眉月的雑感綴

ある意味創作の原点

昨日は雨も少し降りましたが、このところ三日ほど気温も高く、近所の桜を眺めていると、この三日で、随分開花が進んだ気がします。木の一本一本を見ると、「これはもう満開と表現しても良くね?」なんて咲き具合のものもあったりする。前エントリにド満開の読みを「今週の週中から週末にかけて」と書きましたが、どうやら一日二日前倒しする方向で微調整しないといけないかも知れません。

ところで、4月から日テレでドラマ「ドS刑事」が始まります(土曜21:00スタート。初回は4月11日)。原作者の七尾与史さんは、結構自分のお気に入りの作家さんで、既刊の「ドS刑事」シリーズ3巻、「死亡フラグが立ちました」シリーズ3巻は、いずれも二読済み。「殺戮ガール」、「沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち」も面白かったです。

ドラマでは、主人公の黒井マヤを多部未華子さんが演じるようですが、うーん、原作の黒井マヤのイメージとちょっと合わないんだよなぁ(自分の感覚だと、吉高由里子さんあたりに演じてもらえると、割と近いイメージになるような気がする)。この、「多部さんと原作上のキャラのイメージが合わない」現象は、「浪速少年探偵団」がドラマ化されるときにも感じたんですが(2012年6月28日付エントリに記述あり)、これはどうも、自分の中の「デカワンコ」の印象が強すぎるのが原因なのかな、なんて思ったりしてます。

「ドS刑事」の原作では、シリーズ二作目から「浜田学」というキャラが登場していて、ドラマ版HPのキャスト一覧にその名前がないので、ドラマ版は原作の一巻目のみがベースになるんじゃないかと予想してるんですが、んー、あの原作で1クール持つのかなー。つか、ドラマ版HPのキャスト欄を良く見ると、主人公の黒井マヤ、相方の代官山脩介以外は、全員が原作に登場しない名前なんで(少なくとも、wikiに記述のある「主な登場人物」とは合致しない)、「黒井・代官山コンビのコンセプトだけ反映させて、ストーリーは全面的にオリジナル」とかなのかも知れません。まぁ、どんなもんが出てくるのか、適度に期待しながら、初回放送を待とうかと思います。

・・・・ と、これだけだと完全非エロ記事になっちゃうんで、エロ目の話題でも。

前エントリでご紹介した「その手の動画貼りまくりブログ」をチェックしていくうちに、自分にとって非常に印象深い動画がありました。対象は、2012年2月29日付の「GMC topless Boxing Pesti vs Rita Conclusion」です(因みに、「GMC」は「German Mat Club」の頭文字で、前エントリに出てきた「LGIS」と根っこは同じはずです。時期によって名称が違うのか、製品(商品)だけ「GMC」で出してるのか、あるいは単純に「英語読みだとGMC、ドイツ語読みだとLGIS」なのか、このへんの事情は良くわからん)。

件の動画は、1988年に行われた「ミドル級ボクシングトーナメントの決勝」4~6Rを収めたものです(参加者16人を体重別に8人づつに分け、「ライト級」「ミドル級」として、それぞれトーナメントを行っていて、その前フリの部分が、件の動画の3つ下の「GMC 2067 topless Boxing #1」)。

ご覧いただければわかると思いますが、この試合は「ボディでKO」で決着し、負けたRita嬢が「(ボディのダメージで)呼吸がまともにできない」状態に陥るんですね。このシーンがすごく自分の中に残ってて、自分が一番最初に創作した小説で、「ボディで呼吸ができない → KO」という形を使った。これが、上で「自分にとって非常に印象深い」と書いた理由です(念のために読み返してみたが、顔から火が出るんじゃないかと思えるほど青臭い文章だorz)。

・・・・ と、これ以外にも、「その手の動画貼りまくりブログ」で見つけた動画から引っ張れそうなネタが、いくつか頭に浮かんでる状態で、当分ネタには困らなそうですが、書きたいことが溜まるのも、これはこれであまり精神的によろしくない。痛し痒しといったところであります。
  1. 2015/03/30(月) 22:18:16|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつ封鎖されるかわからんので

前エントリをアップしたあと、床に就いたもののなかなか眠れず、午前3時頃に寝床を抜け出してネット散策してたところ、椅子に座って組んでた脚を解いた瞬間に、ギックリ腰Part2を食らいました。後遺症は前のときよりも酷く、この日はほぼ一日中寝床から動けず、トイレに行くのすら怖くてままならない、ってな感じでした。

ただその翌日以降は、割と腰の状態は落ち着いていて、腰の曲げ伸ばしをする際の痛みやら違和感やらがあまりなくなったし、今回の腰痛騒動初期に出ていた、「椅子から立つときに強烈に腰にクる」症状も、まったく出なくなりました。現在、ネットで調べた「ギックリ腰を治すストレッチ」なんぞを実践しつつ養生中です。

座ってるよりも立って歩いてる方が精神的に楽だし、リハビリとしても良かろうってことで、今日はお昼に一時間ほどお散歩。ちょいちょい咲き始めた桜(ソメイヨシノ)を眺めながら、近所を歩き回ってきました。陽気もかなり良くなって来ましたし、雰囲気的には、来週の後半から週末にかけてあたりが「ど満開」っぽいんで、その頃までに少しでも腰の不安を減らして、今年の桜を満喫したいと思います。

バトルさんちに、来週末発売作品の商品情報ページが4作分アップになりましたが、「【格闘痴女サキュバス Game07】にご出演の、天河はるひさんのボディ&おっぱいが、そこそこいい感じかな」程度のコメントしたい度なんで、別口のエロネタでも。

ちょっと思うことがあって、ネットでLGIS(マニアの方々は間違いなく既にご存知だと思いますが、念のために説明しておくと、ふた昔ぐらい前に、ドイツで活動していた女女ファイト系のプロダクション。トップレス率がかなり高く、ボクシング作品も多数制作)のことを調べていたら、こんなブログ(一旦、「エロですけど大丈夫ですか?」的な確認ページへ飛ぶと思いますが、「続行」ボタンで問題なく先へ進めます)にぶち当たりました。以前、ここで、【euro fighting girls】 というブログを紹介したことがありますが(現在「Blogger の利用規約に違反しているため投稿者のみが参照可」になっている)、記事の内容がかなり似てるんで、何となく、同じオーナーさんが、こっちにコンテンツを引っ越したんじゃないかな。

一昨年の10月で更新が止まっちゃってますが、ブログの中身(ちうか「そこに貼り付けてある動画」ですね)を見ると、結構、マニアにはタマラン動画が落ちてたりします。んー、「巨乳」「トップレスボクシング」がお好きな方なら、2011年12月22日付エントリに貼り付けられた「L & L 72 Blake vs Santana Boxing」なんかオススメですね(タイトルでは「Blake vs Santana」ですが、Leather & Lace のHP上だと、Blake嬢のお相手は「Diva」になってて、さらに、別動画にこの二人の「リングコール」っぽい箇所があり、そこでは「Diva」ではなく「Eva」と発音しているように聞こえる)。ダウンシーンも適度にあって、KOに向かう流れも、割と自然にできてます。

