眉月的雑感綴

おっぱいボクシング!

10日ほど前、近所のスーパーで、「ペヤング和風焼き蕎麦」 なる商品を見つけ、「んー、これはアリかも知んない。とりあえずお試しで」 ってことで、一個お買い上げ。次の日の夜食にいただいたところ、これがまー、とんでもなくんまい。以来、家に常に買い置きを抱えている状態です。この夏一シーズン限りの季節商品っぽい臭いがぷんぷんするけど、何とかオールシーズン供給の定番商品になってもらいたい。いやマヂでんまいっすよ、これ。

それでは、pixivに予告編っぽいものをアップした、「労力控えめ企画」 関連のお話。

テキストを起こさないなり、コマ割りを粗くするなりして、労力控えめで行くってのが基本方針ではありますが、作画そのものは、一枚一枚、自分の納得がいくまで作りこみたい。で、今回はちょっと、「リアルなおっぱい感」 にこだわってみたいと思ってます。

下乳の付け根部分に丸みを持たせる、乳輪の色を薄くする、なんてこともやってますが、今までと大きく変えたのは、乳首の向き。あずみの方はそうでもないけど、かおるちゃんの乳首は、よりリアルな、ぷにぷにの巨乳に見せるため、シーンファイルの時点で乳がらみのパラメータを弄り、さらにポストワークで手を加えて、乳首を下に向けるようにしました。

それはそれとして、現在、本チャン版の扉絵を作る作業ちう。キャプションを作り直したり、「予告編っぽいもの」 では、トランクス版のベルトラインの位置が低いように思えるので、それを、ハーフタイムショーんぐらいの感じに見えるように手直ししたり、なんてことをしてるんですが、「かおるのトランクスを、もう一ひねりできないか?」 みたいな想いが湧き上がってきました。

かおるトランクスの左腿にワンポイントを入れ、ネームロゴをベルトラインに移す。でもって、バランスを取るために、あずみのネームロゴをベース生地に移動。・・・・ と、そんなこんなで出来上がったのがコイツです。うーん、あずみのトランクスが、何かマヌケだなぁ。やっぱり、ネームロゴを元の位置に戻した方がいいかも知れない。

しかしながら、配色がまだ今一つしっくりしない気はするものの、「おっぱいボクシング」 という言葉の響きは、個人的に、実にムホホな感じなので、これは採用かなー。

ともあれ、こういう下拵えの部分は大切なんで、自分の中で 「これでGO!」 っちゅー踏ん切りがついてから、本チャン本編の作画に取り掛かりたいと思います。
  1. 2013/06/27(木) 20:11:12|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

汝は人狼なりや?

「労力控えめ企画」 の予告編っぽいものを、pixivにアップしました。もちろん、こいつに関しては、ここの記事にできそうな 「まつわる話」 がナンボかあるんだけども、それは後日に回すことにして、旬優先で、ちょっと非エロの話でも。

昨夜は、「ガリレオ(シーズン2最終回)」 → 「人狼~嘘つきは誰だ?~」 と、午後9時からの3時間弱を、フジテレビバリ視聴で過ごしたんですが、「ガリレオ」 もそうだけど、「人狼」 の方も、前からスンゲー楽しみにしてました。

自分が人狼ゲームを知ったのは、つい最近で、汀こるもの氏の本を読んだのがキッカケ。彼女の著作 「完全犯罪研究部」 シリーズには、「専門用語(オタク用語?)」 っぽいものがのふんだんに使われていて、例えば、第二巻 「動機未ダ不明」 では、部員たちが、「カタンの開拓者たち」 というボードゲームに耽るシーンが何度かあります。

第三巻 「少女残酷論」 には 「ネットで短期人狼やってたらこれくらいにならない?」、「まだ3COの目がある。狼陣営でカブるよりは真占に踊らせたい」 とかの、「人狼」 を題材にしたセリフがあるんだけれども、自分は、この著作を初めて読んだ時点では、「人狼ゲーム」 そのものを知らず、「このキャラはどういう意図でこのセリフを言っているのか」 が良くわからない。で、悔しいので、ネットでいろいろ調べているうちに、人狼ゲームがどういうものかがだんだんわかってきて、「これは面白そうなゲームだ」 と思うようになってきました。

