眉月的雑感綴

ポンコツ以外に何と表現すれば

同じ音楽が頭の中でずっと流れる、なんてこと、よくありますよね。自分は、ひと月ほど前にキャンディーズの「やさしい悪魔」モードが一週間ほど続いてたりして、今現在は「帰ってきたヨッパライ」モードのど真ん中です。んで、曲を口ずさみながらマインクラフトをやってたら、「ど平面の野っぱらでクリーパー先生に至近距離爆発2連発を食らって死亡(2度ともイケると思って自分から近づいて行って、剣でのとどめの一撃をスカった)」、なんてことを体験。「帰ってきたヨッパライ」モードへの突入が、この出来事の前フリだったのかと思えるほど、それはそれは見事なまでに、「オラは死んじまっただぁ~」でシンクロしたのでした。・・・・ ということで、今回はエロネタを一回お休みして、選挙関連の話をまとめてやっつけることにしようと思います。

先の参院選、巷では「自民公明の与党の圧勝」みたいな雰囲気になってますが、東北地方の一人区がほぼ全滅ですし、他でも一人区の野党統一候補にかなり負けていて、選挙前の大勢から考えると、自民党は負けの範疇だと思う(因みに、公明党は選挙区全員当選、比例区でも想定に対してプラス1なので「完全勝利」。なぜ比例区が想定プラス1なのかは、チャンネルくらら7月21日配信動画「山村明義のウワサの深層・参院選総括特番」をご覧いただければ一目瞭然です)。自分は自民党シンパではないけども、今の日本の情勢を鑑みるに、自民党に勝てるところはもっときっちり勝ち切ってもらわないと困る。この参院選を「負け」まではいかないにしても、「取りこぼしが多かった」と認識して、もちっと頑張ってもらいたいです。

一方、自分が比例票を投じさせていただいた「日本のこころを大切にする党」は、(全国)比例区定数48という「国政選挙の中で一番当選ラインの低い選挙」だったにも係わらず、一人も当選者を出せず。この結果を受けて党代表の中山恭子氏が辞任届を出したものの受理されず、党首続投になったようですが、この政党の規模レベルだと、必然的に党首がメディアに乗る機会が多くなるわけで、申し訳ないけど、高齢で弁の立たない中山代表では弱い。形だけでも「バリバリに活動してます元気いっぱいです」と訴えられる人材を「党としてメディアに乗る人物」に据えないと、いくら政策がまともでも、「国会議員選挙で当選者が出るか出ないかギリギリのライン」を脱するのは非常に難しいと言えるでしょう。ちうか、今度の都知事選で増田寛也氏推しをしたことで、党を見限るネット民が大幅に出ることは必定。小池百合子氏に乗っかるまではいかなくても、おおさか維新のように「都知事選では特定候補の支援を見送る」姿勢で臨むべきだったと思います。

ぶっちゃけ、党名もオシャレじゃないし(まともな政治勢力にならんとする党名に聞こえない)、一度解党するなり、党名を変更して新装開店するなりした方がいいんじゃないのかなぁ。個人的には、和田政宗さんとか、杉田水脈さんとか(このお二方は、本当に日本のために働いてくれている)、魅力的な人材を抱えてるとは思うんですけどね。んー、今の党名、党体勢のままだと、和田さんは次の参院選を通らないんじゃないかな。

で、その都知事選ですが、野党統一候補の看板を背負った鳥越俊太郎氏が、想像を絶するほどのポンコツであることが日に日に明らかになり、さらに身辺もガバガバ(テレビや新聞にはあんまり出てこないけど、ネット上はお祭り状態。最新のネタは、某保険会社への利益供与疑惑、学歴詐称疑惑あたりか)で、最近の報道では「3着以下がほぼ確定」ってとこまで支持を落としてます(であってると思う)。いや自分はね、多少出自が怪しかろうが、金に汚かろうが、エロおやじであろうが、政策がしっかりしていて、それを遂行する能力が高ければ、それはそれでいいじゃん、という認識ではいますけど、訴えてる政策が「それって国政の話で、都政とは関係ないんぢゃね?」って感じでピントずれまくってるし、しゃべればしゃべっただけボロが出るようなポンコツっぷりですからねぇ。

