眉月的雑感綴

「!?」なんてやるくらいなら

東京はずいぶん早くに桜の開花宣言が出ましたけど、自宅近所のソメイヨシノは、ようやくぽつりぽつりと開花し始めた感じで、見頃までまだあと一週間といったところでしょうか。やはりひとシーズンに一度は観桜チャリツアーをやっておきたいので、この先数日は、やほぉ週間天気予報を睨みつつスケジュールを調整し、「風のないポカポカ陽気の桜満開日」を探っていきたいと思います。

それはそれとして、またずいぶんと更新をさぼってしまいました。エロネタに関しては、ほぼ一か月半の間ノータッチだったわけで、もちろん、その間にあれこれしておきたい作品もあったけども、さすがにもう全部拾うのは無理だわなぁ。・・・・ というわけで、今の時点で記事にしておきたいものを三つほどピックアップして、お茶を濁すことにしようかと。

まずは、今月2日に発売になった、ROCKETさんの【ガチンコ全裸レズバトル 7】。えーと、自分は tsutayaチェック待ちなので、まだ未視聴です。自分は熟女好きというわけではないんですが、バリバリグリグリにイカせ勝負であれば、熟女成分は全然アクセプタブルというよりむしろ歓迎傾向(乳量が落ちないことが大前提ですが)だもんで、今回のキャスティングにはかなり惹かれるものがある。「有沢実紗×小早川怜子」の一戦は、非常に楽しみです。ただ、シリーズ過去作が「イき回数の大安売り大会」なので、この点はちょっと心配ではありますが。ま、あとひと月もすれば、tsutayaさんにモノが入荷になると思うので、それまで適度にワクワクしながら待ちたいと思います。

続いてバトルさん関係。【3】でようやくジャケ前面写真が「トランクスにおっぱい丸出し」になった【レズ女子ボクシングコロシアム】ですが、今月10日発売の【4】では、またビキニ上下仕様に戻ってしまい、しかもプロモ動画の中に乳首が見えてるシーンがひとかけらも入ってないというガードの堅さ。うーん、どうしてこんなにも脱ぎに関して消極的なんですかねぇ。で、このシリーズの【5】の発売予定が来月最終週に入ってますけど、ここがまた「ビキニ上下で乳丸出し成分超控えめ」とかだと、それがこのシリーズの固定路線になっちゃいそうで、すごく怖い。せめて、2回に1回は、「【3】程度の乳丸出し度合い、ボクコス度合い」(自分の感覚だと、これでも「もっと脱げるでしょ?」なんですけどね)になって欲しいところではあります。

ラストはまもなく発売になる【BATTLEエクストリームタイトルマッチ 5】。両者初手からトップレスで、江上しほさんレズ攻め受けってのは、かなりソソられるものがあります。んー、ブローウインドさんの世界観の中では、江上さんはストレートなストロングスタイルキャラになってるけど、相方の設定がこんなんなら、「江上さん怒りのレズ反撃」みたいなのも、ちょっとは混じらせてもいい(プロモ動画にもワンカットでいいから入れとく)んじゃないかなー。

ところで、この商品のサブタイトル(でいいのかな?)は、「レズレイプマッチ!?」なんてなってますけど、自分としては、別にタイトル戦とかの大きな舞台でなくていいから、「!?」ではなく、はっきりと「レズレイプマッチ!!」と謳うような作品に、もっと世に出てもらいたいんですよね。ファイトの部分はフツーにプロスタイル戦でもいいし、淫乱レズキャラ同士で初手からレズ攻めの応酬、みたいな感じでもいい。でもって、勝敗が決したら、敗者が勝者にペニバンでぼっこりイかれる。うーん、需要はあると思うんですけどねぇ。

・・・・ とまぁ、そんなことで、今回は終了。まだまだ朝晩は冷えるけど、ひと頃に比べると寒さが大分やわらいできて、PC部屋に居るのがそれほど苦痛でなくなってきたことでもありますし、次回以降は、もちっと更新のペースを上げたいと思います(や、本当に思ってるんだってば)。
  1. 2017/03/28(火) 22:07:53|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安全運転でいきまっしょい

