眉月的雑感綴

ピンクショック

掲示板にも書いたように、YouTubeでピンクショックの映像を見つけた。あまりに嬉しいので、こちらでも取り上げてみようと思う。ジャンル分けとしては、「眉月スポーツ」の方に入れるべき物なのかも知れないが、自分的には充分『エロ』たりうるものなので、敢えて、「エロファイト関係」の記事として取り扱うことにした。…… ってな話は、どうでもいいか。

ピンクショックネタは、自分が、「小姐拳闘倶楽部」をやっていたころに、掲示板でかなり盛り上がったほど、一部マニアの間では、『神』的なものだったんですよね。とは言え、見たことない、聞いたことない方も居るかも知れないので、ちょっと説明を。

ピンクショックは、テレビ東京(当時は、『東京12チャンネル』でしたね)が放映していた、女子キックボクシングの番組です。ネットで調べたら、昭和52年の番組表に、火曜8時から1時間番組(ゴールデンタイムですよお客さん)として載ってました。このネットで見つけたページは、ある一週間だけのものですが、確かピンクショックは毎週放送ではなく、隔週か月一ではなかったかと記憶してます。うーん、昭和52年ってことは、1977年。今からちょうど30年前ですね。

ここからは、何となく、思い出したことを思い出したままに。

コスチュームは、最初は、上半身白い袖なしシャツ(Tシャツだったかも)。下は……忘れた。何回目かの放送から、競泳水着タイプの着衣に腰スカートになった。最後は白ベースでスカートのひらひら部分が本体にくっついたものになった。これが基本形。因みに、掲示板で紹介した映像で、宍戸真由美さんはピンクのタンクトップに、グリーンのトランクスを着用しているが、これは、ファンからプレゼントされたもの(だとアナウンサーが言ってた)。

放送開始当初、ちょっとルックスのいい、「チャミ忍(しのぶ)」という選手に、リング上で振り付きで歌わせてた(ビューティーペアみたいなノリですね)。サビの部分は、「♪キーック~、キーック~、キックの世界にあこがれて~」って感じでしたね。ただ、この選手は、四回ぐらい、歌を歌って試合をしただけで、以降、番組にまったく出なくなってしまった。

会場は、後楽園ホールを使ってた。番組では、「抽選で、収録会場への入場をプレゼント」みたいのをやってて、自分は二回応募(はがき)して、二回ともヒット。本当は抽選ではなく、「もれなく」だったのかも知れない。この、無料入場者の席は、会場の後ろの方だったのだが、第一試合近くになっても、テレビにしっかり映るリングの周りのいい席があんまり埋まらず、「無料招待の方もリング近くの空いてる席にどうぞー」なんて声がかかった記憶がある。

ってことで今回はここまで。もちっと言いたいことがあるんで、次回に続きます。
  1. 2007/03/31(土) 21:44:23|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ビバ! 昭和エロス。 | ホーム | 早くも横浜ベイナントカモード>>

コメント

タイ国の選手ではタサニーアカラソンブンが一番好きでした。日本の選手では清水正子ちゃんです!あどけない顔の女の子です。ジョー明日香、東里美も良かったです。
  1. 2010/05/28(金) 11:27:24 |
  2. URL |
  3. レジェンド #-
  4. [ 編集]

女子キックボクシングを知ったのは昭和50年6月6日の東京12チャンネルの女の激闘という番組で本番タイ国の女子ムエタイが放映されていました。
今でも忘れないのが、パッチャラー・ソンパチョンvsワリー・ルーワドンの戦いです。18歳と17歳の対決だったのですが、このパッチャラーは正に美少女でした。例えて言うなら当時のアイドルの岡田奈々と鶴田真由を足した程の美形でパッチャラーというのが美しい娘という意味なのだそうでした。対するワリーも三原順子似のワイルドさを彷彿する選手でした。
ワリーとは港生まれと言う意味らしいです。
試合は1ラウンドこそパッチャラーが優勢に試合を進めたもののワリーのローキックを中心の攻撃に
2ラウンドの壮絶なパンチの撃ち合いからのカウンターによりワリーが主導権を握り始め形勢を五分に戻し3ラウンドは一方的な戦いとなりました。
ロープ中央に追い込まれて最初のダウンを取られ更に執拗なフックやボディブローに足が使えなくなったパッチャラーは呼吸さえ苦しく美形の眉を曇らせ最期は青コーナーに追い詰められワリーの強烈な膝蹴りの連打とテンプルへの肘うちで痛々しい程の苦悶の表情のパッチャラーに突き上げる様なワリーの右アッパーが炸裂し防戦一方のパッチャラーは無惨にもキャンバスに這わされ壮絶な一戦に終止符が打たれたのです。私はパッチャラーの悔し涙をテレビ越しに観て18歳の美少女の無念さを痛烈に感じました。現在も女子キックボクシングの熱烈マニアとなったのもこの歴史的な試合があったからです。
  1. 2010/05/28(金) 12:27:38 |
  2. URL |
  3. レジェンド #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/21-7bf3521b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する