眉月的雑感綴

なぜこのお二人で告知?

昨日の東京は最高気温22℃、最低気温18度と、雨模様だったとは言え、おおよそ8月らしからぬ肌寒い一日でした。今日もそれほど気温が上がらないし、向こう一週間、予報に晴れマークはなしで、最高気温もMAXやっとやっとで30℃に届くか届かないかぐらい。「真夏の太陽」の人は、今年はもう店じまいしちゃったのかしら。・・・・ ということで、前回でFG14関係を終わらせたので、今回はバトルさんち関係をぐっちょり。

【BATTLEエクストリームトーナメント2015 準決勝第一試合】。一回戦を勝って「トップレス卒業の権利」を手に入れた前提の星野さんは、準決勝も初手からバリトップレスで参戦。これはもう「固定キャラ」化でしょうか。プロモ動画を見る限りでは、若月さんの「ドSキャラ」に磨きがかかって、さらに「変態(痴女?)キャラ」が乗っかった、みたいな印象を受けます。自分はこれまで、「準決勝組み合わせ入れ替え説」を推してきましたが、若月さんがこんだけイっちゃったキャラなら、まんま決勝に勝ち上がって(プロモ動画やサンプル画像の並びを見ると、この試合は若月さんの勝ちっぽい)、「正義のヒロイン」通野未帆さん(or 内村りなさん)との対戦でもバランスは取れるかな。つか、FG14をパスした内村さん、準決勝の撮影できるんだろうか。ちょっと心配です。

あと、星野さんって、一回戦のときにオカズ撮影してないのかな。【フレッシュスタートーナメント】のときは、【星野七海のトップレスMIXプロレス】が同時撮影になってるんだけど、【エクストリーム一回戦】に対応する商品が見当たらない(オカズ分が名前伏せ扱いで、お名前でのアキバコム内検索に引っかかって来ないだけかも知れないけど)。彼女に関しては、「オカズでどんなもんを撮ったか」に興味があるんで、ちょっと気になるところです。

後半も盛りだくさんなんで、アキバコム制作部さんの【熟女MIXプロレス 3】は「ちょっと熟女エロとして間違った方向に進んでる気がする」、CF×FCさんの【拉致暴行プロレス地獄MIX 5】は「なんでプロモ動画が19秒ぽっち?」で済ませておいて、9月のスケジュール関係行きます。

ようやく【プロレズリングトーナメント 準決勝第二試合】の予定が出てきましたが、加納さんを代打に呼んだ(で間違いないと思う)第一試合の発売から4ヶ月も空いちゃってるし、一回戦を勝ち上がった夏海花凛さん、逢沢るるさんがキャスティングされるかどうかも微妙なんで、今一つテンションが上がらない。まぁ、ヘンに期待せずに、商品情報ページがアップになるのを待ちたいと思います。

んー、あとは「例のもの」以外は、あんまり気になる作品は見当たらないなぁ、第一週発売のSSSさんの二本が、前週発売分二本に出演された五月凛さんと星咲茜さんで賄えるタイトルなんで、一回の撮影に詰め込めんでこっちもこのお二人で撮ってるのか、あるいは、まったく別の女優さんが出演するのか、ここにちょっとだけ興味がある。そんぐらいでしょうか。・・・・ ってことで「例のもの」、Rosenkavalier監督担当のトップレストーナメントのお話へ。

FG14販促エリアの跡地に、告知動画がアップされたのは、まぁ予想通り。告知動画の存在そのものは、8月5日にトップレスマニアさんからいただいたコメントでわかってましたし、ブログ、twitter情報より、4人トーナメントで、すでに撮影済みの「宮沢あめり×白石みお」が一回戦第一試合である可能性が高いことも、もう「周知の事実レベル」ですね。

発売予定スケジュールページには、第二週発売で【BATTLEトップレストーナメント】とあるんですが、何かすごく「(棒)」な名称。白石さんがブログに「プロレスの撮影なのです」「レズです」「なんと! 痴女設定だったの!」と書かれているので(7月22日付。撮影はこの日で間違いない)、少なくともこの試合だけは、がっつりレズ要素込みだと思うんだけど、このタイトル名だと、そこいらがまったく読めない。まぁ、まだ「(仮)」ってことなんでしょうけど。

ちうか、何で羽月希さんと武藤つぐみさんで告知動画撮ったんだろう。少なくとも、8月5日にはこの動画が撮影済みで、場所はバトルネットスタジオのリング。フツーに考えれば、AV女優さんを二人呼んだんだから、何かしら商品ベースのものを撮影しそうなもんだけど、羽月さんと武藤さんだと格的に宛がえる作品って限られるでしょうし、アスリート、フェティシュワールド方面ってのも考えにくいですよねぇ。まさか、このお二人で「一回戦第二試合」とかか?

・・・・ と、謎は多いですが、来週末ぐらいには「一回戦第一試合」っぽいものの商品情報ページが開くでしょうから、そのときにまた、あーだこーだ考えたいと思います。
  1. 2015/08/27(木) 21:02:18|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっぱムリがあるか

バトルさんちもいろいろ動いてるし、なおなおさん経由でいろいろ情報も入ってるしで、そっち方面のネタで書きたいことは山ほどあるけど、とりあえずFG関係を片付けておきたい。・・・・ってことで、FG14について思ったことを書き綴っていきたいと思います。んー、スレの流れを見ると、#169さんが 「☆ - ◎ - ○ - △ - ×」(の順で合ってますよね)の評点マークつきで感想を述べていて、他のレスも大方この通りの反応ですから、この評点のまま受け止めて、利用させていただくことにしましょうか。

メインイベントに出場した夏目エレナさんと篠宮桜良さんの#169さんの評価はお二方とも「△」で、他のレスからも、「ルックス、キャラは…」的なものを除くと、ほとんどプラス評価の声は出ていない。自分も8月20日付エントリに「ライブファイトのメインが張れるのか?」的なことを書きましたが、やっぱりそんな感じだったようですねぇ。んー、赤木ゆうさんは、ご本人には申し訳ないですけど、#169さんに「×」評価されちゃってるぐらいですし、このまま「B-1タイトル返上でFGからもフェードアウト」パターンかなぁ(【B-1トーナメントFourth】は「優勝者がタイトルを手にする」を謳ってるんで、決勝までに王座が空位になってるのが望ましいですし)。

