眉月的雑感綴

我慢しちゃダメですか?

ちょっと欲しいものがあって、チャリで京急大森海岸駅近くのイトーヨーカドー → 平和島ドンキホーテのお買い物ツアー。平和島とゆえば、ボウリングブーム全盛の頃は、平和島スターボウルさん(今の競艇場のメインゲートがあるあたりに建ってた、60レーンぐらいある大型施設でした)にお世話になったし、ゴルフにハマってた頃は、死ぬほど平和島ゴルフ(所謂「打ちっ放し」の練習場)に通ったけども、練習場が撤去になって、今の建物になってからは、たまにドンキで買い物するぐらいで、ほとんど立ち寄らなくなりました(シネマサンシャインも一度利用したけど、「これなら交通費払っても川崎のTOHOシネマズさんの方がいいなぁ」ってことで、それっきり行ってない)。

何となく懐かしくなって、平和島温泉のビルの上階を、ちょいと散策してみました。2Fに平和島温泉、3Fの焼肉屋さんとイベントスペースがあるのを確認してから、4Fのボウリング場へ。ここへは初めて足を踏み入れたんですが、ちょっとクラシックな感じの造りで好印象でした。ではあるんですが、ハウスボールが全部「バスケットボール柄」になってて、昭和世代のおじさんの感覚だと、違和感バリバリ。んー、今のボウリング場のハウスボールって、みんなあんなんになっちゃってるんですかねぇ。若者にはウケがいいのかも知れないけど、激しくオシャレでない気がする。これも時代の差でしょうか。・・・・ と、非エロのマクラが長くなってしまいましたが、ここからは、ちゃんとエロ目のお話を。

ROCKETさんのHPに、【ガチンコ全裸レズバトル 4】の商品ページが出来て、プロモ動画もアップになりました。出演女優さんのお名前は、前から掲示板に上がってたんですけど、実際にプロモ動画を見てみると、「巨乳WARSだった【3】からさらに乳量アップ」ってのが実感できます。

んで、気になったことが二つほど。一つは、動画最後にある「レズバトルロイヤル」で、4人で総当り戦やって、そこで順位が確定するはずなのに、どういう主旨、どういう段取りでバトルロイヤルに突入になるのか、今一つピンと来ない。加えて、キャプションでは「イッたら負けの」となってるけど、動画からあんまり「イッたら負け」感が伝わってこないんですよね。何となく、【3】の「優勝者へのウフフなご褒美レズ」の延長線上にあるテイストになってそうで、ちょっとヤな予感がします。

あと、動画スタートから40秒ほどのところに「イき我慢禁止で、ジェット潮吹き連発」というキャプションが出ますが、うーん、「イき我慢しない」って、そんなにいいことなんでしょうか。自分の感覚だと、「我慢してるときの表情や仕草」や、「我慢して限界を迎えたときのイきの『落差』」をしっかり見せてもらえる方が、全然ありがたいんですけどね。(イきの)回数よりも、一回のイきの「破壊力」で勝負する、そういう方向に向かって欲しい。・・・・ ま、何はともあれ、実物を見てからですね。3月5日発売だと、tsutayaさんに落ちてくるのは、5月上旬ってとこかな。

ところで、【全裸オイルキャット 6】感想文の構想を練ってる最中なんですけど、あれこれ考えているうちに、「【2】を見たいなぁ…」という思いが強くなってきた。実は、【2】と【3】って、実物見てないんですよね。どちらも近所の tsutayaさんに新作が落ちてくるタイミングでの入荷がなかったんでチェックできず、その半年ぐらいあとに、「年間優秀作品キャンペーン」みたいな形で【2】も【3】も複数本が棚に並んだんですが、「おお入って来たのか。んじゃそのうちに」と思ったなりで忘れてしまって、結局チャンスを逸してしまいました(ついでに言うと、【5】も、「今一気乗りせんな」ってことでスルーのまま)。

2014年11月8日付エントリにまんまの文章が残ってますけど、「前作の決勝で西園寺れおを完全征服した樹花凛が、チャンピオンの肩書きを引っさげて第二回大会に乗り込み、一回戦も突破できずに負け犬となった舞咲みくにを、小早川玲子を、横山みれいを、無慈悲にペニバンで犯す」、このシーンは、やっぱり見ておきたいし、「抜きのお供」として、手元に置いておきたい。そうなると、今さらだけど、【2】は買っちゃってもいいかなぁ。・・・・ なんてことを考えてたら、3月後半のリリース分に、【全裸オイルキャットファイト 10時間2枚組総集編】なんてのがあるじゃあーりませんか。

