眉月的雑感綴

2009年M-1GP雑感

B-1がらみの話が半分までしか行ってない状態ですが、やっぱり旬のネタを優先させたいので、今さっき終わったばかりの、M-1グランプリ2009の話を。

本戦出場八組の顔ぶれを見て、「ナイツ、ハライチ、ハリセンボンは(GPには)ノーチャンス。残り五組プラス敗者復活の争いだな」 と思ってましたが、ここからさらに、南海キャンディーズと東京ダイナマイトが、ネタに 「ノリ」 を盛り込まずに自滅。んー、モンスターエンジンは、ナイツの得点に届かないほど悪くはなかったと思ったけど ・・・・

NON STYLE は、本戦予選、最終ステージ、どちらのパフォーマンスも、昨年よりも高かった。昨年のM-1に関して、自分はこのブログに、「今年(2008年)は優勝者なしって感じ」 と書いたが、彼らの今年のパフォーマンスであれば、胸を張ってM-1チャンプと名乗れる、それくらいのレベルでした。

笑い飯は、なぜ最終ステージであのネタだったんだろう? M-1チャンプになれば、今後の仕事がガラリと変わる(バラエティ系のテレビ出演の仕事がガッツリ舞い込むハズ)。それを嫌って、自らタイトルを拒否した、としか思えないぐらい、「絶対に優勝できない」 ネタでした。

笑い飯の、予選の 「鳥人(とりじん)」 は完璧だったのになぁ。審査員の島田紳助は、満点の100点を与え、「100点つけると、あとで困るのはわかってる。でも、困ってもいいと思った。それほどの出来。」とコメントしてましたが、それが納得できるほどの強烈なパフォーマンスでした。

こいつら結構やるな、と思ったのは、ハライチ。「完全に一人が楽をしている進行」 なんで、ここをもう一工夫して、もっと全体のノリを良くすれば、頂点に手が届くかも知れない。そんくらいの爆発力を秘めた素材だと思う。

優勝はパンクブーブーだったけど、満場一致なほど、抜けた感じでもなかったんだけどなぁ。七人居る審査員のうち、一人二人ぐらいは、NON STYLE に流れてもおかしくなかったような気がするんだけど。パンクブーブーの最終ステージは、きっちりラストにオチがついてたので(予選では完全にオチるとこまでいってなかった)、これが優勝の決め手になったのかな、って気がします。

ただ、チュートリアル(2006年)、サンドウィッチマン(2007年)ほどには、「気持ちよう笑かしてもらいました。優勝おめでとう。」 って想いは込み上げてこなかった。・・・・ のは、やっぱり、優勝者が 「鳥人(とりじん)」 を超えられなかったからかしら。

昨年ほどではないけど、「もっとおもろい漫才を見せてくれるコンビは、絶対にまだ日本の中に居るはず。」 と、そんな想いがちょっぴり残った、今年のM-1でした。
  1. 2009/12/20(日) 23:29:53|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だから手はちゃんと握れとあれほど | ホーム | いきなり初出のモデルさん同士をぶつけられても>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/400-c3d75b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する