眉月的雑感綴

一矢は報いたものの

もう3日前の話になりますが、5日の木曜日、好天で風も穏かめだったんで、都心方面へチャリでプチツアーしてきました。自宅の大森から、旧東海道 → 国道15号 → 日比谷通りと、いつものルートで皇居まで。外苑の芝生でひなたぼっこ状態の人がたくさん居て、「あー、この国は平和なんだなー」と、しみじみ思ったり。この日の一番の目的は、戸越銀座経由で帰って来るルートの確立(遅めの昼食を戸越銀座のとんたんさんで頂くため。前回のツアーでは、道に迷ってヒドい目に遭った)だったんですが、んー、戸越周辺は坂道が多くて、自転車乗りには優しくない地形ですね。一応、出発前に地図で確認した上で、品川駅前から五反田駅前に出て、最終的には国道1号へ抜けるルートにチャレンジしたんですが、終始アップダウンの連続で、かなりキツかったです(まぁ、だいたいそんな感じだろうと予想はしてましたけど)。でもやっぱり、チャリツアーは楽しいんで、暑くなる前に、できるだけチャリでプチ遠出をしたいです。今度は、いつものようにとりあえず皇居まで行って、帰りに築地でお寿司&厚焼き玉子の買い食いとかにしようかなぁ。

さて、tsutayaさんに【ガチンコ全裸レズバトル 4】が入荷になってたんで、お持ち帰りしてきました。で、早速見てみたんですが、うーん、これは、・・・・ メリハリがないっちゅうか、緊張感がないっちゅうか、何ちゅうか。こう、試合中の出演者さんの行動や表情に「試合に勝ちたい」「負けたくない」という気配が致命的に欠落してるんで、全然試合をしてるように見えない。ちうか、「こんなんだったら、『今から20分間、○○さんと○○さんのレズタイムです。それでは、よーい、始め!』でいいんじゃね?」って感じです。【探索next】ブログさんのレビューからも、なおなおさんに頂いたコメントからも、「和気藹々感満載でした」的なイメージは読み取れましたが、ここまで酷いとは思わなかった。これじゃぁ、「レズバトル」じゃなくて「単なるレズプレイ」ですよ。

あと、「リーグ戦で誰が優勝するのか」を盛り上げようとする意図も感じなかった。と言うのは、リーグ戦の方は、澁谷果歩さんが三連勝して優勝ということになったんですが、リーグ戦の最終戦が、すでに二連敗していて優勝の可能性がない折原ほのかさんとの対戦。松本メイさんは澁谷さんに負け、他の二人に勝って2勝1敗ですから、優勝戦線を少しなりとも盛り上げたいならば、最終戦が「澁谷×松本」の全勝対決になってないとおかしい。んー、【1】はちゃんとそういう構成になってたのになぁ。

そんな中で、一番ヌかせていただいたのは松本メイさん。いい感じに日焼けした肌に、形のいいおっぱいで、乳量と腹回りのボディバランスもそこそこに取れていて(これは非常に大事)、自分はこういう女優さん好きなんですよねぇ。長い黒髪も魅力的だけど、「長い髪は、オイル成分ありの絡みとは、あんまり相性良くねぇな」って感じではありました。

・・・・ と、松本さんの日焼け肌効果で、何とか一矢報いた感はありますが、それでも、「試合形式のイカせ合い」として作品を見た場合、評価は「限りなく地雷に近い駄作」。一体どうして、このシリーズはこうなっちゃったのか(何となく、「掲示板の意見を尊重しすぎて暗礁に乗り上げた」って感じがしないでもない)。もしかすると、【5】が監督が交代になった上で【4】からあまり間を空けずにリリースされるのは、「ROCKETさんが、このままではいかんということに気づいて、早急に手を打った」ってことなのかも知れません。