自民党勢力がほぼ真っ二つに割れた状態で選挙戦に突入する気配が濃厚になったところに、野党統一候補として知名度抜群の鳥越氏が出てきたんで、都知事選告示日の頃は、正直「こりゃぁ自民勢力同士討ちで、鳥越氏を擁する左翼勢力に都知事の座をかっさらわれるな」と思ってたんだけど、その事態は避けられそうな気配で、とりあえず一安心。ぶっちゃけ、野党統一候補が宇都宮健児氏に纏まってたら、どうなってたかわからないし、蓮舫氏あたりが参院選をブッチして都知事選に出てきたら、仮に自民勢力が一本化できていても敵わなかったような気がします(ちうか、何で野党が最終的にこんなポンコツな神輿を担ぐことに決めたのか、非常に理解に苦しむ)。

都知事選の投票日は今度の日曜日ですが、誰に投票するかはまだ決めてなくて、「情勢を見極めてる状態」。と言うのは、「当選の可能性アリ」ライン上の候補者三名の中から選ぶとすれば、「韓国人学校増設白紙化」「外国人参政権に明確に反対」プラス「朝鮮風『おもてなし東京ユニフォーム』改善」(これは本当に何とかして欲しい)あたりの主張を重く見て、小池百合子氏に当選して欲しいと思ってる。ただ、桜井誠氏(「在日特権を許さない市民の会」の元・会長で、世間では色物際物の類に見られてますが、言ってることは「非常にマトモ」で、街頭演説等もも精力的にこなされてます)の掲げている公約「日本を取り戻す七つの約束」にも非常に惹かれるものがあるんですよね。世界基準で見れば、このくらい「自国寄り」なのが当たり前なんじゃないかな。

なので、投票日当日の時点で、小池百合子氏が「優勢」程度の気配であれば、小池氏に投票。「小池氏当選はほぼ確実」ぐらいまでになったら、「あなたの主張に賛同します。頑張ってください」の意を込めて、桜井誠氏に一票を投じる。・・・・ そんな作戦でいこうかなぁ、なんて考えてます。
  1. 2016/07/27(水) 21:41:53|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

網タイツどうでしょう

【キャットファイトとレズバトルだっ!】ブログさんに【スーパーガチンコ全裸レズバトル DYNAMAITE 2016】の感想文的なものがなかなか上がってこないのは、「もしかしたら、何かの事情でブログから離れてらっしゃるのでは?」とも思ってたんですが、二週間ほど間が空いたあと、19日付、20日付と更新が続いたんで、【DYNAMAITE 2016】のスルーがかなり濃厚な気配。うーん、やっぱり「記事を起こすほどの出来ぢゃぁなかった」ってことですかねぇ。

ところで、前回、久々にバトルさんちの新作関連でコメント大会をやりましたが、「一言言いたい」作品が一つ洩れてしまったので、そのフォローを。対象商品は、29日発売の【コントラストマッチ 2】です。

「ツインテールでスク水のロリっ子 vs セクシーコスのおねぃさん」というコンセプトは非常にアリだとは思うんですが、おねぃさんキャラがロリキャラよりもタッパがないってのはどうなんでしょう。ロリキャラ担当の川瀬まゆらさんは身長152cmでキャラ相応。で、その相方のセクシーおねぃさんキャラ担当に、なんで身長150cmアンダーの女優さんを持ってくるのか。パケ全面の写真では、おねぃさんキャラ担当の小幡あかねさんの方がガタイがいいように見せてるんで、制作サイドの意図としては、体格的にそういう対比にしたいんだと思うけど、リアル起用がそうなってない。その理由は、やっぱりブローウインドさんの「企画の意図に合わせてそれに見合った女優さんを引っ張ってくる力」がその程度だってことなんでしょうか。