逆に、当日正体公開だった「ミスX」の新垣ひとみさんには賛辞が山ほど。#169さんは「次元が違う」と表現をされてますね。新垣さんの復活は、FG事務局としても相当に大きいんじゃないでしょうか。FG13で金城真央さんに土がつき、夏目エレナさんの評価がイマイチな今、お客様に確実に満足してもらえるレベルのパフォーマンスが期待できる新垣さんの存在は、すごく貴重なはずです。

自分が考えていたよりも、観戦者さんの評価がかなり高かったのが吉田花さん。これは、「FGの経験豊富なパンサー理沙子さんが吉田さんの魅力を引き出している」という部分もあると思うんですけど、#169さん以外からも「良かった」という声が複数上がってますね。吉田さんは、息の長いAV女優さんですが、バリバリに現役のストリッパーでもあるんで(と言うか、彼女のブログを見ると、そちらのお仕事がメイン)、恐らく「ライブの雰囲気、盛り上げ方がよくわかってる」。このあたりも、プラスに大きく作用したんじゃないかな。

パンサーさんは、これでFG二連敗。前回はセミファイナルでB-1タイトル喪失、今回はセミ前に格落ちしての失神KO負けなんで、FG的には「使い切り終了」でしょうか。うーん、レズプロレス戦の負け姿を拝みたいんだけど、ここまで戦績に傷がついちゃうと、そっち方面でも使いづらいかも知れない。個人的には、レズ要素もアリっぽい Rosenkavalier監督のトップレスプロレストーナメントで、「再起をかけて参戦するも一回戦負けで完全に地に落ちる噛ませ犬役」とかで使ってみる手もあるんじゃないかと思うんだけど、・・・・ やっぱかなりムリがあるかなー。

第二試合は、個人的にはかなりハイレベルの闘いになるんじゃないかと思ってたんだけど、スレではあまりこの試合には触れられていない。まぁ、みおり舞さんには◎評価がついてるし、みおりさんの身体能力を考えると、このぐらいは当然でしょう。ただ、彼女に赤系統のコスっていうのが、ちょっと腑に落ちないかなー(というのは、自分の中のみおりさんのイメージが、Rocketさんの【変態隠語プロレズ】で出来上がっちゃってるせいなのかも知れませんが)。

FG14は、雨下いのりさんと内村りなさんが出場予定から取り消しになりましたが、お二人の欠場による組み合わせ変更はなく、雨下さんのポジションに篠原ゆきのさん、内村さんのポジションにパンサーさんが、それぞれ代打に充てられただけなんじゃないかと思う。つまり、当初の予定は、第一試合が「さくらここる×雨下いのり」、第三試合が「内村りな×吉田花」だったということで、これでもバランス的には問題ないですしね。んー、内村さんの試合は、見たかったおお客様が多かったんじゃないかな? つか、もしリアルに「内村りな×吉田花」が実現してたら、どっちが勝ってたんだろう。

もう一度、スレの反応に戻って。#177さんのレス「夏目、赤木、ルックス先行の人選は別に構わない。ただチャンピオンにはしない方いいし、絡ませない方が良い」。これは正鵠を射てるんじゃないでしょうか(#195さん、#201さんも、表現は違うけど、言いたいことは同じかな)。つまり、これは自分も同じ考えだけど、「ルックス枠はアリでいいけど、メインとセミぐらいはハイレベルのファイトを見せてくれ」ってことで、やっぱり後ろの二試合は、「ファイトそのものでお客様を興奮させられる」のが、お客様への礼儀として、最低限必要だろうと思います。

ま、そんなとこで。
  1. 2015/08/26(水) 00:18:29|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男手なんてなくても

このところ、一頃に比べるとかなり過ごしやすい日が続いてます。やほぉ天気の週間予報(東京基準)を見ても、曇天雨天が続きそうな来週金曜日までは、最高気温が30℃に届くか届かないかぐらい、曇り時々晴れ予報の来週土日も、最高気温が31℃で最低気温が24℃。最低気温が25℃を割れると「寝苦しい夜」ではなくなるんで、非常にありがたいです。

さて、FG14が終わりましたが、そっちの話に行く前に、バトルさんちベースの話題を、先に片付けておくことにしましょう。28日発売のSSSレーベル作品2本【妄想女子プロレス 7】【プロレス技マニアの女達 2】は、五月凛さんと星咲茜さんでオモウラですね。現在、SSSレーベルではトーナメント企画が進行してない状態になるんで、どうしても女優さんの使い方はこんな感じになっちゃうのかな。

【妄想女子プロレス】については、ヤラレとして商品価値の高そうなのは五月さんの方だと思うんで、配役は間違ってないような気がするけど、それにしても、なんでこんな体格下位の女優さんと組ませんのかなー、って気はする。あと、星咲さんのコスですが、なんでこんな肌の色と見分けがつかないような色のものになっちゃったんだろう。

それはそれとして、五月さんはいい感じの長身でいい感じの美形ですし、AV女優さんなんで脱ぎ縛りもない。twitterを覗くと、かなりリアルプロレス(男子)に興味をもっていらっしゃる様子でもある。そういう意味では、ファイト系のお仕事(まあブローウインドさんの、ってことです)での伸びしろはありそうです。個人的には、オカワリ起用に期待。

星咲さんは2作品を通じてヤラレシーンがほぼゼロなわけですが、だったらもっとこう、(同じぐらいの体格であったとしても)「キツい目の攻め顔」な女優さんを呼ぶとかした方が良かったんじゃないかと思う。つか、【プロレス技マニアの女達 2】は、やっぱりバトル版【技コレ(の攻め編)】と同様、通常新作定価の半額程度で売るぐらいが適正価格なんじゃないかと(女受けならまだ定価でも納得できるんだけどね)。

【煩悩寺ドリームマッチ 5】。この作品単体だと「あー、セーラー服方面へ行っちゃいますか。んじゃパスで。つか、二人とも白の膝サポーターって痛くね?」で終わっちゃうんだけど、シリーズの過去作の商品情報ページをチェックすると、「うん、これはなかなか」と思える作品がちらほらある。自分のブログ内で「煩悩寺ドリームマッチ」で検索かけても、該当する記事が見当たらないってことは、「今までずっとスルーし続けてたのね」って感じで、ちょっと意外だったり。

「試合そのものは純粋な女女対決で、敗者のお仕置きタイムにしか男手が出てこない」ってのは、煩悩寺さんの商品としてはちょっと珍しいし、脱ぎエロ行為エロが売りの煩悩寺さんにしては、全体的に脱ぎ度合いが足りないかな、って気はするものの、(少なくとも【4】までは)コスもなかなか凝っていて好印象。

