眉月的雑感綴

ゲリラバレー炸裂!!!

ちょっと日が経っちゃいましたが、やっぱり自分はバレーボール大好きなんで、こないだのワールドグランプリについて、何か書いとこうかと。

正直、そんなに期待はしてなかった。日本女子のFIVB世界ランクは現在3位ですが、FIVBのランキングは、あくまでも 「過去四年間の大きな大会の順位をポイント化したもの」 と割と大雑把な基準で、現在の実力で考えると、世界の一桁に留まれるかどうか微妙なところ、王者ブラジルには、10試合やって1セット2セット取れるかどうか、アメリカ、ロシア、中国あたりに勝つのはかなり難しい。ヨーロッパ上位(イタリア、セルビア、ドイツ、トルコなど)や韓国あたりと比べても、やや部が悪い、ぐらいじゃないかと。

今回のWGPも、グループリーグ第一週のトルコラウンドを3連敗したときは、「こりゃ、グループリーグ全9戦、決勝の日本ラウンドの5戦、14連敗までアリだな…」 とか思ってました。それが、GL第二週香港ラウンド最終戦でタイに勝ってから、次週のマカオラウンド、ストレート勝ちはなかったものの、セルビア、韓国、中国に三連勝。とりあえず 「それなりに勝ちました」 って格好がついた形で、開催国特権で決勝の日本ラウンドへ。

初戦のロシア戦。第一セットを落として、「やっぱそんなに甘くないよね」 と思ってたら、第二セットを奪い返し、第三セットの22点目を取ったあたりで、「これ、もしかしたらイケるんじゃね?」 になり、第四セットは終盤かなり楽な展開で、勝ち点3ゲット(22-25、25-21、25-20、25-17)。

トルコ戦(25-13、25-17、25-17)、中国戦(25-21、25-17、25-21)、ベルギー戦(26-24、25-16、25-15)、このあたりなんてもう、気持ち良過ぎて。さすがにブラジルにはストレートでやられちゃったけど、第三セット、22-24から追いついてジュースに持ち込んだとき、ちょっと泣きましたよ。ええマジで。

さて、今回のWGPは、日本チームは新システム 「ハイブリッド6」 で臨みました。こいつはもう、センタープレイヤーの機能をほぼ放棄するという、近代バレーの常識を覆すと言っても過言ではない超斬新な戦術(構想と表現すべきかな)で、戦術オタクのおぢさんとしては、もちろん、言いたいことが山ほどある。・・・・ ってことで、さらに次回にこのネタを引っ張ることにしたいと思います。
  1. 2014/08/28(木) 20:54:19|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タダで貰えるなら

なんちゅうか、【全裸オイルキャットファイト2 MATSURI】 への期待が萎んぢゃったり、「とりあえずtsutayaチェック経由で」 の 【媚薬レズバトル】 がまだ近所のtsutayaに降りて来なかったりで(二週間後にリリースになった作品が入荷になってるので、もう入って来ないのかも)、ややフラストレーションが溜まり気味。

そんな中、「キャットファイトとレズバトルだっ!」 ブログさんが、バトルさんの 【プロレズリング Special 1】 を絶賛してる上に、「テクニックにおいても、レズ界をけん引する大御所二人だけあって」 というコメントもあったので、気になっていろいろネット検索してみました。

んー、確かにお二人ともレズ作品の出演は多いし、特に加納綾子さんは、「攻め側」 でキャスティングされることがしばしば。加えて、お二人ともバトル系プロスタイル作品にも出演されているぐらいですから、「プロレズリング」 という、プロレスとレズファイトを合わせた企画でも、質の高い作品に仕上がることは、容易に推測できます。

でもなー、加納綾子さんの、このコスはナシなんじゃないかなー。バトルプロスタイルワールドの世界観の中では、脱ぎも脱がしもやってない、つまり、この時点ではまだ 「清純派」、「健全派」 の扱いなのかも知んないけど、リアルAVでは、こんなタイトルの作品もあるぐらいなんで(ドMでセックスモンスターって表現もちょっとアレな気がするが)、ここはもう、企画も企画なんだから、「エロおねいさんvsエロおねいさん」 的な、どっちもエロコスで攻めて欲しかったなー。うーん、横山みれいさんの方は、いかにもなエロ形状のコスなのになー。

それはそれとして、前回の記事に、「満タンポイントカード交換対象作品は 【女子プロレズリングリベンジ3】 に決まりますた」 と書きましたが、この 「キャットファイトとレズバトルだっ!」 さんの絶賛ぶりに、「【プロレズリング Special 1】 でもいいかな」 ってな感じで、ちょっと心が揺らいでます。販売価格が1000円以上違うんで、タダで貰えるんなら、売値が高い方を貰ったほうがお得ですし。

ちうても、【プロレズリング Special 1】 には、不安要素がまだまだ多いんで、「そっちに鞍替えケテーイ」 ってことにはならない。脱ぎ度合い的には、パケ写やサンプル動画で確認できる限り問題はなさそうですが、最終的に勝者になるのはどちらか、イカされシーンはどれだけあるのか、決着後の敗者虐めがあるのかないのか、ここいらがどうなってるかで、個人的な 「商品価値」 は、まったく違ってくるわけで。

