眉月的雑感綴

ちょっちハズレ気味ですた

sadistic villageさんの 【ガチンコプロレズ7】 が、近所の tsutayaさんに、ようやく入荷になりました。で、さっそくレンタルしてきたんだけど、うーん、今回は今一だったなぁ。もうモノは返却しちゃったんで、覚えてる範囲で、ってことになりますが、残念ポイントを中心に、レポコメ風の文章を。

大まかに流れだけ書くと、毎度おなじみの3ラウンド構成で、最初が、「何某かのホールドに相手を固めたら、レフェリーが固められた方のアソコに電マを当てる」 ラウンド、次が、道具使い放題ラウンド(ここまでは、勝者によるペニバンレイプのお仕置きタイム付き)、最後が、ローション相撲&レズバトル。えーと、最初のラウンドは脱ぎナシ(靴を脱ぐだけで、コスは着用のまま)。潮吹きシーンは、全編を通じて、ふんだんに盛り込まれてます。あと、最終ラウンドのラストは、このシリーズのお約束なのか、二人同時に昇天、という形で決着します。

んー、やっぱり、最初のラウンドが脱ぎナシってのは、すごく残念。それと、靴(ブーツ)を割と早い段階で脱いぢゃうのも残念ですね。個人的には、プロレス風コスを使うなら、少なくとも、どちらもおっぱい丸出しになる程度に脱がし合ってから、靴を脱いでもらいたかったですね。

靴に関して、もちっと細かいところまで言うと、前作の 【6】 は、ブーツの底が平らなゴム底で、プロレスコスにマッチした小道具だったんだけど、今回の作品では、男性の革靴のような形状の靴底になってました。これも残念ポイントです。

あと、何ヶ所かの潮吹きシーンの直後に、「別アングルでもう一度」 が挿入されていて、これもかなり痛かった。自分は、潮を吹かされたあとの、挫折感、ぐったり感みたいなものに、強烈なエロスを感じるわけで、潮吹きシーンがあって、「このあとが一番の抜きどころっ!」 と身構えたところで、いきなり別角度のリプレイに切り替わっちゃう。これは、正直悲しいですよ。できれば、試合シーンはリアルタイムのまま流して、リプレイは、(メインカメラの映像とコンビで)ラウンドとラウンドの間に、まとめて放出、みたいな感じにして欲しかったなー。

最初のラウンドは、お互いに何度か潮を吹かせ合ったあと、水澤まお嬢が、潮吹かされの後、ぐったりしたところで、テロップによるダウンカウントが表示され、10カウントに達したところでゴング、という形。この、「戦闘不能判定から10カウントで決着」 ってのは、非常にアリ。ただ、これをやるならば、フィニッシュ以前の潮吹きシーンで、何度か、「カウントスタート → カウント内に復活して試合続行」 を見せておいた方が、フィニッシュシーンがより引き立つんじゃないかと思います。

「ふんふん、10カウントでKOというわけか。なかなかいい感じぢゃん。」 と感心しつつ、次のラウンドの決着を楽しみにしてたら、何とびっくり、アンクルホールドでギブアップっちゅー、エロレズファイトではありえない幕引き。監督さん、何考えてんですか?(最初がギブ決着、次が潮吹かされKOだったら、脱ぎ度合い的にも、まだわからなくもないんだけど)

・・・・ とまぁ、そんなことで、眉月的には、ちょっとノーサンキューな仕上がりではありましたが、【6】 に続いて、プロレス風コスを採用したことは嬉しいですし、何よりも、「シリーズそのものが死んでなかった」 というのが、非常に喜ばしい。一般AVメーカー作品では、それっぽいブーツまで用意した試合形式のレズファイトは、このシリーズだけですから、ブラッシュアップすべきところはして(最終ラウンドも、はっきり勝者と敗者を作って欲しいなぁ)、シリーズの続編を、定期的にリリースしていただきたいと思います。
  1. 2013/03/24(日) 18:43:03|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぁ~わい~ぃ…