因みに、動画タイトルからわかるように、この動画の元ネタは、Leather & Lace Productions 【LL-072 KO Boxing IV】で、二試合収録の二試合目なんですが、前段に「別動画」として挙げた動画は、今回ご紹介したブログの2011年12月12日付エントリに貼られた「Santana vs Blake Topless Boxing」で、動画冒頭に、一試合目のKOシーンが収まってます(相変わらず名前が Blake嬢の方しか合ってませんが、それはそれとして、こいつもなかなかオイシイっス)。

まぁ、ブログの中身がこんなんですから、いつ「Blogger の利用規約に違反しているため ・・・・」になっちゃうかわかんないんで、自分の好みに合いそうなタイトルなり絵ヅラなりの動画を探して、早めに見まくっておくのが良ろしいかと思いますです。
  1. 2015/03/28(土) 22:06:49|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロおねえさんではダメなのか?

腰をヤってしまいました。先週の金曜あたりから、「床なり椅子なりに一旦座ると、立つときに腰に激痛が走る」症状が顕著になり、日曜には、強烈な一撃が。夕飯の直前にトイレに行き、便座に腰を下ろして小用を足した際、若干前屈みにしていた上体を戻そうとしたら、今までに経験したことのないレベルの痛みに襲われ、何とか寝床部屋に戻ってきたものの、四つん這いになったまま10分ほど動けず。既に夕飯のカレーライスが出来ちゃってたので、同居している母に寝床部屋まで持って来てもらい、四つん這いのままで食べる(腰が痛くて味なんかわかりゃしねぇ)という、かなり痛々しいと言うか、情けない体験をしました。

ただ、「強烈な一撃」のあとは症状は落ち着いていて、腰の曲げ伸ばしや、片足に体重がかかる際に、若干嫌な痛みが出るものの、程度的には充分我慢できる範囲で収まってます。昨日、近所の整形外科でレントゲンを取ってもらいましたが、大きな異常は見当たらないとのこと。とりあえず、しばらくの間は定期的に通院して、症状の改善を目指そうと思います。

んー、今考えると、「通常腰痛とギックリ腰のコンボ」とかだったのかなぁ。まぁ、何にしても、腰はホンマにヤバい。皆様、どうぞご注意なさってくださいませ。・・・・ ということで、エロ目の小ネタを。

今週末発売作品で、バトルさんちに、一本だけ先週末に商品情報ページが開かなかった 【被虐系女子プロレス1 -女教師と教え子編-】。今週末発売分では、「女女版」「被虐テイスト」ということで、期待度は一番高かったんですが、うーん、これってちょっとなぁ。凶悪メイクなのにコスがプリント付きの競泳水着ってどうなんだろう。それ以外にも、シューズの裏が、思いっきり「運動靴」だったり、ペニバン・ディルドの色も健全色だったりと、こう、そこここに見える「アリ物感」が、「被虐テイスト」を台無しにしてる気がします。

「凶悪メイク」は、これも今週末発売の【第2回SSS The Rookies Tournament Aブロック】でも使われていましたが、これって、「凶悪キャラ」でなくして、「無慈悲なエロおねえさん」ぢゃぁダメなのかなぁ。まぁ、「エロ」の部分は程度問題にしても、「健全系キャラを徹底的に甚振る」んであれば、例えば、SSSさんの【官能!! 格闘被虐マッチ】の【1】【3】あたりを目指したキャラ設定(とキャスティング)にした方が、お客様の食いつきは良さそうな気がするんだが。・・・・ ちうか、【官能!! 格闘被虐マッチ 3】は、二試合とも、このままのキャスティング、コスでレズプロレス戦やっても、進行中の【プロレズリングトーナメント一回戦】よりも客ウケのする作品に仕上がるんじゃないだろうか。

・・・・ と、本日のエロネタは早々に完結しちゃいましたが、そこいらよりも、今、気になるのは、お天気ですかねぇ。やほぉ天気予報によれば、明後日木曜までは、東京の最高気温は15℃前後、最低気温が一桁の前半から半ばぐらいですが、金曜日には最高気温が20℃に乗り、以降、5日連続で20℃以上をキープするようです。最低気温も二桁が並んでますし、今週末を境にして、「確実に一段階暖かくなる」という印象ですねぃ。

近くの公園とかを見渡しても、ソメイヨシノの木は、「準備万端。あとはドーンと咲くだけでっせお客さん」ってな感じに、蕾が膨らんでます。これはもう、「確実に一段暖かくなったゾーン」に入ったら、頃合的にも、「一気にお花見ゾーンにも突入」っぽいです。

去年は「ド満開の桜」を見逃してるんで(昨年4月15日付エントリに、その旨の記載あり)、今年は是非、満開の桜を思う存分味わいたい。そのためにも、腰の状態を少しでも良くして、歩きなりチャリ移動なりを楽にしておきたいなぁ、なんて思う今日この頃です。
  1. 2015/03/24(火) 23:29:24|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここにもキック娘が

ROCKETさんちに、【最もエロくて強いレズは誰だ!?相手の愛撫から逃げるな!! ガチンコ全裸レズバトル 真っ正面からノーガードのイカセ合いレズバトル総当たりリーグ戦2015】(長いけど、公表一発目なので、HP通りの商品タイトルをまんま載せてみました)の商品情報ページが出来ました。まぁ、今の時点で、ちょいちょい思うことがありますけど、まだジャケット写真だけですし、プロモ動画がアップになった段階でも、何かしら感じるものがあるでしょうから、そのタイミングで何か書きます。・・・・ ということで、今回は、ROCKETさんのHPで、【全裸レズバトル】以外の4月発売予定を見て思ったこと、そこから尾ヒレがついた話なんかをナンボか。

4月9日発売予定の【ROCKET7周年記念作品 超爆乳の母姉妹と狭苦しい四畳半で汗だく近親相姦生活 2】。自分は巨乳大好き人間だし、透け乳大好き人間でもあるんで、この作品のジャケ前面写真みたいなんには弱いんですよね。プロモ動画冒頭の「超爆乳と透けレオタのコンボ」もイイ。ブローウインドさんも、トップレスばっかでなく、この作品で西條るりさんが着てる、紫の透けレオタードみたいなのを使って、エロ系作品撮ってもいいんじゃないかと思いました(ここまで透けなくても、乳首が浮くぐらいで充分)。形状的にも、「お腹部分の切れ目からポロリになるおっぱい」になって、爆乳クラスの女優さんのボディとなら相性良さそうですし。