【4】なんかは、美月優芽さんの爆乳をばっちり晒した上で、勝ち役攻め役の中島さんがガッツリ弄ってる気配がある。うーん、これ、勝ち役の中島さんが「フィニッシュ前の一本ドミ状態」になったらレズ攻め要素をマシマシにして(中島さんも濃い目のAV女優さんですから、そこいらの演技もバッチリのはず)、最後も男手に頼らずに、勝ち役の中島さんがペニバン制裁とかだったら、自分目線だと、そこそこ強烈な「SM風味強めのレズエロ系女女プロレス作品」に仕上がると思うんですけどね。

そう言えば、いい加減、バトルHPの発売スケジュールページに、来月9月の予定が反映されておかしくない頃合(つか、8月分は、もう最終週発売分まで商品情報ページが開いちゃってますし)。トップページの構成も、FG関連のコンテンツが一掃されるでしょうから、そうなると、例の「Rosenkavalier監督製トップレストーナメント告知動画」がアップになる可能性が非常に高い。週明け一発目の更新が非常に楽しみです。

んー、バトルさんち関係がかなり長くなっちゃったな。FG関係も結構長くなりそうだし、・・・・ ってことで、今回はここで打ち切り。まだFG14開催翌日で、スレも活発に動いてることでもあるんで、もちっと待って情報を拾い、書きたいことをしっかりと自分の中でまとめてから、FG14関連単体で記事を起こすことにしたいと思います。
  1. 2015/08/23(日) 13:50:20|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おとなしく当日まで待ち

今日は一日ぐずついたお天気でしたし、やほぉ天気の週間予報(東京基準)を見ると、土日がやや暑い日になりそうなものの、そのあとは4日連続で曇りマークオンリーで、最高気温、最低気温もかなり地味目。んー、今度の週末で「夏真っ盛り」は終了でしょうか。降水確率が連日やや高めなんで、一時的にお天気不安定ゾーンに入ってるだけかも知れませんが、まぁ、「毎日人の体温とタメ張れるぐらいまでは気温が上がります夜も当然がっつり熱帯夜ですなんたって夏真っ盛りですから」ではなく、いくらかでも過ごしやすい日が続くのはありがたいことです。

さて、明後日はいよいよFG14。・・・・ ってことで、今回は、「FG直前までのエロ目の話題を全面的に整理する」みたいな感じでいきたいと思います。まずは、バトルHP上で見える範囲から。

当然モノが出てくると思っていたのに商品情報ページができなかった【スペシャルファイターの【攻】プロレス技コレクション 2】FG14タイトルマッチコンビ版は、どうやら「FG14当日限定発売商品」という扱いのようですね。うーん、なんでこんな「販売日限定」みたいな形にしちゃうのか、よくわからん。何か特別な意図があるんでしょうか。

「当日店頭限定販売」のもう一本、2in1商品【赤根京 女子プロレス 技拷問/夢咲かのんのMIX格闘】。出演の夢咲かのんさんが、向こうっ気の強そうなお顔立ちで、気持ち日焼け肌の茶髪。自分はこういう、黒ギャル系(と呼んでもいいと思う)で攻撃力の高そうなAV女優さんって好きなんだよなー。ご本人指定ではないけど、ブローウインドさんには、レズプロレス戦とかに、もっとこういうタイプの女優さんを使って欲しい。勝ち役でもヤラレでも、結構イイ味出ると思うんですけどね。

【淫闘コロシアム 5】は、レズファイトだけど、女優さんのタイプも、体操服&スク水方面という方向性も、自分目線だと「ストライクゾーンから大きく外れたボール球」なんでパス。ちうか、トップページに自動再生の音声付き動画を二つ並べるのってどうなんでしょう、バトルさん。

で、FG14ですが、【FG14開催記念タイトルマッチ】まんまの組み合わせでメインイベントってのには、ちょっとビックリ。この試合、篠宮さんの運動能力がかなり高くないとシャレにならない気がするんですが、【タイトルマッチ】のプロモ動画を見る限りでは、飛び技投げ技リフト技とかの派手目な技がほとんどなく、「篠宮さんのヤラレ顔とおっぱいパワーで持ってる作品」という印象。こんなんでライブファイトのメイン張って大丈夫なんでしょうか。

みおり舞さんは、もっと後ろに持ってってもいいんじゃないか、って気がする。んー、みおりさんと吉田さんを入れ替えて、第二試合「小西まりえ×吉田花」、第三試合「パンサー理沙子×みおり舞」の方が、いろんな意味でバランスが取れたんじゃないかな(この組み合わせで第二試合と第三試合を入れ替えてもいいけど、それだとパンサーさんが前座側へ行き過ぎる)。全5試合の顔ぶれを見る限り、一番ファイトレベルが高そうなのは、第二試合の「小西まりえ×みおり舞」だと思いますね。

「ミスXが誰なのか」については、スレでも話題になっていて、何名かお名前が挙がってますが、新垣ひとみさんとかは、確かにありそう。えーと、謳い文句は「史上最強のファイター復活」ですか。だとすると、候補は結構限られるかなぁ。「史上最強」という面では、新垣さんでギリギリクリアってとこでしょうか。

もう一つのキーワードは「復活」。この表現からすると、「過去の三冠レベルのタイトルホルダー」もしくは「過去のFGでのメインイベンター。運動能力高めならセミファイナリストでもギリセーフ」こんくらいがボーダーラインでしょうか。つか、開催日当日まで非公開にする理由ってなんだろう、・・・・ と、考察を始めるとドツボに嵌りそうなので、ここはあまり深入りせずに、「おとなしく当日まで待ち」というスタンスでいきたいと思います。

ちょっと話が変わりますが、個人的には、「FG興行って、どんくらいお客さんが集まるのか」に興味がある(ちうか、正確に書くと「FG興行単体でどのぐらいのお金が集まるのか」なんですけどね)。会場の大きさからすると、100人ぐらいじゃないかと思うんですが、それだと、税引きベースお一人様7000円平均として入場料収入だけで70万か。・・・・ ってな感じで推測するものの、もちっと正確なデータが欲しいんだよなぁ。このブログの閲覧者さんで、FG14を見に行かれる方がいらっしゃいましたら、「実際の入場者数はこんくらいだったよ」なんてコメントをくれると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。
  1. 2015/08/20(木) 20:57:56|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東方指数上昇中

お盆休みが明けました。バトルさんちにも若干動きがありましたが、すぐに記事を起こしたくなるレベルでもないですし、せっかく「ゆっくり人狼のお部屋」なんつーカテゴリも作ったんで、今回はそっち向けのエントリにしようかと思います(なので全面的に非エロの話です)。