ネット検索を通じて、基本ルールはそれなりに理解できたけども、実際に、どんな感じにゲームが進んでいくのかという経験値はゼロに等しい。そんな中、フジテレビさんで、ガリレオ最終回の後に、ゲームそのものの番組をやるという告知を見て、ワクワクしながら待ってたわけですね。

昔、同じフジで、「スパイ 2/7」 という、人狼に似たゲーム性のバラエティ番組があって(と言うか、今Wikiで調べたら、「スパイ 2/7」 は人狼の影響を受けているらしい)、自分の中では、この番組が、「数あるゲームバラエティ番組の中で、最高のゲーム性を持つもの」 という評価だもんで(レギュラー版一回目のスパイ役だった、セイン・カミュさん、超カッコ良かった)、そのワクワク感ったら、半端ぢゃなかったです。えーと、人狼ゲームについては、動画レベルのルール説明映像がネット上に転がってるんで、そちらをご参照ください。

昨夜の放送では、最初のゲーム、「占い師」 を割り振られたスギちゃんが、一日目ハマカーン浜谷、二日目千原ジュニアと、二夜続けて人狼を占うという離れ業を演じた結果、市民チームの勝利。面子入れ替えのゲームは、「占い師」 の小島よしおが 「追放」 されてしまったことで、矢作兼/狩野英孝の人狼チームの独壇場となり、人狼チームの勝利でした。んー、このゲーム、市民チームは、三日目の追放会議で、「占い師は名乗り出てくれ」 と自分で言い出したにもかかわらず、私が占い師だとカミングアウトした、狩野の言動の不自然さを、もっと強く疑うべきだったかなー(文章のノリを良くする為、出演者の敬称は省略させていただきました)。

キャストの振り分けに、多少の 「仕込み臭」 が感じられたものの(各回3名ずつ女性がいたにもかかわらず、全員がヒラ市民だった)、「すごく興味があるのに経験値ゼロ」 の自分にとっては、市民勝利、人狼勝利、両方見れたのは嬉しかったですね。つか、リアルゲーム進行を見てしまったことで、さらに興味が湧いてきた。これはちょっと危険かも。ネット上には、人狼のお部屋なんて山ほどあるし、人狼廃人一直線なんてことも ・・・・

ま、リアル仕事やエロ創作に支障をきたさないよう、適度にブレーキを踏みつつ、ほどほどに楽しめればいいかな、と思います。
  1. 2013/06/25(火) 21:36:22|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DTボクシング侮り難し

「労力抑え目でいけそうな試合絵」(←コレ、何か別の名称を考えた方がいいよなぁ)用のリングの配色を考えちう。とりあえず二種類、こんなのこんなのを作ってみた。前者がトランクス版用、後者がナニ版用ですね。

ナニ版用の黒キャンバス黒ロープは、この試合絵で一度やってて、ナニ版もこういう雰囲気でいきたいと思ってそうしたんだけど、んー、これだと、暗黒感が強調されるだけで、エロに結びついていってない気がする。まぁ、トランクス版の配色でも、それなりにエロ感地下感は出てるんで、両方同じでもいいのかな、と(その方が作業も楽だしね)。あと、この角度から見ると、「ナニが長すぎる」 ように思える。ので、これはもちっと、演者さんの股間に埋める方向で。

ところで、昨日の夜、「トップレスボクシング動画が見たい」 という衝動が来て、dailymotion界隈をさまよっていたところ、またぞろ、「おおこれは!」 と思える動画がナンボか見つかった。てか、「これって今でも商品として売ってるのに、こゆ動画サイトに丸々落っこちてきていいのか?」 的な動画がボロボロあるんだけど、大丈夫なんだろうか。・・・・ まぁ、落っこちてきちゃってるモンは落っこちてきちゃってるんだし、(多少後ろめたい気分ではあるものの)タダで見れるのはありがたいので、そこいらをネタにお話をしていきたいと思います。

えーと、dailymotionの動画をいくつか紹介していきますが、動画へのリンクは貼らず、検索キーワードを 【 】 表記しますんで、ご自身で検索して辿り着いてください。あ、ファミリーフィルターは offにしてくださいね。

