眉月的雑感綴

祝・正しいオチ実現

亀田一家関係にかかりっきりになってたので、一日旬落ちしてしまった野球の話。セのクライマックスシリーズ第2ステージ、読売は中日に一つも勝てず、結局、『セントラルリーグでリーグ優勝したけど日本シリーズには出れない被害者第一号』になった。自分が何度か書いた、『2007年セントラルリーグの正しいオチ』が、ものの見事に現実となったわけだ。ざまーみれナベツネ。ガハハハハハ。…… と、溜飲を下げたところで、CS第2ステージについて思ったことなんかを少々。

この三戦、ドラゴンズはジャイアンツよりも『濃い野球』で、三連勝したように思えるのだ。この『野球の濃さ』というのは、文章で表現するのは難しいが、極端に言うと、ジャイアンツの野球は、「ホームラン一本で1点、2ランなら2点」みたいな感覚で、対するドラゴンズのそれは、「左の強打者の打順で、ライトは定位置から何歩分後ろに下がり、何歩分右翼線側に寄るのか」のような細かい要素を突き詰めていく野球、そんな感じだろうか。

一番印象的だったのは第二戦、1-1で迎えた四回表、一死から谷繁、川上の連続安打で走者一二塁となった場面。荒木の打球は、レフト谷とセンター清水の間にポトリと落ち、二塁から谷繁が還ってまず一点。三進した川上も、次打者井端の左犠飛で生還して、さらに貴重な追加点を上げることになる。この荒木の打球、「センターが清水でなければ取れていた」はずだ。

ランナー二塁の場面だと、外野手は、二塁走者がシングルヒットで生還するのを防ぐために、通常の守備位置より前に出ることが多い。どれだけ前に出るかは、自分の肩、二塁走者の足の速さによって決まる。清水は好打者だが、外野手としては致命的に肩が弱く、その分、より前で守らなければならなくなる。そして、自分より後方の左中間に上がった荒木の打球に一歩届かなかった。つまり、清水の肩の弱さが、この回の2点を産んだわけだ。

ホームランの内訳的に見ても、三試合でドラゴンズが放った四本のホームランは、そのどれもが非常に価値のある一発で、ジャイアンツサイドにしてみれば、「絶対に打たれてはいけないところでの一発」ばかりだ。ウッズに二本打たれて計5点取られ、第二戦、第三戦でも、終盤に、とてつもなく重い一点を失っている。逆にジャイアンツの放ったホームランは、「戦況を大きく変えるわけではないソロホームラン」が二本と、「焼け石に水とまでは言わないが、勝負がついたあとの一発的なホリンズの3ラン」だけだった。

第三戦、ドラゴンズ二点リードの八回裏二死一二塁、一発出れば逆転となる場面、岩瀬-谷繁のバッテリーは、打者阿部に、一球もフルスイングをさせなかった。そして最後は、「強く振ったらバットに当たらない」外角高めのストレートで空振りを取り、阿部から三振を奪っている。「ホームランだけは絶対にダメ」のケースに、ドラゴンズはきっちり対応していた。

それにしても、原さんが監督になってから、ジャイアンツは、ずいぶん誤審に泣かされている気がする。このクライマックスシリーズも、第二戦の七回表、中村の送りバントで三塁セーフとなったプレイ、VTRを見るとタイミング的にはアウトだったことがわかる(記録は野選)。本来、一死一塁となるべきところが、無死一三塁となり、傷口が広がってしまった。続く李炳圭に左中間を破られるなどで、結局この回ジャイアンツは、致命傷となる3点を失っているが、審判が正しくジャッジをし、この回がゼロなり一点なりで収まっていれば、試合の流れ、そして、ステージ全体の流れは、もっと違ったものになったかも知れない。

読売は嫌いだが、原さんは好きなのでちょっと心が痛い。野球の神様、ナベツネがナンボ罪を犯しても、同じ読売だからと言って、原さんに当たるのはカンベンしてくんなまし。
  1. 2007/10/22(月) 01:51:06|
  2. 眉月スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありえないのはわかってるけど | ホーム | 「誹謗中傷」ではなく「糾弾」の感覚で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/77-fca4fae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する