眉月的雑感綴

これが初期構想段階のAブロックだったのでわ?

溜まり気味だった新作コメント関係も全部吐き出したんで、今回は、27日の記事で前フリした格好になった、「第三回SSSGPを巡る経緯を読み解くためのヒント」 のお話をしていきたいと思います。

で、「あらかじめのお断り」 的なことを先に書いておくと、このあとに述べていく推論らしきものは、「プロスタイル系作品の映像は、作品タイトルや企画の枠を超えて、流用が可能」 を前提にして組み立てられているんですが、自分は、純粋なプロスタイル系の作品には、ほとんど銭を打っていないので、例えば、あるシリーズと別のシリーズでは、根本的にルールやテイストが全然違うとか、この作品は一本勝負でこの作品は三本勝負とか、そのあたりがよくわかっていません。

まぁ、一本勝負仕様で撮影したものを、あとで三本勝負に編集するのは、物理的に不可能なので、これはダメですが、その逆は充分可能ですし、例えば、試合を撮影する際に、インタビューを何パターンか撮っておくことで、いろんな作品に対応できるよう準備しておく、なんてことだってできる。・・・・ と、そんなことで、実際のところは、ルールの細かい違いとかがあって、流用ができないコンビもあるのかも知れませんが、そこいらには一切目を瞑って、一本勝負→三本勝負以外であれば、全面的に使い回しOK、つまり、撮影された試合シーンは、【SSSGP】、【WAR】、【WUW】、【ワンデイトーナメント】、それ以外の作品タイトルであっても、「プロスタイルの試合を収録」 という形の作品であれば、すべて使い回しができる、ってアタマで話を進めさせていただきます。

で、ここから本論なんですが、論旨と言うか、例の 「ヒント券」 とは何かの答えを先に書いてしまうと、「(中居ちはるが優勝した)【女子プロレス ワンデイトーナメント 3】 は、もともとはGP用、つまり、GPの一回戦と準決勝に使う予定で撮影されたものなのではないか」 ってこと。

昨年の10月、バトルさんちのスケジュールに、【第三回SSSGP一回戦】 が、11月最終週発売の予定で載り、さらに、その数日後に、SSSのHPで、【WAR 5】 の告知ムービーに、GP開催をほのめかすセリフのシーンが追加されてる。ならば、この時点では、昨年11月から第三回GPを売っていく段取りができてたハズ、試合の撮影も、全部ではないにしても、ある程度済んでたハズだと見るのが自然でしょう。そう考えると、11月発売ベースのGP企画と 【ワンデイ 3】 とは、撮影があったと思しき時期が、どちらも、スタジオが四面暗幕張りになった直後ぐらいのタイミングになり、ぴったりシンクロするんですよね(もっと言うと、GPの企画が立ったので、「GPやるなら、もちっとそれっぽい背景になるように、ビシッと暗幕張るべ」 ってことになったのかも知れない)。

因みに、スレの過去ログなどから、ここいらに関する出来事が起こった日付を拾っていくと、概ねこんな感じになります。

10/19 -- SSSのHPに、【WAR 5】 の告知ムービーがアップになる
10/20 -- バトルHPで、【第三回SSSGP一回戦】 が、11月最終週発売予定として載る
10/(日付不明) 【WAR 5】 告知ムービーに、GPの開催を仄めかすシーンが追加になる
10/27 -- 未だ商品として世に出ていない、「七瀬ゆい×河愛杏里」 撮影が行われる
11/02 -- SSSのHPに11月予定アップ。
  ( ↑ 【ワンデイ 3】 11/12発売、【GP一回戦】 見当たらず)
11/06 -- バトルHPの11月予定から、【GP一回戦】 が消されていることが判明

もし、バトルさんちに、昨年11月のスケジュールが一発目にアップになった段階で、【GP一回戦】 と 【ワンデイ 3】 が、タイトル名入りで同時に掲載されていたのであれば、この 『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 は破綻しちゃう(GPの分と 【ワンデイ 3】 の分の映像が、別々に存在するということでしょうから)んですが、どうもこの辺が定かでない。