PC部屋の寒さとマインクラフトの誘惑で、「んもう今日はブログの下書きバックレでいいや」になってしまう日々が続くうちに、暦が2月から3月へ移り、「んー、最高気温も二桁で安定してきたことだし、そろそろブログの方も本腰入れんとだなー」なんて思ってた矢先に、身内にちょっとシャレでは済まないレベルの事件が起こってしまい、そちらに注力しておりました。で、この「ちょっとシャレでは済まないレベルの事件」に関して、強く思ったことがあったりするんで、およそ一か月ぶりのエントリではありますが、エロ目の話題は全面的にお休みして、そちらのお話をしたいと思います。

コトが起こったのは3月3日の雛祭りの日。同居している母親(昭和ひと桁生まれなので、もう80を超える高齢)が、お散歩&買い物に出かけた際に、車が近づいてきたので、ちょっと道の脇にどいたら、そこに自転車が突っ込んできて衝突し、前のめりに転倒。一旦家に戻ってきたものの、じっとしててもまったく痛みが引かないので、近所の整形外科で診てもらったら、「肋骨3本折れてます」とのこと。そら、痛みも引かんわ。・・・・ とまぁ、そんなことがありまして。もちろん肉体的な面もそうなんだけど、この一件で精神的にもかなりやられてしまったらしく、自虐的な独り言が多くなったので、自分が家にいる間は、できるだけ傍に居って、母親の身の回りの世話をしつつ、様子を見守ってたわけです。

お陰様で、先週末あたりには大分回復してきたらしく、寝起きの際にあんまり痛いと言わなくなったし、自虐的な独り言も減りました。昨日、ちょっと時間を作って整形外科に同行したところ、「一番痛い時期は過ぎた」ということなので、とりあえずは一安心かなぁ、と。母ぐらいの年齢になると、骨折の部位によっては、そのまま寝たきりになっちゃうケースも充分考えられるんで、そうならなくて良かったとも思ってます。

実は二年ほど前だったかに、自分も自転車の衝突事故(っぽいもの)に遭ってるんで、そんときの話も。場所は近所の丁字路で、丁字の横画の道は、車がやっとすれ違える程度、縦画はもっと幅が狭い道です。で、自転車に乗った自分が、縦画の道を下から上へゆっくり近づいていたところ、突如、横画左側から、中学生ぐらいの女子が乗った自転車がほぼフルスピードのままこちらに曲がってきた。お互いに急ブレーキをかけたけど間に合わずに衝突し、ヘンに避けようとした自分だけがバランスを失って道路に転倒、なんてことがありました。

このときは、自分が一応受け身らしきものを取ったので、掌と膝小僧を少し擦り剥いただけで済んだけど、もし自分がいた場所に車が止まってたりしたら(頻度はそれほど高くないけど、何度か見たことはある)、あの女子はまんま突っ込んでただろうし、あんまり反射神経の高くないお年寄りが歩いてたりしたら(これはしょっちゅう見かける光景)、最悪、衝突したお年寄りが仰向けに倒れる → 路面に後頭部を強打、なんて事故にもなりかねない。

まぁこれは極端な例(ちうか、視界の利かない角を全速で曲がろうとする神経が自分にはわからん)でしょうけど、「それはちょっと危険なんじゃね?」と感じるような自転車の乗り方をしている人は、結構見かけるんですよね。周囲をまったく確認せずに急に止まったり進路を変えたり、ぐらいはまだいい方で、携帯電話やら並走車とのおしゃべりやらに夢中で、周りはおろか前すら見てない人も、たまにいたりする。あと、夜間の無灯火も、もらい事故防止の面から見ると、結構危ないっちゃぁ危ない(直前に近づくまで相手が発見できない場合がある。これは自分の体験上、はっきりと言い切れる)。

翻って自分はどうかと言えば、今回の記事で紹介した以外にも、何度かヒヤリな場面に遭遇してるんで、加害者にも被害者にもならないよう、常々気を付けてはいるつもり。停車や進路変更の際には必ず周囲を確認してからするようにしてるし、「歩行者も他の自転車も、突然止まったり進路を変えたりするものだ」「どんな細い路地からでもいきなり何某か飛び出してくる可能性がある」と思って、チャリを転がしてます。

自転車は非常にお手軽な移動手段ですけど、それなりにスピードは出るし、特に対歩行者の場合、重大事故の加害者側になってしまう危険を常に孕んでいる。・・・・ 自転車に乗る際には、そんな心構えを忘れずに。安全運転でいきましょう。
  1. 2017/03/13(月) 21:59:59|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する