まず、【topless boxing in very tiny strings】(Double Troubleの DT-935-03 がオリジナル)。これは、ヤラレおねえさんの 「衰弱感」、「苦しいツライ感」 がいい。途中ラウンドの 「ボディを攻められて、ロープなりコーナーなりに追い詰められたときに、のろのろと相手の身体に腕を伸ばし、クリンチに逃げようとする仕草」 とか、んもうたまんないぐらい雰囲気出てます。KOダウンの痙攣(演技)も自然な感じでいいですねぇ。・・・・ これ、マウスピースあり仕様にして、もちっとダウンの数を増やしたら、殺人的なエロさに仕上がった気が。

次に、【DT-935-02】。最後の攻守交替からフィニッシュまでが短いのがちょっと残念だけど、このKOダウンの画は、強烈にエロいですねぇ。金髪美形おねいさん仰向けダウン、白タンクトップの下に乳首が透けて見える形のいいおっぱい、口元からはみ出たマウスピース(顔をちゃんとカメラに向けているのも重要ポイント)、いやぁ~、これは超エロいですよ。和製のエロ系ボクシングでは、KOで試合終了のゴングが鳴ったときに、ヤラレがマウスピースをしたまま、という作品はまずないですが、自分は割と、マウスピースしたままなり、半分ハズれてるけど口の中には留まってるなりってのも好きなんで、こういうラストを見せてもらえるのは、結構嬉しいです。

あと、最近の和製ボクシング作品には、派手な流血演出がなされてることが多いですが、この作品ぐらいの控えめ加減でいいんじゃないかと。少なくとも、「口から色水大噴射」 よりは、リアルな感じになると思います。

続いて、【Jewell vs. Venus Topless Kickboxing】。DT-996-03が二分割で上がってて、サムネイル 「赤青トランクス」 が前半、「黒白トランクス」 が後半ですね。この動画(と言うか、この作品には、だな)には、コメントポイントがいっぱいある。

一つは、ランニングタイム30分強の二試合収録で、一試合目は試合の途中からスタートしていること。この、「メイン一試合プラスアルファの構成で、プラスアルファの分は試合途中から見せる」 という手法は、ボクシング作品の内容を充実させるのに、非常に有効な方法だと思うんですよね。で、似たようなことを、本家サイトの小文集、「エロ系ボクシング作品アイデアいろいろ」 の中でも書いてるんですが、何にせよ、KOシーンというのは、ボクシングの 「一番オイシイ部分」 ですから、ワンペア収録であっても複数試合、できればダイジェスト版を三つ四つ突っ込むなりして、コスのバリエーションを見せたり、いろんなパターンのKOシーンを見れるようにするのが、「売る」 ための、有効な一つの手法なんじゃないかと思うし、和製ボクシングDVDも、そういう方向に進んでいってほしいと思います。

それと、収録二試合とも、KOのあとに、「勝者の敗者可愛がり」 があること。この作品では、「勝者が敗者の背後に回り、敗者の巨乳を母乳が漏れるまで揉む(実際は母乳漏れではなく、乳首にクリームを乗っけただけのような気がするが、演出の狙いとしてはそゆことでしょ)」 というパターンですが、こういう、試合が決着したあとのオカズってのは、結構大切じゃないかと思うんですよね。

自分の創作では、試合後にディルドでボッコリのお仕置きがお約束のパターンだけど、乳揉みもアリだなー。組み込むなら、試合決着後、勝者がグローブを脱ぎ、ディルドを屹立させた状態でお仕置きタイムスタート → 強制フェラ → 乳揉み母乳洩らし → ヤラレのトランクスを脱がして本チャン挿入、こんな感じかしら。んー、こんなん、リアル和製商品DVDで見たいですなぁ。

おまけの小ネタ。キャストのお二人とも、少しばかりお腹周りがふくよかで(Jewell Marceau嬢はともかく、Venus Delight嬢も、昔に比べると随分肥えたという印象)、お二人ともお腹が隠れるぐらいの幅広ベルトラインのトランクスを穿いてます。この、「巨乳モデルさんの乳は晒して、乳サイズ相応にダイナマイツな腹は服で隠す」 という手法はフツーのAVとかでもよく見掛けますが、ボクシングでもアリなんだろうな、と(『女子ボクシングNEO 6』 の秋川りお嬢が、このパターンですかね)。