では、今回のメイントピックへ。前回、伊東真緒さんのブローウインド本流レーベル初出演作品にスポットを当てましたけど、記事を起こすのに先立って、彼女が出演しているAV商品をざっと眺めてみました(まぁ、DMMアダルトさんで、彼女の名前で検索かけただけです)。すると、その中にこんな作品が。パケ写前面で大写しになってるのは水野朝陽さんですね。

自分は割とボンデージ的なシチュエーションも好きで(但し、衣装や拘束具は洋風限定。荒縄で縛るのは好きじゃない)、「敗者の罰ゲームの際には、もっと手枷だの猿轡だの使った方がエロくなんじゃね?」とか感じるタイプだったりしますが、それはそれとして、こういう「黒のショーツにガーターストッキング(自分のような昭和年代の言語感覚だと『網タイツ』になりますが)」ってのは、結構ソソるし、そこそこに一般ウケするんじゃないかと思います。

んでまぁ、何が言いたいのかと言うと、「この衣装パターンは、トップレスファイトのコスとしてアリぢゃね?」ってこと。昨年には、4人参加型と規模は小さいながらもトップレストーナメント企画も出てきましたし、ここ数年、ブローウインドさんから(片方だけ and/or 両者とも)初手からトップレスの作品が増えました。これは個人的には非常に嬉しいんですけど、こう、トップレスならトップレスなりに、(形状的にも色的にも)もちっとコスのバリエーションがあってもいいんじゃないか、って気もする。

なので、レズエロ寄りのキャラを登場させるなら、こういうコスパターンまで視野に入れてもいいんじゃないか、と言うか、レズエロ寄りのキャラであることをアピールするためにも、積極的に「黒ボトムにストッキング」に手を出すべきなんじゃないかと思います。ボトムはレザー地でもエナメル地でもOK(個人的には、上で紹介した作品で水野さんがつけているような透けパンも全然アリだと思う)。シューズも膝パッドも黒で統一しておけば、それほど違和感はないだろうし、そこそこいい感じの見栄えになるんじゃないでしょうか。

・・・・ と、そんな感じで今回は終了。次回もエロネタで行くか、選挙がらみで言いたいこともあるんで、そっちで行くか考え中ですが、とりあえずあまり間を空けずに更新したいと思います。
  1. 2016/07/22(金) 23:41:05|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカズ撮影分はこれで

なおなおさんへのレスコメにもあるように、どこかに【スーパーガチンコ全裸レズバトル DYNAMITE 2016】のレビューが上がったら、それをネタにして記事を起こそうと考えてるナリで、先へ進めない状態。んー、【キャットファイトとレズバトルだっ!】ブログさんは、このシリーズが発売になったら比較的早い段階で感想文的なものがアップになるパターンなんだけどなぁ。・・・・ と思って、これまでのエントリを確認したら、確かにどの作品の分も発売日から2日ぐらいまでに上がってるは上がってるんだけど、【4】だけは感想文がない。ってことは、【DYNAMITE 2016】の発売から、すでに一週間以上経っちゃってるし、今回もパスかも(恐らく、購入されてないってことはないと思う)。ちうか、エントリを起こしてコメントを残すほどの出来栄えぢゃぁないってことっスかね?

そんなことで、また前回から二週間近く間が空いてしまいましたが、昨日バトルさんちを覗いたら、超久々に新作コメント大会をやりたくなったので、今回はバトルさんち関係で攻めてみたいと思います(ログを遡っていったら、最後にバトルさんち関係をネタにしたのは3月21日付エントリ。何と4か月ぶりなのねん)。

まずは、今月1日発売の【BATTLEトップレストーナメント2016 一回戦第一試合】。とりあえず、「両者初手から乳丸出し」トーナメントが今年も拝める、しかも、昨年に続いて、「きっちり巨乳がウリ」になってるようなので、これは朗報。若槻みづなさんのおっぱい、ええ感じっスなぁ。ところで、昨年は、4人のうちに淫乱キャラを2人仕込んで、一回戦、決勝ともに「正統派レスラーvs淫乱おねぃさん」の構図だったけど、今年はそういう感じにはしないのかな?