2月27日の記事に、「DVDレンタルで、【SPEC】 → 【すべらない話】 → 【M-1 GP】 と来て、その後の 【名探偵の掟】 にハマった」 なんてことを書きましたが、結局、【名探偵の掟】 は、その場おかわりコース(返却日の深夜に返却して、翌日、まんま再レンタル)となりました。その後も、【ガリレオ】 → 【LIAR GAME・シーズン2】と、シリーズ全巻まとめ借りが続いて、現在、【LIAR GAME(シーズン1)】 と 【LIAR GAME Final Stage】、全部で7本をレンタル中です。一発目の 【SPEC】 から、続けて何本かまとめてレンタルしてるうちに、何か借りてないと落ち着かない、と言うか、夜、寝床で、レンタルしてきたDVDを見てからでないと、なかなか寝付けなくなっちゃいました。

【名探偵の掟】 の7泊フル利用2連荘の後、【ガリレオ】 と 【LIAR GAME・シーズン2】 は、一通り見終わったので返却、って感じで、どちらも2泊程度のレンタルだったんですが、今借りている7本は、今日で5泊目。シーズン1の方に、またまたドハマリです。

まぁ、自分はもともと、推理小説とか、パズルとか、ロジックをあーだこーだするようなことに楽しさを感じるタチだもんで、こういうテイストのドラマは大好きなんですね。加えて、シーズン2を(レンタルして)見てたときはそうでもなかったんだけど、シーズン1の方には、こう、ところどころに、強烈な爽快感を感じるシーンがあるんです。

がっつり入り込んでしまったのが、ストーリー上で、LIAR GAME2回戦、「少数決」 が収録されている、第3話から第5話。戦略の設定や謎解きの部分に説得力があり、且つ、物語の至るところに、巧妙に伏線(「視聴者に対して仕掛けられた罠」 という意味合いも含んで)が張られている。だもんで、謎解き終わりの 「騙された感」 が、実に心地いい。

プラス、キーとなる登場人物が、それぞれ魅力的に描かれているように感じられる。この中に、岩佐真悠子さんが演じる 「15番の女性」 というのが出てきますが、このキャラが超カッコイイ。サングラスを外して、いかにも肉食系な印象の素顔(漆黒のストレートヘアと真っ赤な口紅がビッタシ合うんだこれがまた)を晒すシーンは最高です。それから、第4話エンディング間近の、松田翔太さんのセリフなんかも、もうタマラン、ってぐらいカッコイイです。

それとですね、・・・・ 戸田恵梨香さんが、んもう、とんでもなく可愛いんですよ。

戸田恵梨香さんとゆえば、【LIAR GAME】 以外でも、【SPEC】、【鍵のかかった部屋】 と、お気に入りのドラマに出演されているので、自分の中に、彼女の顔のイメージがしっかり焼きついてるんですが、それと、シーズン1では、顔立ちと言うか、見た目の印象が全然違って、少女の面影がはっきり残ってるんです(シーズン1撮影時、彼女は18歳だった)。なので、彼女の顔がアップになるたびに、思わず、「かぁ~わい~ぃ」 なんて声が洩れてしまう。これには、オジサン参っちゃったなぁ、って感じです。

そんなことで、今借りている7本は、7泊フル利用コースになりそうです。もしかすると、【名探偵の掟】 同様、その場おかわりしちゃうかも知れません。

んー、あと何ヶ月かしたら、【謎解きはディナーのあとで】 も準新作から一般に落ちるだろうから、そしたら、これも一気見だな。それから、【鍵のかかった部屋】 も、もっぺん通しで見てみたいぞ。・・・・ と、そんなことを考える、今日この頃であります。
  1. 2013/03/20(水) 22:20:23|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グローブの向きは大事なのよ

WBCのことを記事にすると、書き綴るナリに気持ちが沈んでいきそうなので、ここはベタに、桜の話題から。

このところ、また、暖かい日が続いていて、近所の公園やらでも、すでに、花びらを覗かせている蕾もちらほらと見受けられ、予想では、今週末から来週一杯にかけてが見頃とのこと。去年は、このブログの4月12日付記事に、「うちの近所だと見頃は今頃でしょうか」 なんて書いてますから、今年は、去年に比べると、桜の開花&満開が2週間近く早まってるようですね。まぁ、今年は、3月に入ってから、本当に暖かい日が続いてますし、去年は、んもうとにかく寒かったっちゅー記憶がある。さもありなん、という感じではあります。

さて、【崩落 女サドボクサー】 のサンプル動画が開いたんで、そっち関連のお話。

商品ページのサンプル画像下段左端、山咲カナ嬢のマウスピース半吐き出しの写真は、構図が構図ですし、彼女がとても可愛いお顔立ちなので、かなりソソられました(ただ、これは涎ぢゃなくて水。口に水を含んで試合するボクサーなんていねぇよ、とも思ったけどね)。

