眉月的雑感綴

だが起きれる自信はない

東京の週間天気予報を見ると、来週週明けは晴れマークの日が多く、最高気温の欄に、16とか、17とかの数字が並んでます。朝晩はまだ冷えますが、やはり、最高気温がこのくらいの日が続くと、「あー、春が近いなー」 って感じますね。

バトルさんちにも、このブログで取り上げたくなるような新作がなかなか出て来ないので、今日は、と言うか、今日もWBCの話を。今、ちょうど、一次ラウンドが全部終わった段階ですが、まー、どの組も荒れてますね。

日本チームが一次ラウンドを闘ったA組は、何と言っても、中国が台湾に勝ったのが一番のニュース。中国は北京五輪でも台湾に一度勝ってますけど、自分的には、これはやっぱり 「大番狂合わせ」 であって、WBCで台湾が日韓を食うのと、中国にやられるのでは、圧倒的に前者の方が可能性が高いと思ってました。でも現実に起こったのは後者の方だったわけです。

まぁ、考えてみれば、中国は13億だの14億だのの人口を抱えてるわけで、例えプロ野球のリーグが国内に存在しなかろうが、国がその気になりさえすれば、日韓台に肩を並べる実力が備わっても不思議ではない。とにかく、自分の中の 「東アジア野球界の勢力バランス」 を修正する必要がありそうです。

次にB組。ここは、キューバとメキシコが二次ラウンド進出を決めていて、それだけ見れば、まあまあ順当な結果にも見えます。でも、その一角のメキシコは、二試合もコールド負け(7-17オーストラリア、4-16キューバ)を喰らってるわけで、この失点量は、ちょっと 「ありえない度」 が高い気がします。キューバも、オーストラリア戦、メキシコ戦ともに4失点と、かなり点を取られてる。すんなりとはいってない感じですね。

C組は、開催国のカナダが、アメリカに負けたあと、敗者復活トーナメント一発目でもイタリアに負け、早々に大会から姿を消しました。でも、アメリカ×カナダ戦は、最終スコア6-5と、かなりいい勝負、言い換えると、何かのはずみで勝敗が逆になる可能性を充分に孕んでいたわけで、もしそうなったら、アメリカがカナダと同じ運命を辿っていた可能性だってあったはず。「アメリカが、カナダとイタリアに連敗して即死」・・・・ 世界的な野球事情の中の、WBCの位置づけを考えると、ちょっと背筋が凍りつくような話です。

でもって、一番強烈だったのがD組。『ドミニカがオランダに二度負ける』 という大波乱が起きました。C組のイタリアは、結局二次ラウンドには進めませんでしたが、オランダは、この対ドミニカ戦の二勝で、二次ラウンドへの切符を手に入れました。ホンマに、「ヨーロッパ野球恐るべし」 です。

野球って、「実力の差が勝敗に反映しにくい球技」 だと思ってたけど、正直、こんだけぐちゃぐちゃになるとは予想できませんでした。

日本代表の次の試合は、日本時間の16日午前5時にプレイボール。早起きして観戦したいと思います。
  1. 2009/03/13(金) 23:08:39|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ | ホーム | 無死ならまだわかるが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/295-261c9132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する