眉月的雑感綴

それにつけても金の欲しさよ

相変わらず、「汀こるものワールド」 から抜け出せない。期限が迫ってたので、一旦全部返却したナリで、おかわり貸し出しを受け、頭からガンガン読み進んでる状態です。毒気の効いた小説がお好みの方には、是非ともおススメしたい。個人的には、【完全犯罪研究部】 シリーズ3冊で、ジェットコースター並みの文章のノリの良さを堪能してから、劇薬系の 【THANATOS】 シリーズへ、というコースを推奨いたします。

ところで、【女子プロレズリングリベンジ 3】 が、かなり良さげ。フェチ板の評判も上々ですし、女闘好男爵さんのブログでも、お買い得っぽい語り口になってます。

自分はもともと、「中居ちはるは、レズヤラレでも、かなりイイ味が出るはず」 だと思っていて、この作品は、最終的に中居がヤラレに回る展開のようですし、フェチ板情報では、「最後はペニバンありでたっぷりの内容」 とのことですから、こう、激しく食指が動くんですね。

なので、「ぢゃぁいつ買うの? 今でしょ。」 と行きたいとこなんですが、目下(と言うか、ここ一年半ほどずっと)、超緊縮財政を迫られているので、8000円也の代金を打つだけの勇気を搾り出すことができずにいる状態。うーん、親は同じブローウインドさんなんだから、満タンのポイントカードと交換してくんねぇかなぁ(カード提示で10%引きで、ポイント2倍の日に勝負だったら、フツーに買っても、あんま変わんないかしら?)。

もう一つ、【女子プロレス巨乳トップレスファイト】、こいつも、巨乳大好きおっぱい丸出し大好きの自分にとっては、かな~り食指が動く作品ではあります。

んー、自分の感性だと、このキャスティングでこのコスならば、もっと、レスリングレスリングしたテイストに持ってってもらった方が嬉しいなぁ。でもって、シューズもロングブーツでなく、丈の短いヤツにして、そうそう、レズ技もアリにして、「巨乳女王はアタシよ」 的なセリフ&攻撃スタイル(乳弄り、乳踏みにじり、自乳で顔面圧迫とか)を多用して、最終的には、ペニバン制裁コースにして、・・・・ と、妄想が広がり放題に広がってしまいます。だはは。

まぁ、何にしても、「ダブル乳キャラ&初手から乳丸出しファイト」 という形の作品が世に出たのは嬉しい。この乳充実度と脱ぎ加減で、エロレズ方面、ボクシング方面に、グイグイ伸びていって欲しいと、心から思う次第であります。いやホンマ。
  1. 2013/04/29(月) 15:54:04|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろ反省

そいでは、かなり旬落ちしてしまいましたが、『爆乳おかあさん虐め』 にまつわるお話を(と言うか、かなり反省文に近いな)、思いつくナリに。

輝羅がとどめのハイキックを飛ばしてる画像は、できればこういう構図にしたかった。と言うのは、この構図だと、輝羅の脚がどのくらい上がってるのかが良くわかるし、ピチッとトランクスに張り付いた輝羅のお尻が、イイ感じに見せられるから。でも、この角度からだと、「キック顔面直撃」 感を出すのが難しいし、何より、二人とも顔が隠れちゃう。だもんで、何とかならんかもちっと何とかならんかと、いろいろ試してみたんだけど、結局、pixivに上げた構図の画像になりました。

それから、ラストの画像ですが、テキスト部分の背景にコーナーマットが映り込んでて、ちょっと文字が見づらい。それなりに気にはなってたんだけど、もういいやでアップしたら、アップした翌日に、「これって、コーナーを画像の右側に振ればいいだけぢゃん」 ってことに気づき、かなりヘコみました。作業的にも、ロープやコーナーが映ってるレイヤを左右反転させるだけでいい。とりあえず、pixivに上げたやつを、まるっと保存とかしてる方がいらっしゃいましたら、この画像と差し替えといてくださいませ。

あと、テキストは、矩形の半透過シャドーの上に乗せましたが、これは、フォトショ上で、「テキスト部分を選択」 → 「選択部を1ピクセル拡張」 → 「テキストレイヤの下にもう一つレイヤを作って、選択部を黒くペイントし、ちょっと輪郭をぼかす」 にした方が良かった。と、文章だとわかりづらいけど、早い話、こんな感じの仕上がりになるわけです。