あと、サンプル画像の上段左端の写真。この写真では、出演者のお二人とも、ショーツ状のボトムになってるんで、「ふんふん、二試合収録で、ボトムを替えるパターンか。でも、それなら、ブラも二試合で違うものにすれば良かったのに。」 ・・・・ と、バトルさんちに商品ページが開いた段階では、そんなことを思ってました。

で、サンプル動画を見てみると、山咲嬢練習シーン → 吉村嬢練習シーン → トランクスでの試合シーンという流れで、非トランクスの試合シーンが収められていない。んー、まぁこれは、非トランクス分は前フリ的なものなんで、サンプル動画に収めるほどでもねぇ、ってことなのかな。

サンプル動画を見た限りで作品の出来栄えを想像すると、うーん、まあまあってとこかなぁ。今一つ、スピード感、ドライブ感が足りないような気がするものの、4カットほど収められている山咲嬢のダウンシーンは、割といい感じに撮れている。上に書いた、山咲嬢マウスピース半吐き出しのカットも収められていて、これもかなりソソります(まぁ、マウスピースと一緒に口からこぼれ落ちたのは、やっぱり、「あからさまに水」 だったけど)。

すごく気になったのが、吉村嬢練習シーンの彼女のグローブの位置と向きで、構えたときに、位置が左右に開きすぎていて、さらに、手の甲が正面を向いてしまってること。細かいことかも知れませんが、本格テイスト狙いの作品でしょうから、こういう部分も、制作サイドがしっかり指導して欲しいなぁ、なんて思いました。

まぁ、ぶっちゃけ、きっちりブラありですから、自分が銭を打てる作品ではないんですけどね。プラス、こういう言い方をすると、ちょっとアレだけど、この出演女優さんの乳量だと、トップレスだったとしてもパスだったかなー(皆様ご存知のように、自分は巨乳派なんで)なんて。

来週末には、SSSレーベルから、エロ系ミックスボクシングがリリースされる予定。二週連続でボクシング系作品が出るのは、嬉しくなくはないんだけど、がっつりブラありストロングテイストと、(試合部分はがっつりブラありっぽい)ミックスぢゃぁなぁ。

ヤラレの方だけでも、乳量とボディラインが充実した女優さんを起用して、女女版トップレスボクシング。でもって、エロ目のトランクスを用意して、小道具もしっかり使い(グローブのテーピングをちゃんとするとか)、最低限の演技指導をする。そういう作品が、定期的に世に出ることを、切に願う次第です。
  1. 2013/03/18(月) 20:23:48|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっぱいが見たいのよっ!

今週末に、CF×FC キャットファイト×フェチクラブさん(メーカーではなく、ブローウインド制作のレーベル名なのかな?)から、【崩落 女サドボクサー】 が発売になります。今年に入って一発目のボクシング系作品だということもあり、何かコメントしようかと思ったんだけど、とりあえずサンプル動画見てからにすべぇか、ってことで、バトルさんちにサンプル動画が載っかるまで待つことに。で、このネタきっかけで、今後のお買い物予定みたいな方向性で、記事を一発書こうと思ってました。

Feti-Feastさん制作で、樹林れもん嬢が出演されているものが4本ありますが、自分は、彼女のお顔立ち、おっぱいの充実度込みのボディラインが、結構好きなんですね。

銭を打つなら、彼女の丸出しおっぱいは拝みたい。で、試合形式的な好みでいくと、正統派 1 on 1 レズファイトの 【レズ×レイプ Fight】、【レズFight!! 五本勝負】 のどちらかで勝負したいとこなんだけど、この二作品は、ジャケット写真やサンプル動画から察するに、乳丸出しシーンがないっぽい。んもう、残念すぎる。・・・・ となると、2 on 1 で彼女の乳丸出しヤラレシーンがサンプル動画に納められている、【トリプルレズFight】 か、それとも、全編彼女がヤラレで、乳丸出しシーンもふんだんにありそうな 【淫獄 MIX Fight】 で攻めるべきか。・・・・