まず、ゆっくり関連。以前こちらにも書きましたが、ユキチさんがつべとニコニコに投稿していた【ライアーゲーム -饅頭-】が、一時的に完結しました。全5戦構成の四回戦終了までですが、最終戦のキャストを提示した上で「final stage」の予告付きです。以前にも半年ほどアップの間隔が空いたこともありますし、「final stage」の公開まで、また間が空きそうですけど、一ファンの立場として、現完結分までを視聴させていただいたことへの感謝と、「いつまででもお待ちしています」のメッセージを送りたい。いや、ホンマに面白いんで、未視聴の方は是非一度ご覧になってください(「ライアーゲーム-饅頭-1話」で検索すれば、どアタマの回にダイレクトで飛ぶことができます)。

続いて人狼関係。今月2日付、5日付けエントリに書いたような事情で、「人狼ゲーム」を題材にした動画漁りにハマったわけですが、テンポのいい「高速短期人狼」だと、議論のスピードに自分の思考が追いついていかない(というのは言い訳で、例えば「これこれこうだからこの占い師は破綻している」とか「これこれこうだからこのプレイヤーは村人陣営確定」とかが、まだあまりよくわかっていない)。ちょっと悔しいので、前にここでご紹介した【ゆっくりできない人狼】シリーズの文字起こし(議論過程や夜時間の推理解説部分のセリフをテキストファイルに手入力していく)をやってます。

すると、動画を見ていたときには、ただ「流れていただけ」のセリフが、結構頭に入ってくる。手入力しているので、何となく、それぞれのセリフを自分で言った気分になって、各々のプレイヤーの視点で場がどう見えているのか、人狼陣営や妖狐がどういう方向に議論を誘導したがっているのか、みたいなものが、少しずつわかってきます。かなり手間はかかるけど、人狼ゲームを理解するには結構有効なんじゃないかなぁ、なんて思ったり。

【ゆっくりできない人狼】はリプレイではなく「完全脳内構成」ですし、「最終日に向けての盛り上がり優先」のシナリオになっているはずなので、リアル人狼プレイのお手本にするには若干問題があるような気もしますが、仮にリプレイ動画であっても、プレイヤーがミスを犯しまくってたりすると、かえってお手本とするには不向きでしょうし、まぁお手本があるに越したことはないので、とりあえずコイツでお勉強してから、「るる鯖デビュー」を果たしたいなぁ、とか考えてます。

再びゆっくり関連に戻って、と言うか、これは「東方関連」だな。

ニコニコで動画漁りをしていると、そらもういろんな動画にぶち当たるわけですが、そんな中、みずきひとしさんの4コマ漫画「がんばれ小傘さん」を動画化したものにヒットしました。作中、みずきさん本人が「多々良小傘」、リアル奥さんが「東風谷早苗」と、東方projectのキャラクターに見立てて描かれている漫画なんですが、これがすんげーオモロイ。

もともと自分は4コマ漫画が好きですし、画風も自分好み。サウンドエフェクトもいい感じに編集されていて、一本見ちゃうと「やめられない止まらないかっぱえびせん状態」になって、なかなか抜けられない(因みに、動画の投稿は作者のみずきさんとは別の人)。現時点で計93本の動画がアップされてますが、4日かけて全作踏破して、するっと2周目に突入してますよ。ええ。

で、この漫画では、一部を除く主要登場人物が東方のキャラクタで描かれているんですが、視聴を続けるなりに、東方キャラの相関図みたいなものが、じわじわと頭の中で構築されていき(不明なキャラが出てきたら調べるし、流れるコメントでフォローできる部分も多いんで)、すでにかなり毒されている自覚がある。つかもう、「文」は「あや」、「橙」は「ちぇん」という読みに自動変換されるぐらい重症化してます。

うーん、饅頭レベル以上には深入りしない予定だったのになぁ。・・・・
  1. 2015/08/18(火) 00:27:34|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半額でよくね?

世間的には全面的にお盆休みのど真ん中。皆様いかがお過ごしでしょうか。東京基準だと、昨日今日あたりはだいぶ過ごしやすかったですが、ところどころ猛暑日になってる地域もありますし、水分補給をマメに行って、快適なお盆休みライフをご満喫くださいませ(サービス業に携わっている方の中には「こちとら只今書き入れ時の真っ最中じゃぁ。休んでる暇なんざあるかヴォケ!」なんて方もいらっしゃるでしょうけど)。・・・・ ということで、エロブログらしく、エロ目の話いきますか。

【バトルの日記念特別試合】のメニューは、赤木ゆうさんと七緒ゆづきさんのコンビでシングル戦とミックスタッグ戦、さらに同じ面子で、【スペシャルファイターのプロレス技コレクション】の「攻め版」と「受け版」まで撮ってる。うーん、こんだけオカズ分を撮ってるのを見え見えにされちゃうと、どうしても「四本分撮影ワンセットの流れ作業」みたいな感じのやっつけ仕事に思えてしまって、本チャンであるはずの女女シングルマッチの「本気度」を疑いたくなってしまいます。

ちうか、【技コレクション】って、通常作品と同じお値段でいいのかなぁ。脱ぎがあるわけでもないし、単にプロレスコスの女優さんがプロレス技をかけたりかけられたりしてるだけでしょ? 自分の感性だと、通常価格の半額ぐらい(通常の新作は8000円プラス消費税なので、4000円プラス消費税で4320円)が妥当、MAXでも 5~6000円(これで、「スペシャル仕様品」の半額ぐらい)ってとこじゃないかと思うんだけど。

【ファイティングガールズ14 FGタイトルマッチ】の方も、出演者が夏目エレナさんと篠宮桜良さんに替わっただけで、【バトルの日記念特別試合】と同じパターンですね(発売スケジュール上の【技コレ】は今の時点では「受け版」だけですが、「攻め側」が出てくると可能性は高いと思う)。あと、FGレーベルの【FG14開幕記念MIXタッグ】は白マット、バトルレーベルの【技コレ】はバトルのロゴ入りマットなんで、「同一の撮影機会でマットを入れ替える程度の手間をかけるのはアリっぽい」ということの確認ができました。

一方、FG14の出場者交渉もバタバタしているようで、当初予定されていた雨下いのりさん、内村りなさんが欠場。内村さんは、ちょっとした事故が原因のようですが(ブログに記載あり)、スレの評判がかなりいい女優さんなんで、彼女の欠場にがっかりしたファンの方は多いんじゃなでしょうか。とりあえず、内村さんの今後の活動に影響が出ないことをお祈りいたします。