アキバコム制作部レーベルで15日発売の【キャリア25年 女王恵麻 不敗神話終焉ノトキ】。「柔道着を着せる意味があんのか?」って気がしないでもないけど、それはひとまず置いといて、この「女王設定の熟女を若いキャラが粉砕し、徹底的に辱める」っていうコンセプトは、すんごくアリだと思う。この作品のプロモ動画は、試合決着後のシーンが「ちょい脱がしに帯で首絞め」だけしか収められてなかったけど、ヤラレ役の女優さんをもうワンランク上げて(風貌が熟女風で肉感的なボディなAV女優さんは、探せばいくらでもいると思う)、「敗者虐め」の部分をより強調(プロモ動画上でもそれなりの尺を充てる)、且つレズ責め寄りに持っていくと、かなりエロくて「抜ける」作品に仕上がるんじゃないでしょうか。

22日発売予定の【MIX BOXING Groggy Round.1】。「男勝ちを前面に打ち出す」というコンセプトはいいと思うんだけど、せっかく女優さんを二人登場させるなら、片方は普通のボクコス(スポブラにトランクス)にするのが、バリエーションの確保的にも正解なんじゃないのかなぁ。んで、七緒ゆづきさんの「黒のセパレート上下/白グローブ/赤いブーツ」ってのは、激しくバランスが取れてない気がするし、月本愛さんのグローブは、赤を使うならwinningのストラップタイプにすべきでしょう(winningの赤グローブって立派にフェチアイテムだと思うんですけどね)。あと、どうもプロモ動画を見る限り、女優さんお二人ともマウスピースを初手からしてないようですが、これもどうなのかなぁ。こゆところをちゃんとやらないと、マニアのお客さんに見向きもされなくなっちゃいますぜ、ブローウインドさん。

でもって、このエントリのメインイベントは【エクストリームトーナメント2016 一回戦第四試合】。バトルHPの目立つところに特設ページへのリンクがあり、その画像を見て、「お、この右側のおねぃさんのお顔はちょっとエロいな」と思ったら、伊東真緒さんでした。

彼女は、このブログで何度か取り上げるほどの(そして、本家小文集で「キックボクシング作品案」の仮想キャストとしても登場していただいた)女優さんなので、冒頭にあるように「ちょっとコメント大会やりたくなった」わけですけど、脱ぎナシっぽいプロスタイル作品ですから、購入に食指が動くとかでなはくて、単に、彼女が此度めでたくブローウインド本流レーベルに出演したから、それを書きとどめておきたかった、ってことだけです。

商品情報ページ上のプロモ動画やサンプル画像では、終わりが伊東さんヤラレ構図なんで、従来の勝敗読みだと「伊東さん負け気配」なんですが、自分はこの試合は、多分伊東さん勝ちだろうと思ってる。と言うのは、一回戦第三試合を「反バトル連盟」の原美織さんが勝ち上がってるんで、伊東さんがここで負けちゃうと、準決勝第二試合が「バトル正規軍vs反バトル連盟」の構図にならないからなんですね(因みに、所謂「Aブロック」の方も、バトル正規軍と反バトル連盟からそれぞれ一人ずつ準決勝に勝ち上がる形になっている)。

ぶっちゃけ、この試合の勝敗はどうでもよくて、「オカズ撮影分で伊東さんがどんな作品に出てくるのか」の方が、個人的にはよっぽど重要だったりする。自分が制作に携わってたら、彼女の「キック力」と「ヤラレ顔のエロさ」に注目して、「女キックボクサーがMIX戦でボロ負けし、そのままリング上で相手に犯される」みたいなんを撮りたくなるんだけど(相手役はボクサー系でもレスラー系でもオケ)、・・・・ これはちょっと望み薄ですかね。