どうやら、ここ最近のDTボクシング系作品は、キック仕様ならマウスピースあり、キックでなければマウスピースなし、みたいな縛りになってるようです。例えば、【Summer vs Laena】(DT-771-01。途中からトップレス戦になります。作品上では黒トランクスのモデル名は Laeiana)も、キック仕様でマウスピースありですが、DT作品のマウスピースは、割と大きめ、と言うか、装着したときに、上唇が盛り上がるのがはっきりわかるようなものを使ってる。自分は、ブローウインド系作品でよく使われてる、小振り(?)のやつよりも、そっちの方が好きだなー。

ここまでに紹介したもの以外にも、【DT-935-02】、【DT-873-01】、【Hollywood vs. Tylene Title Match】(DT-843-02)など、DTのボクシング系作品は、結構見つかります。あと、腹パンチ派、ミックスの男ドミ(女ヤラレ)がお好みの方には、【NUDE MIXED BOXING】 の投稿者IDクリックで、同じ人が投稿したLeather&Lace作品群なんかも、楽しんでいただけるかと思います。んー、自分の気に入った動画から、投稿者IDクリックして、投稿者の 「お気に入り」 を調べてみる、なんてのも、効率よく好みの動画を見つける手段かも知れません。

・・・・ と、Double Troubleのボクシング映像を、結構な数、ご紹介してきたわけですが、DTのリングって、記事冒頭でリンクを貼った 「トランクス版のリング」 と、青地のキャンバスに赤ロープで、かなり雰囲気が似てる気がする(DTのリングは、コーナーマットが青だけどね)。自分では、「エロ環境を整えるために、リング各パーツの配色をどうすべきか」 を考えながら創作を続けてきて、「青系キャンバス赤ロープが一番」 ってとこに辿り着いたように思えるんだけど、これってやっぱりそういうことなんだろうか。

まぁ、それはさておき。上にも書いたように、この記事で取り上げた動画は、いずれも 「今現在、商品として売っている映像のコピー」 なんで、消されてしまう可能性が充分にある(以前、ここでネタにした、【Celeste finishes off Charlie】= DT-843-03 は、既に消失してしまった模様)。セーブ手段のある方は、ちゃっちゃっと 「確保」 するなりして、楽しいエロボクシングライフをお過ごしくださいませ。
  1. 2013/06/14(金) 22:53:34|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファンタジーなのでこれでオケ

さて、「労力抑え目でいけそうな試合絵」 のナニ版の準備も、着々と進んでいたりする。えーと、前にご披露した段階の画像はコレね。

ペニバンのバンド部分は、褌を紐に変えたような構造のもの(GARCONさんのエロレズファイト系作品で使ってるタイプね)と、お尻の下から腰の横にベルトを通すタイプの構造のもの(これは、Ultimate Surrenderのお仕置きタイムで使ってるようなタイプ)があって、「爆乳おかあさん虐め」 では後者で攻めてみたんだけど、これは、作業が面倒な上に、あんまり見た目が良くないということがわかった。

ならば、褌タイプでいくべきか。・・・・ と考えたときに、頭に浮かんだのが、【女子プロレス巨乳トップレスファイト】 で使ってたマイクロビキニボトム。これにディルドのアテになるパーツを合体させてみてはどうか。まぁ、リアルには存在しない形状だけど、所詮はファンタジーなんだから、見た目優先でいいっしょ、ってことで、その路線で行くことに決定。

で、記事冒頭の画像のときは、ディルドのアテの部分は、フィギュアに、一旦アリモノのパンティを穿かせてレンダし、フォトショ上で要らない部分を消して、・・・・ という過程を踏んだわけですが、この作業がかなり面倒で、左右対称になるように消してく時点で結構時間がかかる上に、一枚絵ならまだしも、連作となると、絵ごとに形が違っちゃったりしそうで、あんまり按配がよろしくない。なので、この部分をメタセコで成形しちゃうことに。

まず、ポザフィギュアの股間部分メッシュを取り込んでおいたファイル上に、基本図形の球を読み込み、各軸ごとに拡大縮小かけて、アラアラで股間にフィットするような球面を作る。で、いらないポリゴンを消して、手作業で細かい部分を調整していくと、こんな感じになりました。ベルトとの接合部分の鋲らしきパーツも、前は手描きで描いてましたが、ソイツも組み込んでみたり。