【妹にふざけてプロレス技かけてるうちに勃起しちゃった俺 2】。この作品、【全裸レズバトル】と、出演女優さんがほぼ丸被りなんですよねぇ(加納綾子さんと桜川かなこさんが入れ替わっただけ)。「プロレス技かけて」の部分が気になったので、こっちの撮影はいつだったのかをチェックするために、【全裸レズバトル】の共演者情報がまるまる落ちてた三浦春佳さんのtwitterを確認してみたり。

で、結局【プロレス技かけて 2】に関しては、該当するツイートに行き当たらなかったんですが、彼女の3月9日のツイートに、「2年前 週2~3回加圧トレーニングして 週5でキックボクシング(ミット打ち) 週5でランニング15㎞~25㎞してた時のピーク時の腕…」なんてのを発見。んー、市来美保さんの件といい、甲斐ミハルさんの「キックボクシングジムでFGの練習」といい、このところ、AV女優さんのtwitterで「キックボクシング」に絡んだツイートをヒットすることが多いです。もしかして、「AV女優さん」と「キックボクシング」には、何か繋がりがあるんだろうか(もっとも、三浦さんの場合は、このツイートのあとに「何処に行っちゃったんだ~私の筋肉…腹筋だけ戻ってきてほしい」とあるんで、現在は足繁くジム通いをしているわけではなさそうですが)。

有本紗世さんの過去出演作も、DMMアダルトさんでチェック。2月22日付エントリに、「レズ作品出演率が高い」と書いてて、そのときは「104-17/16.4%」だったのに、今日調べたら「114-22/19.3%」まで上昇してる。カワイイ系のお顔立ちなので、レズ作品では受けに回ることが多いようですけど、【体液したたるレズ凌辱ペニバン】のプロモ動画の印象が強烈過ぎて、個人的には、もう「この人はカワイイ顔してドSの人」にしか見えない。攻めセリフが堂に入ってるし、おねぇさんキャラの大澤愛美さんを攻めてるときの表情も、無慈悲な感じの「征服者顔」なんですよねぇ。

うーん、やっぱりこういう、「見た目はカワイイ系だけどフタを開けてみたらドSでドエロの人だった」的な女優さんが、「エロおねえさんキャラの女優さんを美味しくいただいちゃう」みたいな展開は、【プロレズリングトーナメント】一回戦の中で一試合ぐらいはあっても良かったんじゃないかなー。つか、【プロレズリングトーナメント】は、キャスト8人も居るんだから、もっとエロおねえさん度を上げて、勝ち上がる正統派エロおねえさんやら、一回戦負けのヘタレエロおねえさんやらぶち込んでおかないと、テイスト的にあかんかったんぢゃぁないですかね。・・・・ と、【体液したたるレズ凌辱ペニバン】のプロモ動画を見るたびに、そんな風に思ったりするのでありました。
  1. 2015/03/21(土) 00:24:19|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月は月並み

おとついの夜、寝床の横に置いてあるデスクライト(「鶴首型」と書いておくと何となく形状が想像できるかな)が、いかにも「寿命です」ってな感じの音と共に死亡。この機種専用っぽい蛍光管なので、蛍光管の交換を早々に放棄して、3段階に光量を調節できるLEDデスクライトを買いました。毎度お世話になっているOKストアさんにて、3080円+消費税。家に帰って初通電したところ、かなりいい感じです。うーん、やっぱり時代はLEDですなぁ。

試しに、寝床に寝っ転がって本を読んでみたら、文字がスンゲーはっきり見える。寝床でデスクライトを点けて本を読むときは、老眼鏡をかけてたんですが、おニューのLEDライトの元だと、老眼鏡ナシでも全然イケるんですよね。多分、前のデスクライトよりも数段明るくなったのが理由なんだろうけど、それだけでこんなに違うもんだろうか。うん、やっぱり時代はLEDだわ(違

さて、バトルさんちに、いろいろ情報が開いたので、「パンサー理沙子さんの今後の展望」だった予定を変更して、そっち関連でお話を進めていきたいと思います。

星野七海さんがここに出てくるんじゃないかと期待していて、確か昨日まで【女子プロレス巨乳トップレスファイト外伝 -屈辱の一人だけトップレスマッチ- 2】として発売スケジュールに載っていた作品は、タイトルから「巨乳」の文字が脱落し、それ相応のモノに。こういう言い方をするとちょっとアレですけど、いやぁ~、女女戦で乳丸出し要素が前面に出ているにも関わらず、これだけ食指が動かない作品も珍しいですよ(実はこの作品、あえて根拠は申し上げませんが、最初は三橋さんをトップレススタートにする予定だったんじゃないかと思ってたりします)。

来月4月の発売スケジュールもアップになりましたが、【プロレズリングトーナメント準決勝第一試合】来ましたね。ふた月連続のリリースという形にはなったので、とりあえず一安心。撮影がいつになるのか、ちょっと興味があるんで、しばらく甲斐ミハルさんのtwitterを追ってみようかな。

逆に、「仕掛けるならここだろう」と思っていた【2015年版 B-1トーナメント】は、姿を現さず。うーん、今年はトーナメントやんないのかなー。まぁ、昨年、【B-1トーナメント】と平行して走ってた【エクストリームトーナメント】は5月開幕だったから、5月スタートで動くかも知れない。何となく、【2015年版 B-1トーナメント】が、「昨年の【エクストリーム】の羽月希さんのポジションに星野七海さんが納まる」みたいな形で展開されると嬉しいなぁ、なんて思ったり。

もっぺん4月の発売スケジュールを見てみると、んー、【プロレズリングトーナメント準決勝】以外は、あんまり心が動きそうな作品はないかなぁ。バトルレーベル・SSSレーベルを通じたプロスタイル戦で、一番力が入るのは【フレッシュスタートーナメント2015 決勝戦】だろうけど、勝ち上がってきた女優さんお二人ともにエロスの香りを感じないんで、個人的にはすでに興味ゼロ。ああ、シリーズ一作目が割と強烈だった【VLACK FLAG ADF 02】がどんなもんになるのか、これはちょっと気になりますね。

そんなことで、若干「期待作少な目」って感じではありますが、4月とゆえば、ROCKETさんから、例の【全裸レズバトル】も発売予定になってます(自分は「tsutayaチェック経由」でほぼ確定ですけど)。それを勘定に入れて、まぁ月並みってとこでしょうかねぇ。ちうか、「女女版ボクシング作品の供給ゼロが確定」でも月並みだと思えてしまう現実が、ちょっと残念ではあります。
  1. 2015/03/19(木) 21:40:06|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来月のスケジュール次第で

んー、今日は暖かかったですねぇ。やほぉ週間天気予報では、今週の週末まで、晴天の日は少ないものの、東京は最高気温が10℃台の後半、最低気温も10℃前後で推移するようです。週末から週明けにかけて、またちょっと寒くなりそうですが(特に最低気温が下がる)、考えてみれば、来週の週末って日曜が3月29日ですから、充分お花見ゾーンに突入しててもおかしくない頃合になるわけですよね。本当に、もうすぐ春だな、って感じがします。・・・・ ということで、今回は、前エントリで「日を改めて」と書いた、「プロレズリングトーナメントの今後の展望」のお話です。

