眉月的雑感綴

ボディは耐えるのが基本

現在、「爆乳キャットFINAL・コメント編」 を、ちょろちょろ下書きしてるんですが、決勝のレベルの高さを考察する文章を独立させて、そっちで一本、その他コメント編で一本、みたいな感じに分けて、それぞれ記事を起こそうかと考えてます。

・・・・ と、【爆乳キャットFINAL】 のことで頭がいっぱいになってて、バトルさんちチェックを三日ほど怠ってたりしたんですが、時期的にそろそろかなー、と思って覗いてみたら、案の定、バトルさんちに、来月の発売予定がアップになってました。んー、気になるのは、SSSさんの、【Situation Boxing 4】、【新タイトル レズプロレス系(仮)】、あとは、【キャットファイトドミネーション(仮) by 新メーカー】 ぐらいですかね(方向性としては、Feti-Feastさんっぽいけど)。

でもって、「特別公開中サンプルムービー」 が 【女子ボクシングNEO 8】 だったので、当然のように、そっちもチェック。

前に、「この乳でこの寸胴加減は致命的」 とか書きましたけど(この時点での情報ソースは、バトル商品ページのスライドショー写真)、動画で見ると、おっぱいにしても、寸胴加減にしても、そんなに引く感じじゃないんだよなぁ。さらに、「池谷ひかる嬢の顔が、どうも表情が乏しそうだし、可愛げがない」 と感じたので(こっちのソースはジャケット写真)、「お顔立ちがイケてない」 とも書いたんですが、動画で彼女の顔がアップになってるシーンを見ると、あんまりそうも感じない。「商品の看板なんだから、ジャケ写はもっと可愛く撮ってやれよ。」 とかも思ったり。

で、動画の中に、ちょっと気になった箇所がありました。動画の一番最後、長澤りお嬢がボディを打たれるシーンで、彼女は、お腹に向かってきたパンチに反応し、両腕(グローブ)を下げていますが、これは、ボクシングではやってはいけない動きだと思うんですね。と言うのは、ボクシングの場合、腹は鍛えられているのが当たり前ですから、ボディブローは、「耐える」 のが大基本だからです。

もちろん、腹を打たれて、ガードが下がることは、リアルファイトでもあることですが、それでも、肘の先が下を向くことはないんです。それは、絶対にまともに打たれてはいけない顔のガードを放棄することになりますから。しかも、ガードが下がるのは、それなりにいいのが入った場合であって、届くか届かないかわからない位置から打たれた程度のボディブローに、肘から先、しかも両腕が反応しちゃうのはNGです。

逆に、池谷嬢が、右手のグローブでお腹付近に当てながら、相手から距離を取ろうとするシーンがありますが、左腕のガードが崩れていませんし(肘の先が上を向いている or 相手との距離を保つために左腕が前に伸ばされている)、自然な動きの中で苦しそうな雰囲気が出てるんで、これは全然OK。

一つ思うのは、なんでサンプル動画にダウンシーンを盛り込まないかなぁ、ってこと。パンチを食らって 「倒れる」 シーンはあっても、「倒れている」 ところは見せてくれない。ダウンしている最中に、「こんなに苦しげな表情や仕草をしてます」 ってのをアピールするのは、大きな、と言うか、一番の宣伝になると思うんですけどねぇ。

そんなことで、しょぼいボディに両腕が反応、なんてシーンもありますけど、動画で見たモデルさんの動きは、自分の頭の中にしっかりと居座ってる 【2】 の残像を取っ払うレベルだし、お顔立ちと、乳、胴がらみの萎えポイントが解消されたこともあって、実際のところ、ビニョーに購入方向へ心が動いてたりします。あとは、白グローブを我慢できるかどうか(←割とマヂ)。

まぁ、懐具合も、相変わらず芳しくないことですし、買うにしても、年内一杯ぐらいまで待って、他に魅力的なトップレスボクシング作品が出てくるかどうか探ってから(かなり望み薄ではありますが)にしたいと思います。
  1. 2009/10/24(土) 09:12:59|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<妄想なら囲まれも可能 | ホーム | 爆乳キャットFINAL・レポート編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/377-211e0105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する