眉月的雑感綴

「極め」より「締め」

一泊レンタルだった 【美少女キャットファイト】 は、もう返却しちゃったので、内容を忘れないうちに、前回の続きを。

前回の記事に、「一番の見所は、準決勝二試合目の決着から罰ゲームに入ったあたりにかけて」 と書きましたが、この試合以外のフィニッシュシーンは、今ひとつという印象でした。

例えば、一回戦は、勝敗が決まる直前の、ヤラレ側の 「最後の抵抗」 が不十分、あるいは、負けが決まった瞬間の挫折感、脱力感が出ていない試合が多く、ちょっと残念。

準決勝の第一試合は、腕ひしぎでのギブでしたが、これは 「極め技」 なので、当然、極まってからギブまでの時間が短く、ヤラレ側の 「最後のひと頑張り」 が見られなかった。これも、残念というか、ちょっともったいない感じがしました。

「極め」 ではなく、「締め」 ならば、ヤラレ側が 「最後のひと頑張り」 をすることで、技のかかりからギブするまでの何分間かが、非常にオイシイ映像になりますし、また、シリーズ過去作の、あいぶらん×佐伯奈々、永瀬美月×デンジャラス恭子のような、「失神」 という形で決着させることもできる。こういうテイストの作品は、「締め技+ヤラレの最後のひと頑張り」 で試合を決着させる方向に持っていくのが、見映え的に、一番の正解なんじゃないかと思います。

決勝の 「潮吹き決着」 は、うーん、あんまりピンとこない感じ。確かに、この謳い文句の破壊力には、強烈なものを感じますけど、実際に見てみると、準決勝までの 「ガチ感」 とマッチしてなくて、何か拍子抜けしちゃいました(これは、ヤラレ側の、潮吹き直前の嫌がり方、また、潮を吹かされたことに対する恥辱感、挫折感が足りなかったせいもあるかも知れません)。

今作は、「ロリ系」 のキャスティングだということで、一回戦の脱がし対決は、白のシンプルなビキニトップにブルマでスタートでしたが、個人的には、このブルマの股上丈がありすぎて、ちょっと萎え。こういう形のブルマは、上着(体操服ですね)とのセットで、はじめてロリエロとして成り立つもんなんじゃないのかな。・・・・ と思えるのは、自分がロリエロにあんまり興味がないからかしら。

つか、「脱がし対決の敗者」 という形で、出演者の半分が、参ったするでもない、精も根も尽き果てたわけでもない負けシーンだけで作品から消えちゃうのは、やっぱりもったいないなぁと思う。特に、「あ、この子のヤラレシーンは見てみたいぞ」 と思ってる女優さんが、一回戦負けメンバーだった場合は、なおさらそうですね。

「脱がし決着」 を逆手に取って、勝ち役がヤラレをスリーパーで締める → ヤラレがギブアップするも、「おめぇがスッパになるまで試合は終わんねぇんだよ」 でさらに締め続け、ヤラレ失神 → ぐったりと動かなくなったヤラレを、勝ち役が脱がして決着、なんて手もアリかなー、とか思ったり。

まぁ、これはちょっとやりすぎのような気がしますが、こういう作品を手に取る(購入でもレンタルでも)お客様は、圧倒的にマニアであり、マニアのお客様は、脱がした、脱がされたよりも、ギブアップのシーンなり、「落ちる」 シーンが見たいハズ。確かに、「脱がす」 という行為は、広く一般のエロ願望にマッチするので、そこの間口を残しておきたい、ってのはわからないでもないですが、ここは、「このシリーズはマニア向け」 とスッパリ割り切って、全試合ギブ決着という方向性に進んで行って欲しい。・・・・ と、そんな風に思います。
  1. 2011/10/23(日) 23:30:57|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わっかんねぇー | ホーム | 美少女キャットファイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/647-04a38c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する