敗者がマッチしそうなキャラにしたつもりだし、絵を一枚作るたびに、一生懸命太らせてる(フォトショ上の手作業なんですよ)んですけどねぇ。・・・・ と愚痴っててもしょうがないんで、己のエロ心に対して、忠実に進んでいきたいと思います。てかもう、後に引けないんですけどね。

んぢゃ、最後におみやげを。「乙」 で、輝羅タンが半脱がしにされたトランクスを引っ張り上げる構図の絵がありましたが、サイズが小さいし、テキストを乗っけて見づらくなっちゃったんで、オリジナル版の絵を、こちらでご披露しようかと。ついでに、同じく縦横半分サイズの、「半ケツダウンの図」 のオリジナルサイズ版もつけちゃいます。ホイっホイっと。

今後も、「タイトルなんてねぇですよ」 シリーズを、どうぞよろしく。
  1. 2012/08/22(水) 17:41:19|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男前過ぎるっ!

何となく記事を起こすきっかけがないままオリンピックが始まり、始まったら始まったで、やっぱり中継(NHKサイトのライブストリーミングには、随分お世話になりました)を見てしまい、なんだかんだしているうちに、ひと月近く放置しちゃいました。まぁ、自分はスポーツ大好きだし、モノが四年に一度のビッグイベントなんで、これはこれでいいかな、と。

ブログをバックレてた間も、pixivで展開中のナニの作画はちょいちょいしてて、そっち関係のネタもありますけど、とりあえず今回は、オリンピック雑感みたいなんを。

んー、柔道が大コケした以外は、概ね、日本人選手、日本チームは好成績でしたね。で、個人的に、「これは嬉しい」 あるいは、「これはスゴイ」 と感じたものを、いくつか並べてみたいと思います。

・・・・ の前に、残念ポイントを一つ。自転車トラックは、もちっと成果が欲しかったっスね。日本は、ピスト短距離のプロ競技(競輪のことね)がある、数少ない国ですし、当然、ケイリン発祥の国でもあるわけですから、もちっとこう、スプリントなりケイリンなりで、メダルに手が届きそうになっても良かったんじゃないか、って気がします(そう考えると、中野浩一の世界選手権10連覇って、とんでもないことなんだなぁ、と思う)。

んぢゃ、「嬉しい」 「スゴイ」 編。「嬉しい」 の一番手は、やっぱ女子バリボーですかねぇ。テンさん(竹下選手)が五輪の場で表彰台に上がれて、本当に良かった。・・・・ えー、女子バリボーに関しては、多分、別口で記事を起こすことになると思うので、ここではここまでにしときます。

「スゴイ」 と言うか、偉業、快挙だと思った中での一番は、男子ボクシングミドル級・村田諒太選手ですかね。金メダルだってこともそうだけど、ミドル級で、というのが非常に大きい。バンタム級の清水選手も表彰台に上がったし、男子ボクシングは万々歳でした。うーん、素晴らしい。

もう一つ、「こいつはスゲェ」 と思ったのは、競泳男子400個人メドレーの荻野公介選手。この競技で日本人が予選をトップ通過し、決勝でセンターコースを泳いだこと自体が大快挙だと思う。

彼には、こう、強烈な魅力を感じますねぇ。理由として、クロール(自由形)を苦手にしていないことも大きいけど、何より、彼がまだ高校生だってのがスゴイ。優勝したロクテ選手との差が約5秒、マイケル・フェルプス選手の持つ世界記録まで、あと6秒。あと何年か経って彼が成人し、完全に身体が出来上がったときに、この記録を破れるんじゃないか、そんな期待を抱かせてくれます。

あと、同じ競泳では、男子400メドレーリレーが、とんでもなく強いアメリカにはさすがに届かなかったけど、それ以外のどの国(特にオーストラリア)よりも上に行ったのも、快挙と言えると思う。女子も、自由形を除く各泳法でメダリストが出たし、メドレーリレーでも表彰台に上がった。すごく嬉しいし、素晴らしいレースを見せてくれたことに感謝したいです(リレーって、見てて熱くなりますよねぇ)。

しっかし、どうして競泳選手には、ああも美男美女が多いんでしょう。女子平・鈴木選手の目鼻立ちの整い方は普通じゃないし(個人的には、寺川選手の容貌が一番好き)、男子メドレーリレーのアンカーとして活躍した藤井選手、君、ちょっと男前過ぎるだろう。

まぁ、今回はこんなもんで。次回はできればエロネタでいきたいと思います~♪
  1. 2012/08/17(金) 14:32:39|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する