【一回戦第四試合】の商品情報が公開になったことで、トーナメントの参加者8人全員の面子が割れましたが、うーん、この中の誰が優勝しても、やっぱり、加納綾子さんの「エロレズ的な濃さ」、パンサー理沙子さんの「FG・B-1トーナメントで出来上がった実績込みのネームバリュー」(まして、横山みれいさんとの裏表対決で、パンサーさんは「レズエロ的にも一皮剥けた」感じですし)と比べると、どうしても少し見劣りしちゃいますねぇ。レズプロレスの「頂上決戦構想」に引っ張り込むには、ちょっと苦しいかも。あるとすれば、一回戦の相手がショボかった甲斐ミハルさんが、準決勝で「相手相応に」エロおねえさんぶりを発揮して、「レズプロレス強者」のポジションを確立する、あるいは、Bブロック組の夏海花凛さんか逢沢るるさんが、準決勝で「大化け」するか、・・・・ ってとこでしょうか。

それはそれとして、このトーナメントが「いつ終わるのか」も、頂上決戦構想と絡めるには、割と重要になってくるんじゃないかと思う。このあと、準決勝と決勝で三試合残ってますが、今のまま、ふた月に一度のペースだと、(商品供給ベースで)決勝が終わるのが9月、スタート時のように月一ペースに戻れば、決勝は6月に終わります。6月ぐらいなら、加納さん・パンサーさん側に、何かワンクッションかましておけば、「トーナメントと頂上決戦構想はリンクしてます」ってな体裁にはなるだろうけど、これが9月終わりだと、かなりキビシイ。

つか、加納さんを頂上決戦構想に絡めること自体が、もうダメなのかな。【プロレズリングSP】の発売日が昨年の8月1日で、すでに半年以上経っちゃってますから、これはもう【レジェンド的な単品】と割り切って、パンサーさんと今回のトーナメント優勝者、あとはプロスタイル路線からの「異動組」やら突如現われた「モンスター」やらで、レズプロレス商品を回していく、そんな考え方の方が現実的かも知れません。

ナンにしても、「【準決勝第一試合】のリリースがいつになるのか」で、今後の成り行きは、ある程度判断できるような気がする。頃合い的に、今週中ぐらいには来月の発売スケジュールが開く可能性がありますが、そこに【準決勝第一試合】が組まれているか否かで、制作サイドの「頂上決戦構想とトーナメントをリンクさせたい度合い」が、ある程度わかるんじゃないかと思います。

途中離脱がない限り、キャストはすでに「西條カレン×甲斐ミハル」で決まってる。で、甲斐さんは、割とまめに、お仕事の様子をtwitterに上げてくれてますから、甲斐さんのtwitterを見張ってれば、「モノがいつ出てくるのか」がわかるかも知れません(西條さんの方は、ブログ・twitter共に見つからず)。

余談ですが、昨年12月4日には、「ジムで練習して来ました」のツイートに、甲斐さんがピンクのグローブをつけた写真が二枚添付されてます(着衣は普段着っぽい感じですが)。場所は「新宿キックボクシングジム」。その直前に、「これから友達のジムで14日のキャットファイトの練習をさせてもらう」(12月14日はFG12開催日)とあるので、どうやら単発っぽいですが、なぜFGの練習でボクシンググローブ写真になるのかは謎です。

ところで、来月4月の発売スケジュールとゆえば、「B-1トーナメント 2015年版」が動くかも知れない。2013年版の【B-1 SECOND】の一回戦第一試合の発売日が4月5日、昨年の【THIRD】一回戦第一試合が4月11日発売(昨年は、別口の【BATTLEエクストリームトーナメント】が、5月17日に一回戦第一試合が発売)なので、2015年版があるとすれば、来月開幕になる可能性が一番高いんじゃないかな。

プロスタイルトーナメントは、自分にとっては「ストライクゾーンの外」ではありますが、前回の【B-1トーナメント】は、決勝でレズプロレス戦をオモウラ撮影しましたし、参加者がレズエロ方面にスピンオフしてくることだってあるでしょうから、こちらの動きも、気になるっちゃぁ気になるところではあります。

・・・・ と、そんなことで今回は終了。次エントリは、「パンサー理沙子さんの今後の展望」あたりで攻めてみようかと思います。
  1. 2015/03/17(火) 23:14:04|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もちっとエロいコスにならんか

やほぉ週間天気予報を見ると、明日から向こう一週間、最高気温が15℃以上をキープ、17日の火曜日には、最高気温20℃の予想が出てます。これも嬉しいですが、水曜日から三日連続で最低気温が二桁に乗りそうな気配で、それ以外の日も、一桁台の後半(大きい数字の方ね)っぽく、夜間の冷え込みが堪える身には、これも非常にありがたいです。春はもうそこまで来てる。うん。

今月3日のお雛様の日に、「(20日発売予定作品の情報が出るであろう)第二週週末はワクワクウイークエンド」なんて記事を書きましたが、残念ながら、ワクワクの一角だった【女子プロレス巨乳トップレスファイト外伝 2】は、商品情報ページが開かず、週明け待ちになってしまいました。しかしながら、本命の【プロレズリングトーナメント一回戦第四試合】は情報出たし、同日発売予定の他の作品にも触れておきたいものがあるんで、そこいらをやっつけていきます。

【プロスタイルミックスタッグ The Domination 1】。パンサー理沙子さん・横山みれいさんチームが出てきたので、ちょっとビックリ。横山さんは例の緑の水着なんで、【B-1決勝】【スーパーリベンジ】のオモウラと同時撮影のようですが、うーん、なんかこう、このお二人を「安売り」してるように思えるんだよなぁ。まぁ、お二人とも、今のブローウインドさんにとって「銭の取れる女優さん」ですから、撮れるだけ撮っとこうというのは、わからんでもないけど、パンサーさんは、【B-1決勝】を勝ってチャンピオンベルトホルダー(という構図の写真を【スーパーリベンジ】のジャケットに使ってる)になり、まんま裏のレズプロレス戦でも勝利して、「ストロングスタイルでもレズ戦でも強者」というキャラが一番立ってるタイミング。なぜこの時期に、「男相手のヤラレ役」なんかに使っちゃうのか。ここいらへんの制作サイドのセンスが、よくわかりません。