で、その代役みたいな形で、パンサー理沙子さんの出場が発表になりました。んー、ここでパンサーさんにお声がかかるぐらいなら、バトルレーベル作品ベースの方でも、「レズプロレス戦の負け役」で、彼女を「使い切って」もいいんじゃないかと。FGの常連でしたし、B-1トーナメント優勝者の役を任せられるぐらい、彼女の「経験」「戦績」はブローウインドさんにとっては貴重なはずで、パンサーさんを使い切る価値は充分あると思うんですけどねぇ(おっぱい的にも)。

(現時点での)FG14の出場者の顔ぶれを見ると、主役格が夏目さんと赤木さんなのはわかり切ってるのでいいとして、経験豊富なパンサー理沙子さん、運動能力の高そうなみおり舞さん、小西まりえさんと揃ってるんで、ファイトのレベルは安定しそうなんですが、組み合わせ的にどうなんだろう。夏目さんと赤木さんは負けさせるわけにはいかない気がするんで、メインイベントが「夏目×赤木」になるとは非常に考えにくい。そうなると、夏目・赤木の「メイン&セミ勝ち役二名」のお相手は、パンサーさん、みおりさん、正体不明のXさん、このあたりでしょうか。小西さんは、そっちで使うよりも、セミ前あたりで、極端な体格差がない相手と対戦させた方がいいと思う。

篠宮桜良さん(個人的には、おっぱいがムフフな新人AV女優さんですから、発表済みの出場予定選手の中では、今後ブローウインド作品で活躍してもらいたい女優さんの一番手だったりする)の扱いも、結構微妙なんじゃないかなぁ。格的にはミスマッチっぽかったけど、すでに「FGのベルトを懸けて、夏目さんとタイトルマッチで対戦」してるわけだから、「ド前座」ってわけにもいかないでしょうし。ただ、出場者リストを眺めると、「ファイトレベルは若干ショボくなるかも知れませんが初々しさとそれに付随するお色気に関してはバッチシです的な意味合いの強いオープニングマッチに持って行けそうなキャラ」という基準で考えると、篠宮さんが一番手になってしまう。なので、ここは「FGタイトルマッチ経験済み」をなかったことにして、篠宮さんをオープニングマッチにもっていく手でしょうか。うーん、今回のFGは、セミ前の組み合わせ予想がむずかしいです。

あと、ちょっと気になるのは、さくらここるさんが呼ばれていること。さくらさんは、「準決勝負けだったけど繰り上げで決勝出場」という経緯だったけど、SSSルーキーズトーナメント優勝の肩書きもあるし、お声がかかってもまったく不思議ではないんですが、だったら、同じ事務所の逢沢るるさんにもお声がかかって然るべきだと思うし、ブローウインドさんとしても、一時期の彼女の出演作品ラッシュぶりを考えると、逢沢さんを呼びたいと思ってるはず。となると、「逢沢さんへのお仕事発注ができなくなった説」が、いよいよ真実味を帯びてくるかなぁ。ちうても、FGは「撮り直しのきかないライブファイト」なんで、「逢沢さんの運動能力を考慮して、今回はブローウインドさんが発注を控えた」って逃げ道もなくはないんですけど。

・・・・ とまぁ、そんなことで、FG14にはいろいろ想うことは多いですが、かなり近い将来に試合の組み合わせが発表になるでしょうし、あと10日もすれば試合結果まで明らかになるんで、とりあえずまったりと待つことにしたいと思います。
  1. 2015/08/14(金) 22:51:14|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるまるプロモ動画ってことで

バトルさんちに【BATTLEの日記念特別試合 Independence Day Match 2015 I B-1タイトルマッチ】の商品情報がアップになりました。まぁ、一応タイトルマッチってことで、そういう意味では「特別試合」という名にふさわしいビッグマッチ感はあります。しかしながら、チャンピオンの赤木さんは、タイトルを奪取となったFG13のパンサー理沙子戦が、かなり「ブック臭」漂うイメージですし、挑戦者の七緒ゆづきさんは、twitterで筋骨ボディをアピールするほどではあるものの、ブローウインド主要レーベル作品にもFGにも出演・出場経験のないニューカマー、言い方を替えれば「新人さん」なんで、どうしても「何でいきなりタイトル戦?」って感じが拭えない。

この試合は、赤木さんが勝ってタイトル防衛 → FG14にタイトルホルダーとして参戦、という流れになると思いますが、結果として、このルートはエロ方面への派生があんまり期待できないんで、個人的には、まぁどうでもいいっちゃあどうでもいいです。・・・・ と、これだけではいかにも寂しいので、別口で燃料投入。

一時期、「その手の動画貼りまくりブログ」からネタを引っ張ってきていた時期がありました(今年3月28日付エントリにリンクが貼ってあります)。LGISのトップレスボクシングや Ultimate Surrender、「trib」なものから「単純にこのトランクスはエロい」まで、己のエロ本能に忠実に動画を取り上げてきましたが、一つだけ、「こいつはは絶対にここのネタにするけど、できるだけ記事のアップは遅らせる」と考えていた動画があります。まぁ、ブームからもう4ヶ月も経ってますし、「できるだけ遅らせる」の成果はいただいた気がするので、今回はそれをメインディッシュに据えることにしたいと思います。

対象は、2012年2月18日に投稿された、タイトルが「SU02」で始まる動画群三本で、SSSの【総合格闘空間女子部 2】の試合シーンがまるまる落ちています。まるまるってのにちょっと驚きつつも、「このシリーズなら、100cm砲・春永みうさんが出演している【1】は見逃せない。いやいや、リアル空手ファイターの真島みゆきさん出演の【3】だって見逃せんぞ実際問題として」ってな風に欲望が広がったんですが、件のブログに落ちていたのは、この作品分だけでしたorz ・・・・ って話はさておき。

この作品がリリースされた当時は、まぁビキニ着用だし、オープンフィンガードグローブにはあまりエロを感じないので、食指はまったく動かなかったんですが、実際に作品を見てみると、それなりにエロいし、演じているのがAV女優さんだという基準で考えれば、かなり完成度は高いですね。

