眉月的雑感綴

地雷とは言わんが

今週は、めぼしい新作もないことですし、恒例のコメント大会はバックレて、先日購入した 【エロティックレズボクシング1 無差別級編】 のレポ&コメを。

所謂 「一本勝負」 で、第一ラウンド15分、インターバル映像5分、残りの20分強が第二ラウンド、ってな感じの時間配分。リングコール映像とか、決着後のお仕置きタイムとかはナシ。

全体的に、攻めと受けのバランスはイーブンに近く、試合開始から、適度に攻めと受けを交替しながら、紺野嬢優勢になったところで第一ラウンド終了(「ゴングに救われたわね」 なんてセリフもあり)、第二ラウンドも、攻めと受けの交替から、谷原嬢が一気に紺野嬢を攻め落としてKO勝ち(正確にはKOではない。ここいらの詳細は後述)、という流れです。

この手の作品ではありがちな、男声によるダウンカウントはナシで、倒れた相手に対する攻撃はフリー。ダウンしている側が放置されても立たないとき、立っている側が自分でカウントを取ります(が、声があまりよく聞こえない)。

2コ前の記事で、「どうやったらここまでグダグダにできるのか」 と書きましたが、グダグダポイントの一つは、試合が始まって、お互いにパンチを一発ずつ出した時点で、「あ、こりゃダメだ」 と即断できるほど、ボクシングファイトとしてのレベルが極めて低いこと。構えたときに顔や胴体がまるで覆えておらず、相手のパンチに対する反応も鈍い。また、試合開始直後から、二人ともハァハァ状態に陥ってしまっていて、これも萎え。

で、モデルさんの全身にローションをべったり塗り、ヌルテカボディを演出してるのはいいんですが、グラウンド状態になったあと、キャンバスについたローションを拭き取らずに撮影を続けているために、足元滑りまくりのまま試合が進行してる。これもボクシングとしてはありえないわけで、さらにファイトの質が落ちる要因になってます。

もう一つの大きなグダグダポイントは、「何を以って勝負アリとするのか」 が曖昧になってること。上にちらっと書きましたが、カウントアウトのKOで試合が終わってないんですね。

第二ラウンドが始まって七分ほどのところで、グラウンドで攻められたあと、紺野嬢が大の字ダウン状態になり、谷原嬢がすんごく聞きづらい声でカウントを取りますが、なぜかテンカウントまで行っても、「立ちなさいよ」 のセリフのあと、再度カウントを始め、紺野嬢が立ち上がって試合続行。その後しばらくして、谷原嬢がイカされますが(演技に 「落差」 がないので、イカされシーンなのかどうかはよくわからんのですが、紺野嬢が 「イっちゃったのね」 と口にしてるので、イカされたという設定なんでしょう)、これはカウントナインで復帰。

さらにしばらくして、紺野嬢がイカされて、谷原嬢がカウントを取るけど、ちゃんとした声になってないので、進行状態が聞き取れない。何となくテンカウントぐらいの間を置いてから、仰向けに倒れている紺野嬢に谷原嬢が覆いかぶさり、一気にパンツを脱がします。その後、逃げようとする紺野嬢を、谷原嬢が何度かグラウンドに引き戻しながら攻め続け、立ち上がった谷原嬢が、グッタリしている紺野嬢の股間を足裏でアンマし、紺野嬢イカされで試合終了です。

で、最後のイカされシーンで、紺野嬢が、身体を突っ張らせてから全身の力を抜く、というイカされ演技をしてるんですが、全身の力を抜く直前でゴングが鳴っちゃう。んもう、このゴングのタイミングはグダグダの極み。ありえないです。

それはそれとして、こういう風にイカされシーンを撒くんであれば、何で三本勝負にしなかったんだろう、って気がする。そうすれば、KOシーンを三度見せることができるし、もっといい感じの出来栄えになると思うんですけどね。あと、「試合中」 に紺野嬢をスッパに剥くんであれば、そこからスタンディング状態に戻って、ナンボか続きを見せて欲しかったし、どうせなら、谷原嬢のパンツを剥ぎ取るシーンも突っ込んじゃえばよかったのに、とも思ったり。

もう一つ、このシナリオで、なぜ身長差対決にしたのか。自分には、その意図がわからない。例えば、もっと攻めと受けの波を大きくして、「序盤は紺野嬢が攻めまくるけど、体格差のハンディを克服できずに失速し、谷原嬢ドミモードへ」 とかなら、まだ納得できるんですけどね。