【VLACK FLAG ADF 01】。これはねぇ、エロ的にちょっと見所ありますよ。失禁シーンまで突っ込んでることもそうですが、女優さんのトップス、「着てるだけで透ける」ような薄手の生地と、透けない生地とを重ねて、うまく使ってると思うし、色が白だってのもいいですね。んー、スカートもシューズも白で揃えてるんだから、パンツも白ぢゃダメだったのかなぁ。まぁ、それはそれとして、ここで何度か書いてるように、VLACK FLAGさんのコス使いには、「真剣に作り込んでます」って気合乗りが感じられて、眉月的には好感度高いです。このまま突っ走っていただきたい。

・・・・ ってことで、本命の【プロレズリングトーナメント一回戦第四試合】。

逢沢るるさん(この女優さん、ときどき、ハッとするほど、仲里依紗さんにそっくりに見える)の印象は、先月19日付エントリに書いたように、「レズプロレス戦に出てもらいたい女優さんの一人」だったんですが、コスや化粧の造りを見ると、【一回戦第四試合】では「肉食系レズエロファイター仕立て」にはなってませんでしたね。相方の夏目葵さんは、んー、ちょっと体幹ががっしりしすぎて、脱ぎエロを見せる必要のあるレズプロレス戦に起用するには、ちょっとアレかな、って感じ。

この試合の勝敗読みは、結構難しい。・・・・ と言うのは、負け姿が画になる(=そっちの方がモノが売れる)のは、逢沢さんの方だと思うんだけど、この試合で相沢さんが負けて、夏目さんが勝ち上がると、恐らく夏海花凛さんとの対戦になるであろう(と書くのは、【一回戦第三試合】の勝敗の情報がまだ入手できてないから)【準決勝第二試合】が、かなり「レズプロレスっぽくない組み合わせ」になっちゃう気がするんですよね。その先には決勝もあるわけですし、「トーナメント全体の盛り上がり」とか、「準決勝、決勝を売れるキャスティングにするにはどうすべきか」みたいなことを考えると、ここで逢沢さんをトーナメントからオミットするのは得策ではないように思えます。

プロモ動画の出演者のお二人が全裸になってる部分には、逢沢さん攻め、夏目さん攻めの両方が盛り込まれてますし、サンプル画像も同様です。全裸シーンの順番から考えると、逢沢さんが勝ち上がる可能性が高そうで、何となく、「とりあえず逢沢さんを勝ち上がらせて、彼女を準決勝へ引っ張る。ただし、二人とも終盤の攻めシーンは見せて、形の上ではどちらが勝つのかは隠しておく」、制作サイドの思惑は、そんな感じなんじゃないでしょうか(【一回戦第三試合】では、全裸状態になってからは、プロモ動画、サンプル画像共に、攻めているのは夏海花凛さんの方だけ。【スーパーリベンジ】も、全裸では、パンサー理沙子さん攻めオンリーでしたね)。

それと、一つ思ったんだけど、【プロレズリングトーナメント】の一回戦は、第二試合を除くと、ちょっとコスが「エロくなさ過ぎ」じゃねーかなー。特に、所謂「Bブロック」の第三試合、第四試合は、コスに「エロレズらしさ」が感じられない。モノがエロレズファイトなんだから、コスが上半身まるはだけにならなくても、もちっとポロリ(になりそう)なり、乳首が浮くなり透けるなりの、「乳周りのガードの甘さ」が、あってもいいんじゃないかと思います。

うーん、セパレートタイプにして、「トップスをずり上げるだけでおっぱい丸出しになって、乳首攻めが可能になる」とかじゃダメなのかな、・・・・と思うのは、自分が乳攻めに異様に興奮するタイプだからなのかも知れませんが、ぶっちゃけ、VLACK FLAGさんの作品の「フツーのプロレスファイト」用のコスの方が、全然エロく見える。上で取り上げた【VLACK FLAG ADF 01】で使ってたコスなんか、逢沢るるさんあたりに着せたら、けっこうイイ味出ると思うんですけどねぇ。

・・・・ とまぁ、そんなこんなで、今回はここまで。【プロレズリングトーナメント】に関しては、まだ言いたいことがあるんで、日を改めて、またナンか書きます。
  1. 2015/03/14(土) 21:29:52|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

なぜアップ当日に

ようやく、本家の小文集に「ウルトラ美爆乳 de レズボクシング」をアップすることができました。モノが出来上がってからファイルサイズを見たら、これまでの小文集の中で一番デカい「黒ギャル de エロレズボクシング」(htmlベースで43.5kb)とそんなに変わらないサイズ(同42.0kb)にまで膨れ上がってる。確かに、「本家でやるなら腰を据えて、書けることは全部書く」ってスタンスに鞍替えしましたけど、それでも、こんな「大物」を、(最初は)何でブログでやっつけようと思ったんだか。・・・・ それはそれとして、こんだけの文章量書いても、まるで反応ナシってのはちょっと寂しいんで、本家の掲示板でも、ブログのコメントでもいいんで、何か思う方がいらっしゃいましたら、何某かのお言葉をいただけると嬉しいです。

「ウルトラ美爆乳 de レズボクシング」を文章にしよう思ったキッカケは、本文中にもブログにも書いたとおり、「市来美保さんがキックボクシングのジム通いをしているのを、彼女のtwitterで知った」なんですが、一口に「ジム通い」と言っても、トレーニングのメニューは、シャドー、サンドバッグ打ち、ミット打ちみたいな「対人要素のないもの(少ないもの)」から、スパーリングのような「極めて実戦形式に近いもの」まで、いろいろある。で、そこらへんまではあまり追及せずに、「まぁ、二年もジム通いしてるなら、少なくてもそれなりのレベルには達してるでしょう」って前提で、「ウルトラ美爆乳 de レズボクシング」を書き上げたわけです。

そんな中、市来さんのブログ【市来美保の性活】を発見(モノを書く前にいろいろ調べたんだけど、なぜかそのときには、このブログに辿り着かなかった)。ほぼぴったり1年前に更新が止まっちゃってますけど、そちらには、twitter以上にキックに関する記述があり、画像も結構残ってます。

2013年10月15日のエントリには、「今日はキック行っていっぱい汗を流してきたよ」「あとねキックボクシング初めてちょうど一年たつよ」の記述に加えて、ピンクのグローブをつけて、「男性相手に蹴りを出そうとしている」構図の写真が添付されてますし、2014年2月4日のエントリには、パンチンググローブ姿の添付写真で、「今1時間スパーリング、ミット、みっちりやった」「今日は女性がいなかったので男性たちとやったの」「力が強いから守るのも大変」なんて書いてある。これらから察すると、んもうバリバリに「極めて実戦形式に近い」までいっちゃってますね。

うーん、男子相手にスパーリングするぐらいの力量だとすると、それはそれで、何かとんでもないもんが撮れるような気がする。もちろん彼女が、趣味のキックをお仕事に反映させてもいいと思ってることが前提ですけど(つか「ウルトラ・・・・」も、その前提で書いたわけだが)、例えば【現役キックボクサーがAVデビュー! 詩音】みたいなヤツとか。

