眉月的雑感綴

『先週』の一位なのね

バトルさんちを覗いたら、『先週のTOP3』 のトップが、GARCONさんの 【巨乳ギャルレズレスリング!!】 に。をいをい、そいつはまだ発売前ぢゃないのか? ・・・・ まぁ、予約受付の段階でリクエストが殺到したんでしょう。そんだけ期待されてる、ってことなんだろうなぁ、やっぱし。で、この作品、昨日の記事でも扱いましたが、ちょっと書き忘れてたことがあったので、その話を。

ジャケットに、「完全KO!もしくは完全イカセで勝敗を決する…」 とあるんですが、GARCONさんが、レズファイト作品に、あえて 『KO』 という表現を使っていることに、自分は非常に興味をそそられ、また期待もしてるんですね。

自分には、「レズファイト、イカせファイトは、ギブアップで試合が終わってはいけない」 という信念みたいなものを持っていて、バトルさんやSSSさんから出てくるその手の作品、【プロレズリングNEO】 や 【Battle Sex Lesbian】 などが、 「ギブアップ」 という形で試合が終わることを、とても残念に思ってたりします(自分が買った作品だけかも知んないけど)。ですから、この作品の謳い文句に、「ギブアップ」 という言葉が使われていないことを、まず嬉しく思います。

で、『KO』 の方なんですが、これは何を指しているのか。個人的には、「完全な戦闘不能状態」であって欲しいですね。失神のような形でもいいですし、例えば、あるカウント以内に試合続行を訴えるポーズを取れない、みたいな形でも、自分的には、それはそれでアリかなと思ってます。

恐らく、基本形は 「イカされ負け」 なんでしょうけど、パッケージに謳ってる以上は、四試合のうち少なくとも一つぐらいは、「イカされ負け」 よりも 『KO』 というイメージが当てはまるフィニッシュシーンが見られると思うので、それをどういう形でGARCONさんが演出するのかを確かめたいですね(間違っても、「KOとはギブアップのことです」 っちゅーオチだけはカンベン)。

もう一個、Feti-Feastさんの 【レズ×ドミネーション】。これはねぇ、キャスティング的にどうよ、って気がするんですよね。

パッケージに書いてあるストーリーラインでは、里中ゆい嬢が最終的な勝ち役、ドミ役っぽいんですけど、彼女は、基本的に受けキャラだと思うんですよ。ドミならドミで、もちっとドミ役がハマるモデルさんを使うべきだったんじゃないかと。つか、【レズ×レイプ Fight!】 のシリーズ続編ぢゃダメだったのかしら。

正直なところ、【レズ×レイプ Fight! 2】 の 「二岡ゆり×桃井アンナ」 を、アンナちゃんバリヤラレのシナリオのまま、こんくらい乳丸出しにしてくれてたら、喜んで購入してたんだけどなぁ。新作の、【レズ×ドミネーション】 まで含めて、何で 「二岡ゆり×桃井アンナ」 だけが乳出しゼロなんだか。

んー、なんかちょっと悔しい。
  1. 2009/05/28(木) 00:39:04|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何ゆえにLesson1? | ホーム | GARCONさんマヂっスね。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/331-6690d497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する