眉月的雑感綴

ぜひシリーズ続編を

バトルさんちの最新週間ランキング(19日更新分)、2位の春原未来さん主演の大作【ファイトオアノット】、3位のクラQさんの女相撲を除くと、残りの1・4・5位が全部女女ボクシングという状況。このランキングが本当に売上と直結してるのか、って問題もあるし、確かにここ一、二週は、あんまり力の入ったプロスタイル作品がないタイミングではあるけども、ボクシング系作品ってホンマにそんだけ売れてるんでしょうか。まぁ、【絶望女子ボクシング】はマニアの自分の目から見てもかなりの衝撃作ですし、トップページの一番目立つ位置にデカバナーがあるくらい「推し」の入った作品のようですから、優勝してもおかしくはないと思いますけどね。

・・・・ ってことで、週も半ばを過ぎて、バトルさんちに、すでにブログ記事を一本組めるぐらいの新作情報が落ちてきてはいるんですけど、それは日曜の「定期更新」で扱うとして、とにかく「【絶望女子ボクシング】についてじっくり語る回」を消化していくことにしましょう。まずは出演者お二人の衣装とカラーコーディネイトの話。

コス面全体で一番「これはどうなの?」と思ったのが、YUNIさんのトランクス。【MIX BOXING Groggy 2】で YUEさんが穿いてるのと同じものだと思うんですが、それっぽいブラと組み合わせるならまだわからないでもないけど、トップレスで使っちゃいけないんじゃないかなー。つか、この股下丈の長さ(とベルトライン幅の狭さ)は「ステテコ」ですよ。

お試しで、比較画像を。【絶望女子】の商品情報ページ、特設ページ、いずれにも良さげな写真が見当たらなかったので、【MIX BOXING Groggy 2】の方から素材を拝借します。商品情報ページのサンプル画像、下段一番左の写真を200%に拡大して、背景を若干カットしたものがコレですが、股下丈が長すぎてどうにもオシャレぢゃない。ということで、隣に写ってる野郎のトランクスよりも少し股下丈が短くなるぐらい程度まで、フォトショエレメンツ君を使ってこの画像を加工すると、こんなんになります。さらに、比較しやすいように、オリジナルと加工済みの画像を並べたものも作ってみたり。うん、やっぱりこのぐらいが妥当なんじゃないのかな。特に脱ぎエロが大きなウリであるトップレスボクシングは、最低でもこのくらい太腿が見えないといけないと思います。

相方・高城アミナさんの、ヘソがチラ見えする白のショートパンツは間違いではないと思うけど、どうせなら、白単色のサテントランクスにして欲しかったなぁ。ベース生地の素材は、SSS女子専用パンツのようなキラ感のある白でもいいし、哀れなヤラレっぽく、下に穿いてるショーツが透けて見えるぐらいペラッペラに薄手なものでもいい。参考例を挙げるなら、2015年に煩悩寺さんから出た【GODDESS~女神 キックボクサーゆり菜すずが煩悩寺に挑戦!】で演者さんが穿いてるトランクス(ベルトラインを白に加工した画像が、当ブログ同年10月18日、翌19日付エントリに添付してあります)、マウスピースさんの【ベリーパンチ】シリーズに何度か出てきた「ベルトラインが薄いピンクの白地トランクス」なんかも全然アリですね。

そこいらを踏まえて、【絶望女子】の演者さんお二人のコスを自分がカラーコーデするなら、まずグローブを赤青ではなく黒赤にすることから入ります。で、黒グローブのYUNIさんは、強者キャラを際立たせるために、トランクスとシューズを黒系統で統一(トランクスはゴールド・シルバーなどの光物系でもいい)。赤グローブ高城さんのトランクスは白ベースのままで、シューズも白ベース(白単色のものがあればベスト)で揃える。こうですねぃ。

もうすでにかなりの文章量になっちゃってますが、記事一本で消化すべく、もちっと頑張る。後半は、作品の全体構成についてです。

作品紹介欄には、「YUNIが闘いを終わらせても良いと判断するまで続けられる特殊なルールで…」とあって、この設定は非常に魅力的なんですが、約2分と結構長いプロモ動画は、YUNIさんが高城さんにパンチを浴びせるシーン(と相変わらずマウスピースに焦点を当てたカット)ばかりが続き、「高城さんが失神しようが完全に戦意喪失しようが試合は続く」という部分が今一つ伝わってこない。例えば、(ダウン「する」ではなく)「ダウン「している」高城さんの様子を通じて、高城さんが極限まで衰弱していくさまを垣間見させるとか、半泣きでキャンバスに腰を落とし、「もう許してください」と懇願する高城さんを無理やり立たせる、みたいなカットをちらっとだけ見せるとか、いろいろ手はあると思うんですけどね。

あと、プロモ動画がこの内容だとすると、収録時間60分を持たせるのは、ちょい厳しい(変化がなさすぎる)って気がしないでもない、ってことで、【怪物 THE MONSTER】で高城さんと一緒にヤラレ役で出てた朝丘みなみさんも【絶望女子】に引っ張ってきて、「YUNI×朝丘」も一緒に収録する手もあったんでじゃないか、とも考えたんですよね。2パターンあれば、ブラありとトップレスの両方を見せられるし、例えば片方で流血演出をやってみるとか、フィニッシュの構図を少し変えてみるとか、一本の「女女ドミボクシング作品」の中にいろいろバリエーショを組み込めますから。・・・・ ただ、女優さん三名一緒で撮影ってのは、ブローウインド作品制作としては非常なレアケースだろうし、この手をシリーズ1作目でやっちゃうと、続編が作りにくくなるんじゃないか、とも思える。なので、この「2パターンどうよ」作戦は撤収しときます。

・・・・ ということで、「ここはこうした方が良かったんじゃないか」「こんな手もあったのでは?」みたいな話を長々としてきましたけど、女女ドミボクシングが商品化されたこと(しかも全面的にトップレスで)は、マニアの身にしてみれば「いきなり明るい未来が見えた」とでも表現できそうなぐらい、大変にめでたい出来事なのは間違いない。なので、「【1】だけで後が続かない」ではなく、数ヶ月レベルで間が空いてもいいから、是非とも【2】の制作に向けて動いたいただきたいと思います。
  1. 2017/06/22(木) 20:39:58|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ここ数ヶ月で一番購入に近い作品ですわ | ホーム | 祝・女女ドミボクシング作品誕生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/1076-63233818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する