ちょっと、「ブローウインドさんが商品化するなら」風に、試合部分のシナリオを描いてみましょうか。

「男子相手に5Rのキック戦(ラウンド当たりの時間は3分でも5分でも、まあ適当に)」、「KO負けの場合は、そのままレイプの罰ゲーム」、「ラウンド中に一度でもダウンしたら、インタバルで一枚着衣を脱ぐ」(セコンド役が脱がしを担当するんで、正確には「脱がされる」)。こんなルールにしておいて、ガッツリ試合仕様のスポブラとキックパンツ、その下にパンティ穿いて試合開始。あー、いろいろ保護のため、二人とも大き目のグローブ推奨です。

《1R》--- 市来さん優勢で、ときどきダウンを奪う。《2R》--- 相変わらず市来さん優勢でダウンも奪うが、キックの相打ちで、バランスを崩した市来さんがキャンバスに尻餅を付く。「今のはスリップ。ダウンじゃない」と訴えるが、カウント進行。《3R》(ブラを外してトップレスに)--- 男子が優勢に転じる。市来さん側に明らかなダウンあり。《4R》(トランクスを失って、パンティ一枚)--- 市来さん防戦一方で、何度もダウン。何とかゴングに救われる。《5R》(パンティも失って全裸に)--- 男子の猛攻の前に、市来さんKO負け(「ボディに膝蹴りの連打を食らって、マウスピース吐き出し悶絶ダウン → カウントアウト」みたいなんが絵的にもオススメ)。そのままお仕置きタイムへ。・・・・

どうでしょう。(下半身への)蹴りに対しては、ある程度市来さんは耐性があるでしょうから、それなりにリアルヒットさせちゃっても大丈夫でしょうし、キックに覚えのある男優さんを用意して、顔とおっぱいに打撃を当てるのだけを男子側が手加減すれば、キック的にもエロ的にも、強烈に破壊力のあるもんが撮れるんじゃないですかね(悶絶ダウンもそうだけど、4R終わりのインタバルで、半泣きになるぐらいにヘコんでる市来さんが、最後のパンティを毟られる図なんてのは、激しく見てみたいぞ)。練習シーンとお仕置きタイムで尺を埋めれば、商品一本分の収録時間は余裕で確保できるでしょう。

つか、「ウルトラ・・・・」の企画内容よりも、確実にこっちの方が需要があるだろうし、どう考えても、こっちの方が商品化の現実味は高い。市来さんほどのメガおっぱいなら、オカズ撮影の振り分け先だって、シリーズ化されてる既存のものがいくらでもあるだろうから、そうなると、仮にブローウインドさんが市来さんをブッキングできても、「ウルトラ・・・・」企画の入り込む余地なんて、爪の先ほどもねぇかな。・・・・ orz

まぁ、「ウルトラ・・・・」の最後にも書いたように、市来さんご本人でなくしても全然かまわないんで、ブローウインドさんが「虐め甲斐のある美爆乳の女優さん」をブッキングできたときにでも、「ウルトラ・・・・」に書いた内容をちょろっとでも生かしてもらって、レズボクシング撮ってくれれば、それで充分です。

それにしても、・・・・ うーん、久々の本家更新で、レズボクシング商品企画案をアップしたその日に、なんで「男子とキック戦」なんちゅー、極めて現実味のあるアイデアを思いついちゃったんだろうなぁ。・・・・
  1. 2015/03/12(木) 21:33:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何か無駄にエロい

昼を過ぎたあたりから、ちょっと悪寒がする。今のところは、症状は悪寒だけで、咳とか鼻が詰まるとか、ヘンに体がだるいとかはないんですが、嫌~な雰囲気ではあります。うーん、今シーズンは昨年の暮れに一発、強烈な風邪をいただいてるんで、もう「済み」になったと思ってたんだけどなぁ。

今のPCに乗り換えた際に、前のPCに保存していた画像・動画の類(ほぼ全てがエロ関係であるのは言うまでもない)を全部DVDに焼き、「見たくなったらDVDから見ればいい」と思って、今のPCには落としてなかったんだけど、なんだかんだで、やっぱり「前PCエロ資料DVD」のお世話になる機会はままあるんですよね。で、つい先日、唐突に「Dドライブって400ギガもあってナンも入ってないやんスカスカやん」ってことに気づき、件のDVDをDドライブにまる落とししました(プロパティを見たら、動画ファイル数は577で4.3GBと、これだけでDVD一枚パンパンのサイズ、画像ファイル群はサイズは1Gちょっとだったけど、ファイル数は7533枚もありました)。

落とし込み作業が終わると、やっぱり、めでたくHDD所蔵になったエロ画像、エロ動画を眺めてみたくなる。・・・・ そんなことをしている中で、「これはエロいな」、「スゴいな」と思った画像を、いくつかご紹介。いずれも、随分前にネットで拾ったもので、大元の出所とか、どんなサイトで拾ったとか、そゆことは一切わかりません。

一発目の画像はコレ。いささか「限界まで詰め物詰めました」って感じの「人工臭」がするものの、その分、形はいい。今、本家サイト用に、市来美保さんを主役にした企画の原稿を書いてて、その中で「メガおっぱい」なんて表現を使ってますが、それを基準にすれば、これは「ギガおっぱい」、「テラおっぱい」って感じでしょうか。この画像の女性を市来さんとボクシングの試合で対戦させて、彼女がKOした市来さんのおっぱいを踏みつけながら、「こんな貧弱なおっぱいで私に勝てるとでも思っていたのかしら?」みたいなセリフを吐くのを見てみたいなぁ、なんて思ったり。

でもって、次がコレ。こちらはいかにも柔らかそうな、「ぷにぷにの良いおっぱい」って感じです。ついでに、手持ちの同じモデルさんの画像が他に2枚あるんで、それも放出しちゃいましょう。ぽいっぽいっ、と。最後の画像にちらっとだけ写ってますが、シューズは winningの赤ですね。んー、やっぱり、本格的なコスで「良いおっぱい」のトップレスボクサー娘はエロいです。

それに加えて、このグローブの大きさと「まん丸っこさ」が、「ぷにぷにのおっぱい」とヘンにマッチしてるように思えて、余計にエロく感じます。自分は、こういう「まん丸っこい」グローブ、好きなんですよね。ちうか、この画像をピックアップした一番の理由は、「赤いwinningのデカグローブ」だったりします。

ロゴが手首の甲のところについてるあたりが、いかにも「ふた昔前のボクシンググローブ」って感じで、当時は、グラビアとかでも、こういうグローブを使って撮影されたものが、ちょいちょいあったように記憶してます。大抵は、別段エロ狙いというわけではなく、「アイドル系の女の子がフツーに服着てパンチを打ってる図」とかだったけど、若い頃のさとう珠緒さんが、手ブラっぽい構図の写真をイメージビデオのジャケットに使ってた、なんてこともあった。あの写真を初めて見たときは、えらく興奮したなぁ。