でもって、これとディルド本体、ベルトに加工する用のパンティをポザフィギュアに乗っけて、パーツごとにレンダ。フォトショで合体させると、こんなんできましたー。うん、前のよりも、確実にいい出来栄えですね。それに、フォトショでの合体作業が20分とかそこらの時間で済む。方向性としてはバッチリです。

因みに、バックビューは、こんな感じ。こちらはまだしっくりいってない感じがするけど、試合絵だとお尻側からの構図になることは少ないだろうし、あとはごまかしごまかし行くしかないかな、と。

・・・・ と、こんな作業をしてると、自分の中のエロテンションが、じわじわ上がっていくのがわかる。早く試合絵作成モードに入りたいところです。
  1. 2013/06/10(月) 19:39:55|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こっちはフツーで

セブンイレブンブランド、セブンゴールドの 「金の食パン」 がメチャクチャ売れてるらしい。自分もこないだいただいてみましたが、んー、確かに、それなりに美味いことは美味いけど、そんなにバカ売れするほどの商品だとは思えんのだよなー。ふわふわ感でいったら、それこそ近所のパン屋さん(店で焼いてるとこね)の、焼きたて食パンの方が上だと思うし、甘味、旨みでいくなら、少なくとも、神戸屋さんの 「朝からさっくり食パン」(←これ、店に納品したばっかの焼きたてに近い状態だと、んもう笑っちゃうぐらいんまいぜぇ) の方が、全然自分の好みに合う。うーん、良くわからん。

それはそれとして、相変わらずベースファイルの段階でぐだぐだやってる、「労力抑え目でいけそうな試合絵」 の話。

薫ちゃんのトランクスのネームロゴは、こんな感じで行こうかと思う。結局、ありがちな impactフォントになっちゃいましたが(横線が太くなるように、ちょっとだけ加工した)、見た目は悪くないし、身体が斜め向き、横向きになったときの作業がやりやすそうなので、これはこんなもんでいいかな。

あと、前回記事の画像では、レンダしっぱのままだった、腕とお腹回りも、今回はポストワークをかけてます。二人とも腕を若干太くし、薫ちゃんのお腹をふくよか目に修正。うーん、何となく、かなり芳江オバサンに体型が似てきた気がするが、まぁいいか。

・・・・ と、そんな作業をしているうちに、「白トランクスなら透けもアリでしょ」 なんてことが頭に浮かんだりする。さっそく、薫ちゃんの白トランクスをコピーし、ベルトとトリム以外の部分を消して、半透過にしたトランクスのレイヤに乗っけてみると、こうなった

うーん、ビミョー。ネームが乗っちゃうと、あんま意味がないですかね。

さらに、「布を節約した露出度高めのエロトランクスでもええんじゃないか?」 とも思ったので、こっちも実験。トランクスレイヤの、股下部分を適度に消すとこうなるんだが、なぁ~んか今ひとつピンと来ない感じ。ネームを乗っけるとさらにヘン。

これだったら、「爆乳おかあさん虐め」 で輝羅に穿かせたトランクスの方がまだマシだんべ、ってことで、そっちも試してみたら、んー、これはこれでアリかなぁ。ただ、これにネームを入れると、ちょっと苦しい感じになるのは否めないっスね。

ま、前にも書いたように、自分にとっての本チャンはナニの方。なので、トランクス版は、ヘンに露出エロに走らずに、フツーのトランクス(この記事の最初に貼っ付けた画像ね)でいくのがいいんかなー、なんて思うのであります。
  1. 2013/06/08(土) 20:18:25|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地下なら女子は上半身裸がデフォぢゃね?

リアルまぐろネタが二回も続いちゃったんで、そろそろエロネタに戻らんといかんだろうなぁ、と。

今年1月19日の記事に、「ブローウインドさんは、またしても、『エロ系ボクシング不毛の時代』 になってしまった模様」 なんて書いたように、昨年末から今年の年初にかけて、ボクシング系作品がまったくリリースされない状態でしたが、最近は、ちょいちょいボクシング系作品が出てくるようになりました。