自分が、キャット界の動向を調べるには一番の情報源だと思ってる、ふぁん集合スレⅣのログを追っても、11月3日に、「11/12のSSS新作が気になってたけど、ワン・デイトーナメントⅢだったんだね。バトルの発売予告では新タイトル 女子プロレス系(仮)になってるから、不正確だよな」 という書き込みがあるだけで、10月20日から11月6日までの間、バトルさんちの11月スケジュールが、どういう風に変更されていったのかを追えるレスが見当たらず、今となっては、実際どうだったのかがわからんのです。

で、当然このあと、『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 を裏付ける傍証の話であるとか、最終的にその映像をGPに使うのをやめた理由は何なのかとか、「 【ワンデイ 3】 が、元はGPの一ブロックなのはいいとして、もう一ブロックの分はどうなのよ」 みたいな話であるとかになるわけですが、一回の記事に纏めるととんでもない文章量になっちゃいますんで、今回はここまでにしときます。

この件に絡み、「(昨年10月20日から11月6日までの間)バトルさんちの11月スケジュールのページは、確かこんな感じで変更されてたぞ」 とか、この 『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 がアウトかセーフかを判断する上で、参考になる情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、その旨コメントしていただけるとありがたいです。どうぞよろしく。
  1. 2011/04/02(土) 00:05:39|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<須真ちゃんがっ! | ホーム | まさかの展開だってば!>>

コメント

初めまして。いつもブログを楽しく拝見させていただいています。

さて、「(中居ちはるが優勝した)【女子プロレス ワンデイトーナメント 3】 は、もともとはGP用、つまり、GPの一回戦と準決勝に使う予定で撮影されたものなのではないか」

とのことですが、さすがにそれはあり得ないと思います。

というのは、同作品は中居以外の出演者が、SSSGPへのエントリーレベルに、はるかに達していないからです。
マスク・ド・ドラゴン選手も個性は光りますが、ルックスに難が有ります。

映像流用論については、私も眉月さんと同じ見解です。
三津谷VS河愛のWAR6第一試合。
おそらくは、こちらの方が原型のGP1回戦だったと、個人的には、推測しています。

ところで話は変わりますが、キャットファイトDCFとレズマニア①に出場した、水沢真樹、いいですよ。
鑑賞してみると、彼女、SM女王様的悩ましさと、被虐マゾ奴隷の魅力、この両方備えた逸材でした。

ふぁん集合スレでもちらちらレスされている4月15日発売の女子プロレス系ですが、もしかしたら、ワンデイトーナメント⑤かWAR⑦あたりと睨んでいます。
ここで、水沢が登場。活躍するようなら、SSSGP出場の可能性がグンと高まると思います。

なお、眉月さんはレスリングのビデオには、あまりお金を掛けないようですが、後藤リサの作品だけは、お金に余裕がある時に、ぜひ購入されることをオススメします。

特に「女子プロレズリングリベンジ2」は、レズジャンルの最高傑作といって過言ではなく、ファンから後藤が支持される本当の理由がお分かりいただけると思います。
(人気の理由はルックスだけでは有りません)

GPに水沢が出場したら、二人の対決は若手同士の究極の潰し合いになるでしょう。

以上、長くなりましたが、これからも面白い話題をお待ちしております。
  1. 2011/04/02(土) 08:31:25 |
  2. URL |
  3. 2ちゃんレポ投稿常連者 #-
  4. [ 編集]

2ちゃんレポ投稿常連者さん、いらっしゃいませ。

『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 に対していただいたコメントに関しては、記事後半にあるように、後日アップ予定の記事に、まだかなりの量の尾ひれが続きますんで、その文章でコメントへのレスという形にさせていただきたいと思います。

【キャットファイトDCF】は、出演されている女優さんの粒がそろっているという印象ですね。スレのレポを読ませていただきましたが、水沢真樹嬢は、キャラも立ってますし、結構セリフ回しもうまそうなので、今後も活躍が期待できそうです。

後藤リサ嬢に関しては、自分は乳重視的なところがあるので、今までノーマークでした。【女子プロレズリングリベンジ 2】も、あの底上げブーツみたいなシューズに、ちょっと嫌悪感を感じることもあって、完全にスルーでしたが、レズジャンルの最高傑作とまで言われてしまうと、やっぱ気になりますねぇ。・・・・ ってことで、一応、頭の中の買い物カゴ行きにしようかと思います。

コメント&情報、どうもありがとうございました。
  1. 2011/04/03(日) 10:21:09 |
  2. URL |
  3. bigetz #n69Si4Ps
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/567-f603f778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する