眉月的雑感綴

福笑い作戦敢行しますた

前回の記事に、「浜崎りおタンのトップレスボクサーコスプレ姿を、いっぺん拝んでみたかった」 なんてことを書きました。

で、その後も、「自分もポザ使いの端くれなんだから、ポザでそれっぽいものが作れんかなー」 みたいなことは思ってたんですが、今日、ボーッとフリーセルの沼に浸かってる最中に、「これなら、かなりそれっぽいモノができるんではないか」 っちゅーアイデアが浮かびました。やり方としては、・・・・

下準備として、「この顔に似せる」 という写真を、ネットで拾っておく。→ ポザでシーンファイル作成。このとき、顔を写真と同じ向きになるように調整する。→ 同じ構図で、顔をでっかくポザる。→ フォトショ上で、写真とデカ顔ポザ画像のレイヤを重ね、目、鼻、口の各パーツを、できるだけ写真と同じになるように加工する。→ 加工済みのデカ顔ポザ画像を縮小し、シーンファイルの構図と合成。・・・・ これなら嫌でも似るっしょ。

まぁ、実際にやるとなると大仕事になっちゃうんで、とりあえず、この路線でイケるのかどうかを確かめるために、ちょっと手抜き実験。ポザ絵で顔パーツの加工をせずに、ポザ絵にリアル写真の顔パーツを貼っ付けてみる、というパターンを試してみることにしました。名付けて、福笑い作戦!(まんまや)

手始めに、ネットで、この実験に使えそうな、りおタンの顔写真を漁る。で、この作品のパケ写で勝負。

続いて、手持ちのポザ画像から、顔の向きが似てるものを探す。すると、昔作った、くぅちゃんの顔にチャレンジしたときの残骸が良さげだったので、こいつに、さっきのパケ写の、りおタンの顔パーツを乗っけていきます。

フォトショ上で、両目の位置を基準に、パケ写の映像をちょい回転させて、ポザ絵の上に貼り付けると、こんな感じになる。で、パケ写の方の、眉、目、鼻、口以外の部分を消去。鼻だけは皮膚の色が出ちゃうので、色調を調整して、元絵のくぅちゃんモドキの肌の色と合わせます。

あと、りおタンは丸顔なので、顔(頭)の輪郭が丸顔に見えるよう、元絵の髪の上半分を縦にちょっと縮小し、見えている左の頬も、少し膨らませる。でもって、最後に、マウスピースを咥えてる感じを出すために、唇の中を加工し(見えている歯並びの上に、マウスピースとその影の部分を手描き)、その他もろもろの小修正をかました結果、こんなん出ました。

んー、金髪だと今一雰囲気出ないかなー。でも、作業時間1時間ほどで、この程度のものができるんであれば、これはこれでOK。まずは、予備実験成功、ってことにしたいと思います。
  1. 2013/01/13(日) 20:24:19|
  2. ポザなお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤青黒問題はこれが正解 | ホーム | 一度は見てみたかった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/714-e234a416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する