眉月的雑感綴

なんやかんや言うても自分は荒木絵里香のファンなんですよ

では、女子バリボーの話を。

ワールドGPポーランドラウンドでは、タイにも負けて三連敗だったので、大阪ラウンドもあまり期待してなかったんだけど、ロシアまで食っちまいましたね。ちょっと見てて気持ちよかったです。

この大会から、試合球が新しくなった(皮の張り方がかなり変わりましたね)ようですが、エンドライン方向からの映像を見ると、フローター系のサーブを打ったときの、球の左右の揺れや、伸びる落ちるの幅が、以前のボールよりも大きくなったような印象を受けました。そのせいもあってか、大阪ラウンドで日本が対戦した相手(特にロシア)は、かなりサーブキャッチが乱れてた気がします。

このボール、強いサーブには、どう影響するんだろう。日本チームで、サーブをそれなりにハードヒットするのは栗原だけだし、相手チームも、あまりサーブを強く打つ選手がいなかったので、よくわからなかった。基本的に、強いジャンプサーブは、ボールを落下させるために、積極的にドライブ回転をかけるだろうから、あまり影響受けないのかなー。だとすると、無回転系のサーブを多用し、(打つにしても受けるにしても)高い技術と人材を持っている、日本型のチームには朗報、ってことになるんでしょうかね。

今の日本チームは、固定メンバーが、栗原、木村、荒木と、セッター竹下の四人。庄司もほぼ固定なのかな。アタッカーの残り一本は、ロシア戦の第一セットまでが坂下、以降が狩野。坂下の上半身の強さは大きな魅力ですが、日本チームの実力をMAXに持っていくためにも、狩野がしっかりここにハマることを期待したい。あと、個人的には、庄司のポジションに、山本(旧姓:大友)に帰ってきて欲しかったりもします。

新キャプテンは荒木だが、コート上で、もっとチームを鼓舞する、ということをやってもらいたいかなぁ。彼女はセンター(どうもミドルブロッカーという名称には馴染めないのよねん)なんで、後衛に下がるとリベロと交代することになる。だから、コート上に居られる場面で、もっと声を出し、もっと吼えて欲しい。もはや、「チームの一員」というだけではいけない立場なんだから。

強いキャプテンシーは、チームの集中力、結束力を高める。頑張れ、鉄腕エリカ!
  1. 2009/08/11(火) 23:24:53|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<むれむれの濡れ濡れ | ホーム | トップレスは正装ナリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/355-0463205e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する