アキバコムさんの 「Myページ」 で、サンプル動画が見れる3月以降だけで、

【MIXボクシング 限界ダウン】
【美女ボクサー地下ボクシングレイプ 3】
【妄想MIXボクシング】
【ファイティングガールズ7 ボクシングドリームマッチ】
【美女ボクサー地下ボクシングレイプ 2】
【Mixed Boxing 芹沢つむぎ選手に挑戦!】
【崩落 女サドボクサー】

と、こんだけのラインナップ。でも、女女版は二つだけと少ないし(片方はプロレスコス仕様だし)、MIXものまで含めて、試合シーンがトップレスのものはゼロ。うーん、プロスタイル系は、【女子プロレス巨乳トップレスファイト】 なんつー、ストロングスタイルであるにもかかわらず、初手からおっぱい丸出し(しかもダブル巨乳のキャスティング)のものが出てきてんのに。

とりあえず、上に挙げた中の直近二作品に、「できるだけ良い点を拾う」 方向でコメント。

【MIXボクシング 限界ダウン】。この作品は、全面的に脱ぎエロ行為エロはないみたいですが、「ダウンを回数見せる」 というのは、非常にアリな方向性だと思う。サンプル動画前半、ボディを攻められるときの、「お腹を庇いたい」 風に見える腕の動きも、なかなかリアルっぽくていい(後半では崩壊しちゃってますけど)。

あと、winning製のトランクスですが、この作品に限っては、あんまりガバブカ感を感じませんでしたねー。別段、股下部分を切ったりとかもしてないようなのに、股下丈も自然に見えた。これは、モデルさんの体型のせいなのか、スポブラとの相性がいいから、不自然に見えないのか。トランクス腹腰周りの生地が濡れた感じもイイ。うん、悪くないですよ。

続いて、【美女ボクサー地下ボクシングレイプ 3】。これはまぁ、女側がパンチを打つときに、もう片方の腕の動きがアレだったり、肘打ちっぽい打撃で男が伸されたり、血を噴き出す演出が、量が多すぎて 「赤い毒霧」 噴いてるようにしか見えなかったりと、問題は多々あるけど、一つだけ、「マウスピースをした状態で犯される」 シーンは、かなりイイ感じなんですよね。

作風から察すると、多分、「毒霧噴出」 が攻守入れ替わりのタイミングで、その直後はマウスピースしてないから、どんなタイミング、きっかけで、マウスピースモードになったのかはわからないけど、個人的に、この画は結構ソソられるものがある。マウスピースしてるせいで、くぐもった感じになる悲鳴も美味ですねぃ。

それはそれとして、サンプル動画を見る限り、【美女ボクサー地下ボクシングレイプ】 は、【2】 も 【3】 も、(ボクシングの試合に)女が男に連勝 → 男側が突如反撃に出て二人がかりで、・・・・ という流れみたいだけど、それよりも、二試合目を(ボクシングの試合の時点で)はっきり女負けにした方が良くないかなぁ。ボクシング試合の女負けを見たいお客さんもそれなりにいるだろうし、と言うか、そっちの需要の方が多い気がする。

あと、自分の感覚だと、「地下ボクシング」 だったら、女ボクサーはトップレスで試合すんのがデフォなんじゃないの? とか思ったりもするんだけど。

・・・・ と、そんなことを書きつつ、Myページのサンプル動画をいろいろ覗いてるうちに、「やっぱり、【女子プロレズリベンジ 3】 の本編見たいなぁ」 とか、「【女子プロレス巨乳トップレスファイト】 も、これはこれで捨てたモンではないぞ実際問題として」 とか思うようになってきちゃったのよねぇ。つか、【巨乳トップレスファイト】 の方は、バトルレーベルだから、満タンポイントカードと交換できるぢゃん。これは滅多にないチャンスかも。

ここんとこ、リアル生活でかなりストレス溜まってることだし、その憂さを晴らすべく、「どっちもお買い上げ」 しちゃおうかしら。
  1. 2013/06/07(金) 21:00:44|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マグロんまぁ~♪

んでは、前回の続き。大森町で、9:55発の鈍行に乗ったとこからね。

京急蒲田で快速に乗り換え、11:01 三浦海岸駅到着。そこから歩いて5分ほどの、「廻転寿司・海鮮」 さんで一食目。平日ランチはまあまあでしたが(味噌汁付きだったのがちょっと嬉しかった)、3貫500円皿の本マグロかまトロは激ウマー。半額セールちうサーモンもいただいて、お会計は税込み1155円也。うーん、満足っ! 因みに、出発時間がやや遅めだったのは、こちらの開店(11時)に合わせたのが理由でふ。