ところで、「【5】の発売日前々日までに」と期限を切った例の「企画書」ですが、マインクラフトで「海のど真ん中にフロート状態の拠点を作り、村人ゾンビの治療から村人を増やして、大都市に発展させる」という野望に目覚めてしまったせいで、ちょっと期限内の完成が怪しい進捗状況に陥ってしまいました。まぁ、何とか渋滞は抜け出したし、「できるだけ早く公開したい」という想いが強い文章なんで、期限内にアップできるよう、頑張りたいと思います。
  1. 2016/05/08(日) 21:51:27|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<疲れたっ! | ホーム | アクロバティック云々は別口で>>

コメント

こんばんは。
【ガチンコ全裸レズバトル 4】を見られたんですね。
言われるとおりのレズタイム・レズショーですね。
4作作り続けていくうちに「掲示板の意見を尊重しすぎて暗礁に乗り上げた」いいとこ突いてますね。
それで監督を交代し、期間を開けずのリリースしたロケットさんの焦りと、ここのところAV業界でレズバトル物が出てきているからなのだと思います。

特に「ビビアン」さん。
ここはレズもの専門のメーカーさんですが、監督の真咲さんによる作品を立て続けに出しています。
真咲監督はご存知のとおり、もとAV女優の方で、女同士の心のぶつかり合いやイカセ合いのレズがお得意の監督さんです。

5月に「レズビアンバトルロイヤル」といった作品がでまして、【探索next】さんでも紹介されていますが、大人数の女優さんが出るレズものって、あまり期待はしないのですが、サンプルやレズバトルさんのブログのレビューでも結構1対1のイカセ合いがあり高評価でした。

また、6月には「レズペット交姦オフ会」の2がリリースされるみたいで、前作が内村りなさんともう一人の女優さんとのM奴隷同士の嫉妬心からくるイカセ合いが激しかったですが、今回、サンプルを見る限りM奴隷の方がビックネームでないので質が落ちたかな?とみております。
前作がM奴隷同士だったので今回はSご主人様同士であれば新鮮かなと思います。

やはり、【バトル】【ファイト】ですからある程度の攻防があっても良いのでは?と思います。
自分が責めやすいポジショニングの奪い合いや責め返しイカされて悔しがる表情とか見たいですもんね。
イキ我慢ではなく【ガチンコ全裸レズバトル5】の江上さんみたいに、イキ過ぎてギブアップの方がガチ度あると思います。
あと、オイルは少な目で顔にはべっとりつかない方がいいかな。髪の毛の多少のつかみ合いも演出で有りと思いますし、これは、全体的な日本のキャットファイト物に感じるのですが、手四つではなく首を掴みあう首相撲が見られないのが残念ですね。

  1. 2016/05/10(火) 00:12:19 |
  2. URL |
  3. なおなお #-
  4. [ 編集]

なおなおさん、コメントありがとうございます。
遅レスになってしまい、申し訳ありません。

 > オイルは少な目で顔にはべっとりつかない方がいいかな。
 > 髪の毛の多少のつかみ合いも演出で有りと思いますし、

うーん、自分は、キャット前提の作品であっても、ヘアプルってあんまり好きじゃないんですよね。
と言うか、ビンタの応酬とか、髪のつかみ合いとかをウリに打ち出してるような作品は、
自分の場合は、どっちかってと「ストライクゾーンの外」です。
あと、オイル成分に関しては、自分は「アリがいい派」ですが、基本は「ふんだんに」ですね。
途中で身体が乾いてしまうような中途半端な使い方だったら、最初からナシの方がいい。
メイクの乱れの問題は、キャットファイト要素のない(少ない)、イカせ勝負形式の作品であれば、
運用でカバー(自分も相方も顔にオイルがつかないように演者さん双方が注意する)できるんじゃないかな。

【レズビアンバトルロイヤル】には、ちょっと思うところがあって、
今後のエントリで扱う予定です。でわでわ。
  1. 2016/05/14(土) 21:28:30 |
  2. URL |
  3. bigetz #n69Si4Ps
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/1018-85709716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する