眉月的雑感綴

モヤモヤは残るが

キャットファイトのふぁん集合スレ17では、レス778さんが、【B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第1試合】について、軽くコメントしてらっしゃいます。それによれば、勝者は西條カレンさんで、これはまぁ、ジャケットに「ペニバン装着済みの腰の一部と相手の顔」写真が載っちゃてますから、勝敗に関しては、ジャケットの時点でネタバレ済み、って感じではありましたけどね。それはそれとして、今回は、この778さんのコメントをもとに、ちょっとだけ話を膨らましていくことにします。

選手というか、演者さん二人とも、複数回のイカされシーンがあるということは、昔のように、一回のイカせ = 勝敗確定(三本勝負などの場合は、それで一本奪取)ではないということ。当然、今回のトーナメントは、決勝までのすべての試合が、そういうコントロールになるでしょうし、個人的に、このトーナメント企画ができたきっかけだと思ってる【プロレズリングSpecial 1】がそうでしたから、これはもう、今後、「プロレズリング」とタイトルに謳った作品は、「一回のイカせでは勝敗は確定しない」がデフォルトになっていくんじゃないかと。

これに付随して、「何をもって勝敗が確定するのか」「この時点で試合終了だという(積極的な)演出はあったか」という点も気になる。【プロレズリングSpecial 1】では、横山みれいさんがギブアップ宣言したタイミングで、試合終了のゴングが鳴らされなかったので(試合開始のゴングもなかった)、「試合中」と「試合終了後の敗者虐め」の境目が曖昧だった感があったんだけど、この作品に関しては、「境目そのものを作らない」というのが制作サイドの意図したところなのかも知れないですけどね。自分は割りとゴング音による演出が好きだったりもするんで、そのあたり、【トーナメント 1回戦第1試合】ではどうだったんでしょうか。

もう一つ。「敗者ペナルティという ・・・・ 別チャプターで」の部分ですが、んー、これはどう捉えればいいのかなぁ。単純に、(ギブアップなりの行為があって)試合終了 → フェードアウトで「敗者ペナルティ」のテロップのみの画面になる → テロップが消えて、ペニバン装着状態からお仕置きタイム開始、こうだったってことかな?

「ペニバン入れて何度かイカセて再起不能とかにするかと思ったららめの泣き途中でフェードアウト」。これって、まさか、挿入シーンそのものがなかった、ってことぢゃないですよね。だったら、それは悲しすぎる。つか、もしそうなら、なんでペニバン装着モードがあること自体の意味がなくなるような気が。・・・・ うーん、自分が持ってるキャットメーカー製作品の中に、ペニバンモードがあるものが2本あって(SSSとFeti-Feast)、どちらも「挿入シーンはあるんだけど、フリだけで実際は入ってない」だったんで、ペニバン使いが確定だった【1回戦第1試合】はどうだったのか、すごく興味があったんですけどねぇ。

・・・・ と、モヤモヤポイントは残りましたが、見た目の「イカされ姿を見てみたい度」は、少なくとも眉月基準ではお二人とも充分合格ラインなので、この点は評価したいし、残る一回戦3試合のキャスティングには、結構期待してる。良質の女優さんを確保することでトーナメントが盛り上がって商品が売れ、その結果として、イカせファイト系作品が定期的にリリースされる、という方向に進んでいって欲しいなぁと思います。
  1. 2014/10/28(火) 20:31:50|
  2. エロファイト関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤラレ放題のレズられ放題の | ホーム | コイツはマヂすげぇ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/806-0ed5fa1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する