これはCロナ監督のこだわりだと思いますが、この作品では顔面殴打のシーンが結構あります。で、当然、リアルヒットはできないですから、「相手の顔に拳を当ててから強く押し込む」という形になってしまい、結果としてリアル感が損なわれてしまう(これは、「受け側の女優さんが顔をガードしなさすぎる」ってのもあるように思う。顔をガードすれば、その分、受け側のリアクションにリアル感が増すし、攻め側の女優さんが「強いパンチを出してるフリができ」ますから)。まぁ、そこに目を瞑れば、蹴りによる攻撃や、締め極め系の攻防も見ごたえがあるし、ヤラレ側の女優さんの演技も上々で、全体的にレベルの高い作品に仕上がってるように思います。先輩ファイターがルーキーにボコられ、最後は「もう許してください」という、命乞いとも取れるセリフを口にするまでに追い込まれる、というストーリーも魅力的ですね。

ファイトのコントロール(相手の攻撃・防御に合わせる側の役割)は、中迫さんが行ってたと見て間違いないと思います。つまり、例えばスタンディングの攻防では、「必要以上に強い(顔面)パンチやキックを打たない」ということだけ決めといて、松沢さんに自由にパンチなりキックなりを打ってもらう。で、松沢さんとの距離感を調整しながら、「お見合い」にならない程度に自分からもちょいちょい手を出して、相手の攻撃も受ける、そんな感じですね。最近、「AV女優さんとキックボクシングジムは親和性が高い」ことがわかりましたが、中迫さんも、そういった意味での「経験者」だったんじゃないでしょうか。

んー、決着となる三本目のラストは、アッパーでKOよりも、よりリアルに見える「膝蹴り攻撃」をフィニッシュブローに使うのが正解だったんじゃないかな。コーナーに追い詰められて、膝蹴り連打で中迫さんダウン → かろうじて立ち上がるも、再びコーナーに追い詰められ連打を浴びる → 「もう許してください」→ それでも松沢さんは攻撃の手を緩めず。ダウンしかけた中迫さんを無理やり立たせて、殴りまくり蹴りまくり → 膝蹴り連打で中迫さんダウン。悶絶したまま立ち上がれず、そのままKO負け。・・・・ 自分だったら、こんな感じにしますね。打撃によるダウンシーンはオイシイので、「許してください」前に、中迫さんには2回ぐらいダウンしてもらうかな。

三本目の途中で、松沢さんのブラが取れちゃうんですが(何度か再装着しようとするものの、面倒になって、最後は自ら脱ぎ捨てる)、これって偶然なのか、それとも仕込みなのか。偶然ならタイミングが良すぎるし、仕込みだったらスゲー技術だと思う、・・・・ ってのはともかく、松沢さんがトップレス状態になってから、全面的に松沢さん攻めになっちゃったのはちょっと残念。

つか、松沢さん同様、中迫さんもAV女優ですから、脱ぎの縛りはないはず。と考えると、「一本取られたらブラを剥かれる。一対一になった三本目は両者トップレスで」でも良かったんじゃないかなぁ。・・・・ まぁ、Cロナ監督は「試合進行に脱ぎがないことでのリアル競技のイメージ構築を優先し、やるなら脱ぎエロはポロリで」みたいな考え方がベースのような気がするんで、これはもう監督さんの主義主張を尊重するしかないか。

ところで、「できるだけ記事のアップは遅らせる」なのは、当然のように、「メーカー側から通報が入ることで、動画が削除されるのを避けるため」なんだけど、モノが発売されたのはもう8年も前だし、この動画を削除させたところで、以降の売り上げに多大な影響が出るとは思えない。というよりも、この動画をプロモ動画的に使って、「正規画質で見たいなら製品版買ってね♪」のほうが、供給サイドにとってお得なんじゃないか、って気がしないでもないんだけど、そこらへんはどうなんでしょうか。

・・・・ と、そんなことで今回の記事は終わり。なんちゅうかこう、「作りたいものを作りたいままに作っていた」と思しき頃のCロナ監督作品は、やっぱすごいなぁ、なんてことを思ったのでありました。
  1. 2015/08/11(火) 23:35:31|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異種格とレズエロのコラボもアリ

さて、バトルさんちに、来週末発売作品分の情報が出てきましたが、一番に注目されるであろう【BATTLEの日記念特別試合 Independence Day Match 2015 I】は、週明けに持ち越しになる模様。で、【BATTLEの日記念特別試合 II】の方はミックスタッグだからパスでいいとして、このパターンだと、【I】は赤木ゆうさんと七緒ゆづきさんのシングル戦でしょうか(去年の【I】と【II】は、そういう関係なんで)。まぁ、そこいらは週が明けて【I】の情報が開いてからあーだこーだしましょうかね。

【スペシャルファイターの【攻】プロレス技コレクション 1】。これ、何でバトル本店のディスプレイ用だったミニリングで撮影したんだろう? あと、赤木さんのコスですが、すごく中途半端な色、素材な気がする。ゴールドにするなら、もっとキラテカな素材のやつにした方が、「チャンピオンですっ!」って感じが出て、見栄えがすると思うんだが。

特務四課さんの【リョナヒールプロレス3 戦慄!! 凶器攻撃!! アイドルレスラー流血地獄】。シリーズ前作に比べると、「ベビーvsヒール」の正しい構図により近づいたな、って感じはしますが、あくまでもプロモ動画を見た時点での印象ですけど、ちょっとヤラレ側の「泣き喚き」が弱い。この点では、【1】にかなり劣りますかね。ただ、「白ベビー×黒ヒール」って構図は好き(王道だしね)。個人的には、「反則要素」「ヒール要素」を、凶器攻撃とかの物理破壊方面ではなく、「レズ攻め」「辱め」方面へ振ってもらって、脱ぎエロ行為エロに走ってもらうとありがたいんだけど。まぁ、それじゃぁ特務四課さんのテイストじゃなくなっちゃうか。

【拉致暴行プロレス地獄MIX 4】は、「リング環境になっただけの暴行」風なのでパス。で、残ったのは【現役柔道選手 河西ひとみ 異種格闘マッチ】ですが、これ、バトルレーベルなのね。だったら、何で発売スケジュールに載ってないのかな? ・・・・ というツッコミは置いといて、イシュカクはまぁアリだと思いますね。男子はグローブつけてるから、「総合格闘家」ってキャラ設定だと思うけど、それなら道着つけなくてもよかったんじゃないのかなー(道着がないと、柔道キャラの女子から技を仕掛けにくいってのはあるかも知れませんが)。 

