眉月的雑感綴

赤青黒問題はこれが正解

今日の東京は、最高気温こそ二桁に乗らなかったものの、良く晴れて風がないという穏やかな日だったので、ママチャリに跨り、片道15分ほどのところにある、京急雑色駅前のOKストアさんへ、お買い物に行ってきました。このスーパーは、自分の家からチャリで行ける範囲のスーパーで唯一、カルピスプラスマルチサプリ(カロリーオフ・適度な甘味で、糖尿気味の今の自分にとっては、マストアイテムと言っても過言ではない)の1.5リットルボトルを置いてくれてるので、大変にありがたい。んもう、チャリの前カゴがパンパンになるまで買い込みましたよ。ええ。

Queen of the Ringさんのブログ、18日の記事に添付された、ムエタイの試合の動画を見て、思ったことが二つほどあったので、今日は、それをネタに記事を起こしたいと思います。

一つは、グローブの色とコーナーの色の関係。この試合では、赤コーナーの選手が黒のグローブ、青コーナーの選手が赤のグローブを使っていますが、これは非常にアリだな、というお話。

自分の中には、黒と赤なら黒が上(強者とか格上とか)、赤と青なら赤が上、というイメージが、かなり強くあって、創作をする際には、それに従って、色の割り当てをしてます。で、エロ的には、赤黒対決がよかろうということで、グローブは赤黒を使って、強者キャラを黒グローブにすることが多いですが、リアル試合では一般的な、赤コーナー青コーナーにすると、赤コーナーがあるのに、そっちが赤グローブじゃないのは今一ヘンだし、さりとて、弱者色の青コーナーのキャラに黒グローブってのも、やっぱりヘンだし、・・・・ みたいなモヤモヤを、いつも抱えてました(なので、無理して、コーナーも赤黒にするとか、金銀にするとかしてた)。

でも、この動画を見て、「黒と赤なら黒が上、赤と青なら赤が上。赤コーナーの選手に黒グローブ、青コーナーの選手に赤グローブ。リアル試合であっても、それで間違ってません。」 と言われたような気がして、ちょっとスッキリしました。

もう一つは、トランクスの話。キックの試合では、短いトランクスで試合に臨む選手が多いですが、この動画でも、両選手とも、太腿が全面的に露出する形のトランクスです。

黒コスの選手は、相手よりもキワキワ丈トランクスの分、その下にスパッツを穿いてるのが見えますが、仮に、純粋エロ狙いの商品に使うのであれば、このトランクスをスパッツなしにすればいい。んー、ベルトラインの位置が少し高いので、ちょいずり下ろし気味に穿けばオケーかな。

・・・・ と、そんなことで、「エロ商品としての(キックではない)ボクシング作品、特に、トップレスの場合は、丈の短いトランクスを使うべし」 という自分の考えを、再認識した次第です。まぁ、キック用のトランクスは、エロ作品向きだと思ってるんで、小文集に、「isamiさんの無地のキックパンツは使える」 なんて書いたりしてるんですけども。

つか、ブローウインドさんは、またしても、「エロ系ボクシング不毛の時代」 になってしまった模様。超ハイレベルのボクシングファイトなんて言いませんから、せめて、まともなテーピングの、エロエロでレズレズなトップレスボクシングを、そろそろ世に出してください。どうぞヨロシク。
  1. 2013/01/19(土) 17:15:38|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福笑い作戦敢行しますた

前回の記事に、「浜崎りおタンのトップレスボクサーコスプレ姿を、いっぺん拝んでみたかった」 なんてことを書きました。

で、その後も、「自分もポザ使いの端くれなんだから、ポザでそれっぽいものが作れんかなー」 みたいなことは思ってたんですが、今日、ボーッとフリーセルの沼に浸かってる最中に、「これなら、かなりそれっぽいモノができるんではないか」 っちゅーアイデアが浮かびました。やり方としては、・・・・

下準備として、「この顔に似せる」 という写真を、ネットで拾っておく。→ ポザでシーンファイル作成。このとき、顔を写真と同じ向きになるように調整する。→ 同じ構図で、顔をでっかくポザる。→ フォトショ上で、写真とデカ顔ポザ画像のレイヤを重ね、目、鼻、口の各パーツを、できるだけ写真と同じになるように加工する。→ 加工済みのデカ顔ポザ画像を縮小し、シーンファイルの構図と合成。・・・・ これなら嫌でも似るっしょ。

まぁ、実際にやるとなると大仕事になっちゃうんで、とりあえず、この路線でイケるのかどうかを確かめるために、ちょっと手抜き実験。ポザ絵で顔パーツの加工をせずに、ポザ絵にリアル写真の顔パーツを貼っ付けてみる、というパターンを試してみることにしました。名付けて、福笑い作戦!(まんまや)

