眉月的雑感綴

M-1グランプリ雑感

去年のM-1は、チュートリアルがブッチ切りでグランプリを獲得した。準決勝ラウンド、決勝ラウンドを通じて、他のコンテスタントと比べて、チュートリアルのステージだけ、明らかに会場内の温度が違っていた。つまり、格段に『HOT』だったわけだ。決勝で審査員全員が彼らに票を入れたのも良くわかる。

今年決勝に残ったのは、トータルテンボス、キングコング、そして、敗者復活で最後の切符を手に入れたサンドウィッチマン。自分的には、決勝のステージを見る限り、トータルテンボスは、他の二組に比べると全体的に切れ味が足りない。優勝は、ラストまで一気に突っ走ったキングコング、計算されたネタを緩急自在に展開したサンドウィッチマンのどちらか、って感じでした。

んー、キングコングは突っ走り過ぎたかなぁ。ネタ的にすごく大きな落としどころが二ヶ所あって、きっちりウケを拾ってた(会場の笑い声が聞こえた)んだけど、「走る」の部分が前面に出すぎて、そのウケを貯められず、会場全体を『HOT』にもっていくことができなかった。上に、サンドウィッチマンのところで緩急自在と書いたが、この『緩』の部分が足りなかったんですね。対して、サンドウィッチマンの方は、ネタの一つ一つはそれほど大きくないが、この『緩急』が生きていて、コンスタントに笑えるステージ、言い方を替えると、いい意味で安心して見ていられるパフォーマンスだった。この差が優勝できるできないの境目だった気がします。

準決勝敗退組について。笑い飯は、ネタ選びに失敗した感が強い。準決勝ラウンドで初っ端の出番を引いてしまった不運もあると思う。競馬の予想印で行くと、◎か悪くても○がつく実力を持っているだけに、非常に残念。千鳥とPoison Girls Bandは、審査員の大半がプロの話芸芸人であることを考えると、今回の芸風では絶対にグランプリには手が届かないだろう。ハリセンボンは、エンタの神様などで見られるコント仕掛けのパフォーマンスだと、致命的にノリ、スピードが足りないが、今回のM-1のステージは、かなり良い出来だったように思える。

それまで総合司会の今田耕司とのやりとりまでボケを披露していた、サンドウィッチマンのボケ担当・富澤が、優勝が決まった瞬間、観客席に背を向け、相方に抱きついたシーンが非常に印象的だった(ちょっと泣けた)。

優勝したお二人には、心からおめでとうと言いたい。
プロのネタ、プロのステージを見せていただきました。ありがとう。
  1. 2007/12/23(日) 23:49:38|
  2. エンタdeポン!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねぇちゃん、カモォ~ン! | ホーム | 金髪爆乳おねいさんの受難2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigetz.blog62.fc2.com/tb.php/92-e91b35e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bigetz

Author:bigetz

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Temporary Counter

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する