ところで、「異種格闘技」に分類される作品をバトルレーベルで遡ると、【陵辱異種格闘技戦 Vol.1 女子空手家VS女子プロレスラー】(2013年8月23日発売)なんてのに辿り着く。この作品では、プロレスラーキャラのこなみ葵さんが、空手家キャラの生駒はるなさんをギブアップに追い込み、そこからレズ攻めやらコス剥ぎやらをしていくんですが(生駒はるなさんって、バトル初出は負け役だったのね)、こういうのいいなー。「女女版の異種格闘技戦」ってのは斬新だし、それに「陵辱オプション」(まぁレズ攻めだのコス剥ぎだのですね)がつくと、エロ的にも濃くなる。

このシリーズは一作で止まっちゃってますけど、定期的にリリースしていっても、そこそこコンスタントに売れるんじゃないかなぁ。とりあえず、演者さんにそれっぽいコスさえ着せておけば「異種格闘技」感は出るんで、キャスティングの際に、厳密に「その競技特有の運動能力」を見極める必要なんてないと思いますし、それほど制作の難易度が上がるわけでもないと思うんですけどね。

ぶっちゃけ、この「脱ぎエロレズエロ要素アリの異種格闘技戦」で二段階の4人トーナメントとかでも、個人的にはアリなんじゃないかと思ってる。その場合、参加キャラは、プロレスラー、総合格闘家、柔道家or空手家(ここが「道着枠」になる)、それに自分の好みだとボクサー(ボクシンググローブ着用枠。技のバリエーションを考えると、ボクサーよりもキックボクサーの方がいいかな)、こんな感じでしょうか。ああ、プロレスラーと総合格闘家にセパレートのコスを着せれば、「二本先取の三本勝負。一本取られたら上の衣装を脱いでトップレスモードに」なんてこともできますね。あ、「三本先取の五本勝負」にして、二本取られたら全裸で試合続行、なんてのもいいかも(「一本取られたら一枚脱ぐ」ってのは好きなんだよなぁ)。

正直、ボクシング枠はあくまでも自分の好みで、単に「ボクシング娘が全裸に剥かれてレズ攻めヤラレ放題の図」が見たいだけ、という理由で(つまりここは一回戦ヤラレ推しです。つか、ボクサーが勝っても、最後の「陵辱」の部分があんまり濃くならなそうですし)採用しましたが、このテイストでより企画を充実させるなら、最後の一枠は「レズファイター」あたりが適任でしょうか。まぁ、より自分の好みを推すなら、ボクサー枠を残して、総合格闘家のところにレズファイターをぶち込んじゃうんですけどね。

自分の好みをゴリ押しした、プロレスラー、レズファイター、柔道家or空手家、ボクサーの枠組みなら、一回戦は「プロレスラー×道着枠」「レズファイター×ボクサー」。で、プロレスラーとレズファイターを勝ち上がらせて、決勝はプロレスラーとレズファイターの激しい鬩ぎ合い、こうですかね(もしこれが実現して、ボクサー役がいい感じの巨乳爆乳ちゃんとかだったら、「レズファイター×ボクサー」は間違いなく買うな・・・)。んー、オーソドックスな、プロレスラー、レズファイター、総合格闘家、柔道家or空手家でも、決勝に勝ち上がるメンツは一緒でしょうか。

・・・・ と、そんな感じで、「脱ぎエロレズエロ要素アリの異種格闘技戦トーナメント」をプレゼンしてみました。色物としては、割といいポジショニングじゃないかと思うんですが、どでしょ?
  1. 2015/08/08(土) 15:23:22|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ゆっくりできないのもイイ!

バトルさんちに、週明け回しになっていた今週末発売予定作品の商品情報が出揃いましたね。【VLACK FLAG ADF 4】は、特に「これはエロいっ!」ってとこまではいかず、「まぁこんなもんでしょう」って感じかなー。ただ、一つアイデアはいただきました。【セクシーコスチュームMIXバトルNEO 3】。んー、どうも、自分はこういう形状のコスにはエロを感じないんですよね。シリーズ一作目のような「透け方面」希望。二コ前のエントリで紹介した【地下性闘技 スワッピング試合】みたいな、「網目コス」「おっぱい丸見えコス」とかでもいいと思う。・・・・ ってことで、早々に新着のエロネタは消費してしまったんで、前エントリで前フリした「人狼ゲーム」のお話を。

まぁ、自分は、こういう「推理ゲーム」とか「騙し合いゲーム」とか、そういうのは大好物なんですね(まだ、るる鯖みたいなところでリアルプレイしたことはないんだけどね)。じっくりと推理を戦わせる長期人狼よりも、スピード感に溢れた短期人狼の方が、見てる分には楽しい。あと、キャラのセリフが画面にテキスト表示されるだけのものよりも、テキスト読み上げソフトを使って、セリフを音声化してくれている動画の方がいい、と言うか、そっちの方が、セリフが自分の中に入ってくるんで、状況を追いやすいです。

ニコニコ動画に上がっている短期人狼動画で、スピード感(論争の激しさ)、カオス感、笑いのツボ、「読み」の解説など、いろんな意味で充実しているのは、へ゜ニスズメさんが投稿された【ゆっくりできない人狼】シリーズでしょう。【村人視点】(ここから入っていただきたいので、ここだけにリンクを貼っておきます)、【霊能視点】、【狩人視点】、【占い師視点】の四部作で、どれも非常に高い完成度の作品に仕上がってますね。【霊能視点】の5日目とか、そらもうスゴイです。それから、「スピード感MAX+笑いのツボ」という視点では、akiさん投稿の【ゆっくり吊りてぇ人狼】なんかも強烈。なんちゅうかこう、無駄にクオリティが高いです。

ところで、今回の記事で紹介した人狼動画は、いずれも配役が「村5/狼2/占1/霊1/狂1/狩1/狐1」(所謂「るる鯖の12B」。るる鯖wikiによれば、「普通村」と呼ばれる「17A」…「村7/狼3/占1/霊1/狂1/狩1/共2/狐1」と人気を二分する定番配役らしい)、初日役欠けアリ、投票先開示、狩人護衛成功と狐噛みの判別不能、遺言・自殺票ナシ、というルールですが、自分はこのバランス好きだなぁ。人数的にちょうどいい感じだし(人数が多すぎると序盤がダレる)、役欠けアリ狐アリにすることで、村人陣営も狼陣営も深い思考が要求される。ゲーム進行上で発生する情報制御も、開示すべきもの、隠すべきものが、「そっちの方が面白い」基準で統一されているように思います。

で、ニコニコ動画の沼をうろついて、そこそこの数の人狼動画を見てきましたが、それを通じて、「日本語の魅力」を幾度となく感じました。例えば、人狼ゲームでは、「吊る」「噛む」なんて単語が使われますが、すごく「その状況」を的確に表現してると思うんですね(英語の人狼だと、どんな言葉を使うんだろう。直球で「hang」「bite」あたりなのかな)。あと、一対一での論破合戦を「殴り合い」と表現しますが、これも雰囲気出てますねぇ。「お弁当」「おうどん」とかも、日本人の感覚っぽくて好き。

・・・・ とまぁ、そんな感じで、人狼マンセー回は終了。人狼については、エロネタ切れになったときとかに、また何か書きたくなるような気がするんで、カテゴリに専用のお部屋を作っちゃいました。まぁ、とりあえず次回からは、いつものエロブログに戻ります。つか、「ゆっくりMovieMaker」すごすぎ(これで無料配布ソフトだなんて)。
  1. 2015/08/05(水) 12:34:39|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆっくりしていってね!!!

