眉月的雑感綴

アクロバティック云々は別口で

ぼやぼやしてるうちに、ゴールデンウイークに突入しちゃいました。やほぉ天気予報によれば、東京は水曜日頃に一旦雨模様になるものの、全体的に穏かに晴れる日が続きそうですね。皆様の行楽の予定はいかがでしょうか。自分は、降水確率が低く、気温が若干高めの日を狙って、最低でも一回はチャリでプチツアーをしたいと思ってます。ネットで調べたところ、お花見時のチャリツアーでは傍を通り過ぎるだけになってしまった靖国神社に駐輪場があるとのことなので、この機会に、一度お参りしておくのもいいかな、なんて。

さて、前エントリに書いたように、はっきりと「提出期限」を設けたことで、ようやく重い腰が上がり、「ガチンコ全裸レズバトルシリーズ改革案企画書」に着手しました(「あれだけやるやると言っといて、まだ手もつけてなかったんかい!」ってなツッコミが入りそうですが)。内容は頭の中で出来上がってるんで、本編に差し掛かればガンガン書き進められそうですが、前フリの部分をどうもっていくのかで、ちょっと悩みちう。まぁ、期限内に完成させられるように頑張ります。・・・・ ってことで、前回の続きってわけでもないですが、【ガチンコ全裸レズバトル 5】にまつわるお話をもう少し。

作品のポイントは、「ベロちゅう、立ち技の手マン合戦」、「巨乳巨尻オマ○コ全身密着肉弾バトル」、「アクロバティックなクンニ、貝合わせ」、「迫力のダイナマイトボディと豪快な潮吹き」、「リーグ戦6試合+サプライズバトル」となってます(パケ写だと字が小さくて見づらい。プロモ動画の1分30秒ぐらいのところに出るテロップの方が確認が楽です)。

ちょっと気になるのは「アクロバティック云々」のところ。「いろんな体勢・体位を見せるため」ってのはわからんでもないけど、体位を意図的にアクロバティックにすると「ガチ臭が飛ぶ」ことが多い。なので、アクロバティック云々はまた別の作品でやることにして、このシリーズでは「ガチ臭」にこだわるのが一番なんじゃないかな、と個人的には思う。ただ、それ以外の、肉弾だのダイナマイトボディだの豪快な潮吹きだのは、個人的にはプラス評価材料なんで、全体的な期待感は、シリーズ過去作よりもかなり高めです。

次に、監督が交代になった件。前エントリに書いたように、嬉しいことは嬉しいんだけど、これって、「【全裸キャットファイト】シリーズが一旦打ち止め、あるいは、続編を作るにしてもリリース間隔を大きく開ける」ことの影響なんじゃないか、って気がしないでもない。というのは、今月、【6】までの分の【総集編】が発売になってるからで、昨年は5月発売でミドル級GP、9月発売でヘビー級GP、年末に無差別級ドリームGPと、リリース間隔詰め気味でワンセット企画っぽい売り方でしたから、「【6】で大きな区切り」と見ても間違いはなさそうです。でもまぁ、人気企画ですから、完全に打ち切りではなく(上に、「一旦打ち止め」と書いたのはそういう理由です)、年一あるいは年二回のビッグイベントとして、続編が出てくるとは思いますけどね。

プロモ動画中に「江上しほさんギブアップ(タオル投入 → TKO負け)」のシーンが組み込まれていますが、一人の女優さんの負け決定をプロモ動画の段階で晒せるのは、リーグ戦のメリットなのかな、なんてことも感じました。トーナメント形式だと、一試合の負けで、その女優さんが優勝争いから脱落するのが確定しちゃいますからね(とは言うものの、ROCKETさんの過去の「トーナメント形式」作品では、プロモ動画の時点で、あまり積極的に勝ち上がり過程を隠そうとはしてませんでしたけど)。

あと、プロモ動画上では、サプライズレフェリーさんの顔を上塗り?マークで隠してましたけど、あれ、本編(に組み込まれるプロモ動画部分)でもあのまんまなのかなぁ。ちょっと気になる。ちうか、ああいう手法がありなら、例えば、「最下位にガッツリお仕置き」とかの仕様でも、ドベが誰だかわからないようにして、ガッツリお仕置きのシーンをプロモ動画で見せることも可能かしら。・・・・ と思って、ドベのお仕置きアリだった【1】のプロモ動画をもっぺん確認したら、お仕置きシーンは含まれてなかった。んー、やっぱり、そこいらは、テキストベースの煽り(「拘束電マ地獄」とかね)だけでも充分なのかな。