自分の予想通りに彼女がトーナメント一回戦の勝ち役なら、フツーに考えれば、このあと準決勝分の撮影機会ができるわけで、その分オカズ撮影の作品も増える。なので、そのどちらかで、彼女のボクサー姿を拝めるかも、・・・・ と、望み薄であることは重々承知の上で、とりあえず淡~く期待しておきます。
  1. 2016/07/18(月) 21:41:33|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路線変更には絶好のチャンス

ROCKETさんHPの7月分の新作情報がアップになって、【スーパーガチンコ全裸レズバトル DYNAMITE 2016】の商品情報ページがアップになりましたが、同じ発売日で、【ローション相撲選手権】なんてのも出てくる模様。一瞬、「やっぱ相撲来るかー。ここは本命だしなー」と思ったものの、こっちは祭り対象商品ではなく、仕様も何か怪しい。んで、プロモ動画を見てみたら、ただのローションプールでの脱がし勝負で、「や、ROCKETさん、これは相撲ではねぃですよ」とツッコミを入れる一方で、「モノや背景の色使いはともかく、こういう構造のプールは【ガチンコ全裸レズバトル】の『競技場』として使えるんぢゃね?」とも思ったり。・・・・ と、そんなことがあったのが10日ほど前。すぐに記事にしようと思ったんだけど、なぁ~んか文章を起こす気力が湧いてこず、旬落ちもいいとこになっちゃいました。

でもって、そこからさらに遡ること何日か。ROCKET掲示板のレズバトルスレに、いかさんが書き込みをされました。「イキ我慢禁止というのと現実ではあり得ない頻度でイキまくるというのは全く違うんじゃないですか? リアル女でこんなのがいたらドン引きですよ」「イキ我慢禁止だからと言って競技なんだからイカされて女としての差を見せつけられて何故悔しがらない? ただのレズですよこんなもんは」・・・・ このあたりは、至極真っ当な意見だと思うし、とても賛同できます。

メーカーさんのHPの掲示板に、「この作品のここがダメだ!」と書くにはすごく勇気がいると思うんで、それだけに「よくぞ言ってくれた」という感があります。んー、どう考えても、これがフツーの感覚だよなぁ。シリーズ作品制作担当者さんには、この書き込みを重く見て、是非とも改善を図ってもらいたい。

ただ、シリーズ作品がこれだけの巻数出ちゃうと、不自然なほどのイきシーン頻発から脱却するのは難しいような気もするんですが、よくよく考えてみると、今の今がそのチャンスなんじゃないでしょうか。と言うのは、【スーパーガチンコ全裸レズバトル DYNAMITE 2016】がシリーズ過去作の優勝者と優秀選手を集めた、言わば「総集編」的な商品だからで、これを区切りに利用して、次作から「よりガチンコに見えるイかせ勝負」で新装開店するのが一番いいと思うんですよね(別段「新装開店」を謳わずに、「イき我慢禁止」の部分をナニゲに封印して、イきシーンの頻度を落とし、徐々に正常化させる、って手もあるけどね)。

【DYNAMITE 2016】が7月上旬発売ですから、4人or6人トーナメントの「新装開店分」を9月か10月に売り出して、年末に「おスぺ」の8人トーナメント。スケジュール的には、こんな感じがオシャレかな。逆に言えば、【DYNAMITE 2016】の次が【5】までと同様の「ありえん頻度でイきまくり」だと、恐らく年末にリリースされるであろう「おスぺ版」も、それを引き摺らざるを得なくなるんじゃないでしょうか。このシリーズは、今、大きな岐路に立っている、そんな気がします。

年末のおスぺシーズンまでに、9月なり10月なりの発売で一発挟むとなると、そろそろ撮影の時期になる。なので、暫定版のまま放っていた「例の企画書」をちゃんと整備して(【DYNAMITE 2016】で8人トーナメントもアリだということがわかったので、こっちでやった「8人トーナメント用ドベ戦案」とかも反映させたい)、ちょっと積極的にROCKETさんに売り込んでみようか、・・・・ なんてことを考える、今日この頃であります。
  1. 2016/07/04(月) 22:49:26|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する