バトルさんちは、来週末発売予定としてスケジュールに載ってるうちの、5本中2本が、週明けに持ち越し。個人的には、この週一番の期待作は、【VLACK FLAG ADF 04】なんですが、残念ながら、この作品はは持ち越し組でした。つか、VLACK FLAGさんの作品は、おしなべて情報公開遅め。んー、何か理由があるのかな。で、【女子レスラー全裸屈辱MIX 9】は、てっきり奥菜アンナさん出演だと思ってたのに(これは、これまでに何度かここに書きました)、別の女優さん。あれっ? と思って調べてみたら、奥菜さんがtwitterで言ってた「再来週発売予定だよ(5月26日のツイート)」は、アスリートレーベルの作品(【競泳水着男女股間濡れ濡れしごき 10】6月12日発売)でした。うーむ、こんな視点洩れをしてるとは。

さて、記事になりそうなエロネタがないので、今回は、7月23日付エントリの続き。読書ブームが終わったあと、「クソ嵌まりした」動画(非エロ)とは何なのか、というお話をしたいと思います。

大元のきっかけは、一年ぐらい前に、ユキチさんという方が制作された、【ライアーゲーム-饅頭-】シリーズ動画に出逢ったこと(YouTube、ニコニコ動画で視聴可能)。すんごく面白くて、その時点までにアップされているものを全部見ました。その後、「この顔グラフィック、結構かわいいね」ってことで、その出自を調べたり(当時は、東方Projectの存在すら知らなかった)、「ゆっくり実況」で動画を検索して、引っかかってきた動画を見たりしたんですが、対象が自分とは縁のないゲームばかりで、なんとなくフェードアウトした形になってました。

んで、一ヶ月ほど前、「そう言えば、あの【ライアーゲーム】シリーズどうなったんだろう?」と思い立って、「ブーム終了」以降にアップされた分を一気見したら、やっぱりスンゲー面白く、ブーム再燃。また関連動画をあれこれと漁りはじめたんですが、その最中に「ゆっくり饅頭キャラ」で「人狼ゲーム」をしている動画を見つけてしまったのが運のツキ。そこからドドドーーーっと、「饅頭キャラ動画」「人狼ゲーム動画」にのめり込んでいきました。

・・・・ と、ここで一旦区切って、この先の文章をお読みいただくに当たっての留意事項をナンボか。[1] ここからいくつかニコニコ動画に投稿された動画を紹介していきますが、視聴には会員登録(無料の一般会員でOK)が必要になります。[2] 動画のコメント(画面を流れるテキスト)には、的確なボケ、ツッコミが入るので、見ていて楽しいですが、ネタバレになる部分もあるので、初回視聴の際はコメント非表示をお勧めします(画面下の「コメント表示/非表示」アイコンクリックで選択可能。デフォルトは「表示」)。[3] 【重要】グロ・ホラー成分(と言ってもそんなに激しいものじゃないけど)が含まれている動画は、タイトルを《》で囲みます。リンク先へ飛ぶ前に、心の準備、視聴回避の決断をお願いします。[4] リンク先は、すべてシリーズ動画一作目です。ページ上方のキャプション欄に、「次→」のような形で、シリーズ次作へのリンクがありますので、続きを見たい方は、そちらからどうぞ。

では、本編に戻って。のめり込みを決定的にしたのは、キュウスさん制作の《汝はつぶ餡なりや?》シリーズかなぁ。「こし餡陣営 vs つぶ餡陣営」というアイデアがいいし、「8人村でルール説明やちょっとした解説入り」という初心者にやさしい設計で、最終日の展開には、人狼ゲームのエキスみたいなものが詰まってる。ED(画像編集やBGM選曲)もすごくいい感じです。

それから、「ゆっくり饅頭キャラde人狼ゲーム」の中で「これは激しく完成度が高いな」と感じたのはのは、KMさん投稿の三部作。一作目の【ゆっくりと人狼の遊戯】は、お気軽に視聴するために、「スキマ談義」「ご報告」をスルーする方がいいかな(ここを飛ばしても、話はちゃんと繋がります)。「最終日」の対決と「IF」編の落差が、心地いいを通り越して病み付きになります。気に入った方は、続連作の【幻想郷の住人は何とかしたいようです】、【人狼探偵・東風谷早苗】もどうぞ(順番に見ていただきたいため、続連作分にはリンクを張りません)。

あと、akiraさん制作の【汝は肉まんなりや?】(シリーズ未完。早く続きが見たい)、そこからスピンオフした【れみりあが、るる鯖で8CFO】シリーズも面白いです。【汝は肉まんなりや?】は、純粋な人狼ゲームではなく、「人狼ゲームをモチーフにした物語」なので、コメントは初手から表示した方が楽しめるかな(【れみりあが…】は、人狼ゲームの完全リプレイです)。

東方Projectそのものはまったくノータッチなんですが、「ゆっくり」動画をたくさん見ることや、ネットでちょろちょろと調べたりして、「ぼんやりと各キャラの相関が見える」程度の状態。まぁ、今のところ、「饅頭キャラ好き」を超える必要を感じないんで、東方Projectそのものに深入りすることはないでしょう。今のお気に入りは「ゆっくり妖夢」が一番手かな(みょんみょんかわいい)。【ライアーゲーム-饅頭-】に出てきた「きめぇ丸」、妖狐ネタでいつも被害者の「藍」なんかも好きですね。

・・・・ と、今回は、ラストで「饅頭キャラ」に話が振れましたが、エロネタが拾えなければ、次回は「人狼ゲーム」について、あれやこれや語ってみようかと思っております。
  1. 2015/08/02(日) 23:40:13|
  2. ゆっくり人狼とminecraftのお部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する