つか、PCを使い始めたころからその手の画像はPCにセーブしてたし、こいつも既にどっかで拾ったような気がする。・・・・ と思って、手持ちの画像を漁ったら、やっぱりちっこい画像が残ってました(「さとう珠緒 イメージビデオ」あたりで検索かければ、もっと大きい画像が見つかると思います)。

うーん、多分表情のせいだと思うけど、別におっぱいが見えてるわけでもないのに、何か無駄にエロいぞ。
  1. 2015/03/10(火) 22:41:47|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりあえず黒だけでも

バトルさんちに、来週末発売予定7作品の情報がアップになりましたが、注目したい作品がない。【フレッシュスタートーナメント一回戦第二試合】の出演者お二人も、【一回戦第一試合】に出演された星野七海さんのような「発展が期待できる女優さん」ではなさそうですし(小西まりえさんは、割とAV経験豊富な女優さんだけど、「ファイター」っぽいお顔立ち・体型ではないので、ちょっと自分の好みからは外れる)、【FG13 キャットファイト&イメージ】二本分4名の女優さんも、全員AV女優さんではないので、エロ方面への発展は期待できない。んー、FG12のときは、「このFG出演が実質ブローウインドさんで初のお仕事」だった四名(みずなれいさん、甲斐ミハルさん、芹沢つむぎさん、夏海花凛さん)が、全員ガッツリAV女優さんだったのに。この差はなんなんだろう。

「大爆乳deボクシング (仮)」は、アップ前の最終段階、「html形式に落とした状態で頭から読んでいって、引っかかるところは手直し」まで来ました。でも、「ここはちょっと大掛かりに工事した方がいいな」と感じる部分が何ヶ所かでてきたんで、予定していた今週末アップからは少し遅れそう。この文章に限っては、完成度をMAXまで高めることが肝心なので、多少時間をかけても、全面的に「これでいい」と納得できるまで推敲を重ねた上でアップロードしたいと思います。

ところで、久々の本家小文集更新に先立ち、すでに少しだけアップ済みのページを弄りました。主な目的は、部分的に使っていた「Calisto MT」も含めて、小文集のフォントを全面的に「メイリオ」で統一することで、アップ済みのページを全部チェックして、「メイリオ」フォント向けに手直ししました(「メイリオ」とそれまで使っていた「MS P明朝」では、カッコ周りのスペースの幅がかなり違ったりするんで)。ついでなんで、通常カッコと二重カッコの使い方も統一して、リンク切れになってるものがあったら、修復できるものは修復する、なんてこともやったんですね。

で、「黒ギャルちゃん関連の二ページにリンクを張ってたisamiさんのキックパンツも、確かリンク切れになってたはずだよなぁ」と思い、とりあえずセーブしておいた画像にリンクを張り替えてからネットを調べてたら、白単色のやつも黒単色のやつも、大阪イサミさんのHPに復活してる。でも、うーん、HP上では、白も黒も、10000円+消費税的なお値段になってるんだけど、こんなに高かったかなぁ。もちっとお手軽な価格設定だったように記憶してるんだけど。

悔しいので、更にあちこち調べたら、同系列の水道橋イサミさんのHPで、オリジナルブランド「COBRA」の白黒単色キックパンツを発見。は税込み4000円、はなんと税込み2000円の超お買い得価格。形状もそれなりにエロいです(サテンの質感は、若干、上の万円モノに劣る感じではありますが)。

ブローウインドさん、この「COBRA」ブランドのキックパンツ、エロ系ボクシング作品の強者キャラ、エロおねえさんキャラ用に、黒だけでも押さえとく気はありませんかね。
  1. 2015/03/07(土) 19:51:48|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々にデカ文字を使うほど

この記事の下書きを終えてからスレを覗いたら、【プロレズリングスーパーリベンジ I】の結果情報がちろっと載ってました。それによれば、横山みれいさんが「【B-1決勝】に続いてまたも靴を舐めさせられる」というかなり派手目な返り討ちに遭ったようですね。まぁこの結末は、「どちらを敗者にすればモノが売れるか」「どちらを勝者にすれば今後の販売戦略が広がるか」を考えると、あまりにも予想通り、って感じではあります。

さて、本家小文集向けの「大爆乳deボクシング(仮)」は、草稿が全面的に書き上がって、最後の推敲作業ちう。コイツは本当に久々の本家サイト更新用の文章だもんで、書き漏らしはしたくないし、できるだけちゃんとした文章にしたいので、しっかり時間をかけて精度を上げ、充分に「これでOK」という感触を手にしてからアップしたいと思います。

原稿を書いてる段階で、参考資料にしようと言うことで、これまでに買った女女版ボクシング作品をいくつか見てみました(MIXは未購入なので、手元には女女版しかないんだけどね)。その中には、バトルオリジナルの【レズボクシング】シリーズも含まれていて、2010年4月6日付エントリに、「バトル【レズボクシング】の出来は、自分が買った 【3】 から 【7】 までの五本を評価すると【3】>【6】>>【4】>【7】>【5】の順」なんてことを書いてるんですけど、ここへ来て、評価最下位だった【5】の評価が上がったりしてます。

評価上昇のポイントは、KOシーンの前のダウン一箇所だけ。赤トランクスの黒ギャルちゃん・中森ひなのさんが、青トランクスの星野うららさんからダウンを奪い、星野さんが立ち上がりかけたところを押し倒して、レズ攻撃モードに入るんですが、「中森さんが星野さんの乳首をしゃぶりに行き、星野さんが嫌がって身体をよじろうとする」がずっと続く。でもって、星野さんが、形も乳首も綺麗な巨乳ちゃんだったりする。自分は乳首しゃぶり大好きなんで、このシーンがすんごくエロく見えるんですよね(なので、最近ちょいちょい、このシーンで抜かせていただいてます)。因みに、この作品に関しては、同エントリに「ヤラレ設定が間違ってる気がする。エロ作品として見せるなら、赤トランクスの中森ひなの嬢ヤラレにすべき」とも書いたんですが、「おっぱいの充実度をモノサシにするなら、勝敗はこのままでもいいか」と思えるようになってきました。

あと、「赤青地で白トリム(と言っても、サイドにラインが入ってないので、ベルトラインだけ)のサテントランクスはやっぱエロいな」ってのも再認識しました。【3】以降で使用されているトランクスは、【3】が両者白地で赤青トリム、【4】は一人だけ白地に赤トリム、【5】と【7】が赤青地で白トリム、となってますが、見比べてみると、サテン地のツヤが美しいのは、やっぱり赤青の色味が入ってるものの方なんですよね。白も確かにエロいけど、二人とも白地だと破壊力が半減しちゃう気がします。んー、エロ風味が強い作品だったら、「片方が色地で相手が白地」みたいな使い方が、一番バランス取れるのかな。そう言えば、【ワルキューレ ボクシング総集編 6】では「赤地に白トリムvs白地に黒トリム」のサテントランクスをいくつかのペアで使っていて(グローブは両者赤)、このコンビはかなりいい感じでしたね。