あと、この作品では、暗背景の画を撮るために、リングの中にカメラを二台入れて、暗幕を張ることのできる二面が、常に背景になる位置から撮影が行われていますが、カメラ位置が限定されることの弊害も、多々あるように思います。

遠目の位置から撮影できない、また、おいしいアングルから撮影できないケースが生じる、なんてのも、もちろんそうですが、演者さんの行動範囲が限られてしまうことのデメリットも大きいし、上に書いたように、リング全体が使えないため、ローションべっとりキャンバスで試合を進めざるを得なくなっちゃってます。カメラがらみで言うと、画面の切り替わりやアングル変更、ズームインズームアウトが頻繁すぎて、ちょっとウザイ感じがしますね。

・・・・ と、こんな具合に、グダグダ度満開なんだけど、全編トップレスに赤黒金コスで暗環境、エロ攻撃もアリのボクシングなんで、悔しいけど、抜けないことはないのよねん(なので 『地雷』 とは言い切れない)。

何にしても、全編トップレスでレズ要素アリのボクシング作品は貴重なので、とりあえず、ここに上げたグダグダ要素が抜けたシリーズ次作が出てくることに、強く期待したいと思います。
  1. 2010/06/10(木) 06:56:02|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<予想ハズレ~! | ホーム | リザーブマッチを読む>>

コメント

イシュカク~里中杏澄

こんにちは(^O^)リザーブマッチに続いてこちらにもコメントです。

実際~キャットファイトのDVDはグダグタな物が7割近くですよね。
僕も今まで色々買いましたが‥‥当たりは少ないですね!

個人的にはプロスタイル系がすきですね(^O^)/
恥ずかしい格好でフォールされるシーンがたまらなく好きですね(^O^)/

だからSSSさんのオンリーフォールマッチを復活させて北岡明菜さんに出てもらえたらなとひそかに思いつつ‥‥でございます!
やはりフィニッシュはフォールですよo(^-^)o


話しは変わりまして先日前から欲しかった『イシュカク』をオークションで落札しました。題名にもありますが里中杏澄さんが出演してる奴です。

里中杏澄さんも僕は結構すきで応援してるのですが☆やはり可愛い娘が闘ってる姿って、えになりますよね☆☆

イシュカクが届くのが楽しみp(^^)q

こんなコメントですが眉月さんの意見も聴きたいです★★
  1. 2010/06/14(月) 17:03:28 |
  2. URL |
  3. parapara #-
  4. [ 編集]

フォールシーン

眉月さん
何度もすみません。

ちょっと知ってたら情報教えてほしいのですが‥‥

先日コメントにも
フォールのシーンがたまらなく好きといいましたが‥‥

プロスタイル系のDVDでフィニッシュがフォールで決まる作品って何かいいやつありますか?

フォールシーンが魅力的なのだと嬉しいのですが
特に相手に恥ずかしい格好させる屈辱的なフォールがだとなお良いです!

何か情報もってたらお願いします!!
  1. 2010/06/16(水) 08:58:24 |
  2. URL |
  3. parapara #-
  4. [ 編集]

自分にはちょっと…

長い間お待たせした上に、否定的なコメントばかりで、非常に心苦しいのですが・・・

自分は、脱ぎナシの作品にはあまり興味がなく、モデルさんを見る眼にしても、「剥かれて喘いでナンボ」が基本です。なので、ブログで取り上げた北岡明菜嬢にしても、あくまでも、「(プロスタイル系で)このモデルさんの作品なら売れるだろう」という視線での評価であって、特に思い入れがあるわけではありません。

そういう人間なんで、プロスタイル系作品の情報に関しては、ジャケット写真やサンプル動画など、購入以前の段階で得られるものが限界点だとお考えください(なので、paraparaさんのお尋ねには、答えようがない、というのが実情です)。

フォールで決着するプロスタイル系作品は、【オンリーフォールマッチ】 シリーズのような、それを意図して制作された作品以外は、ほとんど存在しないんじゃないかとも思います。多くのお客様はギブアップ決着を望んでいるでしょうし、作る側も、その方が楽ですから(フォール決着をそれっぽく見せるには、その直前にヤラレ側のモデルさんに、ある程度の 『大技』 を食らってもらう必要があり、キャットメーカーレベルでは、『大技被弾』 に耐えうるモデルさんをキャスティングするのは難しい)。

お望みの作品を探すのであれば、公開の掲示板(かたぎやさんのキャットファイト板を推奨)でお尋ねになるのが、一番の早道じゃないかと思います。
  1. 2010/06/26(土) 13:42:48 |
  2. URL |
  3. bigetz #n69Si4Ps
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/461-476ab6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する