眉月的雑感綴

ま、空振り覚悟でフルスイングしてるわけですが

ネタとして取り上げたいことが、いろいろとあった影響で、間が開いちゃいましたが、『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 の続きをば。

自分が、「【ワンデイ 3】 は、GP用に撮影した映像を流用したものなのではないか」 と考える、大きな理由の一つに、【ワンデイ 3】 が、シリーズ前作に当たる二本と、ちょっと毛色が違うように感じられる、ってのがあります。

例えば、キャスティングに関してもそうで、【1】 と 【2】 は、出演者四人の(作品発売当時までの)キャット系作品での実績、言い換えると 「格」 を見た場合、「ルーキー」 のレベルで割と横並び、というイメージなのに対して、【3】 は、B-1ファイナリストという看板を背負った中居ちはるが明らかに優勝候補、体格で彼女を大きく上回る謎の覆面レスラー、マスク・ド・ドラゴンがその対抗馬、ってな感じの構図で、この二名が、他の二人に比べると、明らかに 「格上」 っぽく見えます(まぁ、「毛色の違いはアリでいいけど、ぢゃぁ、GPっぽいキャスティングなの?」 と問われると、素直に首を縦には振れないんだけれども)。

あと、シリーズ前作二本が、収録時間60分なのに、【3】 は80分だってのも、何かこう 「臭う」。ハナっからワンデイ仕様の撮影だったら、前作と同じ、60分の尺に収まるような撮影進行をするんじゃないか。【3】 が前作二本に比べて20分も出っ張ったのは、60分程度の収録時間で出す予定のGP一回戦二試合と、同程度の尺を予定している準決勝を、ムリクリ一本にねじ込んだ影響なんじゃないか、って気がするんですよね。

もう一つ、「原型(これまで、初期段階の企画を指す、うまい単語が見つからなかったんだけど、2ちゃんレポ投稿常連者さんが、コメントでこの単語を使っていたので、まんま使わせていただくことにしますた)のAブロックはどうなっていたのか」 という切り口で考えたときに、【ワンデイ 3】 以外の既存作品に、適当な候補が見当たらない、ってのもある。

最初にGPの発売予定がバトルさんちのスケジュールページに上がった昨年10月中旬の時点で、原型分の撮影がどれだけ進んでいたのか(どういう順番で撮影を進めてたのか)はわかりませんが、最低限、このひと月ちょい先に発売になる予定だった、Aブロックの一回戦二試合だけは、どうしたって撮影済みだったハズ。さらに、「一ブロック分の演者さんを四人集めて、一回戦と準決勝を一緒に撮る」 というのは、効率よく撮影をこなす手法として全然アリだ、と考えると、「A×B、C×D、ABの勝者×CDの勝者」 というワンセットの映像が出来上がっていた可能性が高いんじゃないかと思います。

で、一発目の告知から四ヶ月も遅れて 【Aブロック一回戦】 が出てきたんだから、何らかの形で企画が練り直されたのは間違いない。プラス、3月末に発売になった 【Aブロック一回戦】 は、「七瀬×国見」 の撮影が今年に入ってから行われているので、これは 「原型」 のAブロックではない。ならば、原型のAブロックの映像は、どうなったのか。もちろん、お蔵入りになった可能性もありますけど、もし、すでに別タイトルで商品化されているとすれば、それはどの作品か。・・・・ そう考えると、この、「A×B、C×D、ABの勝者×CDの勝者」 というパターンを処理するのに、一番勝手がいいのが 【ワンデイ】 なんですよね。

因みに、4月2日付の記事で、『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 に言及しただけでなく、タイトルに 「Aブロック」 という言葉を使ったのは、ここまでに書いたようなことが背景にあります。中居ちはるがGPに出るなら、Aブロックに組み入れるのが自然だ、という自分の考えとも合致しますし。

次に、「GPの映像を 【ワンデイ 3】 に回したのなら、その理由は何か」 についてですが、これは、「制作サイドが、(撮影を終えたあとに)GPとして売るレベルに達していないと判断した」 と考えるのが、一番自然だと思う。

2ちゃんレポ投稿常連者さんに、「中居以外の出演者が、SSSGPへのエントリーレベルに、はるかに達していない」 というコメントを頂きました。もちろん、これはこれで、充分 『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 を否とする根拠たりえるわけですが、逆に言えば、だからこそ、最終的にGPで使うのをやめた、とも考えられるんじゃないでしょうか。

案外、撮影時に、「一応、GP用に撮るけど、いいモンが撮れなかったら 【ワンデイ】 送りで」 ってな感じに含みを持たせていて、割と早い段階で 【ワンデイ】 に使うことを決めたんだけど、そこらへんの情報のやり取りがうまく行かずに、【Aブロック一回戦】 11月末発売の残骸だけが、バトルさんのスケジュールページに残っちゃった、なんてオチだったとか。

他には、このブロックから決勝に進むはずだった中居ちはる、もしくは、もう片方のブロックの中のキーになる演者さんが、トーナメント撮影の途中でブッキングできなくなり、その影響で、中居ちはるが決勝に進む分のブロックを放棄せざるを得なくなった、ってことも充分考えられる。

例えば、三津谷真希の戦線離脱の件。彼女が、もう一方のブロックで準決勝を勝ち、「中居×三津谷」 で決勝を撮影する予定だったんだけど、彼女が(怪我かそれ以外の理由かは別にして)ブッキングできなくなり、原型のラダーではトーナメントを完結できなくなったんで、新たに組み直したラダーで使える試合の映像はそっちへ使い回し、外れたものは単品作品として処理しちゃった、とか(ただ、これだと、決勝以外の撮影が、かなり早い段階で終わってないといけないことになるので、三津谷戦線離脱を、中居ブロックを 【ワンデイ 3】 で処理した理由に当て嵌めるには、ちょっとムリがあるけどね)。

・・・・ と、ここまで長々と書いてきましたが、『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 は、あくまでも、「既存作品のリリース時期と内容や、GP企画の進行の遅れから推し量れる可能性の一つ」 であって、自分がそれを唯一解だと確信してるわけではねぃです。【ワンデイ 3】 が、原型のGPのワンブロックだとすると、もう片方のブロックに、高いポテンシャルを持っている、七瀬、河愛、三津谷クラスの演者さんが固まってしまい、かなりバランスが悪くなりそうなので、「それってどうなの?」 って思いますし(これが、自分の中では、『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 の一番のネック)。

ま、このあとに発表になる、Bブロックのメンバー次第ですね。中居ちはるがBブロックから出てくるのなら、『【ワンデイ 3】 GP映像流用論』 は見事に空振り、そうでなければ、かなり信憑性が増す、ってなとこでしょう。

Bブロックの面子が割れれば、いろんなことが見えてきますから、そこでまた、「一発目の告知から、なぜこんなにGPの発売が延びたのか」 とか、「原型のラダーはどうなっていたのか」 とかについて、あれこれ考えてみたいと思います。
  1. 2011/04/08(金) 08:58:03|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<それなりに抜きどころはあったけど | ホーム | ロジック的には無問題なんだが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/571-fd98f300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する