これなら、未視聴の3本分を全面的にカバーできるし、モノが手元に残る。これは買いだっ! ・・・・ と、ノータイムで「購入決定」が出そうになりましたが、一歩手前で立ち止まって、ちょっとひと思案。収録時間が10時間ということは、計算すると、6本分まるまるの収録分から3分の1ほどをカットした形になると想定できるんですけど、この「カット分」がどこに当たるのか。モノを買って、【2】の一回戦のお仕置きタイムがまるまるカットになってたら、ダメージでかすぎる。

んー、まぁさすがにそれはないかなぁ。ROCKETさんは、さすがにそこまでマヌケでも無慈悲でもないでしょう。他に【1】の決勝のお仕置きタイムとか、手元に残しておきたいシーンもあるし、通常商品価格の1000円増しで6本分の映像が手に入るなら、「即購入」で勝負する価値はありますかね。・・・・ と、そんなことで、この商品は「頭の中の買い物カゴ」に突っ込んで、発売日を待つことにしたいと思います。
  1. 2016/02/21(日) 22:17:16|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<傑作であることは間違いない | ホーム | これはうまいっ!>>

コメント

こんばんは。お久しぶりです。

新年のご挨拶から、あっという間に2月の後半となりましたが、年明けから、エロファイト物がまるっきりなかったので、ダウンロードサイトでfoxyc○mbatやdw○tribなどを、せっせと落としていましたらPCの具合が悪くなり、先日まで入院していました。

ただ、冷却ファンの回転不足で2万近くの出費は痛かったですよ!東芝さん!

てなわけで、復活したPCでサイト巡りしているとROCKETさんの【ガチンコ全裸レズバトル 4】がアップされていましたので、早速チェックしました。

う~ん。3よりは相互責めの貝合わせなどが多くなっていて、いいんじゃないかと思っていたんですが、ラストの「レズバトルロイヤル」には????ですねぇ。

パケ写を見ると「まとめてかかってらっしゃい」の文字が見れるので、レフェリー役の方が参戦するということは、総当たり戦の優勝者は無しってこと?
あと、5人が輪になってのクンニがありますが、これは見たくないですねぇ。

レズものでしたら、いい描写だと思いますが、バトルしているには全然見えないんですよ。
私も「我慢してるときの表情や仕草」や、「我慢して限界を迎えたときのイきの『落差』」には同意いたしますので、今回は購入には?ですね。

今一番期待しているのは、真咲監督とハルナ監督の作品でしょうか。
レズバトル男爵さんのブログにもあった、真咲監督のレズペットものでは、双方のレズペットが互いにご主人様を取られまいとイカセ合うチャプターがあったんですが、これがすごく良かったです。

これを発展させて、1本出来んかなと思いました。
「カリギュラ」などにあった闘技場と奴隷同士の戦いをモチーフにして、闘技場を闘犬の土俵のようにして、互いのレズペットをイカセ合いさせ、負けた方は相手のレズペットになる。レズペットから脱却したければ主人に戦いを挑むみたいな。
当然、レズペットはM感性でで主人はS感性ですから、M対M、S対M、S対Sのイカセ合いが見れると思うのですが、どうでしょうか?


  1. 2016/02/24(水) 01:39:53 |
  2. URL |
  3. なおなお #-
  4. [ 編集]

なおなおさん、コメントありがとうございます。

レズベットのお話は、自分の好みにはマッチしてますけど、
(環境設定や小道具の品揃え次第でかなりエロい仕上がりになると思う)
コメント欄でストーリー型、シチュエーションバトル型のの作品にまで守備範囲を広げたくないので、
レスコメはパスさせていただきます。申し訳ありません。

 > 5人が輪になってのクンニがありますが、これは見たくないですねぇ。
 > レズものでしたら、いい描写だと思いますが、バトルしているには全然見えないんですよ。

やっぱ、そうなりますよねぇ。この画は、激しく「試合」のテイストとマッチしてない。
それ以外のカットも含めて、バトルロイヤルの部分は、自分には萎え要素にしか映りません。
何か、すんごくもったいない気がします。

女優さんのキャスティングは、乳重視の自分には嬉しいんですが、
作風は、最低でも、最下位の罰ゲームありの【1】のラインに戻って欲しい。
そんな風に思います。
  1. 2016/02/27(土) 20:10:37 |
  2. URL |
  3. bigetz #n69Si4Ps
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/1005-705a2814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する