眉月的雑感綴

リメンバー・NPB2004

昨夜、読売ジャイアンツがスワローズにサヨナラ勝ちして、リーグ優勝を決めた。去年までなら、これで読売が日本シリーズに出て、パ・リーグの覇者と日本一を争うことになるのだが、今年からクライマックスナントカなるものがあって、読売が、その年の日本一決める日本シリーズに出場できるかは、まだ決定ではない。

ところで、タイトルの「NPB2004」とは、「2004年の日本プロ野球」のことで、この年のプロ野球界は、近鉄・オリックス球団合併問題に端を発し、歴史上初めて日本のプロ野球選手会がストライキを起こすまでに至り、揺れに揺れた。渦中、読売新聞グループ本社代表取締役・主筆であり、読売の球団オーナーであるナベツネが、古田選手会長に向かって、「たかが選手」発言をしており、以降、彼はこの発言に対する謝罪を一切行っていない。自分は、これを許せないし、許さない。

日本のプロ野球は、近年、常に、読売ジャイアンツ中心の運営がなされてきた。ドラフトが、いつまで経っても完全ウェーバー制にならないのもそうだし(今年から所謂逆指名制度が廃止され、読売偏重にやっと歯止めがかかったが)、2004年にさかんに議論された、球団数削減問題、新規参入問題、交流戦問題などの経緯を見てもそうだ。

で、どうやら、ナベツネは、ここ数年、読売がリーグ優勝から遠ざかっている現状に鑑み、「セ・リーグも、『読売を日本シリーズに出すために』クライマックスナントカ(個人的には、単にプレーオフでもいいと思うんだけど)をやる。オレがやると決めたのだ。文句あるか。」ってな感じになったんだと思う。で、これが仇になり、読売は、リーグ優勝を決めたものの、日本シリーズ進出を逸する危険を背負ってしまった。

ドラゴンズでもタイガースでもいい。東京ドームに乗り込んで、クライマックスナントカで読売をぶっ潰して、ナベツネに地団駄を踏ませてもらいたい。そして、読売が日本シリーズ進出を逃した時、自分は特濃牛乳で祝杯(←お酒飲めないんで)を上げたい。これが2007年セントラルリーグの、「正しいオチ」なのだ。

これでいいのだ。
  1. 2007/10/03(水) 21:24:35|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やや購入意欲過剰気味ちう | ホーム | エロいトランクス?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/70-c10500c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する