再び三浦海岸駅に戻り、三崎口駅まで一駅移動。「みさきまぐろきっぷ」 は、途中下車可なので、この移動分も賄ってくれます。で、そこからバスに乗って、京急油壺マリンパークへ。バスの終点・油壺から、5分ほど歩かないといけないのが、ちょっと残念ではありました。

マリンパークでの、個人的な一番の感動ポイントは、ちっこい池の中に手を突っ込んで、中で泳いでるネコザメに直接触れる、「サメ肌リアルタッチ体験」 かなー。いや、マヂにザラザラでしたよ、お客さん。鮫肌とはよう言ったもんだ、って感じ。

そんなこんなで、だらだらと1時間ほど園内を散策し、一旦、入場ゲートがある建物に戻ってきたのが13時ちょい過ぎ。で、そこに貼り出されてるバスの時刻表を見ると、城ヶ島行きのバスが、10分後に出ることがわかる。このバスは、自分の次の目的地、三崎港へ一発で抜けられる、一日4本しか運行してない貴重なバスなので、ちょうどいいタイミングでもあるし、こいつを利用することにしました。

三崎港のバス停で降りて、すぐ近くの 「三崎フィッシャリーナウォーフ・うらり」 へ。産直センターの売店は、んもう、まぐろマグロまぐろマグロのオンパレードで、三崎はまぐろの町だってのがよくわかる。値段も、ことマグロのサク、切り身に関しては、自宅近くのスーバーの半額以下なんじゃないかと思えるぐらいに安い印象。

「うらり」 では、自転車レンタルもやっていて、ここからプチサイクリングってのも考えてたんだけど、三崎口駅 → 油壺 → 三崎港のバス移動中、かなりアップダウンが激しかったので、サイクリングは諦めて、そこいらへんをうろうろ歩き回ったり、港のベンチに腰掛けて読書したり、「にじいろさかな号遊覧」 なんぞを楽しみながら(これは 「さかなきっぷレジャー券」 が使えるが、マリンパークで消費しちゃったので、銭を打って乗った)時間を潰す。

残る予定は、メインイベントのマグロ握り寿司満喫だけなのだが、朝御飯を割とがっつり食っちゃったので、なかなかお腹が減らない。で、16時半近くになって、「まぁ一人前ぐらいなら何とか入るっしょ」 ってな腹具合になったので、予定通り、三崎港近くの 「鮨処・魚音」 さんの暖簾をくぐって、三崎にぎり(詳細は前記事参照)をいただく。もうね、赤身の時点でメチャメチャんまいの。況や中トロ、大トロをや。まぐろ寿司サイコー!! 日本人に生まれてヨカッター!!!

ちょっと残念だったのは、これはこっちのミスなんだけど、やっぱり腹が減り切ってなかった上に、一貫一貫がイメージしていたよりも結構なボリュームで(と感じられたのは、最近、一皿100円の回転寿司で、しょぼいサイズの寿司ばっか食ってるからかも知れない)、最後の方は無理矢理腹に詰め込んだ感じになり、「んまいっ!」 をフルに味わえなかったこと。文字通り、「一番オイシイところ」 でヘタこいたわけで、これはねぇ、本当に勿体ないことをしたと思いましたよ、ええ。

・・・・ という反省点を踏まえた上で、「みさきまぐろきっぷツアー」 には、近いうちに、是非ともリベンジかけてみたい。マリンパークと 「にじいろさかな号」 は、一応体験済みになったんで、リベンジ版のルートは、三浦海岸駅下車/海鮮さんで、量を控えめにして朝飯(あの 「本マグロかまトロ3貫皿」 は、ホンマお値打ちだと思う。もっぺん食いてぇ)→ 三崎港へ直接バス移動 → うらりでチャリレンタル(3時間500円)→ 城ヶ島へバス移動/城ヶ島京急ホテルでお風呂(ここでレジャー券消費)→ 三崎港へバスで戻り、魚音さんで三崎にぎり食いまくそ、かなー。魚音さんでは、食事券に料金上乗せで、さらに 「トロ度」 の高い、マグロオンリー握り一人前セットをいただけるようなので(そうメニューに書いてあった)、そっちで勝負するのもいいかも知んない。

