眉月的雑感綴

また目からウロコが!

三個前の記事で、gravureboxingさんの作ったボクシンググローブを取り上げたら、ご本人からコメントがつき、以下、「指が動くなら、それとわかる画像をレンダロの商品ページに載せたほうがよくね?」「そこはあまり目立たない(does not seem to be really outstanding)んで画像は載せなかった」 ってなやりとりになった。うーん、記事の中で、自分が 「拳をしっかり握ってるように見えない」 と指摘した画像はコレなんだが、それとコレ(←フォトショで親指部を握ってるように修正した) では、ちょっとした違いだけど、パンチが強く当たってる度合いがかなり違って見えるはずで、そういう部分って、すごく大切な気がするんだけど。てか、フォトショでちゃっちゃっと修正かけられるんだったら、別に指が動かなくても無問題なのかも(最初のコメントを読む限り、商品の指は動くみたいですが)。

んじゃ、今回の本題。非エロの話で申し訳ないですが、こないだ図書館で借りてきた本に、強烈な衝撃を受けたので、一発記事を起こしたいと思います。本のタイトルは 「文字の骨組み」。著者は、大熊肇さんという出版デザイナーの方ですね。

自分は、手書きするときは綺麗な字を書きたいという願望が強かったり、和文でも欧文でも、綺麗なフォントを見つけるとすごく幸せになったりする、字、漢字、フォントなどに強い関心を持ってる人間なんですが、この本を読んで 「そーだったのか!」 と思い知らされることが次から次へと出てきて、何かもう、目からウロコがボロボロ落ちていくような感覚に陥りました。

この本にどんなことが書かれているのか、中から自分の気に入ったネタを選んで、いくつかご紹介しておきます。えーと、この先、漢字の細かい部分の話になるので、文字サイズを最大の表示にしていただけると読みやすいと思います。

「正字体」 と 「通用体」、「手書き文字」 と 「手書きでない文字」の話。「正字体」(例えば「聡」 は 「聰」 が正字体)が決められた経緯や、手書きの文字と手書きでない文字(石版に彫られた文字など)とで、字の形が変わる理由などの話が、とてもわかりやすい説明、表現で書かれています。運筆優先か、デザイン優先か、なんつー要素も絡んできて、じつに興味深い。

(これは他の方の著書からの抜粋という形で掲載されてるんですが)「問、聞、悶、閣、閥、閲」 六つとも 「門」 の中に字が入っているので、全部 「門がまえ」 かと思うとそうではない。閣、閥、閲 は 「門がまえ」 だが、問 は 「口の部」、聞 は 「耳の部」、悶 は 「心の部」 に属する。・・・・ 問、聞、悶 は音読で 「モン」 と読む。つまり、音符が 「門」 で、意符がそれぞれ 「口」 「耳」 「心」 となり、それが部首になる。しかし、閣 は 「カク」、閥 は 「バツ」、閲 は 「エツ」 と読むので、音符が 「各」 「伐」 「兌」 で、意符、つまり部首は 「門」 になる。

ひらがなの 「わ」 と 「れ」 の左側は同じじゃないよ、って話。これは、筆者の大熊肇さんのブログに同様の記述があるので、そちらをごらんいただいた方が早いですかね。

「一点しんにょう」 と 「二点しんにょう」 の話。自分の中では、「活字にすると、常用漢字は一点しんにょう、それ以外は二点しんにょうになるのかな。理由はわからんけど」 ってな認識でしたが、その理由だけでなく、どういう経緯で 「一点しんにょう」 と 「二点しんにょう」 ができたのかや、「くねる一点しんにょう」、「くねらない二点しんにょう」 とか出てきて、すごく勉強になりました。詳しくは、これは筆者さんのブログではないけど、こちらのページに記述があります。

あと、「左」 と 「右」 では、なぜ横棒とはらいの書き順がちがうのかとか(因みに、現在中国では、「右」 も横棒を最初に書くように教えてるらしい)、「圓」 がどういう過程で 「円」 になったのかとか、おもしろい話がたくさん載ってます。「木」 の縦画は、はねるのかはねないのか、はねたら誤字で、漢字の書き取りテストはペケになっちゃうのか、なんて話は、小学校の先生にぜひ読んでいただきたい。

なんちゅうかこう、自分の中の 「それは日本人として知っておくべき事柄つか常識っしょ」 的な一部分が一遍に埋まったようで、実に晴れやかな気分です。やっぱ図書館は知の宝庫や、うん。
  1. 2014/04/19(土) 23:07:01|
  2. 眉月的日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<貧乳と微乳の中間で | ホーム | 堪能させていただきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/775-89f2456e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する