・・・・ と、そんなこんなで今回は終了。次回は、このところ放置プレイになっちゃってた、バトルさん関係をまとめて片しておくべぇか、なんて考えてます。
  1. 2016/04/30(土) 21:05:35|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【5】は期待できそう

東京五輪のエンブレムが、「出来レース」だとの前情報通り(詳しくは4月12日付エントリをご覧ください)、「白黒葬式カラーにしか見えない」A案に決まったらしい。まぁ、残りの3案もヘチマだったけど、これだけはやめて欲しかったなぁ。・・・・ とボヤいてると、どんどん鬱側に傾いていくので、気分を一新して、実に一ヶ月ぶりぐらいとなるエロ系のお話。そろそろ来月の新作情報が出てくる頃合いだろうと思って ROCKETさんちを覗いたら、やはり5月分新作の商品情報ページがアップになってて、プロモ動画も上がった前半分の中に【ガチンコ全裸レズバトル 5】が含まれてたんで、今回はこの作品をネタにしたいと思います。

前エントリで多少がっつき気味で前フリをしましたけど、これには理由がある。プロモ動画付きの商品情報ページのアップだけだったら、そんなに鼻息が荒くはならないんですが、【5】は監督がお豆イトウさんから神戸たろうさんに替わった。これは、個人的にはかなりのビッグニュースなんですよね。監督さんの好みなりが、作品にどれだけ投影されるかはわかりませんが、【全裸オイルキャットファイト】の(と言うか、数年来、ROCKET発のキャットファイトシリーズを全面的に担当していた)神戸たろうさんに監督が替わったことで、シリーズ過去作に比べて、「多少なりとも、作風がハードコアテイスト側に振れるんじゃないか」という期待が膨らみます。

商品情報ページ(プロモ動画でも)ベースでは「サプライズ」となってるレフェリー役は、各所からの情報で、既に真木今日子さんだと判明してる。で、プロモ動画を見ると、「リーグ戦6試合が終わったあとに、真木さんと他の女優さんとで試合」という構成のようですが、実はこれ、例の「企画書」で提示しようとしてた案に非常に近いと言うか、かなりそのものズバリだったりします。この「レフェリーの参戦によるサプライズマッチ」がどんな仕様になるのか、非常に興味が湧くところではあります。

神戸たろう監督とゆえば、5月後半分にも【95cmHカップ 巨乳女子プロレスラー咲舞】なんて作品も発売予定になってますね。まぁ、「現役ファイターAVデビュー」の定番構成になるとは思いますが、女優さんが「がっちり筋肉質だけどしっかり乳もあり」で、ちょっといい感じ。個人的に、どんなスタジオで撮影されてたのかにも興味があるんで(ジャケ写からリング環境なのだけは確認できるけど、【淫語変態女子プロレズ】と同じとこなのか、バトルネットスタジオなのか、あるいはまったく別のスタジオなのか)、そういう意味合いも含めて、tsutayaチェックコース行きにする予定です。

話を【ガチンコ全裸レズバトル】シリーズに戻して。例の「企画書」は、隠しページみたいな感じで、「ROCKETの制作担当者さんだけが閲覧できるようにして、骨格の部分だけ抜き出したものを小文集にアップ」という形にしようと思ってたんですが、【5】が神戸たろう監督作品になり、レフェリーの参戦まで見えてたんで、隠しページはやめて、全面的に完成品を小文集にぶち込む方向で進めることにしようかと。「【3】までは本編視聴済み、【4】はネット上のレビューで内容確認、【5】が未発売」という状況で公開するために、タイムリミットを【5】の発売前々日の5月10日に設定し、それまでに何とかモノを書き上げたいと思います。
  1. 2016/04/25(月) 22:38:00|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

義捐金詐欺にはご注意を

熊本を中心とした地域で大きな地震があって以降、どうもブログ向けの文章を起こす気力が湧かず、PCの前に座っても、何となくマインクラフトを始めて、そのまま一日が終わる、ってな感じの日が続いてます。

ところで、東日本大震災から一週間ほど経った2011年3月19日付のエントリには、「テレビって、国家的規模の被災に関しては、あんま役に立たねーな」なんてことを書いてます。この頃はニュース的な情報の入手先はテレビが中心だったんで、この程度の感じ方だったんですが、アジア関連のスレや、保守系(と表現してもいいと思う)の動画などを毎日チェックするようになった今だと、本当に「この国のマスコミがどんだけクズなのか」が痛いほどわかります。特に、TBSとテレ朝は酷い。新聞各社も、捏造朝日、変態毎日をはじめ、ごく一部を除いてほぼ全滅といった感じ。

