眉月的雑感綴

チーム名が 「羽田」 なら

こないだの土曜日、大田区総合体育館で行われた、Vプレミアリーグ男子の試合を見に行ってきました(チケット購入の経緯は、2コ前の記事に記載があります)。

テレビの画面を通してではなく、目の前でナマで進んでいく、国内最高レベルの男子バリボーの試合、そして、各チーム応援団から聞こえてくるチアサウンドや(東レのテクニカルタイムアウト用のものが、音楽も、チアリーダーのダンスのノリも、非常にGOOD)、会場内の適度な喧騒が、んもう何とも心地良い。これで木戸銭(また古い言い回しだ)2700円也は、お買い得過ぎるっ! ・・・・ ってことで、翌日曜日もスケジュールをやりくりして時間を作り、おかわり観戦しちゃいました。二日目は、ホーム(と言っても、この二日間で試合をした、サントリー、東レ、JTの三チームに比べると、『応援団』 と呼べる観客は格段に少なかったけど)のFC東京が、リーグ首位のサントリーからワンセットを奪って、結構いい感じに盛り上がり、この、いい感じの盛り上がりを体験できたのも嬉しかったです。

土曜日の第二試合(FC東京×東レ)の直前、FC東京応援団ブロック近くの、客席内通路そばの自由席でまったりしてたら、FC東京のマスコット・東京ドロンパくんが、目の前を通りかかる。で、そんときに、ヤツがダブルハイタッチを仕掛けてきたので、それにがっつり応じたら、その瞬間に、なぁ~んか変にテンション上がっちゃったり。これなんかも、ナマ観戦でしか味わえない出来事ですわね。

ちょっと哀しかったこと。会場の四隅に、スコアの電光掲示ボードが設置されていて、コートを挟んだ先にあるものが見えるわけなんだけど、こいつの、一番大きく表示されてるスコアの数字ですら、はっきり読み取れねぇ。近くのものが、歳を追うごとに見えなくなるのは当たり前なんで(最近、文庫本みたいな字の小さい本を読むには、老眼鏡が必須)あんまり気にしてないが、遠くのものが見えないのは、かなりショックでした。昔から目だけは頑健だったのになぁ。とほほ。

それはさておき。

前に、バスケの試合を見に行ったときも感じたんですが、今の大田区総合体育館は、バスケなり、バレーなりの(そこそこに客を呼べる)試合を開催するには、すんごくいい感じの器だと思うんですよね。でもって、今回は、さらに進んで、「この器が、ホームチームの濃い目のサポーターでパンパンになり、その、濃い目のサポーターの一員になって、マジ応援とか出来たら、すんげー気持ちいいだろうなぁ」 なんてことも思いました。

で、大田区体育館パンパンにできるかどうかはちょっと横に置いといて、国内最高レベルのリーグに所属していて、大田区体育館が 「どホーム」 に(理屈上では)なるチームはないか、と考えると、女子バスケWリーグの 『エバラヴィッキーズ』 がある(同じ女子バスケの強豪だったJALラビッツも、一応本社が羽田で、大田区体育館がどホームと言えなくはなかったが、2011年に廃部になり、チームは新潟アルビレックスへ譲渡移動となった) ・・・・ と書くとちょっと偉そうだが、『エバラヴィッキーズ』 の存在自体を知ったのが、ついこないだ、区内某図書館にチームのポスターが貼ってあり、そばに置いてあったパンフを手に取ったのがきっかけだったり。

まぁ、経営母体の荏原製作所は、今は本社が羽田で、大田区ではあるが、社名の 「エバラ」 は、会社設立当時に社屋があった、荏原から来ていて、これは、品川区の地名。なので、聞こえ的には大田区のチームとは言いづらい。

んだけども、来シーズンから、「地域の方々により一層親しまれ、羽田のシンボルとなることを目指し、チーム名も、エバラから、『羽田ヴィッキーズ』と改め活動する予定」 とのこと。となれば、名実ともに、羽田がホーム、大田区体育館が 「どホーム」 ということになりそうです。

なので、来シーズンの、Wリーグ・2013-2014は、ちょっと重めに、『羽田ヴィッキーズ』 に肩入れしてみたい。10,000円也を投じて、ファンクラブの個人会員になってもいいかなぁ、なんて考えてます。
  1. 2013/02/18(月) 23:01:41|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アホでもいいのっ! | ホーム | 全快しねぇ…orz>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/718-0a892d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する