それはそれとして、個人的には、彼女はレズファイトのキャストとして使い勝手のいい女優さんじゃないかと思う。上にも書いたように、ボディは一級品ですし、お顔立ちも、「エロいおねぃさん」 として、攻め役でも、ヤラレに回っても、いい感じにキャラ立ちする気がするんですよね。加えて、彼女は舞台のお仕事もされてますから、演技力の面でも問題ないでしょう。なので、ブローウインドさんで、彼女を使って、一発エロいもんでも作ってもらえんもんかと、ずっと思ってました(似たようなことを、過去に二度、ここに書いてます。因みに、彼女は、ブローウインド傘下アスリートレーベルで、スポコス作品2本に出演してます)。

・・・・ と、そんなことを思いつつ、彼女のブログを覗きに行ったら、3月7~8日にかけて、「M男苛め、レオタード、キャットファイトの撮影をした」 なんて記事がある。「撮影メニュー的に、ブローウインド系作品の守備範囲と見事にシンクロしてるから、これはもう、ブローウインドさんのお仕事で間違いないっ!」 ってなことで、エロテンションゲージ急上昇。

当該記事には写真が添付されてますが、自分としては一番気になるキャットファイトコスの写真がない。なので、ダメ元で、この撮影の相方さんだった、秋元美穂嬢のブログを追ったら、3月8日の記事に、「このコスでリングファイトの撮影しました」 的なお写真を発見。

うーむ。・・・・

樹林れもん嬢ブログに、「樹林への復讐を誓う挑戦者 美穂ちゃん VS チャンピオン 余裕&ドS樹林」 ってな記述があったんで、その時点では、樹林嬢ドミ勝ちのシナリオをイメージしてたんだけど、秋元嬢のコス(プラス、彼女のお顔立ち)から察すると、どうも、ヒールキャラ同士の設定なんじゃないか、って気が。写真のキャンバスは、バトル作品用の色だし、昨年12月にシリーズ一作目が出た、【ヒール対決 最凶喧嘩ファイト】 の続編あたりかな。つか、「挑戦者 VS チャンピオン ドS樹林」 のあとに、「今回、竹刀とチェーンが出てきまつ。」 って、きっちり書いてあるやん。

となると、この撮影日の、「キャット」 の撮影での脱ぎ要素は、恐らくゼロ。自分が銭を打てる作品ではなさそうです。ちぇっ。

んー、この日の監督さんが、「樹林れもん、脱ぎでもレズでも、バリ使えるやん。ほんなら、もっぺん呼んで、グリグリのエロレズファイト撮ってみんべか」 とか考えてくれんかなー。でもって、それが、レスリング系でなくして、乳充実度MAXの女優さん相手の、エロレズトップレスボクシング方面へ行ってくれたりなんかすると、眉月的には万々歳なんだけどなー(さすがにそこまではねぇか)。
  1. 2013/03/13(水) 19:41:21|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀色ディルドってどうよ的な疑問はさておき

いやぁ~、昨日のWBC台湾戦、シビレましたねぇ。鳥谷選手、井端選手、カッコ良過ぎ。特に、井端選手は、緒戦のブラジル戦でも、一打同点の場面で、「右方向に強いゴロを打つ」 という職人技を見せてもらったし、んもう、カッコ良過ぎの二乗です。

是非とも、明日の試合でオランダに勝って、準決勝進出を決めてもらいたい。・・・・ ってなことで、マクラを切り上げて、pixivで展開中のナニ関連のお話。

ラスト三枚の構図をどうするか、ずっと悩んでたんですが、ようやくそれが固まりました。このラスト三枚は、試合が終わったあとの絵で、輝羅にペニバンを穿かすんですが、枚数も少ないし、ついこないだまで、「ディルドの部分は、ポザ基本図形の円柱と球を組み合わせてごまかす」 なんて考えてました。

で、その構想に従って、とりあえずお試しレンダしてみたんだけども、やっぱり、「円柱と球を組み合わせただけ」 に見えてしまって、どうにも美しくない。うーん、どうしよう。・・・・ と行き詰まったところに、一個アイデアが浮かんだんで、久々にメタセコの画面を開き、ちゃっちゃっとモデリング。こんなん作ってみました。

でっかいドーナツ型の基本図形を、輪切り数値を細かい目に設定して呼び出し、ちょい引き伸ばした球と組み合わせる。でもって、ヒダヒダ感が出るように、ドーナツ部分を、3ポリゴンごとに少し拡大。んー、お手軽作成の割に、そこそこの見た目ですかね。

さっそくポザに呼び出して、お試しレンダ。ヒダヒダがもっと密になれば、さらにいい感じになるんでしょうけど、こんぐらいなら無問題かなー。

フォトショ上でちょっと加工して、ペニバン本体(ハーネス?)をスッパに装着した風にしましたが、このパターンで行くか、トランクスの上に穿いた風にするかは、まだ悩みちう。あ、グローブは外す予定です。

しかし、・・・・ スッパにペニバン、ボクシンググローブって、強烈にエロいよなぁ。これで一試合かましちゃおうかしら?
  1. 2013/03/09(土) 16:42:06|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壇蜜エロス!