それはそれとして、今回のツアーで、「みさきまぐろきっぷ」 でタダになった分のお金、「三崎口までの京急線運賃」、「マリンパーク入場料」、「現地バス移動料金(←これが結構バカにならない)」、「魚音さんでのお食事」 を全部合わせると、6000円近くになるハズ。これがニッキュッパでイケるんだから、やっぱり、「みさきまぐろきっぷ」 は、ネットでの評判通り、非常にコストパフォーマンスのよろしい、「超お買い得品」 だと言えるんじゃないかと。

京急線沿線にお住まいの方はモチロン、品川なり横浜なりに、それほど手間隙かけずに出てこれる方にも、是非一度使ってみていただきたいなー、なんて思うのでありました。
  1. 2013/06/05(水) 20:45:21|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フツーにプチ旅行

先週の月曜日、「チャリde」 ではないプチ旅行をしてきました。んで、その日のうちに、ここ用の下書きを進めたものの、割とあちこち歩き回ったのが効いたのか、途中ですんごく眠くなってきて挫折。その後、何となくうやむやになってましたが、まぁ、旬を逸したからどうこうって類の話ではないし、チャリ以外の遠出は自分にとっては結構久しぶりで、そこそこのイベントでもあるんで、やっぱりちゃんと記事にしとこうかな、と。

まるまる一日仕事休みだった先週の月曜は、曇天ながら雨の心配ナシ最高気温25℃程度の予報で、チャリで遠出するにはいい陽気だけど、ポイント2倍デーでもないし、アウトレット半額セールもないだろうから、アキバ詣しても意味がない。でもって、行きつけのパチ屋さんも、たまたま各台計数システム導入工事の為にお休みで、朝からまったりパチチって道も閉ざされてる。んー、だったらいっそのこと、「フツーに日帰り旅行」 もアリか? ・・・・ なんて考えてるところに、ピコンと頭に浮かんだのが、『みさきまぐろきっぷ』 でした。

リンク先のページをご覧になればおわかりいただける通り、「京急線三崎口までの往復運賃」、「三浦半島エリア京急バスが一日乗り放題」、「20店舗から選べるお食事クーポン」、「現地レジャー施設利用クーポン」 がワンセットになったスグレモノ。自宅から最寄りの大森町駅で買うと 2980円也ですが、大森町-三崎口の往復運賃が1320円、お食事券は2000円程度のメニューになるようなので、すでにこの時点で元が取れちゃいます。

ネットでいろいろ調べると、このきっぷを利用した方の評判も大変よろしい。まして自分は、京急線に辿り着くための電車賃が要らない身の上。・・・・ と考えていくうちに、頭の中が 「こってり脂の乗ったマグロの握り寿司」 のイメージで満たされていき、あっさり 「みさきまぐろきっぷ一択状態」 になっちゃいました。

決行前夜、再度ネットでリサーチを掛けつつ、スケジュールを練る。とりあえず、「レジャー施設利用券」 は、恐らく40年ぶりぐらいに訪れることになるであろう、「京急油壺マリンパーク入場」 で消費するでいいとして、問題はメシ。

店舗一覧ページの情報では、丼系のメニューが多いんだけど、自分としては、握り寿司一本狙いで攻めたい。で、さらにいろいろ調べたところ、上のページの写真では、「まぐろ三昧丼」 が紹介されていた、「鮨処・魚音」 さんで、まぐろ握りオンリーの 「三崎にぎり」(大トロ2 中トロ2 赤身4) でもイケるってことがわかったので、こちらに決定。

さらに、「せっかく三崎まで足を運ぶんであれば、クーポン利用以外にもう一食、寿司を食えねぇもんか」なんてことも考えつつ、スケジュールを拵え、当日、大森町駅 09:55発の鈍行に乗って出発!

・・・・ と、ここまで書いたところで、サカーW杯予選が始まってしまったので、またまた頓挫。終盤に先制されるヤーな展開でしたけど、勝ち点1ゲットで本戦出場決定してよかったヨカッタ。

そんなんで、三崎ツアーの続きは次回の記事で、ってことで。
  1. 2013/06/04(火) 23:16:36|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する