手始めに、ネットで、この実験に使えそうな、りおタンの顔写真を漁る。で、この作品のパケ写で勝負。

続いて、手持ちのポザ画像から、顔の向きが似てるものを探す。すると、昔作った、くぅちゃんの顔にチャレンジしたときの残骸が良さげだったので、こいつに、さっきのパケ写の、りおタンの顔パーツを乗っけていきます。

フォトショ上で、両目の位置を基準に、パケ写の映像をちょい回転させて、ポザ絵の上に貼り付けると、こんな感じになる。で、パケ写の方の、眉、目、鼻、口以外の部分を消去。鼻だけは皮膚の色が出ちゃうので、色調を調整して、元絵のくぅちゃんモドキの肌の色と合わせます。

あと、りおタンは丸顔なので、顔(頭)の輪郭が丸顔に見えるよう、元絵の髪の上半分を縦にちょっと縮小し、見えている左の頬も、少し膨らませる。でもって、最後に、マウスピースを咥えてる感じを出すために、唇の中を加工し(見えている歯並びの上に、マウスピースとその影の部分を手描き)、その他もろもろの小修正をかました結果、こんなん出ました。

んー、金髪だと今一雰囲気出ないかなー。でも、作業時間1時間ほどで、この程度のものができるんであれば、これはこれでOK。まずは、予備実験成功、ってことにしたいと思います。
  1. 2013/01/13(日) 20:24:19|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一度は見てみたかった

仕事帰りに、駅前のtsutayaさんに寄り、AVコーナーを徘徊していると、【浜崎りお引退・AV女優最後の日に…】 なんて作品が目に止まる。以前、ここに、「奇跡のおっぱい」 なんて書いたように、自分は、りおタンのファンでした。パッケージを眺めながら、「そっかー。りおタンも引退かー。試合仕立てまでは言わんから、せめて、トップレスボクサーコスプレ姿ぐらいは、いっぺん拝んでみたかったなー。」 なんて思ったり(この作品の発売が昨年3月なぐらいですから、りおタンが引退してから、もう随分日が経ってんですけどね)。

ところで、年明けの5日、pixivに、「爆乳おかあさん虐め」 の後半戦一発目をアップしました。このシリーズ(の後半戦分)、昨年中は、作画は割りと先の分まで進んでるけど、うまいテキストが思い浮かばないのでアップしたくない、ってな感じだったんですが、年が明けてから、何となく、「こいつのメインは、あくまでも、マニア向けのエロポザ絵なんだから、ストーリーが大間違いなく伝わるのであれば、文章の方は稚拙であっても構わないんじゃないか、実際問題として。」 と思えるようになってきました。

で、自分の中で、多少の違和感があったとしても、それにはあまり拘らず、テキストとポザ絵を合体させることを優先させるようにしたところ、思った以上に、すいすい作業が進む。・・・・ と、そんなことで、「己の回」 がアップできた次第です。

今のところ、後続の、「庚の回」、「辛の回」 までは、あと少しでテキストとポザ絵の合体が完了、つまり、そのままpixivにアップできる状態になる。その後の 「壬の回」 は、構図確認のためのシーンファイルはできていて、これからボディパーツごとのレンダに移る、といった感じです。まぁ、テキストは、ある程度やっつけでもいいんだけど、ポザ絵の方は、自分の納得できるレベルまで造り込みたいんで、「壬の回」 以降の分は、もちっと時間が掛かるかもです(まだ部屋寒いし)。

ともあれ、今年は、「年内に必ず完成させる」 と自分に課した企画がある。早く 「爆乳おかあさん虐め」 を終わらせて、そっちの作業に取り掛かれればいいなと思います。
  1. 2013/01/11(金) 21:34:15|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は特別な思い入れで

4年前の年明け一発目の記事に、「明けましておめでとう、という言葉は、あまり好きではない。」 なんてことを書きました。でも、年を追うごとに老けて(特に精神的に)きたせいか、こう、新年を迎えることのありがたみが、身にしみてわかってきて、実にめでたいことだと思えるようになってきました。

毎年、年の初めには、「今年はこれこれこんなことをやりたい」 みたいなことを頭に思い浮かべ、それをネタに記事を起こしたりしてますが、今年は、自分の中で、「今年はこういう創作をやる」 というのが、かなり明確になってます。「pixivのナニも、きっちり頓挫しかかってんのに、今さら何を寝惚けたことを」 なんて声が聞こえてきそうですが、こと今年に限っては、ちょっと特別な理由があって、「こんなんがやりたいなぁ」 ではなく、「必ずこれを完成させる」 といった感じの、例年とは違う意気込みで臨むつもりでおります。ハイ。

えーと、それから、今年は年賀絵を作りました。ぶっちゃけ、アリモノ、と言うよりも、廃物利用に近い感がありますが、本家 『BIGETZZONE』 の表紙のページにリンクを貼っときましたんで、お収めくださいませ。

では、改めて新年のご挨拶を。

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞ宜しく、御願い申し上げます。
  1. 2013/01/03(木) 15:47:05|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する