まぁ、これ以外にも、こうしておけば良かったああしておけば良かったと思うことは多々あるし、「輝羅の左右のグローブの色が違う」 なんちゅー大ボケもかましてもうた(詳しくは、昨年12月3日の記事をご参照ください)。なので、pixivだと、日毎に埋もれて行っちゃうことでもありますし、手直しできるところは手直しした上で、本家のコンテンツに加えちゃおうかなぁ、なんて考えてます。
  1. 2013/04/25(木) 20:16:20|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それは完全犯罪って言うか、完全に犯罪だニ。

半月ほど前、近くの図書館へ行き、就寝前に寝床で読むのに良さげな小説本をナンボか見繕った際に、何となくタイトルに惹かれて 【完全犯罪研究部】 を手に取り、何となくお持ち帰りしてきたのがキッカケで、汀こるものさんの小説にドハマりしてしまいました。

【完全犯罪研究部】 の毒気の強さと、文章のノリの良さに、巨大ハリセンで後頭部をドつかれたような衝撃を受ける。で、読了したナリで、大田区図書館ネットで蔵書のある図書館を調べ、処女作(でいいんだと思う)の 【パラダイス・クローズド】 をお持ち帰りしたところ、さらに強烈な、巨大ハリセン顔面直撃級の衝撃が。

・・・・ と、そんな経緯で、現在、THANATOSシリーズ既刊全7巻、完全犯罪研究部シリーズ既刊全3巻(早い話、彼女の著作による既刊の単行本全部だ)の貸し出しを受けている状態。ほぼ一日一冊のペースで貪るように読み進み、今日、全10冊を読了しました。東野圭吾さんとか、西澤和彦さんとか、歌野晶午さんとか、一人の作家さんの著作にのめり込んだことは過去に何度かあるけれども、のめり込みの激しさは、もしかすると、今回が一番かも知れません。

著者・汀こるものさんのブログには、「(2012年)12月新刊! 完全犯罪研究部3巻『少女残酷論』! …… 何かをはしゃいでFLASH まで作りました!」 なんて記述がありますが、このFLASHがまたタマラン。つか、FLASHの冒頭とラストに挿入されている音声を聴いてると、別に動画とか作る予定なんぞこれっぽっちもないのに、「ボイスロイド吉田君」 が無性に欲しくなるのはなぜだろう?

THANATOSシリーズには、観賞魚に関する記述が相当量あって、多分、その手の知識が豊富であれば、その部分も楽しめるんだろうけれども、生憎、当方は、その辺りに関してはド素人なので、この部分の文章を充分に噛み砕けない。悔しいので、観賞魚のことをみっちり勉強してから、もっぺんチャレンジしてみたいと思います。

うーん、とりあえず近場だし、しながわ水族館を覗くことから始めてみっかなー。
  1. 2013/04/17(水) 21:46:55|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女子的にもアリ?

前回の記事を書いて以降、今年の桜も散ってしまったり、プロ野球が開幕したり、tsutayaさんで二本ほどエロDVDをレンタルしたり、京急蒲田駅西口エリアの再開発工事が本格的に始まったりと、ここのネタにできそうなイベントは、ちょいちょい起こってるんだけれども、今ひとつ 「記事起こすぞっ!」 ってな気合い乗りにならないまま、ずるずると半月以上経ってしまいました。うーん、いかんな。

「爆乳おかあさん虐め」 は、ようやく終了。いやぁ~、こんなに時間食うとは思わなかった。このブログに、「こんなんやろうと思ってます」 と書いたのが、昨年の4月12日。で、同月22日の記事には、「あんまり手間隙かけないでやっつける予定」 とか書いてて、実際そのつもりだったのに、なんやかんやで、かっきり丸一年かかったことになりますね。えー、この連作絵に関しては、完成画像ベースで50枚と、自分にとっては、そこそこの大作なんで、日を改めて、また何か書こうかと思います。

で、その後に、単発で、乳パンチ画像を突っ込んだんですが、これが作者の思いの外、お客様の食いつきがよろしく(投稿日の深夜に覗いたとき、閲覧数当たりの評価回数の多さにビックリした)、pixivデイリーランキング 「R-18 男子に人気」で、98位にランクインしました。

今回以前に、過去にランクインしたのは二度。「爆乳おかあさん虐め」 の初回アップ分が、R-18男子に人気の269位、中入企画の 「きらら×あずみ」 が162位で、今回初めて、二桁ランクに入ったことになります。

そしてなんと! ・・・・ 今回の乳パンチは、R-18女子に人気の方でも、236位にランクインしちゃいました。うーん、乳パンチ直球勝負は、女子的にもアリなんだろうか。

・・・・ と、そんなことで、大変嬉しい思いをさせていただきました。ブクマを打っていただいた方、評価点をつけていただいた方、どうもありがとうございました。 多謝 m(_ _)m 多謝
  1. 2013/04/10(水) 21:37:34|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する