眉月的雑感綴

美熟女レズバウト3/レポ&コメ

では、レポ&コメント三連発の一発目、【美熟女レズバウト3】 いきまぁ~す。

ランニングタイムは60分で、前半の35分ほどがジム(と言うか、床にマットを敷いただけの練習スペースって感じ)対決で、後半はリングで試合っぽい感じの勝負です。えーと、大前提として、全編を通じて、レスリングっぽい技で相手を攻めるようなシーンはなく、基本的に、さする、擦る、弄る、舐める、しゃぶる、といった行為が続きます(レズバウトシリーズは、多分そういうコンセプトなんだと思う)。

前半は、秋川りお嬢が、レズバウト13で勝利を収めた吉岡あすか嬢を、「あなた、ちょっと調子に乗ってるんじゃないの?」 みたいなノリで挑発し、その場を立ち去ろうとする吉岡嬢を、近くに置いてあったソファに押し込んで、ファイトスタート。お互いに、相手のエロ攻撃を受け合う感じの展開から、まんぐり返し体勢にされた吉岡嬢が、股間さすり攻撃でイカされ。その後、ソファに並んで座った状態の股間ジカさすり攻撃、再びフロアに戻って股間嘗め&乳弄り攻撃、と、立て続けに秋川嬢にイカされて、ラストは乳スマザーで窒息失神(と書くとスンゲーですけど、もちろん失神の演技です)。

後半のリング戦は、まあ適度に乳繰り合ったあと、キャンバスに座った状態の秋川嬢が、吉岡嬢の、背後からの乳揉み乳弄り攻撃でイカされ。そのまま全裸にされた秋川嬢が、乳弄り&股間さすり攻撃、電気アンマ攻撃と連続でイカされて、フェイスシットで失神(もちろんこいつも演技)し、脱がされた水着を口にねじ込まれてフィニッシュ、って感じです。

早い話が、前後半で立場を入れ替えて、イカされ三連発→失神、っちゅーシナリオです。あー、あと、他のエロレズファイト作品では、あまりお目にかかれないものとしては、吉岡嬢の乳揉み攻撃に、秋川嬢の生ミルクが漏れ出しちゃう、なんてシーンがありました。

んー、イカされシーン周辺以外の部分で、相手のエロ攻撃を嫌がらなさすぎなので、あんまり迫力が感じられないかなぁ。前半は 「試合」 という設定ではないので、相手のエロ攻撃(「エロ行為」 の方が表現としては近いか)をお互いに受け止める、でもいいんですけど、前半一発目のイカされシーンでは、イカされ役の吉岡嬢が自分の腿を抱えちゃってますし、後半も、「相手の攻撃を受け止める」 という面では、似たような感じ。「相手のエロ攻撃から脱出したい」 「苦しい体勢からでも反撃したい」 という意思、動きがないので、「ファイト」 として見ることができないんですよね。

レズバウト13が出たとき、吉岡あすか嬢のリアクション、声、表情を絶賛するコメントが U25に載ったので、その部分には期待してたんですけど、ぶっちゃけ、それほどでもなかった。前半のクライマックスで、立て続けにイカされるシーンでも、イカされたことに対する屈辱感や挫折感、イカされ続けることに対する 「もう許して」 感みたいなものも、(リングファイトではないという部分を差し引いても)薄いです。むしろ、ヤラレ役に回ったときのリアクションや声、表情が良かったのは、秋川嬢の方だったと感じました。

秋川嬢のおっぱいには、巨乳ファンとして、やや過大な期待を寄せていたわけですが、んー、「こんだけ量のある乳だと、どうしてもこういう形になっちゃいますよねぇ、やっぱし」 って感じ。

そこいらの絡みで、すごく残念だったことが一つ。前後半それぞれのスタート時、秋川嬢は、競泳水着の上に、ガッツリ乳首が浮いてる状態なんですが、乳首の位置が異様に内側に寄っちゃってたんですよね。自分は、浮き乳首には強烈なエロスを感じるタイプなんですけど、これには激しく萎え。溢れんばかりの爆乳をムリクリ水着の中にしまい込んだからなんでしょうけど、これは周りの人間が気づいて、本人に教えるなり、調整(って言い方もヘンだけど)するなりしてあげないと。こういう部分をおろそかにしてしまうのでは、モデルさんがかわいそうです。

それはそれとして、秋川嬢のしゃべりは割とイケてました。冒頭の、吉岡嬢を挑発するシーンも、「一勝して調子こいてる若手に、ちょっとヤキ入れてやろうかと考えてるベテランレスラー」 って感じが出てましたし、そういう雰囲気のお顔立ち、化粧ともマッチして、いい感じのしゃべりになってたと思います。喘ぎ声もなかなか良く、ラストのラストで、口に水着を突っ込まれたときに見せてくれた、目尻にうっすらと浮かんだ涙、なんてのも良かったです。

吉岡あすか嬢は、ちょっとスレンダー過ぎる気がしますね。上腕や太腿がかなり細く、肋骨が完全に浮き出ちゃうぐらい、胴回りの肉がない。この体型、特に腕と太腿が必要以上に細いっていうのは、競泳水着とは相性が悪い(見栄えがよろしくない)んじゃないかと思うんですよね。加えて、彼女の場合、髪にツヤがないので、全体として、健康体とは対極の、ちょっと病的な感じに見えちゃう。

スレンダーかポッチャリ系か、って話については、先日、立花里子嬢について調べモノをしてるときにヒットした、Wikiの 【AV女優】 のページには、「全裸になる事が前提である以上、服を着て絵になる細さでなく、脱いだ時のボリューム感が要求されている様で、ポッチャリは多いが、ガリガリを見る事はまずない。」 なんてことも書いてあったりします(因みに、上にリンクを貼った Wikiのページには、興味深い記述が多いので、一度、全部読んでみることをお勧めします)。

これは、上に書いた、「競泳水着との相性」 のカラミもあって、エロ系キャット作品に於いても言えることなんじゃないかと思うんですね。見た目の印象として、最低限、ある程度以上には健康体を連想できるボディであることは必要じゃないかと。逆に言うと、全部が全部、競泳水着を着せるのではなく、モデルさんが一番見栄えのするコスを真剣に選んであげる、ということも大切なんじゃないかなと思います。

あとですねぇ、前後半共にシューズなしだったのも残念でした。前半はまあいいとしても、リングファイト(まして競泳水着着用)で裸足ってのは、何かこう、しっくり来ないんですよね。ジャケット上には、しっかり足まで写ってる写真がないので、うっかり見落としてたんですけど、リングファイトが裸足だってのがわかってたら、正直なところ、購入を見送ってたかも知れません。今後はこういうことがないように、購入前に、こういった部分もきっちりチェックすることにしたいと思います。

ま、こんなとこですかねぇ。…… ってことで、次回は、【爆乳キャットファイト2】 編をお送りする予定です~♪
  1. 2008/09/05(金) 20:52:15|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爆乳キャットファイト2/レポ&コメ | ホーム | くりぃむナントカ死亡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/219-2aa6fdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する