政治の世界も、結構どうしようもないの居ますね。いかにも義捐金募金っぽく装って、党の活動費を集めている某政党とか、ホンマにクズですわ(こちらのブログで、そのクズっぷりをご覧ください)。民進党も、党首が「激甚災害指定」をまるで理解できてないことが丸わかりになっちゃったり、オスプレイ原口氏が大炎上したりと、結構いろんなとこで墓穴掘ってて痛々しい。まぁ、ぶっちゃけ、自民党も大概なんだけどね。

・・・・ と、今回も非エロな上に、短い記事になってしまいましたが、さっきネットを徘徊していたら、是非ともここで取り上げたいエロネタを拾ったので、次回はばっちりエロネタで勝負する予定。ここんとこ、週一更新ですら怪しくなってきてるので、ちゃっちゃっと記事にして、早めにアップしたいと思います。
  1. 2016/04/23(土) 23:09:13|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全部ないわぁ

すったもんだの挙句、一旦仕切り直しになった2020年東京五輪エンブレムの「最終候補」4案が公表になりましたが、4案共に激しく美しくない。因みに、旧選考委員・平野敬子氏によれば、「A案ありきのプレゼン」とのこと(氏のブログ、4月9日付記事に記述あり)。こちらのスレも見ていただきたいですが、#129さんの「佐野案といいA案といい、どうしてもオリンピックを黒色葬式カラーにしたい奴が居る訳だな」は、正鵠を射ている気がします(A案の濃色は黒ではなく藍色だそうですが、いくらでも「黒に見せることができる色」だし、そもそも、日本開催の一大イベントの象徴色に藍色を持ってくるセンス自体が、まともな日本人の感覚だとは思えない)。

ちうか、五輪招致に使われたエンブレムには、「五大陸の人々が桜の国で一つの輪になる」という明確なメッセージが読み取れるのに、「最終候補」の4案には、そういうメッセージ性が一切感じられない。だいたい、A案の藍色が日本をイメージできる色か? D案の朝顔が日本、東京、オリンピックをイメージできる花か?(この案は「朝鮮アサガオが日本を象徴する旭日模様を取り囲む」と読み解く説を唱える人もいる)・・・・ どうもこのエンブレム委員会だか何だかは、2020年の東京五輪を「乗っ取りたい」「失敗に終わらせたい」勢力に完全に侵食されてしまっている、そんな気がしてなりません。

うーん、・・・・ どう考えてもこの4案、全部ないわぁ~。
  1. 2016/04/12(火) 23:35:15|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日がラストチャンスっぽいので

ここ数年、「やっぱこう、ひとシーズンに一度ぐらいは、皇居周辺だのの都心の桜を眺めに、チャリで遠出したいよね」という想いが結構強くあって、満開ど真ん中っぽい先の週末は、動ける体勢でスタンバってました。しかしながら、土曜はチャリで遠出するにはあまりにも寒く、翌日曜は小雨模様で、両日ともに断念(移動ルートの車両通行量が落ちる週末は狙い目なのよね)。でもやっぱり「年に一度は都心の桜を」ってことで、ちょっと無理して時間を作り、今日、観桜チャリツアーを敢行しました。

お約束の「旧東海道 → 国道15号 → 日比谷通り」で皇居周辺へ。いつもはまんまこのルートを往復するんですが、ついでなので靖国神社あたりまで足を伸ばし、そこから四ツ谷、赤坂、広尾のあたりをフラフラしながら五反田へ抜け(ちうか、皇居の西側を回って桜田門から国道1号に出る予定だったのに、ショートカットしようとして道がわからなくなり、収集がつかなくなった)戸越銀座のとんたんさんで遅めのお昼ご飯。豚丼うまうまぁ~。・・・・ と、そんな感じで無事(でもないか)帰宅いたしました。

月のアタマには満開宣言が出てたんで、もうずいぶん葉桜化しちゃってるんじゃないかと心配してましたけど、まだまだ花を残している木が多く、「満開から散りに入る桜」という、いちばんオイシイ光景を至る所で目にすることができました。まぁ、恐らく「今日が満開時期周辺で一番の日和、且つ、見頃の桜を楽しむラストチャンス」ってのは多くの方がそう考えてるようで、都心の観桜スポットはどこもかなりの人出があり、大変な賑わいでしたね。

なんだかんだで4時間以上もチャリを転がしたわけですが、日頃から運動不足で脚力がなまってるところに、帰りは坂道が結構多かったもんで、家に着いたら両脚の腿がパンパンに。でもまぁ、自転車であっちこっち走り回るのは気持ちいいですし、運動不足の解消にもなる。なので今年は、積極的にチャリで遠出しようかなあ、なんて考えてます。
  1. 2016/04/06(水) 21:17:02|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する