上に挙げた三つの要素で行くと、もちろん、敗者虐めタイムはあった方がイイ。イカせ勝負に負けて落ち込んでるところにさらに追い討ち。ぶっちゃけ、試合形式のレズバトルで一番オイシい場面なんぢゃないかと。あと、勝敗については、自分が銭を打つならば、横山みれいさん負けが大前提かな。

でもって、イカされ回数は、まあ多い方がいい。つか、イカされシーンは勝負決着時の一回ポッキリで、オカズ(敗者虐めモード)もなしであっさり終了、とかいうのはマヂでカンベン。

因みに、自分が 【女子プロレズリングリベンジ3】 を評価してるのは、出演者お二人のお顔立ちとボディが前提の上で、「脱ぎ度の充実(全裸になるタイミングが早目であること)」、「こっちが負けて欲しいと思ってる側の中居ちはるさんが負け役であること」、「負け側のイカされシーンが複数回あり、ペニバン装着での敗者虐めモードがあること(失神シーンが二度あることもポイントアップ要素。ここいらは前回記事にリンクを張ったブログのレビューで確認できます)」。

・・・・ と、そんなことで、現在、【プロレズリング Special 1】 に関する情報を、鋭意捜索ちうだったりするのであります。
  1. 2014/08/18(月) 01:08:24|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地雷フラグ?

すでに二度ほど記事にしているように、ROCKETさんの 【全裸オイルキャットファイト2 MATSURI】 には結構期待していて、これは tsutayaチェック経由でなく、ジカ買いでいいかな、と思ってた。で、いつもの蒲田のエロDVD屋さんではなく、秋葉原バトル本店で買う予定にしてました。

わざわざ秋葉原まで出かける計画を立てたのは、満タンのポイントカードを商品に変えちまおう、という意図があったからなんですね。このポイントカードは、二年とか三年とか、かなり前に満タンになってて、5000円分のお買い物券としても使えるけど、バトル系(ブローウインド系)商品なら8000ナンボのものと交換できる、そっちの方が絶対お得ぢゃん、ってな感じで、交換できる商品のリリースを待ちつつ、ずーっとキープしたままにしてました。

でも、ここんとこ、眉月基準で 「これは銭打ってもイイつか銭打ちてぇ!」 的な作品がまるで出てこない。自分にとってド真ん中の 「乳充実度高めのトップレスレズボクシング」 なんて、夢のまた夢、みたいな感じなんで、もういい加減、既存作品の中から交換対象を選んで、執行しちまおうかと。

候補としては、まず 【巨乳トップレスファイト】 シリーズあたりを考えたんだけど、TMさんブログのレビューを見た結果、シリーズ三作とも、今ひとつ決め手に欠ける感じだし、エロ攻めレズ攻め要素もないようなので却下。で、更にあれこれ考えた結果、女闘好男爵さんのブログ 「キャットファイトとレズバトルだっ!」 でも評価の高かった、【女子プロレズリングリベンジ3】 で腹を括ることにしました(こちらのブログにレビューあり)。んー、【巨乳トップレスファイト1】 の河西あみ嬢、【2】 の横山みれい嬢、【3】 の羽月希嬢は、かなり自分の好みなので、もしこの三人のうちの二人の組み合わせで商品化されてたら、【巨乳トップレスファイト】 で勝負してたかも知れんなぁ。

「バトル本店でお買い物」 の理由はもう一つ。久々のバトル詣なんで、アウトレット館の様子、商品構成も見ておきたい(もちろん良さげな出物があればお買い上げ)、ってのもある。アウトレット館は、「土日休日はアウトレット価格から更に半額!」 みたいなセールをやってたんで、そこいらの状況確認も兼ねて、今日、もしくは明日、お出かけしようと思ってました。

で、昨日、何の気なしに 「キャットファイトとレズバトルだっ!」 さんを覗いたら、さっそく 【全裸オイルキャット2】 に関する記事が上がってたんですが、それを見ると、一言目が 「応援歌いらねー」、その後も 「むしろ同時に届いた、【相互オナニーレズビアン】 の方に反応していた」、「相互オナニー最高!!」 とあるだけで、【全裸オイルキャット2】 に関して肯定的なコメントは一切ナシ。

うーむ ・・・・ これはもしかして地雷フラグなのか?

応援歌云々の件には、「(所有のプレイヤーのせいかも知れないが)早送りで飛ばす事が出来ず」 なんてことも書いてあり、それなりの尺が応援歌の部分に充てられているようにも感じられる。この作品は、通常よりも一時間以上収録時間が長いが、尺が伸びた分が、こういう要らん部分に充てられてたらまるで意味がない(ま、伸びた一時間分まるまる応援歌ってことはないと思うけど)。

と、そんな感じで、【全裸オイルキャット2】 に対する期待値がビミョーに落っこちた状態で迎えた今日。とりあえず、そこいらの事情込みで記事を起こすべく、情報収集のためにバトルさんちに行ったら、【全裸オイルキャット2】 の商品ページがない。これって、もしかして入荷してないってこと?

「いつどこで熱中症でぶっ倒れても知りまへんで正味な話」 的な真夏太陽の日差しにもメゲて、バトルさんに電話で商品在庫今を問い合わせる気力すら失せてしまい、週末のバトル詣予定はあっさり中止。何となく、【全裸オイルキャット2】 は、このままtsutayaチェック行きになっちゃいそうです。 へぇえ。
  1. 2014/08/02(土) 20:15:25|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する