お話替わって。「大爆乳deボクシング(仮)」は、AV女優の市来美保さんを主役に据えていることは、すでにこのブログでお話しましたが、一応、お相手役(当然「女女版」になるので、相方は必要になる)に、新山かえでさんを想定してます。そんなことでもあり、このところ、DMMアダルトさんで、新山さんの出演作のプロモ動画をちょいちょい眺めてたりするんですけども、やっぱこの女優さんエロいわぁ。

ブローウインドさんもね、レズプロレスとか、行為レズまで前面に出た商品を作ってるんだから、新山さんみたいな「見た目の段階でエロい気分にさせてくれる女優さん」を使って欲しいんですよね(正直、レズプロレスの最新作に当たる【プロレズリングトーナメント一回戦第三試合】は、この「見た目の段階でエロい気分になる」要素は微塵も感じられない)。うーん、新山さん、レズプロレスのキャストにどうですかね。170cm近く身長があるんで、相方が多少制限されちゃうかも知れませんが、攻め顔だけでなく、ヤラレ顔もエロいですから、勝ち役と負け役のどっちでも、イイ味が出ると思うんですけどねぇ。

例えば、先月22日付エントリで「モンスター」云々って話をしましたけど、新山さんなんかは、この「モンスター」役にぴったりなんじゃないのかなぁ。彼女を「出現」させるなら、トーナメント側よりもパンサーさん側ですね(つか、もうすぐ最後の一回戦がリリースになるんで、トーナメント側にはもう間に合わないわけですが)。

横山みれいを返り討ちにして、プロレズリング界でも頂点を狙うパンサー理沙子は、加納綾子とのマッチメイクに際して、新山かえでに勝つことが条件だと聞かされる。万全を期して「前哨戦」に臨んだパンサーだったが、序盤こそプロレス技を駆使して優位に立つものの、身長で10cm以上も勝る「レズモンスター」新山を押し切ることはできず、新山の繰り出すレズ技の前に徐々に体力を奪われていき、最後は泡吹き痙攣失神で完全敗北。リングの上でようやく意識が戻ると、目の前に、妖しい笑みを浮かべる新山のペニバンから突き出ている巨大ディルドゥが、・・・・

 うおおぉぉぉそんなの見てみたいいいぃぃぃぃ!!!!

・・・・ と、久々にデカ文字使っちゃうほど、エロいもんが撮れるような気がするんですよ。トーナメントやって、プロスタイル路線とも絡ませて、それっぽい女優さんに少しずつ「格」を背負わせていくのもいいけど、「プロレズリング界に超新星現る!」でも全然問題ないでしょ。

どーっスか、ブローウインドさん。
  1. 2015/03/05(木) 23:27:52|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来週末はワクワクウイークエンド

やほぉ天気予報によれば、明日の東京は深夜から早朝にかけて傘マークがついてるものの、午前9時の段階では傘マークが取れ、最高気温が17℃まで上がる予想に。年食って、寒さがことさら堪える身の上にあっては、早く「そのくらいが平年並み」の季節になって欲しいところです。

ところで、今週末発売作品分で最後に情報がアップになった、【星野七海のトップレスMIXプロレス】にご出演の星野七海さんが、ちょっといい感じ。プロモ映像を見る限り、「美巨乳」と表現してもいいぐらい、型崩れしてない、綺麗なおっぱいですし、全体にふっくらしたボディラインだけど(でもクビレはちゃんとある)、動きに結構切れがあります。

実は、出演作一発目の【フレッシュスタートーナメント2015 一回戦第一試合】のジャケット写真を見たときに、「おっ、この女優さんは」と感じるものがあり、ここでちょろっとだけでもネタにしようと思ったんだけど、お名前でネット検索しても、同名の声優さんが引っかかるだけで、まったく情報を拾えず(DMMアダルトさんでも「星野七海」の出演作品は該当ゼロ)、なんてこともあり、そのときは結局スルー。でも、今回の【トップレスMIXプロレス】で、個人的には完全に「注目すべき女優さん」に格上げになった次第です。

ブローウインド作品の「トップレスに特化した女優さん」としては、羽月希さん、河西あみさんが居ましたが、羽月さんは【エクストリームトーナメント】の決勝という舞台で武藤つぐみさんと裏表やって、「一通り使い終わりました」って感じ。河西さんもこないだの【巨乳トップレスファイトSP】で引退させられた格好になっちゃいましたから、現在、このポジションの女優さんがゼロの状態。当然、ブローウインドさんとしては、ここにハマる女優さんが欲しい状況のはず。

そこに【フレッシュスタートーナメント】の試合中にいかにもな前フリ(「負けたらトップレスになってやる」発言ね)までやったわけですから、かなり確信犯的に、羽月さん、河西さんの後釜に据える意図が読み取れます。つか、【○○のトップレスMIXプロレス】って、星野さんがシリーズ三作目で、一作目が羽月さん、二作目が河西さん。んもう、後釜に据える気マンマンぢゃねぃですか。

今回の【トップレスMIXプロレス 3】で「男に勝って早々にトップレス卒業」なんてことは考えにくいんで、そうなると、ちょっと出演頻度過多気味な気はするけど、今月20日発売予定の【女子プロレス巨乳トップレスファイト外伝 -屈辱の一人だけトップレスマッチ- 2】に星野さんがトップレス担当で出演する可能性が浮上します。彼女の存在がなければ、この作品でトップレス担当になるのは、【巨乳トップレスファイト 4】で負け役だった桃井はるかさん(この女優さんも、ネットで情報拾えないんだよなー)あたりが候補の筆頭だったと思いますが、ちょっと情勢が変わったかも知れません。

この【トップレスファイト外伝】はシリーズ前作が河西あみさんがトップレス担当で負け役だったわけですが、河西さんは一貫して「ヤラレの負け役」の感じだったのに対して、【フレッシュスタートーナメント】での星野さんは「攻め役の負け役」といった印象。なので、彼女が【外伝 2】に出てきても、葛西さんの場合とは違ったストーリー展開(星野さんが勝ってトップレスを卒業し、負けた相手が新たに「トップレスに特化したヤラレ系女優」のポジションへ)になるのかも知れません。

まぁ何にしても、注目すべき女優さんが増えて、その女優さんが出演する(かも知れない)作品がリリースされるのは、お客様サイドにしては嬉しい。【プロレズリングトーナメント一回戦第四試合】に加えて、【トップレスファイト外伝 2】が注目作になったことで、20日発売予定作品の情報が開くであろう来週の週末は、かなりのワクワク感を持って迎えられそうだなぁ、なんて思うのであります。
  1. 2015/03/03(火) 23:26:33|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する