天気予報によれば、東京は、明日の水曜日から日曜日まで、5日続けて、最高気温が20℃ほどにまで上がり(最低気温は10℃を下回ることが多そうですが)、風さえ吹かなければ、日中は、かなり暖かく過ごすことができそうです。テレビのお天気おねぃさんが、GW並の陽気だと言ってたんで、まだモノホンってわけではないでしょうけど、やっぱり、暖かい日が続くと、春の訪れを感じようと言うもの。そういえば、あとひと月で、今年も満開の桜を拝めるんですねぇ。・・・・ ということで、前フリ通り、壇蜜さん主演の映画 『私の奴隷になりなさい』 を観てきましたので、今回は、壇蜜さんに関するお話を。

世間の盛り上がり具合を考えると、自分が壇蜜さん見たのはかなり遅くて、テレビや雑誌などの全媒体を通じて、昨年末の日テレ 「しゃべくり007・クリスマスSP」 がお初です。

トークの中に、MC上田:「壇蜜さんの職種は?」、壇蜜:「エッチなお姉さんです。」 っちゅー件があって、そこで、自分の中のエロい何かが弾け、それ以来、彼女のエロオーラにどっぷりハマった次第。壇蜜さんのエロさに加えて、しゃべくりメンバーの壊れっぷりが見ていて面白いので、dailymotionに上がってるオンエア映像を、繰り返し(もう10回ではきかないと思う)見てたりします。

エロさ、エロい状況なんてのは、まぁいろいろあると思いますが、壇蜜さんのそれは、いみじくも、しゃべくりメンバーのエロ担当(でいいのかな?)であるところのチュートリアル徳井さんがそう表現した、「淫靡な感じ」 なんだと思う。ナンちゅうかこう、例えば、理性が、エロ妄想は恥ずかしいことですよと否定しても、その理性を押し潰さんとするエロパワーの破壊力がハンパじゃないんですよね。

とまぁ、そんなことで、これだけエロい気持ちにさせてくれたお礼に、彼女主演の映画 『私の奴隷になりなさい』 を、ちゃんと、映画館でお金を払って観るのが筋と言うものだろう、という流れになったわけです。

で、映画の方ですが、んー、「とんでもなくエロいんだけど、(ストーリー展開が)良くわからない」 という印象。過程、過程でのエロシーンが濃過ぎて、エンディングがかすんじゃった、と言うか、「えっ、これで終わりなの?」 みたいな感じでした。まぁ、映画の作り手側が、「見せたいのはエロの部分であって、ストーリーの整合性だの、オチのしっくり感だのは二の次」 だと考えてるのであれば、それはそれで、素直に 「大変美味しくいただきました。」 と言えるんですけどね。

あと、これはもう、100%こっちサイドの責任なんだけど、このところ、格段に視力が落ちたせいか、ずーっと画面がぼやけてて、がっつり入り込めなかった、ってのが非常に残念でした。例えば、予告編(動画サイトで閲覧可能)の中に、「今夜セックスしましょう」 という文章を映した携帯の画面が大写しになるシーンがあって、もちろん、本編にも同じシーンがあるんですが、映画館だと、この文字が霞んで見えて読み取れない。

これ以外にも、全部で3、4回、同様にメール文が大写しになる箇所があるんだけども、この文字が読めないもんだから、(制作サイドが意図した通りに)ストーリー進行が追えないのよねぇ。どうやら、老眼だけでなく、乱視(なんだと思う)もかなり進んでるようです。うーん、もう、眼鏡作んないとダメかも。

まま、そんなことがありーのでしたが、エロの部分は充分堪能できたし、今月15日にDVDが出るみたいなんで、そっちでじっくり、おかわり鑑賞したいと思います。tsutayaさん、ビシッと仕入れてね。
  1. 2013/03/05(火) 22:33:04|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する