眉月的雑感綴

空手の人だったのか!

バトルさんのトップページを見て、思わず、「へ?」と声を漏らしてしまった。

『KARATEKA・横山翔子』
空手歴14年の鍛え上げられたボディは、とても敏感!

え~~、そうやったん?!(←驚きが大きすぎて関西弁反応)

横山翔子嬢は、エロレズ系キャットファイトものの作品に結構出演していて、青木真琴嬢とのコンビで、SSSの『レズバウト6』、『Topless Blow 1』、『Finish Scene 7』(まぁ、ここいらは一日で撮影しちゃったんだろうけど)、「横内利香」という名前で、バトルさんの『プロレズリング12』、あと、もう一本どこかで見た気がする。

今回、バトルさんのHPにアップになった、『KARATEKA』のジャケットでは、綺麗に引き締まった体躯、いい感じに割れた腹筋を見ることができる。でも、自分は『レズバウト6』を持ってるけど、あまり「バリアスリートです」ってな印象は受けなかった。

今回のことがあったので、もっぺん『レズバウト6』をよく見てみた。んー、筋肉のつき具合、特に腹筋に関しては、それほど「バリアスリートです」って感じはしない。しかしながら、確かに無駄な肉のほとんどついていない、「ほどよく締まった肉体」であることには間違いない。ま、『KARATEKA』は、バリアスリートであることが売りなんだろうし、ガッと腹に力を入れて腹筋を強調したポーズをジャケット写真に使ったってことなんでしょうね。

それはそれとして、『レズバウト6』を見る限り、彼女は「エロレズバウトのヤラレ役として非常に高いポテンシャルを持っている」と思う。美形であることもそうだし、表情の作り方が上手い。顔を顰めるとか、顔の筋肉の力を抜くとかをいい感じにやってくれるので、まったく不自然でない「感じちゃってる感」が出ている。「相手のエロ攻撃を嫌がる動き」もちゃんとやってくれてる、という点でも、ポイントは高い。『Topless Blow』に関しては、1ジョーカーさんが、掲示板に「モデルさんの中で、演技的出色は横山嬢。喘ぎ声の演技は一番上手かった。」と感想を述べておられるが、これも充分頷ける話だ。

『KARATEKA』のジャケットを見てわかったことがもう一つ。それは、彼女が「非常に身体が柔らかい」こと(Y字バランスみたいなポーズでド開脚してることから推察してるので、股関節の稼動範囲が広いだけかも知んないけど)。これはねー、レスリング系のヤラレとしても、すごいメリットだと思うんですよ。例えば逆エビなんかをかけられたりしたときに、身体が柔らかいと、『強烈に身体を反らされてるんだけど本人的には全然大丈夫』みたいな感じになりますしね。

うーん、すごい素材だなぁ。
これでもちっと乳があれば、ホンマに言うことないんだが。(←やっぱそこに落ち着くのね)
  1. 2008/02/09(土) 18:29:20|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<tsutayaにて | ホーム | こっちを向いてよハニー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/105-b8875c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する